こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

中国共産党万歳

今、日本は大きな転換期を迎えている。
尖閣諸島は中国に狙われ、我が国の安全保障上の問題になっている。
しかし、この状況下の中、話し合いの解決をなどと綺麗ごとをほざいている。
向こうは本気だ。話し合いで解決などほぼ不可能。
私は中国人民解放軍の進軍を大いに評価する。
腐れきった綺麗ごとは、もう沢山なのだ。
さあ中国人民解放軍よ、尖閣諸島・沖縄へ向けて進軍するのだ。
この国が本当の意味で強く正統な日本を取り戻すには必要な犠牲なのだ。
中国共産党万歳

私は変ですか?

投稿日時 - 2012-10-08 22:06:02

QNo.7739056

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

”私は変ですか? ”
   ↑
そういう方法もある、と思っています。

この期に及んでも、まだ憲法9条を後生大事に
抱えている、などというのは平和ぼけを通り越して
います。
習近平は、日本など核で脅せば一発だ、と公言
しています。

それでも核武装論者は少数です。
長い目でみたら、人民解放軍に頑張ってもらって
尖閣を盗られた方が、日本の為になるかも
しれません。

武力で奪われたら、流石の米国も日本の核武装に
賛成せざるを得なくなるでしょう。
中国共産党が日本の恩人になる日が来るかも
しれません。

ちなみに、こういう手段を常套としているのが米国です。
まず敵に攻撃させ、それで世論を煽り、戦争に持ち込んで
しまう、という手法です。
(参考例)
○テキサス独立戦争
アラモの戦い 1836年2月23日 - 3月6日の13日間
守備隊が全滅し、世論を激高させた。
○米墨戦争 1846年ー1848年
米国が挑発したのが原因で戦争になった。
○米西戦争 1898年 2/15 ハバナ湾で、
米国戦艦メイン号が謎の爆発沈没。
米兵266名が死亡。
スペインの仕業だ、ということになり世論が激高。
○米比戦争 1899-1913
1899 2/4 フイリピン兵が射殺された事件が発生。
米は、これをフイリピンによるマニラ攻撃と発表。
戦争の発端となりフイリピン人60万を虐殺。
○第一次大戦
ルシタニア号事件が発生。
ドイツ潜水艦が沈没させ、128名のアメリカ人が死亡。
ドイツに対する世論が急速に悪化、これが2年後の
アメリカ参戦のひとつの伏線となった。
○第二次大戦 真珠湾攻撃
○ベトナム戦争
トンキン湾事件
1964年8月、北ベトナムのトンキン湾で北ベトナム軍の
哨戒艇がアメリカ海軍の駆逐艦に2発の魚雷を発射した
とされる事件。
これをきっかけにアメリカは本格的にベトナム戦争に介入。
その後、ニューヨークタイムズが、米国のやらせであることを
暴露。
○湾岸戦争 1990年
アメリカの駐イラク特命全権大使のエイプリル・グラスピーは
イラクのクエート攻撃に対して
「介入するつもりはない」と発言。
これを信じたフセインがクエートを侵略したが
米国軍により撃退される。
○アフガン戦争、イラク戦争と911事件。


これらの中で、まず間違いないとされているのが、
ベトナム戦争と、湾岸戦争。
十分怪しいのが米西戦争。
他は疑惑だけで、真偽は不明。

投稿日時 - 2012-10-09 06:38:46

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

貴殿は狂ってます・・・

直ちに脳病院へ・・・・・・・・・・・・・・・・

投稿日時 - 2012-10-20 18:42:32

ANo.8

我が国の刑法で、一番罪が重いとされる犯罪は何でしょうか?

-------------(以下引用)------------------------

第八十一条   【 外患誘致 】
外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者は、死刑に処する。

-------------(引用終わり)----------------------

そうです。
質問者のように、外国と通じてその侵略を手助けした者は、
「死刑」しかないのですよ。
有期刑も無期懲役もない。
この罪で有罪になれば死刑あるのみ。

質問者、その覚悟はおありか?

