こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

外貨預金・FXについて

外貨預金・FXについて教えてください。

資産運用カテゴリにも質問しましたが、こちらのカテゴリにも質問投稿させていただきますm(_ _)m

旦那と資産運用についてケンカになってしまいました。。
私も知識不足でいろいろ調べてみましたが、よくわからなかったので質問します。
ちなみに、旦那は外貨預金派、私はやるならFX派です。(本当は賭け事のようなことは一切したくない)
以下、旦那の意見、私の意見・疑問です。

1、旦那→預金先は銀行ではない。と言っている。
疑問→銀行以外に外貨預金ができる会社は、どのような会社があるのか。
また、銀行と比べてメリット・デメリットはどのようなことがあるのか。
私なりに外貨預金について調べましたが、銀行以外出てきませんでした。。

2、旦那→今米ドルを買えば100万分買ったとして、2、3年後には2、30万くらいは増えるだろう。損があっても10万くらい。それ以上減ることはない。
疑問→確かに今ドル値は下がっているが、今後本当に上がる可能性があるのか。(「これから世界恐慌か」、とも入れている時代に考えが甘い気がする。)
損が10万以上になることはない。と確信しているようですが、その根拠がわかりません。

3、旦那→FXは取引が勝手に打ち切られ、預けたお金が返ってこないことがあるから危ない。
疑問→FXについて調べたが、勝手に打ち切られるという内容について見つからない。本当に勝手に打ち切られることがあるのか。あるなら、どのような場合に打ち切られるのか。

私は、FXをするならレバレッジは設定せず、IFO注文をすればそれほど危険なことはないと思っています。また、外貨預金と違い、手数料等余計なお金がかからない分得なのではと思っています。
(どちらも多少なりともリスクが伴うことは承知しています)

疑問について、旦那に聞けばいいのですが、こういった話をするとケンカになって結局話しができないので、外貨預金・FXについて詳しい方からご回答いただければ幸いです。

よろしくお願いします

投稿日時 - 2012-07-29 11:20:43

QNo.7616331

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

1、旦那→預金先は銀行ではない。と言っている。

証券会社のMMFを指していると思われます。
MMFの買い付け手数料が比較的安い会社は、マネックス証券や楽天証券です。

それでも、FXの片道1銭以下に比べ、MMFは片道25銭程度と高いです。

例 7月31日 午後1時 1ドル76.15円 資金100万円

MMFで買い付けの場合 往復のレート手数料50銭なので、76.15+0.25+0.25=76.65
100万÷76.60で計算すると、13046ドル分

FXでレバレッジ1倍~日本最高25倍までのどれでもOKで(FXの場合、端数取り引きができない場合がある為)MMFとほぼ同様の単位10000ドル買い建て

>2、旦那→今米ドルを買えば100万分買ったとして、2、3年後には2、30万くらいは増えるだろう。損があっても10万くらい。それ以上減ることはない。

2、3年後に、旦那さんの言うとおり2、30万の利益になる場合

例 MMFの場合 現在の金利(楽天証券 税引き前0・007%)金利が変動しなかった場合、1年で140円の金利(税引き前)

★ここがポイント★

MMFで、2年後20万、3年後30万の利益になるには、
現在76.15円のドル円が、2年後に91.98円(15.83円の上昇)
3年後に99.64円(23.49円の上昇)になっていなければなりません。

旦那さんの言う、>損があっても10万くらい。それ以上減ることはない。となると、
2,3年以内に、68.98円(7.17円の下落)以下にはならないという事になります。

旦那さんの言葉は、国内のFXでレバレッジをかけると、3年間、何もせずに待つだけで3170万円の利益、
海外FXで同じように3年間、何もせずに待つだけで1億円~3億円以上の利益になる、という事になります。

>3、旦那→FXは取引が勝手に打ち切られ、預けたお金が返ってこないことがあるから危ない。

ロスカットの事を言っているものと思います。
また、自分の知る某国(海外)のFX会社は、一度でも日本人が口座を作り入金すると、出金できないトラブルの報告がある会社もあります。諸事情により会社名はここには書けません。

