こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

多重露光について

今度一眼レフかミラーレスを購入しようと考えているのですが、
多重露光機能がついているものがいいなと思っています。
ニコンの一眼レフD5100の「画像合成」とは多重露光のことでしょうか?
また、今度9月に発売のキャノンのミラーレス、eos mは多重露光はできるかご存知の方いますか?
キャノンの一眼レフは多重露光ができないものも多いようなので…

投稿日時 - 2012-08-11 16:52:40

QNo.7638666

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

EOS機で、多重露光・HDRが可能なカメラは、今のところ1DXと5D Mark IIIのみ。
ただし、EOS M も、付属のDPP(Digital Photo Professional)を使えば、同様の機能が使えます。(RAW/JPEGとも可)

多重露光については、加算・加算平均・比較(明)・比較(暗)が可能。
http://cweb.canon.jp/camera/eosd/5dmk3/feature-pictures.html

HDRについても、ナチョナル以外に絵画調・油彩調・グラフィック調・ビンテージ風が選べます。http://ganref.jp/m/takasan2534/reviews_and_diaries/diary/4359

こう言う機能は、一般的なレタッチソフト(一例Adobe Photoshop Elements10)でも可能。
カメラ機能で遣ると、一発勝負。後処理なら大きなモニターでゆっくり何度でもやり直しが利くので、敢えて、多重露光・HDR機能搭載カメラに拘る必要はありません。

投稿日時 - 2012-08-11 18:31:21

お礼

写真も添えていただいてありがとうございます。
付属のソフトがあることを知って安心しました。photoshopは持っていますが少し難しいので。。
確かにパソコンでじっくりできるのはいいですね。
EOS MはSONYのミラーレス新機種と同様、一眼レフと同じ大きいセンサーがついているのが魅力、と店員さんに聞きました。
ゆくゆくは一眼レフが欲しいのですが、いきなり重いのを持ち歩けるか不安で、買うまでにもっと勉強しながらEOS Mを使っていきたいと思っています。(もちろんEOS Mだって初心者の私には十分すぎるカメラだと思いますが)
多重露光がやってみたくてこだわっていましたが、絞れそうです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-08-12 16:10:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

PENTAX K-30は可能なようです。
多重露出 撮影回数2~9回、自動露出調整
http://www.pentax.jp/japan/products/k-30/spec/index.html

投稿日時 - 2012-08-11 23:11:35

お礼

ありがとうございます。いろいろな機種を検討しています。参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2012-08-12 15:53:46

ANo.7

>「画像合成」とは多重露光のことでしょうか?
言葉尻だけ捉えればそうとは限りませんが「画像合成=多重露光」と考えて差し支えありません。
合成といった場合多重露光(効果)だけではないですからね。


パソコンがあればカメラに多重露光機能がなくても同じ結果を得ることができます。
Photoshopなどのレタッチソフトを使用すれば作ることが可能です。
※キヤノンなら付属ソフトで可能。

ソフトで合成する場合は、結果を見ながら微調整が可能になる。というメリットもあります。


それと、多重露光撮影するなら三脚とリモートスイッチはあったほうがいいです。

投稿日時 - 2012-08-11 20:13:24

お礼

そうか、ソフトがあればできますね。photoshopは持っていますし、キャノンにも付属ソフトがあるとは、安心しました。三脚など用意する道具のことも、ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-08-12 15:57:49

ANo.6

多重露光の考え方については、フィルム時代とデジタルで全く重要度が変わりましたね。

フィルム時代は多重露光は邪道だ、なんて言われた時もあったんですよ?。
写真は作るものじゃなくて、その場で撮ったものがすべて、という考え方がありましたから。

今はもう「加工していない写真作品」を探すほうが、ずっと難しくなりました。
加工方法もいろいろありますが、最近ではHDR、基本技術としては「レイヤ処理」というものが使えると、様々なことができます。
コントラストを上げる事も出来るし、不要なものをカットしたり、逆に付け足したりも出来ます。

商業写真だけじゃなく、観光のパンフなどはもうバリバリに使われていますし、本格的に写真を撮るには避けられない技術と言えるでしょう。

カメラ本体ではなく、PCで行ったほうが、はるかにたくさんのバリエーションが使えますよ。
コンデジでもなんでも可能な技術ですから、ボディを選ばないと言うのも良いですね。

投稿日時 - 2012-08-11 19:30:31

お礼

本当にそうですね。アートフィルターも沢山の種類があって楽しそうだな~と思っていましたが、写真をこれからはじめるにあたって、そこから入るのもどうかと考えてしまいます。多重露光はフィルターに比べれば少し自分のセンスで撮れるかな、と思い興味が沸きました。パソコンでやることを考えたら、検討していた機種が絞れてきそうです。アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2012-08-12 16:02:00

ANo.5

ゴメン。ナチョナル→ナチュラルです。

投稿日時 - 2012-08-11 19:26:26

ANo.4

例えば、後処理だと全く違う場所、違うカメラで撮った画像でも、貼る位置や効果を確認しながら合成可能です。(添付画像)
カメラでは、そこまで細かな機能はありません。

HDRは、カメラのAEB機能(標準・アンダー・オーバー、ずらし量は効果を考えて)を使い、高速連写するか三脚を据えて撮ります。
DPPなら、僅かな画像のズレは、自動で位置調整する機能が働きます。

投稿日時 - 2012-08-11 19:07:15

多重露光ですか・・・

デジタルの場合、これが出来る、出来ないにはあまりこだわる必要ないように思えるんですが・・・

デジタル画像なんて、PCに取り込んで、画像処理ソフトで重ねられますよ。
画像処理ソフト(photoshop)などの方が、画像の重ね合わせ方にもバリエーションがあるので、さまざまな効果が期待できます。

カメラ本体の基本性能に重点を置いて機材選択されることを薦めます。

投稿日時 - 2012-08-11 18:28:39

お礼

パソコンでもできることを知って安心しました。
そうですね、初めての買い物なので、勉強してちゃんと選びたいと思っています。ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-08-12 16:13:19

ANo.1

D5100は多重露出(多重露光)可能です。
http://www.nikon-image.com/support/manual/d_slr/D5100_NT%2810%2901.pdf

説明書の79ページに記載されています。
2,3枚の画像をRAWデータでカメラ内で合成しています。

また、画像合成とは、後から撮った写真を合成できる機能で、RAWで撮影した2コマのデータを合成可能です。JPG撮影したデータは合成できません。

多重露出が、撮影モードとして最初から合成を前提とした撮影となるのに対し、画像合成は後から2つのRAWデータを合成するという違いがあります。

EOS Mについては、HPに多重露出可能という記述は見つけられず、まだ発売前のため説明書もダウンロードできません。

投稿日時 - 2012-08-11 17:30:47

お礼

具体的なご回答ありがとうございます。
なるほど、そういう違いなんですね。参考にさせていただきます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-08-12 16:15:26

あなたにオススメの質問