こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ドイツ語 insとwomit

insは前置詞inと定冠詞dasの融合形と辞書に載っています。
womitは前置詞mitと疑問代名詞wasの結合形と書かれています。
まず、融合形と結合形の違いはあるのでしょうか。
次にwasとmitが結合するならばwamitとならないのはなぜでしょうか。
以上2点についてどなたか教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2012-08-23 09:53:32

QNo.7658675

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

in と das が結びついて indas とならずに ins と短くなっています。im や zur なども同様です。一方、wo + mit で womit、wo(r) + aus で woraus と短くなっていません。あえて違いがあるとすればこれでしょう。

womit などの副詞は、確かに意味的には「代名詞+前置詞」ですが要素は「場所の副詞+前置詞」です。

das/es「それ」 - da(r)「そこ」
dies「これ」 - hier「ここ」
was「何」 - wo(r)「どこ」
※(r)は母音の衝突を避けるためですが、古くは英語などと同様Rがついていたためでもあります。

意味が対応した場所の副詞が代名詞の代りに選ばれています。前置詞が副詞につくのも変な話で、そもそもなぜこうなるかは正確には分かりませんが、ゲルマン系では古くからこういう方法が用いられています。

英語 therefore, thereof, wherein, hereof なども同様です。もっとも、英語ではこういう副詞はすでに古体であり、therefore も固い言い方です。オランダ語にもこういう副詞はあります。

投稿日時 - 2012-08-23 11:34:23

お礼

trgovec様
 ご回答のすべてが理解できたわけではないのですが
辞書でwor..を牽いたら「母音で始まる前置詞に付けて
疑問副詞・関係副詞を作る。」とありました。
wor+aufはaufが母音で始まるのでworaufですが、
wor+mitはmitが母音で始まらないのでwomitとなります。

>※(r)は母音の衝突を避けるためですが
trgovec様のご説明のとおりです。

私が混乱したのはwo..で始まると頭の中で「どこ・・」と
いう言葉が浮かんでしまうのです。
ですから間違っているのと思うのですが私は次のように考えました。
wor+前置詞は「worauf 何の上に」「womit 何によって」のように
なるのでwo(r)はwasと同じ意味を持がwo(r)はwasから来たものではないと
考えたほうが混乱を避けることができる。

ていねいなご説明ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-08-23 13:24:33

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

http://homepage3.nifty.com/moz/sprache/grammatik/g04.html
の解説をみていただくと良いのですが、前置詞と定冠詞の融合形、前置詞と代名詞の結合形という風に用語を分けています。語順は前者では<前置詞+定冠詞>の順で、後者は<代名詞+前置詞>です。

投稿日時 - 2012-08-23 11:18:44

お礼

KappNets様
 明快なご回答感謝いたします。
ご紹介いただいたサイトも参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-08-23 12:39:35