>あるなら、どのような場合に打ち切られるのか。

証拠金率が規定を割り込んだときに、強制的にロスカットになり、買い付けたドル円のポジションが決済されます。

>レバレッジは設定せず

現在、多くの会社が一律レバレッジ25倍が基本設定となっています。
資金100万で1万ドルのみにして、感覚的にレバレッジを1倍以下にする事も可能ですが、1万ドルを建てるのに必要証拠金額が決まっているFX会社や、ロスカット基準が証拠金の額からの率で計算するFX会社では、その規定に従うしかありません。

レバレッジ1倍の変更ができる国内のFX会社は限られており、各社でロスカット基準は異なりますから、FXの場合は口座を開設する前に利用する会社のロスカット基準を徹底的に把握する必要があります。

★個人的な結論

証券会社のMMFなどで資金100万をドル円にして数年待つくらいなら、FXの実質レバ1倍を使ったほうがマシです。
個人的には、FXもMMFも数年単位の長期はおすすめしません。
時間の長さ=リスクの大きさです。その間に起きる全てのリスク(ギリシャ問題、スペイン問題、その他)を買っているのと同じですから、自分がやるとしてもクリック数回と数秒でリスク回避の決済ができるFXを選択します。

投稿日時 - 2012-07-31 14:40:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

必ず現状のままスワップがもらえるかどうかは確定していません 支払いになるケースも良くありますから その意味ではFXを知らない?ダンナの勝ち(^^、それでも外貨にぞっこんなら SBIなんちゃらBNKで複数の外貨にしておくと それぞれ利息はつくし 外貨同士の切り替えも可能ですから これが便利かもしれない JPYも外貨だと思って預金するのは難しい運用なんだけど悪くないですよ 

ドル円が100円台のころ やっぱり外貨預金ブームがあって 円高により全滅した中 何も知らない爺婆さんたちは ジッと円一筋でしたが、見事に勝ち組になったように難しいものですよね

おなじくFXとて 95%負け組みなんですから これはさらに過酷な賭けなんですね 資金を30%減らしたとか、そんな次元ではないですね 関係者様すいません

投稿日時 - 2012-08-02 23:54:33

ANo.9

そもそも 外貨を買うことが賭けです だれも予測できない外貨を買うのですから 二人とも「ムダな争い」 エネルギーの超ムダ使いでございます それより日本円を握り締めていれば いざ何かに必要というときに損をせずに即対処、投資と同じ効果が得られます

投稿日時 - 2012-08-02 01:37:07

長いですがよろしければご覧ください。

>1…銀行以外に外貨預金ができる会社は、どのような会社があるのか。

これはご主人に聞かないと何とも言えませんが「外貨投資」というように幅を広げると、「外貨MMF」あるいは「外債」あたりまで投資対象に入ってきます。「外貨MMF」なら証券会社でも扱っています。「外貨投資」については以下のサイトが比較的分かりやすいかと思います。

『外貨投資の種類を比較』
http://www.sisanunyou.org/foreign/kiso_syurui.html

>また、銀行と比べてメリット・デメリットはどのようなことがあるのか。

「外貨MMF」については以下のリンクなどが参考になります。

『外貨MMFとは』
http://gaikakiso.com/basic/mmf/index.html
『外貨MMFはどこで買えるの?』
http://allabout.co.jp/gm/gc/18702/

>2、…今米ドルを買えば100万分買ったとして、2、3年後には2、30万くらいは増えるだろう。損があっても10万くらい。それ以上減ることはない。…その根拠がわかりません。

おっしゃる通りで私も根拠がわかりません。

参考までに、「外貨預金をして資産防衛」という主張はバブルが崩壊した20年以上前から言われ続けていることですが、結果は「円のまま持ち続ける」という一番保守的な運用が正解でした。

『ドル/円長期チャート』
http://stooq.com/q/?s=usdjpy&c=30y&t=l&a=lg&b=0

また、危ないと言われ続けてきた「日本国債」で運用しておけば少なくとも1%以上の利回りは確保できました。(金利の高い時に固定金利の長期債でも買っておいたらかなり有利だったでしょう。)

