こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

三脚と雲台について

使用カメラは、
ニコン デジタル1眼
レンズ 600mm(予定)
被写体 飛行機・鳥など

・購入予定の三脚と雲台は、
manfrotto 三脚 カーボンファイバー三脚4段 055CXPRO4
manfrotto 雲台 055マグネシウムボール雲台Q5付き MH055M0-Q5

組み合わせの是非
使用感 三脚・雲台別々でも結構です。(特に希望しております)
その他参考になることなどー

ご指導頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2012-09-19 18:40:00

QNo.7706419

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

No1の補足回答

三脚を使う場合、スローシャッター・長時間露光に耐えうるものと手持ちの補助でフレーミングの安定を図れば良い程度、つまり、一脚の代替では、当然に選択基準は変わっています。

また、同じ剛性でも使い手次第。
不整形地でもセンターポールは、垂直になるよう脚の長さを調整するとか、脚のパイプ径の太い方を有効に使う。などの工夫で随分違います。
また、軽い三脚、取り分けカーボン製では、トップヘビーになります。
これも、ストーンバックで重心を下げる工夫が必要。

要は、幾ら頑丈な三脚でも、使い方を誤るとブレる時はブレるし、柔な三脚でも工夫でそこそこ使えます。

投稿日時 - 2012-09-20 18:07:24

お礼

ご指導ありがとうございました。

お教え頂きました、ものの見方、考え方を基に店頭で選択したいと思います。

今後とも宜しくお願いいたします。、

投稿日時 - 2012-09-22 18:12:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

三脚選びの基本は載せる物の重さの最低でも1.5倍の重さが有ること
カーボンなどの計量設計でも0.8倍位は必要
記載されたものだと多分後悔しますよ

投稿日時 - 2012-09-19 22:32:02

補足

誠に恐れ入りますが、No1 kuma-gorou様の補足入力をご覧頂きまして、ご指導お願いいたします。

投稿日時 - 2012-09-20 16:58:16

お礼

早速のご指導誠にありがとうございました。
お蔭様で、無駄な失費を抑えることができました。
厚くお礼申し上げます。

今後とも宜しくお願いいたします

投稿日時 - 2012-09-20 17:01:48

ANo.2

Google 検索欄に「カーボンファイバー 三脚」と入れて検索してみて驚きました・・・Manfrotto しか出てこない(笑)!

異常な安売り攻勢で通販 Site が Manfrotto 社製三脚ばかり仕入れているのか、いわゆる「ステマ (Stealth Market)」を行なっているのか、御質問者さんも「Manfrotto 以外は選択肢が殆んどない」と思ってしまったのではないでしょうか?

私は以前 KENKO f500mm F6.3 Mirror Lens を用いるために SLIK 814EX という三脚に SLIK バル自由雲台や SH-704EBK 3 Way 雲台を付けたものを使っていたのですが、重いので売っ払いました(汗)。

http://www.hsgi-shop.jp/product/206
http://www.slik.co.jp/panheads/free/4906752200353.html
http://www.slik.co.jp/panheads/3way/4906752200827.html'

耐荷重という Spec' は当てになるものではありません・・・実際、上記 SLIK 814EX の宣伝には耐荷重 5kg と記されているものの下記通販 Site では 8kg と記されています。

http://item.rakuten.co.jp/shinbido/4906752103579

つまり、通販 Site の Spec' など、いい加減なものなのです。

SLIK 814EX を選んだ理由は最下段の Pipe が 21mm 径あって最も頑丈そうであったことと Stone Bag を装着して全重量を現場で増やせること、But Ring で確実に締め付けられることだったのですが、設置準備に時間がかかる上に重たいので(滝汗)・・・。

Manfrotto 055CXPRO4 の 最下段 Pipe は 16mm 径ですので、とても耐荷重 8kg を謳えるものとは思えず、総重量 1.7kg では華奢な感じが拭えないですね・・・Stone Bag がないのも困りものです。

