こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

水彩ホビーカラーの塗料の量について

最近プラモを始めた初心者です。
水性ホビーカラーと、タミヤバジャーというエアブラシ(アマゾンで3000円くらいで売ってました)を使っています。

1/144サイズのガンプラ(シナンジュ)を塗装しており、全部黒にする予定です。
ガンプラカラーの缶を使えば早いと思うんですが、練習も兼ねてこの方法で塗装しています。

胴体以外を塗装した時点で3瓶と、180Dエア缶1つ使い切りました。
全部塗ったら4つくらい瓶を使いそうです。

最初なので効率が多少悪いとは思うのですが、全塗装にこんなに塗料を使うのが普通でしょうか?
ミスターカラーは今住んでる環境では使えないので、塗料の種類は変えたくないです。

しょっぱなからパーツの多い機体を選ばなければよかったと後悔してます・・・
アドバイスよろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-08-28 15:22:21

QNo.7667990

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

私は、タミヤバジャーではなく、クレオスのプロスプレーmk-1を使用していました
(構成は似た様な物です)

水性ホビーカラーの場合、薄め液で薄めるとプラ材に定着し辛くなる為
原液をそのまま拭くか、塗料の粘度が高い場合に、専用の薄め液を少量加えて使用する為
半端なく塗料を消費します
ラッカー系の塗料ならば、塗料1に対し薄め液2くらいで薄めて使う為
結構長持ちしますが、水性ホビーカラーならば、消費量が多くなるのは致し方ないと思います

私は、エアブラシ塗装を始めた当初は、ラッカー系と水性ホビーカラーの両方を使っていましたが
エアーコンプレッサーを購入したあたりから、ラッカー系に完全移行しました
水性ホビーカラーを止めた一番の理由は、塗膜の弱さと乾燥時間の遅さですが
塗料の消費量も、その要因の一つです

最後に、エアー缶は連続使用していると、ものの数分で冷えて圧が下がり
回復するまで使用不可になりますので、このまま模型作りを続けるつもりなら
早い段階で、エアーコンプレッサの購入を検討された方が宜しいかと思います

投稿日時 - 2012-08-29 00:01:44

お礼

回答ありがとうございます。
やっぱりかなり塗料使うもんなんですね。

ラッカー系はいつかは使いたいので、近所を気にしなくていい時間帯に作業するとか、
ちょっといろいろ考えてみます。
手軽に始めれるからとエア缶でデビューしましたが、コンプレッサ検討します。

投稿日時 - 2012-08-30 11:12:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

まずエア缶ですが、180Dを何本も使用するのでしたら、コンプレッサーの導入を検討した方が良いでしょう。但し、模型作りはもう終わりと言うのなら別ですが…。中古のコンプレッサーでもオークションとかで入手出来ますし、新品でもタミヤやクレオスから安価な物がありますので、検討してみて下さい。

次に塗料です。ビン生をそのまま希釈せずに吹いていませんか? 水性塗料をお使いのようですが、専用の薄め液で1対1程度に薄めて使用するのが基本です。ビン生だと濃度が高すぎてうまく吹けないし、塗料の無駄使いにもなります。油性のラッカー系塗料なら塗料1に対して2倍から3倍程度に希釈して使用します。エアブラシ塗装は塗料を希釈し何度かに分けて薄く吹き付けるのが基本です。(私はガンプラは作りませんが、2・3度重ね塗りで発色させています。)

投稿日時 - 2012-08-28 20:00:44

お礼

回答ありがとうございます。
コンプレッサー前向きに検討します。
水性ホビーカラーのうすめ液に関しては、1:1ですると着色が悪くなったのでちょっとしか使ってませんでした。

投稿日時 - 2012-08-30 11:22:06

ANo.1

いわゆるエア缶って奴ですね?

他にも缶が出てるので
安いエアー缶を探してみてはどう?

でも エア缶のエアーはすぐに無くなるよ^^;
圧も一定じゃないしね。

180Dは容量少ないからね。
180Dじゃなくても 使えると思うよ。
420mlの600円位で売ってると思ったけどな。

投稿日時 - 2012-08-28 16:28:30

お礼

回答ありがとうございます。

420mlで600円は安いですね!探してみます

投稿日時 - 2012-08-30 11:28:03

あなたにオススメの質問