『長期金利推移グラフ』
http://www.iecon.jp/loan/loan_kinri.html

もちろん、過去のデータがいくらあっても将来を約束してはくれませんので単なる参考情報ではあります。ですから、「いよいよ海外投資の時なのか?そうではないのか?」はやはり分かりません。

ちなみに、そんなに長期間ではなくここ最近の話でも「ギリシャは早晩デフォルト」「ユーロ崩壊」というような欧州情勢に関する(したり顔の)予想が外れ続けています。(もちろん現在進行形ですからまだどうなるかはわかりません。)

いずれにしても競馬の一点賭けのような資産運用は「当たれば大きいが外れも大きい」ギャンブルの要素が強くなりますので注意が必要です。

>3…FXは取引が勝手に打ち切られ、預けたお金が返ってこないことがあるから危ない。…私は、FXをするならレバレッジは設定せず、IFO注文をすればそれほど危険なことはないと思っています。

これは既にご自身で答えを出されています。なお、「FX(為替の証拠金取引)でレバレッジを設定しない」ということはありませんので、いわゆる「丸代金(まるだいきん)」を証拠金として預けておくか、レバレッジを1倍にしておくことで「勝手に打ち切られる」≒「証拠金不足でロスカットされる」ことはなくなります。どちらの方法でも「IFO注文」すら必要ありません。

たとえば「レバレッジ25倍」なら1万ドルを買い建てると証拠金は3万円強で済みますが、丸代金の約79万円を証拠金として入金しておけば実質のレバレッジは1倍になります。

『丸代金』
http://www.saki-mono.com/archives/2005/10/post_431.php

>また、外貨預金と違い、手数料等余計なお金がかからない分得なのではと思っています。

はい、これもおっしゃるとおりで、先物取引やCFDなどの「証拠金取引」は現物の受け渡しをすること無く「差金決済」で取引を完了することができるのでコストが非常に低いのが特徴です。(FXは為替のCFD取引です。)

>どちらも多少なりともリスクが伴うことは承知しています

「為替の価格変動リスク」は「外貨預金」でも「FX」でもどちらも同じです。違うのは取引の仕組み自体に存在するリスクです。この話を始めると長くなりすぎるので一例を挙げますと、「銀行やFX会社が倒産したらどうするのか?」というようなことは「為替の変動による損益とは全く別に考える必要がある」ということです。

どんな取引方法も一長一短がありますから「ベストの方法」というものは決めづらく、「その人の取引スタイル」にあった取引方法が「ベター」ということになります。

ここからは個人的な意見ですが、「外貨預金か?FXか?」というのはどちらも「手段」の選択に過ぎませんので、「今米ドルを買えば100万分買ったとして、2、3年後には2、30万くらいは増えるだろう。」という「目的(相場の見通し)」を先に議論される方が良いのではないかと思います

また、「手段」にしても「目的」にしても一つに絞る必要は全くないので「迷うなら分散する」という選択肢もあります。ただし、前述のように「目的」を分散すると「大きな当たり」の可能性は低くなります。

投稿日時 - 2012-07-30 06:57:36

ANo.6

 
知ったかぶりが湧いてきましたが..........

1.FXはゼロサムです。
 取引するからゼロサムになる、質問者の様に貯金と同じく外貨を買ったらホールドするだけなら為替変動を含めリスクは外貨預金と同じ

3.似ていて違いは定期は利息が保証される。
 FXは毎日金利が手元に入り日本円で残るので保障の必要が無い
 マイナス金利は売り方にかかるもので買い方にはかからない

FXは外貨預金より有利なのは流動性
例えば、経済に異変があれば夜中の23:00でも明け方の3:00でも数秒で日本円に戻せます。
 

投稿日時 - 2012-07-30 02:25:17

ANo.5

1..FXはゼロサムです。
  だれかが儲かればだれかが損する。

2.定期はプラスサムです。
  定期金利分は

3.似ていて違いは定期は利息が保証される。
  FXではスッワプポイントが変動するためマイナススワプ(利息が取られる)

