こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

【保険見直し本舗】について

 お世話になります。
 28歳、女性です。
 長文ですが、よろしくお願い致します。


 恥ずかしながら、
 社会人になった時に
 内容も良く理解しないままに
 母に選んでもらった保険に入ったまま
 見直しをせず、現在に至ります。

 加入していたのは
  ・医療保険
  ・がん保険(+特約)
                ともにアフラックです。


 先日、思い立って、
 あるショッピングセンター内にある
 『保険見直し本舗』にて
 上記の旨を伝え、見直したいと相談しました。

 
 案内をしてくれた方は、
 全く保険が分からない私に
 同じことを聞いても嫌な顔をせず、
 とても感じ良く説明してくれて好印象でした。

 が、
 無料で相談にのってもらえるということは、
 契約時に、保険会社からバック等があり、
 会社として成り立っているのだと思います。

 ということは、
 そのバックが大きい保険を勧められている
 ということはないのでしょうか?

 他社の無料診断も受けようとも思ったのですが、
 『面談』形式が多いので
 あまり気が進みません…。

 
 --------------------
 ちなみに
 案内していただいたプランは
 
  ・医療保険 → キュア・レディ
               (オリックス生命)
  ・がん保険 → 終身ガン保険(08)C型
               (メットライフ アリコ)
  ・死亡保険 → 長割り終身
               (東京海上日動)

 死亡保険は
 現在のがん保険の特約の部分の代替と、
 お金が手元にあると使ってしまう性格からの
 貯金の意味を込めて、案内をいただきました。

 最初の相談(先月)時点で

   27歳、彼氏なし、結婚予定なし、
   生涯独身の可能性も高い…。
   出来れば、内容はあまり落とさず、
   女性特有の病気の際の補償を
   プラスでも良いので付けておきたい。

 という内容で、上記の案内をいただきました。


 

投稿日時 - 2012-08-13 10:45:39

QNo.7641360

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

がん診断給付金は、複数回支払いが良い……
というのは、その通りですが、
では、逆に、どんなとき、複数回の支払いが受けられないのか?
という問題が生じます。

一つは言うまでもなく、2年以内に死亡してしまった場合。
もう一つ、見逃してはならないのが、
再発も転移もしないが、「外来での治療」は続けなければならない……
という場合です。
典型的な例が、慢性骨髄性白血病です。
(グリベックなどの薬を飲み続けていれば、悪化しない)
となると、再発・転移だけでなく、入院・通院に関係なく、
治療さえしていれば、給付金を支払ってもらえる……
というものが良いことになります。

一つは、抗がん剤治療給付金です。
入院・外来に関係なく、給付金を支払ってもらえます。
もう一つは、再発・転移に関係なく、治療さえしていれば、
給付金を支払ってもらえるタイプです。

でも、これらをすべて備えているがん保険は、「ない」のですよ。
なので、あれがよい、これがよい、と言っても、
結局は、メリットに目をやって、デメリットに目を閉じている
ということになりかねません。
パーフェクトな保険はない、のです。
ならば、ご自身の目で確かめ、頭で考えて、
ご自身の価値観で決めなければなりません。
となれば、なおさら、正しい情報を提供してくれる担当者の存在が
とても大きいということになります。
間違った情報で判断すれば、結論も間違っている
ということになりかねません。

保険選びは、担当者選び……と、言われる所以ですよ。

投稿日時 - 2012-08-14 10:04:04

補足

 ご回答者の皆様、
 多くの情報とアドバイス、
 本当にありがとうございました!
 
 どのご回答もアドバイスも
 大変参考になり、
 ベストアンサーに迷いますが…


>保険選びは、担当者選び……と、言われる所以ですよ。

 質問(疑問)に対する 回答と
 NO.4にて
 私が受けてきたお勧めの保険に対する
 矛盾点をご指摘いただいた rokutaro36様 を
 ベストアンサーとさせていただきます!!

 

投稿日時 - 2012-08-16 11:21:53

お礼

 度々のご回答、
 誠にありがとうございます!

>再発も転移もしないが、「外来での治療」は続けなければならない……

 そうですね。そういうこともあるでしょうね…。
 増える不安…。


>治療さえしていれば、給付金を支払ってもらえる……
>というものが良いことになります。

 なるほどです!
 本舗の方も、
 入院・通院の金額よりも、
 発症時(?)の給付金が大きいものがお勧めだと
 案内して下さいました。

>抗がん剤治療給付金

 これ!
 回答者No.6様にご誘導いただいたYoutubeを見て
 すごく大変そうでしたが、
 こんな保険もあるんですね!!

