こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

胃癌(上皮内がん)の手術 内視鏡か切除手術か

よろしくお願いします。
胃癌と診断され治療が必要となりました。

内視鏡でもギリギリ適応だけど、調べてみて拡がっていたら
次に手術で切除ということで、選択を迫られました。

その時は、自分は内視鏡検査で麻酔をたくさんしてもらっても
非常に苦しいタイプなので
最初に切ってもらった方がいいかな・・

また、検査では2、3箇所から癌細胞が検出されたらしく
主人も絶対に最初から切除!と言います。


その時は自分もわかっていませんでしたが
上皮内がん という状態がありますよね。

それだったら、内視鏡でよいのでは・・と迷い始めました。
癌の大きさは2センチ、印環細胞癌です。

以前はその細胞だと切除しかなかったらしいですが、今は内視鏡摘出も適応らしいです。

次の診察時確認しますが、おそらく上皮内がん状態ではあるようです。

(1)内視鏡か切除手術かどちらがよいでしょうか

(2)内視鏡の場合、普段の検査時麻酔しても苦しいということは
内視鏡摘出術の時も苦しむでしょうか

ご意見いただけましたら幸いです。

投稿日時 - 2012-11-03 14:11:55

QNo.7779625

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

消化器内科医です。
あくまでも一般論です。
印環細胞癌は未分化癌になるため、リンパ節転移が起こりやすいタイプです。現在の胃癌学会の推奨は「手術」ですが、いくつかの条件を全部満たせは「内視鏡治療してもよいかもしれない」という扱いです。条件は2cm以下、潰瘍がないこと、粘膜病変と診断されるなどです。全部を満たすとほぼリンパ節転移がないことがわかっています。ただ、下記のデータでもわかるように2cmを越える病変を内視鏡処置しても3%弱のリンパ節転移があります。したがってこの条件を満たすかどうかが内視鏡治療の適応をきめることになります。

なお、内視鏡で胃癌切除のときは点滴で睡眠薬.鎮痛剤を持続的に点滴で使用しながら行いますので、普通の検査とはぜんぜん違いほぼ意識はありません。

参考URL:http://www.jgca.jp/guideline/category3-a.html#H2-A_1

投稿日時 - 2012-11-04 10:43:05

補足

皆様、その節はご回答有難うございました。

結局、腹腔鏡オペを行い2/3 胃を切除しました。

正直内視鏡でも、適応だしいけたと思いますが、
どうも私は内視鏡と相性が悪く、いくら睡眠薬を使ってもらっても

苦しいし、使いすぎるとしんどくなるしで・・・

結果的に自分はよい選択はできたと思っています。

病気を診断され、どのような治療にするかは
悩むところでもあるし、精神的にダメージもありますが

今となってはスッキリです。

具体的アドバイスをいただいた方をベストアンサーとさせていただきました。

投稿日時 - 2012-11-29 11:37:34

お礼

ご回答有難うございます。
お礼が遅れまして、申訳ございません。

大きさは2センチ位、潰瘍は若干あり、印環細胞癌である
など内視鏡術適応は微妙なところらしいです。

ただ数年前に一度同様の細胞が検出された(その後否定)
こともあり、切ってしまうのもありかなというところで

私も主治医も迷うところのようです。

参考URLもありがとうございます。

皆様のご意見を元に再度主治医と相談したいと思います。
有難うございました!

投稿日時 - 2012-11-05 17:19:56

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

私は医者ではないので医学界の癌療法に関するマニュアルはわかりませんが、30年ほど前よりがん治療に関心がずっとあったので、いつも注目しています。

今年の9月ころ、食道がんで今年3月から休養していた作詞家で直木賞作家のなかにし礼さん(74)が、手術を受けずにがんを克服して話題を呼んでいます。放射線治療のひとつである先進医療の陽子線治療を受けてがんが消滅したということです。

陽子線治療の詳しいことはネットで調べてもらえばわかりますが、私が考えるのは出来るだけ体にダメージを与えない方法をとる事と癌になった原因(食品・食べすぎ・酒やタバコの飲みすぎ・運動不足・喜べない等)を振り返って、改めることです。  なにもしないではよくなりませんが、山登りをしたり、旅行したり、自分の好きな仕事に熱中する事で癌細胞が小さくなったり、なくなったり、残っていても増えなかったりというのは、よく耳にします。                                                                                                           抗がん剤は極力ひかえるべきと考えています。なぜなら癌細胞も自分の細胞の一部というかつながっているわけで、正常な細胞もダメージを受けます。特に腸の絨毛がダメージを受けてしまいます。誰も命の補償はしてくれませんし、痛みも代わってくれません。いい選択をされて快方に向かわれる事をいのっています。