投稿日時 - 2012-10-09 17:42:54

ANo.7

中国人民解放軍はあなたが思っているほど強いとは思いません。人民を資本主義から解放する事を使命としている軍隊です。中国人民解放軍は各軍管区ごとに軍隊の成り立ちが違います。国家を守るための1つのまとまった組織ではないのです。得意なのは「追えば逃げ、引けば追ってくる」ゲリラ戦です。ですから外国と戦争して勝ったという話は聞いたことがありません、ベトナムとの戦争、インドとの戦争しかりです。日本と戦争しても負けると思います。
しかし尖閣は地下資源だけでなく戦略的に重要な位置にありますから、油断していると中国軍は尖閣に上陸するかもしれません。それを契機に日本は自衛隊国防軍を尖閣に駐留させ、核武装の必要性も認識されると思います。中国軍の進軍は結構ですが、絶対に負けてはいけませんぞ!中国軍が負けて帰った後は
尖閣付近の海峡はすべて封鎖したらどうでしょうか。

投稿日時 - 2012-10-09 12:08:00

ANo.6

 大化の改新の中大兄皇子も源平合戦の清盛~頼朝、戦国の信長~家康、明治の薩長、ナポレオンにヒトラー、毛沢東、すべて大量虐殺に関係した歴史的戦犯である。

人類の平和と安全に対する罪
 http://www.youtube.com/watch?v=yP7O-mr8AhA

 http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%81%AE%E9%81%95%E6%B3%95%E5%8C%96&action=edit&redlink=1

 私は変ですか?  ≫ ≫   不正権力、金権権力、テレビ時代劇、それらの巧妙化するプロパガンダ(propaganda) http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D7%A5%ED%A5%D1%A5%AC%A5%F3%A5%C0 の犠牲でしょうか。

投稿日時 - 2012-10-09 10:46:24

ANo.4

貴方の言わんとしている事は分かります。 日本人は話し合いと言うばかり、話の分かる相手ならそれも良し、江沢民以来
中国は日本を目の仇にして、自分の都合の良い事を並べて、日本を圧迫してます。 此処で日本の政党は一致団結すべきなのに纏まらず、共産党等は論外の政党です。 日本も今回の事で軍備に力を入れることです。 射程4千キロの弾道ミサイルを国内各地に配備すべきです。 憲法9条等、糞喰らえです。 平和呆けの日本人よ目を覚ませ。

投稿日時 - 2012-10-08 23:06:50

ANo.3

うん・・・

 一応中国って建国以来絶えず侵略戦争を繰り返してますけど
負ける戦いってのは基本的にしないです。
 なので建国以前の前身国家である『中華ソビエト共和国』以来基本対外戦争は基本無敗です
 ※引き分けは対インドなどありますけどねw

尖閣は米軍相手にせにゃならんので、絶対手をだしませんてw

投稿日時 - 2012-10-08 22:32:31

日本が、本気で尖閣列島を守る気概を持って、自衛隊の進駐を行えば、中国はあきらめるでしょう。尖閣列島に軍事侵攻しても、日本が本気で戦争になってでも、これを守るならば、国際社会的から見ても、実効支配しているのは日本である。米国も本気で日本に肩入れすると考えられる。かつ、日本の中国への経済支援がなくなり、日本企業は、当然、中国本土から撤退する。EU他の諸外国も、このような中国の暴力主義を見て、中国への進出に大きな危険を感じて撤退する。等々が生じます。また、米国も中国製品の輸入をストップする可能性があります。

当然、中国経済は完全に破綻し、崩壊します。賄賂、利権その他で大いなる利益を得ているのは、共産党そのものです。いったん、これらが生じれば、元に戻すには数十年を必要とするでしょう。このようなリスクを犯してでも、尖閣列島で紛争を起こすリスクはありません。

これらすべてを、中国共産党は気づいております。

したがって、中国のブラフ、日本国内外への宣伝工作に踊らされて、日本政府が弱腰を続けていることが最大の問題であると感じております。

投稿日時 - 2012-10-08 22:32:13

まずあなたの考えが変だとは思いません。

私の読解力の弱さのせいか質問後半にある「この国」というのが中国を表しているのか、日本を表しているのかがわからなかったのであまり具体的には回答できませんことを先にご了承下さい。

人民解放軍が仮に日本の離島、すなわち今問題の尖閣諸島であったり沖縄であったりを奪取すべく軍を進めたとします。
しかし、人民解放軍と自衛隊の戦闘力の差はあまりにも大きく、中国は一時的に尖閣諸島の奪取を実現してもすぐに日本に奪還されることは間違いありません。
沖縄へは手をだすことすら不可能でしょう。
そしてそこへアメリカ軍が加わるとなると人民解放軍の不利は火を見るより明らかであり、中国が出兵することはまずありません。

ご存知だとは思いますが、中国は中国周辺海域を様々国と争っています。
そのため本土に近い尖閣諸島でさえ抑えれないと実証されてしまうと他海域への多大なる影響は必至です。

以上のことより中国は軍事的に手を出すことはよっぽどの後先知らずでなければないと言い切れます。


なので中国にしろ日本にしろ軍事的な強さを実証することは不可能だと思います。

投稿日時 - 2012-10-08 22:32:06

あなたにオススメの質問