こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

電子書籍の値段設定に関して

欲しい雑誌が電子書籍として販売されていたので
購入しようとしたのですが、価格が数ページで100~400円と
紙媒体で購入した方が遥かに安く、驚きました。

販売元や書籍の種類・ジャンル、販売形態に限らず総じて電子書籍は高いようです。

そこで『何故、電子書籍は紙媒体より安くならないのか』について
少し調べてみました。
http://www.j-cast.com/2012/05/15131801.html?p=all
http://techwave.jp/archives/51491017.html

ところが、上記の記事を読んでもさっぱり理解が出来ませんでした。

・紙媒体より安い値段設定にする必要性が無い
・紙媒体よりも費用がかかる
・電子化するにあたって機能を追加しなければならない
・海外の電子書籍が安いのは電子書籍端末を普及させる為 ・・・・等

どなたか『電子書籍が紙媒体より安く出来ない』点について、
より納得できる理由を教えて下さいませんか?
(上記サイトに書かれてある事でも、追加事項があれば構いません)

投稿日時 - 2012-09-29 19:50:58

QNo.7723518

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

単純に海外では安いです、日本では利権が絡んでいるので、ごちゃごちゃと理由を付けて、紙媒体を買うように仕向けています、その一つが価格です、まあ紙屋、印刷屋、インク屋、運送会社、本屋が困るからです。
安く出来る出来ないの問題でなく、安くしないを基本に成り立っているので、理解など到底出来る、説明などありません。

投稿日時 - 2012-09-29 20:14:41

お礼

回答、ありがとうございます。

利権が絡んでいるというのは、ありえる話だと思います。
ただ、出版社はそこまで
下請けに気をつかっているのでしょうか?

私は陰謀論者ではありませんが、利権が絡んでいるとしたら
もっと大きな組織なり団体のような気がします。

投稿日時 - 2012-09-29 21:39:55

あなたにオススメの質問