 後から後から
 新しい情報をいただけて、勉強になります!

投稿日時 - 2012-08-14 17:33:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.10

たびたびですが、締め切られる前に書かせていただきます。

1.介護に関しては、「医療保険」で「介護状態」はでないということです。
問題は女性は長生きしますので、何百万円も支払って人災の最後に何も役にたたないということです。
ですから、バランスを考え、お金として残すのがベストと私は考えています。

2.「抗がん剤の特約」は確かに保障として良いもんですが、
  老後もお金に余裕がある自信のない方にはご案内しません。

 「抗がん剤」は誤解されやすいですが、認可されたものだけが対象です。
 今後、薬の種類は減ることはないでしょう。
 結果、各社 10年間ごとに年齢が上がるために保険料も上がります。
 70歳過ぎて保険料が間違いなく支払えるでしょうか?

 単にあれが出る、これが出るでは大手生保会社と差がありません。
 質問者様を一生守られる提案が必要です。

 具体例を書かせていただきます。
 28歳 女性の例です。 先進医療特約が複雑になるのでは計算していません。
 終身払いです。

 アメリカンファミリー の最新のがん保険 DAYS スタンダードプラン
 月2916円
 がん診断給付金 100万円・1回のみ がん入院 5000円 抗がん剤特約月5万円(最高60か月)

東京海上日動あんしん生命
 月4744円(主契約2945円+抗がん剤特約1799円)主契約に先進医療がセットされています。
 がん診断給付金 100万円 複数回払い 初期がんも100万円
 通院 1日1万円
 抗がん剤特約 月5万円(最高60か月)

某社のがん保険
 月2080円
 がん診断給付金 200万円 複数回払い

 別プランとして
 2260円
 がん診断給付金 100万円 複数回払い
 初回がん診断給付金 200万円
 このプランを補足すると1回目のがんで300万円支払われます。
 再発・転移の場合は100万円になります。

 他にもがん保険はいろいろありますが、一生支払いを続ける前提ではお勧めできるのはこんなところです。

 医療保険の優先順位は低いですが、両方契約すると月4000円から5000円は負担することになります。

 私は所得補償+貯蓄を勧めます。
 貯蓄は介護状態にも使えます。

投稿日時 - 2012-08-15 09:09:02

補足

 がん保険、医療保険、抗がん剤治療給付金、
 高額療養費制度、先進医療特約、女性疾病特約

 一時金の金額、受取回数、入院給付金、通院給付金
 
 対象外のケースの把握

 該当する病気・ケガ・ガンにかかる割合、
 それが元で死亡する割合

 それらの中から
 自分が 重視するモノ が何なのか
 自分の収入に対して 月額が妥当なのか

 全てにおいて
 自分自身の 知識のなさから
 今すぐの保険選別は難しいです。

 FPの無料相談をあたって、
 知るところから 始めたいと思います。


 具体例、ありがとうございます!
 参考に、HPなどで内容確認したいと思います。

 数回登場している
 某社のガン保険 月2080円が
 気になりますが…笑

 例のFP相談で出てくるのでしょうか。

投稿日時 - 2012-08-16 11:10:43

お礼

 度々のご回答、
 誠にありがとうございます!

 実際に この10年間で
 風邪以上の病気にかかることもなく、
 捻挫等の軽いけがすらしたこともなく…。
 と考えると、
 10年間で支払った保険料を
 貯蓄していれば…!!
 と思うと、正直残念でなりません…!!

 が、私は心配症のため、
 月々、安心料を払ってきたのだ
 と考えると、
 これからも、保険なしは考えられません。

 しかし、
 ご回答者の皆様からのアドバイスをいただき、
 重点や月額 をよく考えてから
 保険を選んでいきたいと思いました。

 
 ご回答者の皆様、
 本当にありがとうございました!!

投稿日時 - 2012-08-16 11:15:12

ANo.8

書き忘れがあったので、3度目です。

女性の場合、特に高齢になってから、「介護状態」では
「医療保険」からは基本的に1円もでません。

何百万円も支払って、そういう結果です。

気がついたときに保険の見直しは困難です。

多数の取り扱い保険会社だからといって騙されてはいけません。

投稿日時 - 2012-08-14 09:39:40

お礼

 度々のご回答、
 誠にありがとうございます!


