こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

漢字生保の解約と今後加入の保険について

生命保険の見直しについて、お世話になります。
夫45歳、妻41歳、子1人、持ち家マンションに住み住宅ローン返済中(団信は3大疾病特約付)

20代から加入していた夫の生命保険を、数年前の更新時期に支部長の女性営業に言われ、熟慮せずに転換契約にしてしまいました。

現在の保証内容は簡単に次の通りです
最低保証利率付3年ごと利率変動積立保険
(主契約保険料1000円) 保険料16,000円余り
死亡高度障害2800万円/災害死亡3800万円(60歳まで新介護逓減定期保険特約)一定割合で減る
所定要介護A 180日継続で介護保険金2500万円ほど 所定特定疾病で300万円(60歳まで自動更新)
あと先進医療500万まで等々(80歳まで自動)

こちらの過去QAを拝見したところ、このような内容の保険契約はとても理解が難しい(説明もかなり端折られました)とのこと、数年前とはいえ、もっとネットで情報を得てから更新なり解約をすべきだったと痛く思っています。
そこで今回更新ではありませんがネットなどで契約できる保険に変更したく、プランを練っています。

某国民健康保険組合の方から、入院時の医療保障は受けられます(差額ベッドと食費は自費)。
また子が加入の学校団体保険と学資保険より扶養者の死亡時に300万ほどおります。
逓減にせよ、現在加入の生保の死亡高度障害の保障からかなり減額になりますが、私も仕事を続けており今後も60歳位まで続ける予定なので、今が掛け過ぎなのかな、と思っています。


ですが、夫が労災以外での病気入院~自宅療養になった場合に安心して療養に臨むために、ライフネット生命の収入保障保険に関心があります。他の生保での同様なプラン(高度障害でなくとも、証明された勤務不能状態が180日以上継続の場合におりる)は寡聞にして知りません…

ライフネット生命/1500万円・10年+収入保障保険15万/月(65歳) 月額10,437円(生命保険は10年見直し)
オリックス生命/医療保険(終身)60~120日間(7大疾病時)月額2,850円

月に3000円ほど節約できるかと思います(たかが、と思われるかもですが、10年たつと…)
あとはネクスティア生命で同様のプランも考え中ですが、代案やアドバイスがありましたら、ぜひご教授くださいますようお願いいたします。 

投稿日時 - 2012-06-29 15:00:44

QNo.7561933

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

現在の保証内容は簡単に次の通りです
最低保証利率付3年ごと利率変動積立保険
(主契約保険料1000円) 保険料16,000円余り
死亡高度障害2800万円/災害死亡3800万円(60歳まで新介護逓減定期保険特約)一定割合で減る
所定要介護A 180日継続で介護保険金2500万円ほど 所定特定疾病で300万円(60歳まで自動更新)
あと先進医療500万まで等々(80歳まで自動)

○現在契約されているのは「住友生命のライブワン」と予想されます。
 他の方もかかれていますが、端的に書かせていただくと、「アカウント型生命保険は各種調査でほとんどワーストワン」になっています。
良いところもありますが、ほとんど目先の保障にプランを作られています。

○マンションのローンを返済中ですともっと総合的に保険の見なおしが必要です。
ある地域では東日本大震災で集団移転をしたくても3300世帯中約800世帯が抵当権が残り移転もできないそうです。
抵当権が残っていなくても建て直しのできない人もたくさんいると予想されます。
住宅ローン返済中はそれだけリスクが高いということです。
相談できるところとしては「ファイナンシャルプランナー」で「「無料保険相談」ができ、「地震・噴火・津波」の対策ができるところが少ないですがあります。探してみると良いでしょう。
日本中のファイナンシャルプランナーを紹介しているところもあります。

○普通の保険相談では「生命保険相談」に偏ります。
目先の収入が「生命保険」のほうが多いからです。
安易な無料保険相談は危険です。
「自営業」と「会社員」の社会保障の差についても多くの方が間違っています。
保険之無料相談でも間違っている場合が多く見られます。



某国民健康保険組合の方から、入院時の医療保障
は受けられます(差額ベッドと食費は自費)。

○入院費用で食費が話題になりますが、健康保険が一般の区分の場合一食260円ですから1日3食で780円です。
入院したほうが食費が安い場合もあります。

○また、健康保険組合の詳しい保障が書かれていませんので正確な回答ができませんが、会社員と自営業では保障の考え方が変わります。

ですが、夫が労災以外での病気入院~自宅療養になった場合に安心して療養に臨むために、ライフネット生命の収入保障保険に関心があります。他の生保での同様なプラン(高度障害でなくとも、証明された勤務不能状態が180日以上継続の場合におりる)は寡聞にして知りません…
ライフネット生命/1500万円・10年+収入保障保険15万/月(65歳) 月額10,437円(生命保険は10年見直し)
オリックス生命/医療保険(終身)60~120日間(7大疾病時)月額2,850円

