こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

【ロンドン五輪】“無気力試合”中国選手が引退宣言

私は全くおかしいと思うんですよ。

高校の運動会じゃないんだから、莫大な国家予算を使って、コーチやら監督やらからたくさんの指令を受けて選手は行動しているわけでしょう。

「自分の意思で無気力試合」するなんて判断が選手本人ができるわけが無いじゃないですか。
監督が出てきて「私の判断でした、私が負けろといいました。すみません。選手にも申し訳が無い」
って言うなら話はわかります。
それを、選手を前に出して、「引退」だなんていわせるなんて。
私は1%も選手には責任が無いと思うんです。
そもそも、本当に悪いことでしたか?観客に失礼、それは確かですね。でも、同じ国とあたるのを避けたって、別に悪い動機ではないと思うんですが。
なでしこジャパンだって、移動をきらってわざと引き分けしたでしょう、決勝までの長い長い長期戦だと考えれば途中で手を休める「作戦」だってアリだと思うんですけどね。

投稿日時 - 2012-08-03 08:56:54

QNo.7624565

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

誰だって、自国同士戦いたくはないでしょうし、試合を有利に進めたいのは何処の国でも誰でも同じでしょ。

これは運営委員会の不手際であって処分された選手のせいではないのではと思います。
大陸や半島人は好きではありませんが、今回の件に限っては選手が可愛そうかな。
無気力試合をしないといけない状況を作った大会委員会は自分達のミスを認め謝罪するべきだと思います。
何処の国の選手だって、こんな試合はしたくなかったはずです。
中国の選手には引退せずこれからも頑張って欲しいですね。

有色人種に差別的な国家ですからね。
仮に無気力試合をした選手が白人だったら同じく失格処分にしただろうか。

投稿日時 - 2012-08-04 20:56:46

お礼

ありがとうございます。

そうだ!そうだ! 選手が悪いんじゃない、監督だってしょうがなくやった! モトをただせば運営委員会!

投稿日時 - 2012-08-06 13:33:01

ANo.15

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(15)

ANo.14

当然、中国チームとしての判断です。中国なので監督というよりもっと上からの指示があったのでしょう。解決方法としては決勝トーナメントの組み合わせを予選終了まで非公開にすべきでしょうね。でないと同じ国のチーム同士が初戦であたって、どちらかしか進めないということがわかれば、戦略として同じようなことが起こりかねません。

投稿日時 - 2012-08-04 10:28:48

お礼

ありがとうございます。
そうですね。
というか、こんなシチュエーションは、はるか昔から有り得る話ですよね。
今までなにをしてきたのでしょう。
今までもわざと負けるのは常識で、たまたまクローズアップされなくても黙認されてきてたのでしょうか?

投稿日時 - 2012-08-04 13:05:43

ANo.13

ン十年前、私が中学生の時所属していた学校の軟式テニス部の地区大会でもあったんですよ。似たような話が。

勝つと強豪チームにあたるため、私の学校も相手校もわざとネットタッチしたりサーブを外したりしました。たしか監督の指示だったかなあ。

で審判が怒って、各コートの審判全員が一時退場したのです。しばらくして審判団が復帰して試合再開しました。その後はわざと負け狙いはしなくなりました。

翌朝ローカル紙にそのことが載ってかなり後味悪かったです。

当時から同じような問題はあったのですが、いまだに改善されてないわけですね・・。

思い出してしまいました。

投稿日時 - 2012-08-04 09:55:06

お礼

ありがとうございます。
私はスポーツ音痴なんですが、
ここで勝つと次に強豪にあたって不利。という状況なんてどの競技にも有り得る話ですよね。
「こんなのは常識。 誰だってメダルのためにこういう作戦を取るのが当たり前」
なんでしょうかね。
それとも、「後先考えずに、必死で戦うのが常識」 なんでしょうか。

投稿日時 - 2012-08-04 13:03:39

ANo.12

本当に見ていても胸が悪くなりますね、
いくらメダルが欲しくても、世界中の人が見ている中で、自分の国の恥なのに、解らないのかと言いたい、
やはり、世間の目があるから選手に引退させて幕引きでしょうね、
偏見は駄目だと思っても、あの国は嫌な国です。