投稿日時 - 2012-11-09 01:53:08

お礼

ご回答有難うございます。
なかにし礼さんのインタビューはテレビで見ました。

すごい世の中になったものだ・・と思いました。

ただ、なかなか庶民には現時点では標準治療にまではならないと思います。

たしかに自分は自堕落な生活を送り
それがガンの引き金になったかもです。
(2箇所めです)

きっと自分を戒めよ・・というお告げかもしれませんね。

有難うございました。

投稿日時 - 2012-11-09 10:29:27

ANo.3

ステージIなら内視鏡でいいでしょう。もっと深部に広がっている可能性があったら、回復して周囲のリンパ節も取った方がいいでしょう。内視鏡を選んで状況によって回復に切り替えたらどうですか。ステージIなら治癒率は開腹とそれほど差がありませんし、患者への負担が非常に軽いし、術後の開腹もすぐです。

投稿日時 - 2012-11-03 20:52:25

お礼

ご回答有難うございます。
お礼が遅れまして、申訳ありません。

まずは内視鏡で部分だけを取って
様子を見て・・・

というのは提案されましたし、それでよいかな??と
最初は思ったのですが

実はかなり前に一度癌が検出されたこともあり
(その後否定された)

悩んでいました。
あと、内視鏡が人より苦しいので

苦しい思いをするならいっそ深く眠らせてもらって胃切除のほうがよいのかもと・・

本当に・・内視鏡で終わるなら最終はそれが一番負担が軽くてよいのですけどね・・

有難うございました!

投稿日時 - 2012-11-05 17:12:51

ANo.2

このような重要な問題は、
医師と徹底的に話し合うべきです。

たとえば、ここで内視鏡が良いと言う意見が多くて、
内視鏡にしたら、思ったよりも広がっていて、結局は手術……
ということもあるでしょうし、
後々、再発したということもあるでしょう。
まずは、医師と話し合って、質問者様の状態を詳しく聞いて、
メリット・デメリットを聞いて、自分で判断してください。

そもそも、印環細胞癌て、どんな癌かご存知ですか?
まずは、そこから始めるべきです。
印環細胞癌とは、スキルス胃癌の原因の癌細胞です。
となると、内視鏡の適用かもしれない……
などとあいまいな状態で、大丈夫ですか?
まずは、「内視鏡で99%大丈夫」であることの方が重要だと思いますが……

医師としっかりと話し合うことをお勧めします。

投稿日時 - 2012-11-03 20:48:27

お礼

ご回答有難うございます。
お礼が遅れまして申訳ありません。

どうも、最近の医療事情では、医療者サイドがコレ!って
提示する出なく、いろいろと並べた中で

患者サイドが選択する・・という図式になりつつあるようです。

おそらく、患者サイドがいろいろ調べて文句言ったりモンスター化した
結果の話と思いますが・・

なので今回も内視鏡か手術で切除かは選択を迫られました。
印環細胞癌については一時、=スキルス! みたいな感じがあったようですが

必ずしもそうではない、びびる必要はない
といったことをネットで見かけたので

楽観視しています。
今のところ多臓器への転移もないので・・

でも、ご回答者様のように注意喚起をして下さると
それはそれで大変有難いし、しんどいかもだけど
胃切除も頑張ろうという気になりました。

有難うございました!

投稿日時 - 2012-11-05 17:09:57

ANo.1

麻酔がお悩みの原因なら内視鏡の場合でも全身麻酔は選択出来ますよ

投稿日時 - 2012-11-03 14:20:39

お礼

ご回答有難うございます。
お礼が遅れ申訳ありません。

一応、内視鏡検査時も全身麻酔(静脈麻酔)という名の麻酔で眠りましたが
途中覚醒しました。

ただ、手術となるともっと強く眠らせてもらえるかもですね。
でも、おそらく切除術になりそうです。

有難うございました。

投稿日時 - 2012-11-05 17:05:37

あなたにオススメの質問