こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

保険見直し

質問させて頂きます!
現在46才アフラックスーパーがん保険と府民共済保険総合に加入してます。そこで今回保険の見直しするつもりですが、がん保険はアフラックスーパーがん保険に医療保険新EVERを加入することで手厚くして、富士生命のがん保険診断一時金100万のを加入しようと思うのですが、アフラックは診断一時金が1度だけなのがネックです。一応見直しは、がん診断一時金複数回と上皮内新生物も全額支給されることを重点に置いてます。他に良い見直しがありましたらアドバイスして下さい。
医療保険はアフラック新EVERで問題ないでしょうか?
宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2012-07-12 14:12:26

QNo.7586164

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

(Q)一応見直しは、がん診断一時金複数回と上皮内新生物も全額支給されることを重点に置いてます。
(A)その理由が重要なのですよ。

「複数回」や「上皮内新生物が全額支給」が良いのはわかります。
特に、複数回は、文字通りでしょう。
では、上皮内新生物で全額支給というのは、どのような意味がある
のでしょうか?
上皮内新生物で有名なのは、子宮頸がんゼロ期と大腸粘膜内がんの
2つです。
両方とも、日帰り手術か、せいぜいで2泊3日ほどの入院と手術で
完治します。
費用は、十数万円もあれば、十分です。
それに対して、全額支給が「重点になる」理由がわかりません。

一方、がん患者の半数は、通院治療を受けています。
となると、通院の保障はなくても良いのですか?
肺がん治療薬として有名なイレッサは、錠剤ですから、
外来で処方される薬です。
1ヶ月の薬価は約20万円ほどで、3割負担で6万円です。
イレッサが特別に高額な薬ではありません。
抗がん剤は、1ヶ月の薬価が10万円、20万円なんて、
ゴロゴロしているのですよ。
これが入院中ならば、入院給付金で何とかなるでしょう。
でも、通院だったら?

さらに言えば、グリベックという抗がん剤があります。
これは、慢性骨髄性白血病の薬で、
この薬の登場で、かつては致死率100%だったのに、
9割が救命できるようになったと言われるほどの
画期的な薬です。
でも、この薬、飲み続けなければならないのです。
再発・転移は関係ないので、診断給付金は初回のみです。
となると、診断給付金だけでは不十分ということです。

こんな薬が登場するとは誰も夢にも思っていませんでした。
でも、登場したからには、慢性骨髄性白血病だけでなく、
他のがんでも、同様の薬が出てくる可能性がある、
ということです。

現に、手術・放射線・抗がん剤に続く、第四の治療方法として
研究が進められている「免疫療法」では、「不変」という症例が
かなりの割合を占めていることがわかっています。
不変というのは、良くも悪くもならず、現状維持という意味です。
つまり、やめれば、がんが進行して、死に至るということでも
ありますから、やめられない。
この部分では、グリベックとよく似た状況になっているのです。

通院の保障はいりませんか?
抗がん剤の保障はいりませんか?
自由診療(免疫療法は、自由診療)の保障はいりませんか?
これらは、重要ではないのですか?
つまり、「理由」がとても重要なのですよ。

一般的な医療保障ならば、新EVERで問題はないでしょう。

投稿日時 - 2012-07-12 17:02:32

補足

通院治療はアフラック新EVERでカバー出来るかと安易に考えてました。
抗がん剤は手厚く必要だと思ってました。完全に抜けてました…
終身保険も加入すべきでしょうか?
ここまで詳しくアドバイスしてありがとうございます!
そこで個人的にお勧め出来る保険を教えて下さい!
ここ一ヶ月いろいろ考えて他の質問なども参考にしてますが、全く考えがまとまりません。
今月中に必ず加入したいのですが、宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2012-07-12 18:54:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

どの保険が良いか……というご質問なので
現在のがん保険をそのまま継続して、内容を充実させる。
ということをアドバイスします。

富士生命 がんベストゴールドで、診断給付金を充実させる。
アフラック 生きるためのがん保険DAYSプラス
(Bコースの診断給付金のないタイプ)+抗がん剤特約
http://www.aflac.co.jp/keiyaku/tokuyaku/goods/gan/days/

私は、アフラックという会社が好きですが、その理由の一つが、
過去の保険を解約することなく、バージョンアップできる
このようなシステムです。
長く付き合う保険だからこそ、過去の保険を捨てなくて良いのは、
メリットが大きい、と思っています。

抗がん剤特約は、高額なので、定年退職したら中途解約するのも
一つの方法です。
年金生活になれば、長期入院・療養しても、年金額が減らされる
ということがない。
つまり、経済的ダメージが現役世代より弱いため。
経済的余裕があれば、継続を検討しても良いと思います。