>「介護状態」では「医療保険」からは
>基本的に1円もでません。

 介護が必要な状態=病気ではない
 ので、出ないのは普通では?と思いますが…。

 まさかとは思いますが、
 介護状態にある=医療保険が出ない
 とは、介護状態にあれば、
 病気やけがでも医療保険からは
 1円も出ない、ということではありません…よね?

投稿日時 - 2012-08-14 17:01:54

ANo.6

差額ベッドが本当に必要かどうかはよく考えてください。

女性特約はお金が有り余っているなら考えても良いでしょうが、
ファイナンシャルプランナーの常識としては予算が「医療保険」と「がん保険」のひとつしかない場合は、
「がん保険」を選ぶのが常識です。

「最大リスク」を考えたら、当然の選択です。

保険に入る予算があるなら、「がん患者、お金との闘い」という本を読めば、私の言っていることが理解できると思います。

その予算も無ければ、ユーチューブで「がん患者、闘いの家計簿」という動画を探して、観てください。
女性特約は若い間の出産のときが一番役にたちます。
あなたが女性特有のがん以外の「がん」になったときにその代理店は責任とってくれますか?

  ・医療保険 → キュア・レディ
               (オリックス生命)
  ・がん保険 → 終身ガン保険(08)C型
               (メットライフ アリコ)
少なくとも、この組み合わせを進勧める代理店は信用しないほうが良いです。
「高額療養費制度」と「差額ベッドを支払う条件」について説明されていますか?

「面談」がいやであれば、ネット上にファイナンシャルプランナーの保険相談室がたくさんあります。
メールで考え方やプラン等を聞いてから決めても遅くありません。
ネット上で詳しく説明されているところが良いでしょう。
日本一安い0円の医療保険という考え方もあります。

投稿日時 - 2012-08-14 00:49:21

補足

>「高額療養費制度」と「差額ベッドを支払う条件」について
 説明されていますか?

まず、「高額療養費制度」という単語を初めて知りました。
「先進医療」とは違うの?と思い調べてみましたが、
全く別物ですね…。

CURE Lady にも 終身ガン保険 にも
その単語は出てきませんでしたし、
本舗の方からも、聞いた覚えはありません。

「高額療養費制度」は国が出してくれる手当てで、
「先進医療」は任意で加入した医療保険で払われる保障
なのかな?と解釈しました。

この高額療養費制度があるなら、
がんや先進医療を受けない限り、
国からある程度の手当てが出るので
通常の病気やケガで
多額のお金が必要になることは
あまりないということでしょうか…?

投稿日時 - 2012-08-14 12:41:00

お礼

 ご誘導いただきました、youtubeの動画を拝見致しました。

 なんとも壮絶でした…。
 抗がん剤ってすごく高いのですね…。
 あんなに高い薬を あんなに頻繁に使用しなければ
 延命出来ないなんて、思いませんでした…。

 身内にがんになった者はおりません。

 が、自分もならないか。となった時に
 心配だから、保険に入るわけで。
 入るなら、それなりの対応がきく保険でないと
 入る意味がないですね。
 必要性のある保険を選べるよう、頑張ります。

>「面談」がいやであれば、
>ネット上にファイナンシャルプランナーの
>保険相談室がたくさんあります。

 私が探した時には、
 おおまかなメールでのやりとりの後は面談で!
 というのばかりでしたが、
 見落としていたのですね!!
 
とりあえず、本日予約していた、
先日の本舗の方は キャンセルしましたので、
どこか探して相談してみようと思います!

ご回答、ありがとうございました!

投稿日時 - 2012-08-14 12:50:29

ANo.5

代理店は手数料を取らなかったら商売になりません。
ですから危惧されているような、「手数料の高い」保険を勧められることは大いにあり得ることです。
代理店を使うメリットはたくさんの保険会社から選べることです。
そのメリットを放棄してはいけません。それは顧客の最低限の権利ですから。
それぞれの保険を必ず複数社から提案させ比較検討することです。

医療保険・ガン保険・・・オリックス、アフラック、メットライフアリコ、ひまわり生命、あいおい生命、あんしん生命、メディケア生命、ソニー生命etc.

終身保険・・・アフラック、メットライフアリコ、ひまわり生命、あいおい生命、あんしん生命、ソニー生命etc.

