こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

起業したい。

起業をしたいのですが、、、

・どんなことから始めればいいのか
・起業するために何が必要か
・起業するために絶対にやっておいた方がいいこと、悪いこと
・起業する国、場所はどこがよくてどこが悪いか
………等々。

起業して成功した方、失敗した方、起業について勉強している方、また、これから起業しようとしている方
皆様の色んな意見を教えて下さい。

投稿日時 - 2012-09-07 11:39:33

QNo.7685071

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.9

私自身の経験になりますがお話をさせてもらいます。

およそ4年前、海外ビジネスをするために、海を渡りました。

そのときの手持ち資金わずか120万円

そして、一切英語喋れない状態で、その異国の地にはもちろんのこと
知り合いもいなければ、コネもない状態。

ただ一心「●●をしたい」
※名称を入力してしまうと個人が特定してしまうため伏字にします。

結果として、現在80名の仲間に囲まれ仕事をしています。

普通に考えれば無謀です。

手持ちもわずかで、ましてや知り合いもいない、言葉も分からない異国の地。

でも、強い思いがあったからこそ、今のパートナーを見つけ

ココまで来ることができました。


私の体験からすると、

「強い思い」があれば、それを糧に自分自身を奮い立たせ行動させます。
行動をすることで、実現に歩を進める。

ということなのだと思っています。

何が必要で、何を勉強したらいいのかよりも「何をしたいのか」あなたの願望に
耳を傾けてください。

それが分かって初めて、実現するために、何が必要で、何を学べばよいのかを
考えればいいのです。

何をしたいのかが漠然としている限りは成功確立は低いままです。

投稿日時 - 2013-02-18 16:02:26

ANo.7

 私は今、起業途中です。売りたいものがあって、それを作るのではなく販売するために色々やってます。
 布雑貨なので、「工場」と調べたら鉄鋼工場まで出て役に立たず、「縫製工場」としたら洋服専門工場が出てきてだめで、「縫製工場 雑貨」といれたら法人としか取引をしないとこが多く、「縫製工場 雑貨 小口」としたら近づいてきました。その途中で、小口ではなく小ロットという言葉を知り、これも検索キーにしてようやく今の工場を探し当てました。

 それ以外は最初は何からやるのか分からなかったので、手当たりしだいに読んで見ました。わからない事もネットで調べ、初めて聞く言葉も意味も、調べて調べて。
 今日は、無料でフォントを配布してくれるサイトがあるということを知りました。それをどう使うのか、どういうソフトがあれば使えるのかを調べている最中です。
 ショッピングカートを作ってるのですが、何か役に立つのかわかりませんが、調べている最中です。


 あなたが疑問に思っていること、「起業するには」とか「起業 準備」とか「起業 注意点」、「起業 失敗」 も調べました。やっておいた方がいい とかやるべきこと とかしてはいけない事、心構え、いやもう読んでも読んでも勉強です。友達関係とは違う、雇われてた時とは違う、心構えがをたくさん読みました。ものの見方が色々変わってきました。
 
 たくさんの情報をとにかく仕入れていくうちに、自分に必要なことがどれかわかるようになります。私のパソコンのお気に入りは、起業のことのフォルダだらけです。
 
 起業途中の私は、そんな風に勉強しています。

投稿日時 - 2012-11-09 16:30:50

ANo.6

他の人も言ってますけど、「起業する」というのは目的ではなく通過点であり手段です。
まず「何を会社として行う業務にするのか」ということを明確にしなければ、何をしても無駄になります。
「おれっち社長なんやけど~」と吹聴するためにペーパーカンパニーを起業するにしても、会社の主業務をきっちりと設定することは必要不可欠なのです。

つまり、起業するためには「何を業務にしたいのか」という会社設立を図る目的が大前提になるのです。
もちろんお金だって必要です。会社を登録するための書類に必要な収入印紙に始まり、事務所を用意するための家賃やら光熱費、共同起業なら人件費など、とかくお金が掛かります。

日本国外での起業は手続きが面倒ではないと、ネットで手続きして海外での企業を行う人も増えているようですが、先々のことを考えると手を出すべきではないかもしれません。

投稿日時 - 2012-11-09 11:54:40

他の連中は何を知ったふりしてんのかわからないが、起業したいから起業するでよい。
やりたいことがあるからが先とか後とかない。
でだ。
起業して経営してみなけりゃ、そんな概論聞いても意味ない。
とにかく、小さく始めること。最初は100%うまくいかない前提で小コストで始めること。あとはやりながら学んでいけ。
まず、始めてしまうこと。
たかが会社経営だ。死ぬわけじゃない。

投稿日時 - 2012-09-11 08:19:57

お礼

なるほど。
そうですよね。
とにかく行動しないと何も始まりませんよね!
アドバイス有難うございます(^^)

投稿日時 - 2012-09-12 20:13:26

ANo.4

起業とは手段です、目的ではありません。
「このような事をしたい、そのために起業する」なのです。

投稿日時 - 2012-09-07 15:05:36

ANo.3

問題は起業ありきではありません。
何の業務をするかが一番大事な点です。
それによって必要な事などが色々出てきます。

投稿日時 - 2012-09-07 12:51:51

ANo.2

こんにちは。

これから起業しようと燃えている人が、いきなり人に聞くんですか?

しかも、匿名のQ&Aサイトで…。


本屋に行っても図書館に行っても、たくさんその関係の本はあるのでは?

今ならネットだって…。


ところで、やりたいことは決まっているんですよね?

まさか、会社を立ち上げるのが目的ではないでしょうけれど。

頑張ってください。

投稿日時 - 2012-09-07 11:55:35

ANo.1

起業して10年の者です。
成功しているとは言えませんが、まだ失敗をしたとはいえない成功を目指している状況の者です。

・どんなことから始めればいいのか

事業内容と経営方針次第です。ですので、起業する人の考えで何から始めるかはいろいろですね。
ただ、数カ月程度の運営資金と生活費ぐらいは余剰で資金を持っているべきだと思います。仕入れや設備資金などのお金は別ですね。
これらを前もって蓄えるか、買い入れられる算段をすべきでしょうね。

資格などが必要で、事業主個人として資格を取得することを考えているのであれば、出来るだけ早く取得しておくことですね。経営しながらできることは、少ないかもしれませんからね。

・起業するために何が必要か
人脈・営業力でしょうね。
外部からお金を使って持ってくることも可能ですので、天秤を掛けていくことですね。
営業力を経営者自身が持てば、営業を雇用したりする必要はないでしょうからね。
技術力なども同様でしょう。

・起業するために絶対にやっておいた方がいいこと、悪いこと
起業分野・関連分野での実務経験ですね。いままで雇われていて見えないところも多いこともあります。
また、関連する法律も知識は必要でしょう。

投稿日時 - 2012-09-07 11:53:27

あなたにオススメの質問