○ライフネット生命の収入保障では「うつ病などの精神疾患は対象外です」
 指針疾患の平均入院日数はおよそ1年です。7大疾病の対象外です。

月に3000円ほど節約できるかと思います(たかが、と思われるかもですが、10年たつと…)
あとはネクスティア生命で同様のプランも考え中ですが、代案やアドバイスがありましたら、ぜひご教授くださいますようお願いいたします。 

○商品・価格だけにこだわると「抵当権だけ残った被災者」のようなリスクがあります。
 また、ネットの生命保険は50歳以降は一般の生命保険との保険料の差は小さくなります。
 基本となる死亡保険の保険料が高くなりますから、経費を減らしても安くなりにくくなります。
 最初から月々○万円を保障するタイプの死亡保障がファイナンシャルプランナーの一般的な提案です。
 保険料もずっと一定です。

(団信は3大疾病特約付)
○逆にどういう時に役に立たないかを知っておくべきです。
 また、「がん」についての保障も少ないと考えます。
 一度「がん患者、お金との闘い」という本を読まれると良いでしょう。
 奥様が大腸がんに罹リ「分子標的薬」の治療を続けると、何年間も「薬」が必要ですし、お仕事もできない可能性が高くなります。女性のがんの死亡原因の1位は「大腸がん」です。

 
○住宅ローンが人生で一番高額な買い物、次が生命保険といわれています。
 奥様の収入が住宅ローン・生活費に影響しているかも不明ですから、両方の専門家に依頼することをお勧めします。
 9割以上の方が保険選びを間違っております。
 「東日本大震災」で日本の保険選びが「生命穂保険」に偏っていることが露呈しました。
 

投稿日時 - 2012-07-01 15:21:36

補足

ありがとうございます。

○ライフネット生命の収入保障では「うつ病などの精神疾患は対象外です」
 指針疾患の平均入院日数はおよそ1年です。7大疾病の対象外です。

⇒上記は、7大疾病はこの保険の対象外になる、ということでしょうか?

最初から月々○万円を保障するタイプの死亡保障がファイナンシャルプランナーの一般的な提案です。
 保険料もずっと一定です。

⇒上記の内容は、所得補償というもの(月20万円を10年とか)にあたりますか?
また、「保険料もずっと一定です」、とは、更新がないタイプですか?それでは今から支払う保険料が高いのでは…?

確かに医療保険についてはがんへの対応が少ないと思いますが、国の高額療養費制度を利用し、高度先進医療を受けないでいくなら、加入の健康保険組合の入通院費補償で乗り切れると思うのですが…

ほけんの〇〇的センターで無料相談を受けましたが、20代前半のFPが同じ生保の違うタイプを提案してきて、なおかつ月の保険料も上がっていたので、それきりです。
地震に関する対応もコミで相談できる窓口、となるとまた相当ハードルが高いですね…

投稿日時 - 2012-07-02 13:46:56

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

基本的に所得補償保険の取り扱いは損害保険会社です。ライフネットは外資系の一角であり、第三分野優先参入の際に所得補償保険に参入しました。現在生保で所得補償保険を扱うのは損保系生保しかありません(損保本体の商品を生保みたいにアレンジした商品)。
ですから加入を希望なら(現在加入の)自動車保険の代理店に相談するのも早道です。
で加入した後、既存の保険は解約しないで保険料払済保険にします。保険料払済保険は保険料の払いを止めて、現在貯まっている積立金(解約返戻金より多額です)を全て終身に振り替えて契約当時の予定利率で引き直した保険金にするものです。今予定利率は相当下がっており、また平成24年6月(一般)社団法人生命保険協会が公表予定利率を0.5改訂して年1%としました。損保の算定会料率と異なり強制力は無いですが、各社体力勝負です。以前の予定利率を引き継げるだけでも有利かと。

投稿日時 - 2012-07-04 14:49:13

お礼

お礼が遅くなり申し訳ないです。詳しいご回答をありがとうございました。
現在貯まっている積立金というのは本当に極くわずかなのですが、それでも払済保険とできるかどうかを確認してみたいと思います。専門家様のご回答参考になりました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-07-06 16:52:07

ANo.2

(Q)上のように仰ることを認識していないのが当方の保険会社・担当者…というか何度も勝手に変わったり辞めたりし、挙げ句に支部まで移されてしまい、もう不信しかありません。
こちらの不安をあおる??だらけのトークに惑わされないよう、必要充分な情報と自己判断力を身につけなければと思います。