女性疾病特約、まだ20代ですから私は付加することに賛成です。
理由は、一般的に言われる女性疾病に限定されず保障範囲が広いからです。
また20代~50代までそのリスクは高いからです。
そして女性疾病での入院であれば、差額ベッド代を考える必要もあるでしょう。主契約で入院日額5,000円上乗せするよりはるかに安いですから。
終身払いなら60歳を過ぎたところで女性疾病特約を解約しても良いと思います。

良い契約ができることを祈っています。

投稿日時 - 2012-08-13 21:21:55

お礼

 女性特有の病気の際の保障 は、
 特約としてではなく、
 「特に女性特有の病気の際の保障が厚い医療保険に加入」
 として考えていました。

 そして 説明を受けた CURE LADY。
 
 無知な私は
 親切なアドバイザーさんの話を
 「へ~… なるほど!」と
 良い内容にばかり気をとられて聞いてました。

 結果、昨日
 回答者No.4様にご指摘を受けるまで
 通常の病気やけがの通院時の保障が
 全くない保険に加入しようとしていました…。

 知ることから、始めたいと思います。

 特約をあまり重視していなかったのですが、
 主契約だけで自分の希望に合ったモノを
 見つけるのは大変そうなので、
 どんな特約があるのか まで
 ちゃんと確認しつつ 
 本当に自分に合う保険を見つけたいと思います。

 >終身払いなら60歳を過ぎたところで
 >女性疾病特約を解約しても良いと思います。

 そうですね!
 必要な時期だけ、必要な保険に。
 必要なくなったら解約。
 それも無駄な出費を抑えるためには必要ですね!
 
 とても為になりました!

>良い契約ができることを祈っています。

 ありがとうございます!

投稿日時 - 2012-08-14 11:09:47

ANo.4

(Q)今回説明を受けた内容の方が…
と思うのですが、いかがでしょうか?
(A)保険は同じ名前の保険でも、
特約の付け方などで、内容は様々に変化します。
なので、保障内容の詳細、保険料の詳細を提示されていないので、
検討のしようがありません。
保険料も、終身払い、60歳払い済み、60歳から半額になるタイプ
など様々あるので、保険料が……と言われても、
これもわかりません。

なので、漠然とした答えしかできないのですよ。

その10年間に、医療自体も飛躍的に進歩し、
治療方法や入院・通院等も だいぶ変化し、
保険も、大小多くの会社から出るようになり
競争率が上がった結果、安くて良いモノが出てきた。

という概要は、その通りですよ。
だったら、どうしてCUREなのでしょうかね。
CUREは、確かに良い商品ですよ。
でも、タイプとしては、旧EVERのように古いタイプ。
言っていることが矛盾している。
また、ならば、次の10年後に見直すときは
どうするのでしょうね。

CUREは、先進医療特約付きのCUREを発売したとき、
旧CUREに中途付加できるという処置を取らなかった。
なので、旧CUREに契約している人が、先進医療特約を
欲しいと思ったら、旧CUREを解約して、新しく契約しなおす
必要がある。
http://www.orixlife.jp/faq/products/002.htm

通院等も変化して……
その通りですが、CUREには、通院特約がありません。
言っていることが矛盾していると思うのですが……

間違わないで欲しいのですが、CUREという商品自体には
何の問題もなく、ユニークで良い商品だと思いますよ。
でも、それが質問者様のニーズに合っているのかどうか、
情報がないので、判断できないのです。

保険は、政府(金融庁)の認可商品なので、
政府の調査を受けて、OKが出ないと発売できません。
保険料の改定もできません。
なので、基本的に不良品はないのですよ。
では、良い悪いと言っているのは何か?
それは、ニーズに合っているかどうか、
保険の設計が妥当かどうか、という問題なのですよ。

例えば、年金生活のおばあちゃんが入院給付金日額2万円の
保険に契約していて、しかも、保険料の負担にも苦労している……
ならば、そんな保険の設計は正しいと言えるでしょうか?
どんなに評判の良い保険でも、NGですよ。

(Q)説明を受けられなかった商品があるのでは?
と思い質問させていただきました。
(A)そういうことは、ありますよ。
例えば、10社の代理店をしているのならば、
10社の保険の説明を受けられて当然だと思いませんか?
それを最初から、2、3品に絞られているということは、
貴女が選んでいるのではなく、相手が選んでいるということ。
10社の代理店をしているならば、10社の説明を受けて当然であり、
そこから、貴女にピッタリの商品を選ぶのが当然です。
そうすれば、10社を回って、10人から説明を受けなくても、
一発で、比較検討できますから。

投稿日時 - 2012-08-13 14:02:03

補足

>CUREには、通院特約がありません。
>言っていることが矛盾していると思うのですが……

ご指摘いただいて ビックリしました!
慌てて いただいたパンフレットを確認しましたが、

・病気・ケガによる入院・手術
・がんで通院した場合の給付金

はあるものの、
ケガやがん以外の病気の際の
通院手当てが付いていませんでした!!

