こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本の電子書籍の少ない理由

電子書籍の数について質問です。
海外の書籍は多くあるのに、日本の書籍は少ないです。
これはなぜなのでしょうか?国ごとの法律とか関係しているのですか?

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-07-20 12:12:43

QNo.7600641

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 出版社が版権をもっていたり、権利関係が良い加減だったりするらしい。漫画などは編集部の人間が絡んでくるケースもあるらしい。
 それに、書店がつぶれてしまう。

投稿日時 - 2012-07-20 14:05:00

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-24 14:06:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

簡単な話

著作権が複雑に多元化している日本では、電子化における版権・著作権関係の取引慣習の不安定さから 振るわない だけ

他にも理由はある
例えば、文章表現上の紙媒体の出力と電子媒体の出力の様式の相違性など
著作者側(小生もそうだが)としても、電子書籍よりも、形になったものが実感がある
現在、世界史教育の書籍の共著・監修などを担当しているが、電子化を否定しないまでも歓待はしない
法の整備レベルの問題もあるが、商慣習・権利者意識の水準の問題がまだ大きい・・とは思うが


ちなみに、海外は多い・・というのが、全体量からすれば、決して多くないのが現状である

以上
0

投稿日時 - 2012-07-20 17:14:26

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-24 14:06:43

ANo.1

ziv

グーグルやアマゾンなどに匹敵する、
破天荒な企業が無いことと、

日本は出版業界が莫大な権力を握っているため。

投稿日時 - 2012-07-20 12:25:39

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-24 14:06:50

あなたにオススメの質問