こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

複数で行く登山 

最近は ほとんど単独です。

自分の都合(仕事、用事、体調、気分、コース取り&難度 など)で、行きたいところに行ける、逆に行けなくなった時に同行者に迷惑を掛けない というのもあるので 、、これを理由にしています、、、
が、実はこれは私の中では2番目の理由です、、、。

一番の理由は 登山に集中できるからです。
複数人で行った登山は、会話や人の記憶は残るのですが、山の印象が希薄です。
特に自分が設定した登山でなかったりすると、もう「金魚の糞」に近くて、どこでバスを降りたのかも記憶がない、、、場合によっては どこの山頂を踏んだかも記憶に残っていない。

「**山は行ったことがない」と言ったら「**縦走した時 通ったんだよ!」と指摘されることも、、、。
→ソロではありえない話ですね、、、ソロだと20年前のコースでも地図上にプロットできますが、複数で行ったコースは去年のところでもいったいどこからどこへ歩いたのか定かではない、、、

友人と楽しむ会、と割り切れば もちろん それはそれで、、と思っているのですが、「登山」目的だとどうも登山として何も残らなくて、、、。

複数人で登山をされている方、「登山」の記憶・要素は結構あるのでしょうか?
それとも友人と楽しむ と割り切って登山は二の次という感覚なのでしょうか?

いっしょに行くメンバーにこんな質問できないので、皆さんどういう感覚なのか教えてください。

投稿日時 - 2012-10-07 04:14:58

QNo.7736007

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

Q> 複数人で登山をされている方、「登山」の記憶・要素は結構あるのでしょうか?

登山と言うより、ハプニングなどしか記憶に残っていないです。
しかも、ペースを一番遅い人に合わせないとならないので、逆に疲れたと言う思いしかありません。

Q> それとも友人と楽しむ と割り切って登山は二の次という感覚なのでしょうか?

団体でしか行かない人はその様な感覚があるのかも知れませんね。

私も単独が殆どです。
自分のペースで登れますし、景色が良ければそこに時間を費やす事も出来ますので。

投稿日時 - 2012-10-07 09:18:02

お礼

やはりそうですか!

皆さんだいたい同じなんですね

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-10-07 11:01:05

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

>概ね同レベルの人との山行はないのでしょうか?

ありますけど。一緒ですね。

丸投げ。ということはないので、
コースのチェックはするし、
少なくともどこを歩いたかすら覚えていない
なんてことはありえないですね。

コースよりハプニングが大きければ、
そらちの記憶のほうに占められてしまう。
ということはありますけど。

同レベルの友人と行く時は、小屋やテン場で
何を食うか。どんな酒を持っていくか、
というのがメインになってしまうので、
そちらの記憶のほうが鮮明だったり(笑)

投稿日時 - 2012-10-07 12:01:17

お礼

>何を食うか。どんな酒を持っていくか、
というのがメインになってしまうので、
そちらの記憶のほうが鮮明だったり(笑)

まさしくこのパターンですね。

>丸投げ。ということはない

私も丸投げなんてしていませんが、記憶に残らないです。
帰ったら忘れてしまう、途中でのチェックも特に記録もとらなかったり、、。

単独とはまったくちがいますね。

本当に同じにしているのですか???(もちろんリーダーでない時)

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-10-07 21:11:13

ANo.5

どうして意味が読み取れないかな?

投稿日時 - 2012-10-07 11:31:56

>複数人で登山をされている方、「登山」の記憶・要素は結構あるのでしょうか?

主に単独ですが、複数で行く時は初心者、初級者を連れていく
という感じが多いので、当然ながら、ソロで行くより
ルート選定から、行動中のことに関しても神経を遣います。

また、上級者に連れて行ってもらった時でも、
記憶がないとか、薄いなんてことは一切ありませんね。
ペースが速かったり、ルートが体力以上に長かったりで
しんどい。。。という記憶は強いですけどね。

投稿日時 - 2012-10-07 10:47:01

お礼

なるほど、 しかしそれは レベルが大きく違う人との同行ですね
違い過ぎるので「単独」と同じなのでしょう。
方や「保護者」感覚、方や「被試験者みたいな」なので鮮明というか 頭が活性している必要がある。
(緊張感)

概ね同レベルの人との山行はないのでしょうか? 「友人」という感覚の人。
たぶん 結構まったりで希薄な記憶かな?と、、、
(雪山やロッククライミングを除く、これはこれで違う意味で活性化。緊張する)

まずはありがとうございました。

投稿日時 - 2012-10-07 11:09:03

ANo.3

単に感覚の違いだけのような、、、
パーティでもソロでも結構行きましたが、自分で設定しないというか、関心が薄ければ記憶も薄いでしょう。
付いていくだけの山行でも、自分でルートをチェックし、行動中でも常に位置を把握していればそう簡単には忘れないと思います。
遠足みたいにゾロゾロついて行くだけならルートなんか忘れるでしょう。
別にどうでも良いので好きにすればと思いますが、、
自分の好きな方法、仲間とだけ行けば良いのでは?
何とか会みたいなのに無理に所属する必要もないでしょう。
チョモランマとか行きたいならアレですが、植村直樹さんなんかはほとんど常に単独だったようだし、新田次郎も単独記が多いですね。
日本人はどうも型にはまりすぎというか、それが好きというか、変わった価値観を認められない閉鎖的と言うか。

投稿日時 - 2012-10-07 10:28:07

補足

どうでもいい なんて捨てゼリフ回答するくらいなら どうしてスルーしないのかな?

ここは質問サイトですよ!

投げやりトークするなら2chへ行ってね

投稿日時 - 2012-10-07 11:03:09

ANo.1

20代で山を始め、現在50代です。なお、30代は子育てで山から遠ざかっていました。

20代はテントや食料を担いで縦走していました。よって山小屋は使わず4、5人でした。
40代は山小屋を利用して自宅から割りと近い場所で大体1泊で2、3人でした。
50代になると日帰りコースになり、約半分が単独になりました。

複数の山はやはり失敗や苦労したことがいつまでも酒のネタになりますね。

 例(1)テント場所にあるべき水場がなく、往復1時間掛けて次の水場まで汲みに行った。
 例(2)台風のため予定の山には行けず、急遽変更したがその台風にずっと追い掛けられた。
 例(3)2000mぐらいのテント場で一晩中、真横に走る雷に一睡もできなかった。

この山歩きの仲間の幹事をすすんでずっとやっていました。理由は案外自分の好みの場所やコースを選択できるし、山に関する知識を自ら得ることができたからです。それも紙(雑誌・小説など)から入手することを楽しんでいました。

ところがネットに山の情報が溢れ出した頃から紙ベースを見なくなり、ネットにあった地図などで単独で歩くようになりました。

それと膝を痛めた関係で仲間に迷惑を掛けては行けないと思うようになり、マイペースで歩ける単独行に変わってきました。

また現在の年代では家族にどうしても介護などが必要なものや、労働体系が変わり夜勤者なども出てきたりで、日程が合わないとかスケジュールを組んでもお流れになることが多いなどもソロになってきた原因ですかね・・・

何か支離滅裂な文章になりましたが、参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2012-10-07 07:34:57

お礼

さっそくありがとうございます。

ただ、、、どうも回答の意味がわからないのですが、、、?

ソロになっていった経緯・背景はわかりますが、、まあ私と大体同じではありますね。

投稿日時 - 2012-10-07 11:00:22

あなたにオススメの質問