確かに矛盾していますね…


比較に使用した、現在加入中の
アフラックのEVERにも
入院の手当てしかなかった為、
完全に見落としていました…


…本当に勉強不足ですね。泣

ご指摘ありがとうございます!!

投稿日時 - 2012-08-13 20:42:05

お礼

>良い悪いと言っているのは何か?
>ニーズに合っているかどうか、
>保険の設計が妥当かどうか、という問題なのですよ。

結局、これに尽きますよね…。
その為には、やはり自分自身が
いろんな商品を知ることが大事ですよね…。

>10社の代理店をしているならば、10社の説明を受けて当然であり、
>そこから、貴女にピッタリの商品を選ぶのが当然です。

これが 出来れば良いのですが…。
オススメを聞いてしまった後に
「他のも教えて下さい!」と言いづらい性格です…。

なんとなく、
「貴方のことを、信用していません」と
言っているような気がして…。
(考えすぎだと思うのですが…)


ご回答、ありがとうございました!

投稿日時 - 2012-08-13 20:48:45

ANo.3

無料相談の仕組みはほぼ他の方が書いているとおりです。
単なる手数料です。
自動車を買うのにディーラーに相談してもお金はとられません。

保険見直し本舗
http://www.hokepon.com/

問題は80歳までとして総保険料は何百万円になりますが、生きるか死ぬかの時に役に立たない商品を販売することです。
女性特有の特約は相談者の希望があっても「がん保険」が優先です。
結局、手数料目当てで、今までの大手生保と本質的にかわりません。

相談された方を助けられません。

予算にもよります、28歳女性なら月当たりわずか2080円で
がんと診断されたら200万円支払われるものも販売されています。
転移・再発・がんの通院治療でもあんしんできると思います。

女性向けの特約はお金が余っているならともかく、一般には保険の予算は限られています。
女性向けの特約では大腸がんになっても保障はありません。
女性のがん死亡者の1位は大腸がんです。
大腸がんは5年後生存率が高い「がん」ですが、高額療養費制度があっても長期間になると多くの保険で葉対応できません。
また、「入院治療」が主になる可能性もあります。

アリコさんのがん保険を二口契約するなら別です。
アメリカンファミリーは、問題外で、今の時代に1回しか「がん診断給付金」がでません。

しっかりしたファイナンシャルプランナーの保険相談を受けたほうが良いです。
下のサイトは独身者向けの考え方がかかれていますが、男性と女性の区別はありません。
メールの相談で、する方法もあります。

まともなFPならこういう回答になります。

死亡保険ももっと戻りの良い保険があります。

多くの保険会社を取り扱っていても信頼できるとは限りません。

私は無料相談で手数料を稼ぐことは、問題ないと考えます。
繰り返しになりますが、「医療保険」と「がん保険」が月々5000円として
28歳から80歳まで、310万円になります。

それだけ支払っても「がんの通院治療」が長期になり、転移したりすると保障が不足します。

末期の大腸がんでもお金があれば、7年近く生きる人も珍しくありません。

「がん」の治療に詳しくない人から「がん保険」に入ってはいけません。
詳しい人は「女性特約」を提案しません。

医療保険の保障不足で「生死」に関わることはありませんが、「がん」のお金不足は命に直結します。

慢性骨髄性白血病は大腸がんより患者数は少ないですが、一生・薬代がかかるので治療をあきらめる人が実際にいます。
「大腸がん」は食生活の変化で男性も患者数が1位になるといわれています。

誰があなたのことを本当に心配してプランを作ってくれるのでしょうか?

参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2012-08-13 13:44:38

補足

 参考URL、ご誘導ありがとうございます!

