こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アメリカの履歴書……?

どうやら私の兄がアメリカで就職活動をするらしいです
そこで私の母が「兄が~歳のとき~やってたっけ?」って質問をしてきて
…ハァ?っとなったので今回質問します
ちなみに母はアメリカ人です
本人は正しいといっているのですが、私はどうしても違うと思います

アメリカでは履歴書に
何年、何月に
小学校の倶楽部活動を行っていて、
それによる地区の大会に出場したかとか
何年からピアノを習っていて
年2回ずつ行われる発表会(規模としては体育館を借りて小さくやってる程度)だとかを
そんなものを書くものなんでしょうか?

母はアメリカ人として、経験があって言っているのだと思いますが
正直な所、私は以前から自分の両親に社会的な常識が無いと思っていて
とても信じられません

誰か詳しい方がいらっしゃいましたら、どうかよろしくお願いします

投稿日時 - 2012-07-31 08:13:22

QNo.7619533

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 詳しくないですが、「そんなものを書く」と思いますよ。
 いま取りざたされている「自己アピール」などの表現力をみるには、日本のペーパーテストより役に立ちます。(成績は学校に問い合わせればいいんだし)特に(最近のハーバード入学審査などでも)本人の個性的な部分、例えばリーダーシップ、探究心や行動力が重視されるのはいろいろな本にも書いてあります。
 つまり個性であることはプラスであると考えられているので、ちがいを際立たせるアピールの能力も重要になるということです。これは世界中でも似たような傾向へ向かっています。(中国人が主張するのも同じ。)ですから成績と主観的な性格評価よりも、社会の一員としての個性がどれだけ発揮できているかをみるほうがより意味があるわけです。

 これは故・米原 万里さん(小学校時代プラハで生活されていた)のエッセイにも書いておられますが、ソ連式の夏休みでは子供たちだけでキャンプへいく期間があるらしい。マジで親がいないので、リーダーシップをとる子や脇で手伝いをする子など自然に役割分担が決まっていくそうです。

 だから質問者の兄が聞いてきた「数字にならない才能」を思い起こして伝えてあげることが、いまは最適な支援になると思います。(いまの就職で書く、自己アピール文も同じこと。)

投稿日時 - 2012-07-31 16:11:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問