終身保険を考えるならば……
低解約払戻金型という終身保険があります。
ネットで検索すればヒットします。
お金に余裕ができたら、老後の生活資金のためと思って、
契約しても良いと思います。
46歳というご年齢を考えると……
ご家族のことをお書きになっていませんが、
ご家族がいらっしゃるならば、出費が一番厳しい時期に
差し掛かっていると思うので、老後よりも
今を考える方が重要だと思います。

No.3の方がおっしゃるように、色々な方に相談するのが
良いでしょう。
色々な考え方があるので、納得できる方の考え方を
取り入れればよいでしょう。

ついでに……
専門科のランキングというのは、色々な雑誌で出ていますが、
これほどいい加減で、あてにならないものはありません。
まず、条件がめちゃくちゃ。
一体、誰にとって、ベストなのでしょうか?
例えば……
20歳の独身男性、
40歳の独身男性、金には困っていない
40歳の既婚男性で配偶者と子供がいる
60歳の既婚男性、子供は独立している。配偶者と二人暮らし。
これらの方々の保険が同じで良いと思いますか?
一般向けのランキングなんて、意味がないのですよ。
ポルシェのスポーツカーとベンツのバスを比較して、
どっちがベストか、なんてランキングするのと同じ。

私もかつては、専門家各位の意見に注目していましたが、
富士生命のがんベストゴールドをトップに選んだ「専門家」の
コメントが……
「一括で受け取る金額が多い方が良いと思うから」
という理由を読んで、一気に熱が覚めました。
「こいつら、この程度で、専門家と言っているのか……」
重要なのは、一括でたくさんもらえることではなく、
「どうして、それが受取人(被保険者)にとって、メリットなのか」
という理由なのですよ。
10万円よりも、100万円をもらった方が良いに決まっています。
では、10万円を10回で100万円もらうのと、
100万円一括でもらうことの差は、いったいどこにあるのでしょうか?
これに答えてこそ、専門家なのです。

ついでに言えば、同じ100万円なので、結果は同じ。
となれば、別の要因を考えるべきであり、
それは、ケースバイケースなのですよ。
だから、相談者の話に真摯に耳を傾ける必要があるのですよ。
20歳も60歳も同じ……ではないのですよ。

投稿日時 - 2012-07-14 19:20:59

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-27 04:52:58

ANo.3

>医療保険はアフラック新EVERで問題ないでしょうか?
>宜しくお願い致します。

他の方も回答していますが「がん」の通院治療は注意が必要です。
ファイナンシャルプランナーの無料相談室にも詳しくでていました。
専門家に面談で相談するのがベストでしょう。
その為の専門家です。

少なくとも医療保険より「がん保険」選びのほうが重要です。
医療保険では何百万円もでません。

アメリカンファミリーは昔は治療方法が少なかったので対応できていましたが、今は時代遅れとしかいいようがありません。
専門家でのランキングで上位には絶対きません。


「初期がん」でも、実際に「がんに罹患した方は毎年、PET検査などをしないと不安な場合もあります。
二つのがん保険を組み合わせる方法もあります。
初期がんで100万円
癌の場合で200万円 
何度も支払われるものならかなりカバーできます。

「がん」の出費に比べると60日の医療保険はお金を捨てるようなものです。

投稿日時 - 2012-07-14 14:55:15

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-27 04:52:06

ANo.1

あくまでも その保険等は 補助ですよね?

主の保険はありますか?

府民共済と言う事で 私は内容を把握してません@埼玉なので

ですが 多分 定期保険でしか無いと思うのです。

主たる保険が あるなら アフラックやアリコ でも充分です。

主たる保険ですが
これは 終身保険です。
何歳で死んだとしても 出る保険です。
何の病気で死んだとしても出る保険です。

ガン保険は あくまでも ガンに対応です。
医療保険は 入院しなければ給付がありません。

貴方の加入している保険の中に
終身保険 があれば 問題無しだと思います。

家で言うなら 県民共済は 85歳までしか対応がありません。
90歳で死んだ場合には 県民共済は保険対象外です。
アフラックのガン保険、医療保険には加入しています。
ですが これも 補助的な感じです。
90歳で 死んでも 出る保険、100歳になって死んでも出る保険は 大事です。

投稿日時 - 2012-07-12 14:36:36

補足

終身保険は加入してません…

投稿日時 - 2012-07-12 18:45:42

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-07-27 04:51:34

あなたにオススメの質問