 ご誘導先の「がん死亡率の推移」だと
 ご指摘の「大腸がん」が1位ですが、
 私が案内いただいた CURE Lady のサイトだと、
 女性が「かかる」がんの1位は
 圧倒的に「乳がん」でした。

 http://www.orixlife.jp/product/cure_lady/

 死亡率とかかる率、随分違いますね…。

 変な考え方だとは思いますが、
 死亡するなら それはそれで。と思います。
 それより嫌なのは
 がんでお金がかかり、
 その為にその後、金銭的に苦しい生活をすることです。

投稿日時 - 2012-08-13 20:18:33

お礼

 なんだか、
 ご回答者様方の 知識についていけず、
 ちょっと 混乱気味です…汗

 
 「女性特有の」に拘るよりも
 まずは「がん保険」に拘れ、ということでしょうか。

 女性特有の手当てに拘ったのは、
 私の親の友人や知人、またはその家族あたりで
 乳がんが発覚!という人の話を
 立て続けに数件聞いてしまった為です。
 (身内には全くいないのですが…)

>誰があなたのことを本当に心配して
>プランを作ってくれるのでしょうか?

親でさえも、難しいですよね。
やはり、何箇所かに相談してみて
いろんな保険を知り、
そこから自身に合っていると思うものを
選ぶことが大事ですね。

ご回答、ありがとうございました!
 

投稿日時 - 2012-08-13 20:23:11

ANo.2

(Q)無料で相談にのってもらえるということは、
契約時に、保険会社からバック等があり、
会社として成り立っているのだと思います。
(A)その通りです。
ついでに言えば、相談料は保険料に含まれるというのが
法的解釈なので、代理店に相談するならば、
どこで相談しようが、相談料は無料なのです。

(Q)そのバックが大きい保険を勧められている
ということはないのでしょうか?
(A)当然、あります。
でも、それが悪いということではありません。
良い保険で、手数料も高い、ということはあります。

医療保険は、旧EVERでしょうか?
女性疾病特約が欲しいならば、特約として中途付加できますよ。
他にも、通院特約、長期入院特約など、
新EVERについている保障を、旧EVERにも特約として
中途付加できますよ。
がん保険にも特約を中途付加できます。
http://www.aflac.co.jp/keiyaku/tokuyaku/goods/

そのような案内はなかったのでしょうか?
なかったとすれば、失格ですね。

投稿日時 - 2012-08-13 11:54:56

補足

>新EVERについている保障を、旧EVERにも特約として
>中途付加できますよ。
>そのような案内はなかったのでしょうか?

 そのような案内は、ありませんでした。

 現在の保険に加入してから、
 約10年経っており、
 その10年間に、
 医療自体も飛躍的に進歩し、
 治療方法や入院・通院等も だいぶ変化し、
 保険も、大小多くの会社から出るようになり
 競争率が上がった結果、
 安くて良いモノが出てきた。

 という説明を受けました。
 

投稿日時 - 2012-08-13 12:39:53

お礼

 上記補足内容通りの説明を受けた後、

 現在の保険の内容と
 案内をうけた保険の内容を比較した結果、
 確かに今と同じ金額程度で
 内容は良くなっているように思いました。

 が、私が全く保険が分からない為、
 (説明を受けたものについては分かりましたが)
 他にも、同じような内容でもっと安かったり、
 あるいは 数百円程度高くても
 内容が充実しているものが あるにも関わらず、
 バックの大小で 
 説明を受けられなかった商品があるのでは?
 と思い質問させていただきました。

 特約を付けると、
 確かに内容は充実すると思いますが、
 結果追加料金で値段が上がるので、
 それなら、
 今回説明を受けた内容の方が…
 と思うのですが、いかがでしょうか?

投稿日時 - 2012-08-13 12:44:56

ANo.1

>無料で相談にのってもらえるということは、
 契約時に、保険会社からバック等があり、
 会社として成り立っているのだと思います。
→まぁそれはそうかと・・。慈善事業ではありませんので・・。

> ということは、
 そのバックが大きい保険を勧められている
 ということはないのでしょうか?
→それは多少あると思います。
 でも貴女の財布と相談しつつそうなってるだけですよ。
 財布気にしないでいいのでしたら終身一本だけになってるはずですから。


> 他社の無料診断も受けようとも思ったのですが、
 『面談』形式が多いので
 あまり気が進みません…。
→よくある話でじゃぁ安いネット生保にしよう。→死なないし使わないから止めよう
 極論するとそうなります。

投稿日時 - 2012-08-13 11:00:24

お礼

 心配症なので、
 保険に入らない という選択肢は
 今のところ考えていないです。
 
 確かに、今までと
 同じくらいの金額のモノということで
 説明を受けましたし、
 保障内容も 説明を受け、
 現在のものと比較し納得しました。

 ご回答、ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-08-13 12:32:43

あなたにオススメの質問