投稿日時 - 2012-07-29 21:51:31

ANo.4

強制ロスカット以外での取引打ち切りは「取引先の会社が倒産した」(FXは相対取引であり取引先が倒産したらほとんど戻りません)なんて可能性も。
ある程度寝かせるつもりならば証券会社で米国割引国債(ゼロクーポン債)を買うのも。保管手数料は年間3150円必要ですが、証券会社が倒産しても債券の現物(ADR)が来ますからADRを他の証券会社に持ち込めば時価で売却可能です。割引国債は購入時点で金利分を割り引いて支払う為利回りが有利。
後FXにこだわるなら取引所外国為替証拠金取引(くりっく365)がお勧めです。取引会社が倒産しても他の参加会社にポジションを持ち運び可能ですし、取引相手先(取引所は媒介しかしない為相手が存在します)が倒産・破綻してもポジションを取引所が保証します。

投稿日時 - 2012-07-29 17:26:54

ANo.3

Wr5

既に回答付いていますし十分そうですが…。

>1、旦那→預金先は銀行ではない。と言っている。

預金というからには銀行…のハズですが。
# 海外の銀行の場合に、破綻したときに保護されるか…ってのはまず期待できませんけど。
外貨預金に似た安全資産…ということで、証券会社の外貨MMFなんてのもあります。
# 資産分別しているはずなので、銀行の破綻よりは安全でしょう。

>2、旦那→今米ドルを買えば100万分買ったとして、2、3年後には2、30万くらいは増えるだろう。損があっても10万くらい。それ以上減ることはない。

そんな保証はありません。
どのようにでも動くのが為替ですし。
ほんの数年前まで1ユーロが140円とかしていた…ということもあります。
米ドルは…いい加減円高水準がアタリマエ状態になってきていますし2~3年程度で大きく動かない…ような気もしますが、そんなのはあくまで希望的観測でしかありません。
# そして、為替差損を何とかできるほどの金利差もなさそうです。

>3、旦那→FXは取引が勝手に打ち切られ、預けたお金が返ってこないことがあるから危ない。

ロスカットことではないですかね。
既に回答されているとおり、レバレッジのかけ方次第です。
1倍でやっていれば決済はまずないでしょう。


>また、外貨預金と違い、手数料等余計なお金がかからない分得なのではと思っています。

金利分、銀行に獲られる。というのがない(少ない)ので、まぁ有利ではあるでしょうね。
# 振り込みや引き出し時の手数料も忘れずに。

あと…利益が出たときの納税についても注意が必要でしょう。
銀行での外貨預金なら銀行がよろしく処理してくれるでしょうが…。


>ちなみに、旦那は外貨預金派、私はやるならFX派です。

十分な資金があるなら、外貨預金とレバレッジ1倍の両方に振り分けては?
# まぁどっちも外貨なので為替リスクは同じように負いますが。

ちなみに、私は……
定期預金・外貨MMF(ユーロ、平均取得が\129くらい……そいや今は金利を払っているんだっけ…解約して損失確定すべきか…)・純金積み立て・FX(爆笑できるくらい負けまくり。所詮マネーゲーム。ゲーム参加代と割り切り)ってところですかね。
取得額から1/10くらいになった端株もありますけどね…。

投稿日時 - 2012-07-29 14:39:16

ANo.2

私はこの手のプロではないですが、とても保守的だった妻の同意も得てFXを続けている者として、わかる範囲での回答です。

1、旦那→預金先は銀行ではない。と言っている。

これはわかりませんね。銀行以外に預金とは?もしかすると、リスクの小さい(リターンも小さい、だけど外貨預金よりは大きい)外貨MMFなんかを考えているのかもしれませんね。でもこれは、投資信託ですから、証券会社に口座を持って投資信託という商品を売買するものです。ま、これは推測でしかないので、旦那さんに聞くしかないですね。