やりようは幾らでもあるとは言え、大型大重量望遠 Camera System にはそれなりの大重量で堅牢な三脚を充てがうのが基本です。


SLIK バル自由雲台や SH-704EBK は未だに手元にありますが、これらは Almighty の雲台ではなく、使用目的に応じて使い分けるべきものです。

Manfrotto MH055M0-Q5 のようなバル自由雲台は傾きを簡単に調整できることから前後左右位置は固定して水平出しや煽りだけを気にするような Situation に用いるものであり、前後左右位置調整が必要な Situation では平行移動も可能な 3 Way 雲台の方が遥かに使い易いものです。

ちなみに飛ぶ鳥や飛行機をバル自由雲台で追うのは殆んど不可能です。・・・Finder なり Live View 背面液晶なりで確認しながら雲台を動かせるような被写体ではありませんので(汗)・・・。

私が Blue Impulse を撮りたいと思って最初に購入した Digi'Came' は OLYMPUS E100RS で、現在は PENTX K100D を経て PENTAX K-r になっています。・・・つまり Shake Reduction 内蔵 Camera を手持ちで追う Style ですね。

http://www.amazon.co.jp/エツミ-E-6124-写真用品-カムコーダーサポート/dp/B0027GPG1S

に取り付けて人間三脚 (1 本は地上に届きませんが(爆)) 状態で追うのですが、上半身ごと自在に向きを変えられるので充分に追えますし、1/200 秒以下の高速 Shutter を切れる快晴下ならば KENKO f500mm F6.3 Mirror Lens の手持ち撮影でも Shake Reduction が問題なく 2×2 Pixel 以下のブレに抑制してくれます。

今では軽量の Video Camera 用 Aluminun 三脚 (ETSUMI Athlete DV4) しか使わなくなってしまいましたが(汗)、雲台は屋内 MACRO 撮影用の Slide 雲台も加えて未だに保管しています。

Carbon Fiber 製三脚にこだわるのであれば SLIK VELBON GITZO KAKUBA KING BENRO SIRUI VANGUARD・・・とたくさんありますよ。

http://www.yodobashi.com/カーボン三脚/ct/19305_500000000000000301/?count=24&disptyp=02&page=1&sorttyp=COINCIDENCE_RANKING

投稿日時 - 2012-09-19 21:09:23

補足

誠に恐れ入りますが、No1 kuma-gorou様の補足入力をご覧頂きまして、ご指導お願いいたします。

投稿日時 - 2012-09-20 16:57:51

お礼

早速、詳細なご指導誠にありがとうございました。
お蔭様で、無駄な失費を抑えることができました。
厚くお礼申し上げます。

今後とも宜しくお願いいたします

投稿日時 - 2012-09-20 16:57:59

ANo.1

4段脚は、携帯に便利でもジョイント部と最終段のパイプ径から剛性が劣ります。
カーボンとは言え、脚重量が1.7Kgでは、はっきり言って入門機用の軽量Wズームが限界。

600mmって、レンズ重量3~4Kgでしょう。
最低でも、カーボン製3段脚で、上に乗る重量以上の脚が必要ですよ。

投稿日時 - 2012-09-19 19:28:57

補足

manfrotto 三脚 カーボンファイバー三脚4段 055CXPRO4 を選んだのは、飛行機搭乗の際、機内に持ち込めることです。

皆様のご意見で、600mmは不可能と言うことがよくわかりました。
後日、使用可能な三脚を検討したいと思います。

もう一つ、どうも、いい加減なことで申し訳ございませんが、

*055CXPRO4を使用することを、条件としまして、
レンズ 400mm 重量1.3kg
カメラ 重量1.2kgほど

一寸無理はあるかな、とは思いますが、この組み合わせで使用する雲台についてご指導下さい。

条件としては、上下・左右 同時に、どこにでも振れることとします。

お手数をおかけします。宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2012-09-20 16:56:54

お礼

早速のご指導誠にありがとうございました。
お蔭様で、無駄な失費を抑えることができました。
厚くお礼申し上げます。

今後とも宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2012-09-20 16:57:33

あなたにオススメの質問