こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

エクセル 複数条件 カウント

お世話になります。
EXCEL2003を利用しております。
複数条件の関数(SUMIF/CONUTIFまたはSUMPRODUCT)等について教えてください。
例)
  A   B  C  D  E  F
1 4              結果
2 5
3 6


6 4     100
7 4       0
8 5     200 
9 5     300

(1)A6~A9の中に A1があった場合 C6~C9を合計する
→=SUMIF(A6:A9、A1、C6:C9)

(2)A6~A9の中に A1があった場合 C6~C9の個数を求める
かつ0以上のものに限定する
→わかりません。

(3) (1)/(2)で平均を出す。
→ (A6~A9にA1は2あり合計は100である)/(C6~C9にはA1に該当する列は2、かつ、0以上は1つある)=平均は100である 

(3)を出したいです。

いい方法ございますでしょうか??

調べて行き詰まりました。

投稿日時 - 2012-10-13 14:41:43

QNo.7746430

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ん?
>原因はSUMPRODUCTの結果が0の表示になるためです。

それは
1)A6:A9がA1に等しく、かつC6:C9がゼロより大きい個数が「確かにゼロ個である」のでエラーになったのか
2)SUMPRODUCT((A6:A9=A1)*(B6:B9>0))に該当する個数が見た目ゼロじゃないのに#DIV/0のエラーになるのか
何が言いたかったのですか?



該当する個数が確かにゼロ個であるなら、ゼロ割りのエラーになるのは当然の事です。
エラーが出るのがイヤなのでどうにかしたい、という事を質問したかったのでしたら
=IF(SUMPRODUCT()=0,"",SUMIF()/SUMPRODUCT())
のようにしてください。


一見するとSUMPRODUCTはゼロにならないハズなのに実地のシートではゼロ割エラーが出ましたという事を質問したかったのでしたら、サンプル表では確かに上手くいったことで判るように、数式の問題じゃありません。実地のシートで、何かの手違いがあるからです。
何が間違ってるのか、実物を持ってるあなたがよく調べて、確認してください。こちらも千里眼じゃありませんので、具体的な情報提供も無しで、何が判るでしょう。


例えば1)単純に数式を直し間違えている 
 →よく確認して数式を作成し直します。
こういう質問相談掲示板では、非常に多くこういう具合に「勝手に間違えてできない」ご相談があります。

例えば2)たとえば「A6:A9」に記入されている内容と、A1に記入されている内容が、一見同じに見えているけど実は同じ(イコール)ではないなど、データが間違ってる
 →A6:A9にある中からコピーしてA1に記入してみます

投稿日時 - 2012-10-13 17:15:00

お礼

内容再確認いたしました。

おっしゃる通り一見おなじようにみえても実はイコールではないものになっておりました。

何らかの方法で統一させます。

内容が不十分で申し訳ございませんでした。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-10-13 17:23:25

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

先に日本語の解決。
>かつ0以上のものに限定する

ゼロ「より大きい」ものに限定したいのですね。
「以上」はゼロを含みます。

計算例:
=SUMIF(A6:A9,A1,C6:C9)/SUMPRODUCT((A6:A9=A1)*(B6:B9>0))

ちなみに「>」で「より大きい」を、「>=」で「以上」を計算できますので、適宜応用してください。

投稿日時 - 2012-10-13 15:55:33

お礼

早速の回答ありがとうございました。

計算例をもとに自分の式に当てはめた結果

例で出したものに対しては完璧でした。

しかし、実用の表に当てはめると

#DIV/0!

が表示されます。原因はSUMPRODUCTの結果が0の表示になるためです。

IFSUMは上手く反映されているようです。

実用版ではそれぞれ異なるシートより数字を引張てくるようになっており
何か原因があるのでしょうか?

お手数をおかけいたします。

投稿日時 - 2012-10-13 16:25:01

あなたにオススメの質問