投稿日時 - 2012-08-04 09:29:56

お礼

ありがとうございます。
私は「あの国」という思いはありません。
どの国の監督だってメダル1枚の重責は同じだと思います。
気の毒に思うんです。

投稿日時 - 2012-08-04 13:00:27

ANo.11

オリンピック自体がおかしい。柔道、ボクシング、体操など審判の不公平が目立ちますよ。選手に多額の養成費を掛け、勝利者に生活に困らない一生が付きます、となると負ける作戦もあり得ますよ。

投稿日時 - 2012-08-04 09:05:35

お礼

ありがとうございます。
個人のフェアプレイだといっても、手弁当で来てるわけじゃない。
国家の莫大な予算を背負ってきているのはどこの国の選手だって同じだと思うんです。監督にだって、メダルの責任は大きい。
私は気の毒でならないのです。

投稿日時 - 2012-08-04 12:59:00

ANo.10

引き分け狙いと負け狙いはまったく別の行為。



引き分け狙いの場合、点を入れられたら攻めざるを得なくなるし、
最後に1点入れられて負けなんてこともあり得るので守りは真剣にやらないといけな
い。
だから試合としては成り立ってる。


しかし負け狙いは極端な話で言えば寝ててもいいわけで
「点を取ろうとするチーム」と「点を取られたいチーム」では戦いにならない。

どちらか片方でもやってしまうと「試合として成立しなくなる」のが負け狙い。



これが「手加減」と「無気力」の違い。



まあ監督が悪いってのはわかるが、それを言うなら組み合わせを決めた運営も悪い。

そもそも「負けたほうが得をする」なんて状況は作ってはいけない。
サッカーのように負けが絶対に得しないような仕組みにしておくべきだった。

投稿日時 - 2012-08-04 01:33:28

お礼

ありがとうございます。
「負け得」ですよねえ。
監督に言われなくたって、だれでもその立場に経てば、そうするのが得だってわかってただろうし、じゃあ誰の責任かって言えば、運営がおかしいとしか言いようがありません。

投稿日時 - 2012-08-04 12:57:19

わからないでもないですが、あれはヒド過ぎる、試合内容です。
理由はあっても、限度があります。
「中国」なら、なんでもやるでしょうけど。人権のほとんど無い国なので「中国」の指導者に逆らい、勝ったら勝ったで、「中国」本国で、選手は何らかの処分があったでしょうね!

投稿日時 - 2012-08-03 19:54:29

ANo.8

そもそも論ですが、そもそもオリンピックって
何でしょうかね。
勝つことが目的じゃないはずですよ。

建前は。

努力のうちに見出される喜び、よい手本となる教育的価値、
普遍的・基本的・倫理的諸原則の尊重などをもとにした
生き方の創造なんですよ。(オリンピズム)

建前は。

無気力試合が非難されるのは当然でしょう。

”高校の運動会じゃないんだから、莫大な国家予算を使って、
コーチやら監督やらからたくさんの指令を受けて選手は行動
しているわけでしょう。”
   ↑
質問者さんは、オリンピックを、国家の為に勝つことを目的と
している、と誤解しているんじゃないですか。
古代ギリシアオリンピックが何故、衰退して廃止になったのか
歴史を思い起こして下さい。

当初は神に感謝する為、神にたいする捧げ物だったのです。
それが、いつの間にやら、勝つことのみが目的となって、
賄賂や薬を使うようになって、堕落し、衰退したのです。

無気力試合など、とんでも無いことです。
即、失格ですわ。

投稿日時 - 2012-08-03 17:36:16

お礼

ありがとうございます。
私が言いたかったのは、けっして選手本人が自分のアスリート魂を、神への感謝を、冒涜してわざと負けたのではない、いや、わざと負けたんですが、それは監督の指導のもとに泣く泣くそうしたってことです。
これは中国だから、中共だから、ってわけじゃないと思いますよ。
日本の監督だって、そう指示したと思うんです。

投稿日時 - 2012-08-03 19:20:22

ANo.7

失格になった選手は途中で「このままでは失格になる」と厳重注意を受けました。
しかし、その後も無気力試合を続けて失格となりました。

これを考えると負けるのを狙っていたのではなく、失格になるのを狙っていたのかと思えます。
選手と監督は、「こんなことしたくないけど言われたからしかたないんです」と言いたかった
(言えないけど)のかという気もします。

投稿日時 - 2012-08-03 15:51:46

お礼

ありがとうございます。
よっしゃ!これでうまく負ければダブルメダルだ!
っていう意気込みを背負って負ける努力をした、
というよりも、やはり、アスリートとしての気力を失ってたのでしょうか?
気の毒な気がします。
意気込みがあれば演技でもうまくやったでしょうね。

投稿日時 - 2012-08-03 16:48:26

ANo.6

ははは(^_^;、ニュースで知ってるだけで試合は見てないですよね?

