こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ルータモード、ブリッジモードについて

自宅にて
(1)PC(東芝 dynabook T351/46CB)
(2)スマホ(SoftBank GALAPAGOS SoftBank 003SH)
(3)スマホ(DoCoMo T-01D REGZA)
の3台をWiFi接続しています。

その他の機器情報等は以下になります。
・回線会社名と接続サービス名・・・SoftBank ブロードバンド ADSL 50M Nexzy.BB
・レンタルモデム・・・「Trio3-6 plus」
・無線LANルータ・・・バッファロー AirStation NFINITI WHR-G301N

数ヶ月前から(2)スマホはWiFi接続時に時々切れたりしておりましたがその度にルーターのKeyの値を入力し再接続は出来ていました。
ですが数日前から(2)(3)スマホが同時にWiFi接続出来ない状態になりました。
(1)(2)だけ、(1)(3)のようにPCとスマホなら同時WiFi接続可能でした。
また、今までPCがWiFi接続出来なくなったことはありません。

とりあえず(2)(3)と無線LANルータのソフトウエア更新有無を調べた所、(2)と無線LANルータは最新状態でしたが(3)のみ更新が必要な状態でした。
しかし(3)の更新後、逆に(3)のWiFi接続が出来なくなってしまいました。

さらに調べた所、モデム「Trio3-6 plus」にはルータ機能が付いている(?)ということでWHR-G301Nの背面スイッチ(ルーティング機能)をOFF(ブリッジモード)にしました。
この時までは、スイッチはAUTOにしておりました。

スイッチをOFFにする事で全て同時につながるようになりWiFi接続に関しては解決したのですが、無線LANルータのついて質問があります。


(A)今までスイッチはAUTOで問題なく接続出来ていて特に何も変えていないのに、なぜスマホだけ接続できなくなりPCには問題が生じなかったのでしょうか?

(B)私は今まで、無線LANルータがそろぞれの機器(1)(2)(3)に暗号化したネットワークを振り分けてつなぐような役割をしている、と認識していました。ですので無線LANルータのルーティング機能をOFFにしてもつながる、という意味がよく分かりません。
無線LANルータのルーティング機能をOFF(ブリッジモード)にしても親機としての役割がある、とも聞いたのですが、さらに分からなくなってしまいました。

無線LANルータのルーティング機能、ブリッジモード、親機としての役割について色々調べたのですが、専門用語が多くそれをさらに調べて・・・と繰り返していたら頭がごちゃごちゃになってしまいました。

初心者ですので、出来るだけ簡単な言葉でご説明いただけましたら幸いです。
お手数をお掛けしますが、どうぞよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2012-09-07 13:32:44

QNo.7685227

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

モデムにルーター機能が付いている
だとしたら
ルーターはモデムに任せる。
AirStationのルーター機能はOFFにして無線の親機としてつかう。
これで正解です。

(A)
ルーターが「振り分ける」
これはDHCPサーバといって、LANの中の機材、にIPアドレスを子機に振り分ける機能です。
具体的には 192.168.1.1の末尾1が256まで使えるのです。
子機が3台あるから普通は 2 .3. 4 ですね。
ルーターが2台あると同じ機能がバッティングしてしまうので、それが「なぜか使えない」
時の原因だったのでしょう。

(B)
無線というのは有線の「線」の部分だけをワイヤレスにしている「見えない線=電波」です。
「ワイヤレスマイク」のような意味なので、線があろうが無かろうがルーティング機能とは関係ないのです。
線が無いということはこの話題の中では忘れていてかまいません。それぞれ線でAirStationにつながっていると考えてください。

今の環境では
インターネット側のIPアドレスを変換して、家の中のLANに割り当てる作業というはモデムルーターがしています。
だから、本当はAirStationの部分は「ハブ」でいいのですが、無線機器を使いたいので、AirStationを使っています。AirStationのなかにはルーターが入ってますが、それは使ってはダメ。OFF.
ブリッジは無線が使えるハブ と思えばいいですね。
というわけです。

投稿日時 - 2012-09-07 14:14:32

お礼

早々のご回答、誠にありがとうございます(^▽^)/
ごちゃごちゃになっていた部分がなんとなく分かってきました。

バッファローでWiFi接続設定した際、AOSS機能を使って設定したのですが、この時バッファローだけがPCやスマホを認識たものと思っておりました。
レンタルモデムではそのような子機を認識させるような設定はしていなかったので、バッファローのルーター機能でアドレスの振り分けをしているものと思っておりました。

レンタルモデムは、バッファローから子機の情報をもらい、その上でレンタルモデムはアドレスをそれぞれに振り分け、バッファローで無線で飛ばしている、という認識で合っておりますでしょうか?

投稿日時 - 2012-09-07 20:29:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

こんにちは。

(A)については、よくわかりませんので割愛します。

(B)については、もともとレンタルモデムにルータ機能があるため、バッファローのルータ機能をOFFにする必要があります。
  基本的にLANの構築を図に書くと下記のようになります。


 インターネット → モデム → ルータ → 無線LAN → PC等

今回の構造は、

 インターネット → モデム・ルータ → ルータ・無線LAN → PC等

の回線状態で、ルータが競合?していた可能性があります。
無線LANのルータ機能をOFFにしたことにより、

 インターネット → モデム・ルータ → 無線LAN → PC等

と正常な構造になると思われます。
レンタルモデムにすべての機能が付いたものがあれば、一台で無線LAN環境にすることも可能になります。

わかりにくい文章になってしまったような気がしますこんな感じでわかりますでしょうか?

投稿日時 - 2012-09-07 14:13:36

お礼

早々のご回答、誠にありがとうございます(^▽^)
なんとなく分かってきました!!
今まで、バッファロースイッチAUTOでWiFi接続出来ていたのが逆に不思議ですね(笑)
スマホもこれまで何回もソフトウエア更新があったので段々と正常な動作になってきた、ということですかね。

投稿日時 - 2012-09-07 19:40:46

あなたにオススメの質問