2、旦那→今米ドルを買えば100万分買ったとして、2、3年後には2、30万くらいは増えるだろう。損があっても10万くらい。それ以上減ることはない。

世界中の誰が言ったとしても、それは推測にすぎません。レートがどう変化するかは、誰にも分からないからです。旦那さんは、数年後に1米ドル=100円近くになるとの期待があるのでしょうが、あくまで期待、推測、でしかないですね。たしかに、今以上の円高になることは、今のところ政府も望まず、介入などで阻止しようとするわけですが、だからと言って数年後に必ず円安になっている、もしくは1米ドル=70円(損がおおよそ10万円)程度で円高が抑えられているとは言い切れません。

3、旦那→FXは取引が勝手に打ち切られ、預けたお金が返ってこないことがあるから危ない。
 これは、「強制ロスカット」のことですね。FX会社の口座に残っている金額以上に損失が膨らまないようにする安全装置です。健全にFXをする人たちなら、そんな状態には陥らないように、自分の口座金額と相談の上、取引の量を調整してやっているものです。さらに言うなら、一つ一つのポジションに対して、自分がどれだけの損をそこに許容できるかという基準で、自ら損切りの注文を初めから出しておくのも、健全なトレーダーの常套手段です(この辺りは多くのFX本で、基本中の基本として載っているので見てください)。
 ですから、健全にFXをやっていれば、ロスカットとはほぼ無縁でいられます。ま、とにかく、「無意味に勝手に打ち切られる」なんてことはありません。ロスカットは、口座金額がマイナスになるという最悪の事態を防ぐための安全装置です。仕組みを理解すれば、恐れるものではまったくありません。
 ロスカットされればお金は戻ってきませんね。ロスカットに限らず、損切りした場合でも同じです(もちろん、別の取引で勝ってトータルとして戻すことは可能です。)。でもそれは、外貨預金で為替差損が発生しているときに円に戻す(円転する)場合だって同じですよね。いつかは為替差益が出る方向にレートが戻るかもと言って持ち続ければ、損は確定しないわけですが、だからといって貴方が生きている間にレートが本当に戻ってくれるとは限りません。このように外貨預金だって、元本割れのリスクを伴っているのは、御承知の通りです。

FXでIFO注文をすれば安全、というか、つまりは常に許容できる損を見据えて損切りラインを設定すれば、いきなり大きな損をくらうことはないということです。徹底したリスク管理の先に、利益が生まれるのがFXです。

最後に、旦那さんも外貨預金をする気概があるのなら、FXを利用して、外貨預金と似たことをやればいいと思います。100万円外貨預金するなら、100万円をFX口座に入れ、100万円分の外貨(日本より金利の高い国の通貨)を買って保有する(レバレッジ1倍)。通貨によりますが、これで金利差であるスワップポイントが毎日ついて利益を生んでくれます。もちろん、為替差損が発生するリスクはありますが、それは外貨預金も同じです。そのリスクを同等にするためにも、レバレッジはあくまで1倍にするのです。欲を出してレバレッジを上げると、それは外貨預金と同リスクとは言えなくなります。FXでは手数料の面でも外貨預金より優位ですね。以上についても、いろいろな本や、ネット上にも情報が落ちてますので、勉強してみてはいかがでしょう。

我が家と違って、奥様の方が進歩的ですね~。楽しいマネーライフを。

投稿日時 - 2012-07-29 14:28:49

ANo.1

 
>資産運用カテゴリにも質問しましたが、こちらのカテゴリにも質問投稿させていただきますm(_ _)m
ルール違反です、回答者は両方見てます。

さてFXも証券会社に預けたのと同じ金額分しか買わない(レバレッジ1倍)ならリスクは外貨預金と同じです。
手数料の面ではスプリットが小さいし、手数料が無料なのでFXの方が有利です。

レバレッジ25倍の契約でも100万円を証券会社に預けて米ドルを1万ドルだけ買えば
証拠金 約3万円程度
建玉 1万ドル
建玉余力 97万円
こんな状態になりますが、建玉余力を余力と思わずに「使えない金額」と思えばドルが1円になっても損切り(勝手に打ち切られる)事はありません。

また、1万ドルもってるのだから金利も入ってきます(今なら毎日5円程度)
預金と違って金利が毎日入ってくるのも魅力ですね
 
 

投稿日時 - 2012-07-29 11:54:20

あなたにオススメの質問