こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

絵画における太陽の色

最近ジョアン・ミロの「赤い太陽が蜘蛛をかむ」という作品名を見て、
「太陽を赤と表現するのは日本だけで、海外では黄色か橙色がほとんどでは?」
と不思議に思いました。

しかしこれは写真ではなく絵画ですから、現実と異なる色彩表現をしても不思議ではありません。

そこで質問なのですが、絵画の場合、太陽の色を赤で表現することは結構あるのでしょうか?

投稿日時 - 2012-08-23 23:12:23

QNo.7660027

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

仰るとおり海外での太陽はあまり赤で表現することは少ないようです。

ですが、日本以外でもバングラディッシュ、韓国、マラウイ共和国、北極圏に近い地域、ベトナムの少数民族などでも赤く表現するようです。

日本でも絵が上手い人はあまり太陽を赤く表現しません。
私も絵を勉強してきて、太陽はそのシーンによって異なりますが、赤くは描きません。

古代日本が朝鮮半島の文化が入る前はなんと金で太陽を表現していたようですよ。


日本人が太陽を赤く表現するのは国旗の影響と「赤」の元々の意味が「【あか】るい」だからとも思います。
欧米の太陽の黄色も「黄」は「明るい」を意味するそうです。

投稿日時 - 2012-08-24 00:57:28

あなたにオススメの質問