あの試合のビデオを見たら、どれだけ酷かったか判りますよ。

投稿日時 - 2012-08-03 13:16:59

お礼

ありがとうございます。
見てないです。。。。
どちらのチームも何が何でも負けなければいけない、という使命を背負った試合だったようですね。 すごい! なんか、歴史的映像になる気がします。

投稿日時 - 2012-08-03 16:45:09

ANo.5

ドローを狙うのと、負けを狙うのってかなり違うと思いますけどね。
少なくともドローを狙う場合、相手は全力で責めてきますから、守備に関してはまず全力でないと負けますよね?
まあ、後はどのタイミングでっていうのもあると思います。少なくともなでしことは後半の段階でドローの方がいいだろうってことになったわけで・・・。
そうなると、まあ、そういうことっていうのはほかの競技でも一般的にあることだとは思うんです。

それに対してですが、まあ、そもそも論としてあれは試合になってませんよね?
なでしこでいえば、わざとオウンゴールしたり、相手選手にパスしたりするようなもんだと思います。
バドミントンの仕組み上、引き分けっていうのが存在しないし、必ずどっちかに点が入ってしまうので、ああいうことになるのかもしれませんが、審判から注意されているのにつづけたことも問題だと思います。

しかし、それ以上に思うことは、あのレベルの選手だったら、もっとうまく負けられただろうってことです。バドミントンの世界レベルの選手のショットの正確さってなみじゃないですからね。コートぎりぎりアウト位狙えると思うんですよ。
それに選手にだってプライドはある・・・と信じたい。

そうすると考えられるのは確実な負け方を上から指示されて実行したんだと私も思いますが、引退はその結果失格されたことに対する国への唯一の怒りの表し方だったのでは?とも思うんです。
あの国では上にはむかうっていうのは難しいですからね。
そのうえで、バドミントンの世界はちょっとよくわからないのですが、例えば、卓球は割と海外移籍っていうのがしやすくて帰化選手っていうのがオリンピック代表でも多いです。
それが可能な状況であれば、今すぐにっていうのは難しいでしょうけど、選手本人としては中国では引退という形をとって、帰化するかしないかはともかく、海外で今のような圧力をかけられない形でプレーできるように移籍したいとか(下手をするともともと実業団などから誘いがあったりとか)考えるようになったのかなあ、と思ってみたりするんですけどね。

投稿日時 - 2012-08-03 09:57:11

お礼

ありがとうございます。
万が一にも勝つなよ!!って命令されて、どちらのチームも必死で負けようと努力してた。
すごいですね。やはり、仕組みに問題があったのでしょうかね。

投稿日時 - 2012-08-03 16:50:12

ANo.4

>【ロンドン五輪】“無気力試合”中国選手が引退宣言

       ↓
確かに気の毒な面、同情する点、他の競技との整合性でも罰則の課し方に矛盾や厳し過ぎるとの意見も多々あると思います。
そして、中国の国家体制や社会の仕組み(共産党の一党独裁社会であり、国威発揚と体制強化にスポーツも組み込まれている)から、かっての陸上や水泳でみられたような(英才教育と国家プロジェクト的な金メダル獲得戦略やドーピング)の名残の様な選手個人の意思よりもチームや首脳陣の思惑、罰則への抗議や反撃の臭いも感じます。

一方で、このような、勝てばよい、有利な順位や組み合わせを求めての駆け引きが、横行したりエスカレーションすれば、相手チームを冒涜する事であり、迷惑を及ぼし、観衆やファンへの背信行為だと思います。
そんな[調整&消化)試合を見せられても、観客やファンは興醒めであり、そんな試合や作戦ではと疑いの目で見ていても楽しくない、そんな試合&オリンピックでは失望です。

個人的には、運営やルールに問題がないとは思わないが、それを改善改良するのは別な機会と方法で行ってもらいたい。

今回の経緯はサボタージュ(無気力試合)であり、行き過ぎた駆引き合戦への警鐘・ペナルティだと思います。
それでも、今大会からの予選リーグの導入であり、サッカーのイエローカードではないが、再試合命令や減点警告(再発時には試合放棄&棄権と見做す)程度に留めるのが妥当だと思います。
他の選手や競技も他山の石とせず自省自戒自覚して、全力で「より高く・より遠く・より早く・より強く」限界に挑戦してほしい。
それが、4年に1度のオリンピックなのだと思う。

投稿日時 - 2012-08-03 09:44:13

お礼

ありがとうございます。
「システムに問題があった」 のでしょう。
「国として負けたほうが絶対有利。」
なんて状況なら「負けろ」っていう指示になるに決まってます。
かといって無気力を見せずに一生懸命の振りして負けてればそれで良かったのか?
やはりシステムがおかしいでしょう。
審判の誤審といい、なんかいやな話が多いですね。

投稿日時 - 2012-08-03 10:06:39

ANo.3

>それを、選手を前に出して、「引退」だなんていわせるなんて。

中国共産党からの指示だったのでしょう。
一選手が、上層部の命令には逆らえませんよ。

国策に従って生きる人間なら、共産党上層部に言われた通りに従うまでの事です。

投稿日時 - 2012-08-03 09:40:42

お礼

ありがとうございます。
韓国も、選手、コーチが
「失格となった選手4人とコーチの計5人の大会身分証を没収し、 選手村から追放」
となりましたね。

投稿日時 - 2012-08-03 10:01:10

ANo.2

こんにちは。

スポーツから”フェアプレー”の精神を奪ったら、何が残りますか。
ボール蹴ったり、泳いだり、走ったり、子供染みた馬鹿馬鹿しさだけが残りませんか?
全力でプレーする姿を見たくて、観客はチケットを買っているのではないでしょうか。

こういう作戦は、勿論「アリ」でしょう。
駆け引きも重要な要素だと思います。

ですが、前記した理由により、
私も別の意味で全くおかしいと思いますよ。
メダルから名誉が失われ、ただの土産物に失墜することでしょう。

ではでは。

投稿日時 - 2012-08-03 09:25:41

お礼

ありがとうございます。
たとえば、テニスとかで対角線に打ち込まれた時、全力で走って取りに行かないですね。瞬時にあきらめますね。バスケとかサッカーでも無駄に終わりそうな動きはあえてアクションしない、全力で走らないですね。知らない人が見たら「全力で走ってないじゃん!」と言うでしょう。
あまりいい例じゃないけど、私は勝ったり負けたりを調節しながら次の対戦相手をコントロールするっていうのが、実はバトミントン業界では当たり前の駆け引きだったんじゃないか、という気もしているんです。
だって、オリンピックの場に来て、初めてこんな試みをするなんて、あり得ないでしょう。

投稿日時 - 2012-08-03 09:44:27

ANo.1

見てて思ったんですけど、無気力試合だったのは観客に対して「八百長を押し付けられた」事をアピールするための、アスリートとしての最後の抵抗だったのでは?

むしろ、ガチンコを演じた八百長ではなく、体を張って問題提起してくれた選手たちに感謝です。

投稿日時 - 2012-08-03 09:19:14

お礼

おお!!深い読みですね。
確かに、バレバレの無気力をする必要は無かったですよね。
私はもうひとつ思うのは、
こうやって対戦相手をコントロールするのはバトミントン界の全然当たり前のことで、どこの国の選手もチームもそんなこと承知の上で、たまたまオリンピックという場で、業界を知らない素人観客が見てしまって、びっくりこいた。
そんな感じなのかも。
「バトミントンワールドカップ(知らないけど)では、みんなやってるじゃん、みんな知ってるじゃん、なんでここに来て、始めて見たような顔で「失格処分」にするの?世論に押されただけでしょ?==「世界バドミントン連盟(BWF)が無情にも私たちの夢を壊した」 なのでは。

投稿日時 - 2012-08-03 09:36:21

あなたにオススメの質問