(A)いるのですよ。そういう担当者が……
しかも、例外ではなくて、むしろ、そういう担当者の方が多い。
例えば、悪名高いアカウント型保険ですが、
使い方によっては、素晴らしいシステムなのです。
でも、この保険の生命線であるアカウント部分が、
1000円では、お話にならない。
1000円×12ヶ月×10年=12万円 では、使い道がない。
逆に……
1万円×12ヶ月×10年=120万円 ならば、
色々と考えることもできる。

保障を考えるというのは、とても、大変なことなのですよ。
「子1人」とのことですが、男性ですか? 女性ですか?
男の子ならば、老後の介護の世話は、あきらめた方が良い。
となると、介護は金に頼ることになる。
(男女に関係なく、将来は、自助しかなくなるかもしれない)

質問者様と配偶者の方は、一人っ子ですか?
ご兄弟がいらっしゃいますか?
ご両親の介護問題をお考えになったことがありますか?

という問題も考えなければならないのですよ。
来年、ベンツやBMWに乗り換えるか……
ということを考える前に、その1000万円は、本当に
車に使って良いのですか?
ということを考えなければならないのです。

そのためには、ライフプラン、つまり、マネープランが
必要なのですよ。
マネープランは、保険だけでなく、収入、支出、資産、借金、貯蓄など
お金をトータルで考えます。

スニーカーは機能的で、便利な履物です。
でも、結婚式に履いていくにはふさわしくない。
つまり、スニーカーだけを見ていれば、何の問題もないのに、
結婚式というトータルで見ると、ふさわしくない、
という問題が起きます。
保険でも同じことです。
他のお金の使い方でも同じことです。
だから、トータルで見る必要があるのです。
そのためには、キャッシュフォロー表を作成するのが、基本です。
「キャッシュフォロー表 家計」で検索すればヒットします。
キャッシュフォロー表を作成することで、
目の前にある100万円が人生で、どんな意味があるのか、
見えてきます。

それだけではありません。
キャッシュフォロー表でシミュレーションができます。
夫様の収入の遺族年金
住宅ローンをゼロに、
死亡退職金、葬儀代を計上
生活費から夫様の分を引く……
などなどの操作をすれば、夫様が万一死亡したときの
シミュレーションとなります。
この時のマイナスが、必要保障額です。
それを保障する確実な方法が、生命保険なのです。

本来、保険担当者とは、
このようなシミュレーションをしてくれる担当者のことを言います。
また、人は、自分の価値観でお金を使います。
お子様を私立の有名校へ入れたいと思い、
お子様の教育にお金をつぎ込む人もいれば、
それよりも、ご自分の趣味にお金をつぎ込む人もいるでしょう。
とうぜんですが、それによって、
シミュレーションも違ってくるのです。

ご参考になれば、幸いです。

投稿日時 - 2012-07-01 11:10:24

ANo.1

(Q)夫が労災以外での病気入院~自宅療養になった場合に安心して療養に臨むために、ライフネット生命の収入保障保険に関心があります。
(A)「収入保障保険」というのは、死亡保険のことですよ。
家族生活保障保険、収入保障保険……色々な言い方はあります。

質問者様のおっしゃっているのは、
「所得補償保険」です。
ライフネット生命以外では、
日立キャピタル損害保険(こちらが先行)が有名です。
漢字生命では、第一生命のインカムサポート特約があります。
どの保険も「就業不能」というのが条件になっていますが、
これを十分に理解されていない方がいらっしゃるので、
蛇足ですが、下記を熟読してください。
http://www.lifenet-seimei.co.jp/product/disability/faq.html
こんな時に、「もらえる」「もらえない」という具体例もあります。
もらえる場合の一部は、介護が必要な状態です。
となれば、介護保障でもカバーできることになります。
さらに言えば、重度の要介護状態になって、65歳までの保障で
十分ですか?
という問題も出てきます。
保障を考えたらキリがないですが、それだけに、
じっくりと考えることが大切です。

(Q)健康保険組合の方から、入院時の医療保障は受けられます
(A)それは、会社に勤めていればの話です。
退職したらどうなりますか?
また、クビになったら、どうなりますか?
例えば、こんなことが起きます。
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_2773.html
紹介されている状態では、所得補償保険も役に立ちません。
でも、確率的には、こちらの方が高いと思いませんか?

根本に戻るならば、本当に、いくらの保障が必要なのか?
という問題があります。
夫様が死亡しても、奥様は遺族年金を受け取れます。
でも、奥様が死亡しても、夫様は遺族年金を受け取れません。
では、奥様の保障はどうなっているのでしょうか?

などなど、考えなければならないことは、山ほどあります。
本来ならば、このような細かい、でも、重要な問題を
一つ一つ解決する「アドバイスをする」のが保険担当者の役割なのです。
そのなかで、自社の保険をはめ込んで保障を確保していくのです。
その相談をするために、高い保険料を払っているのですよ。

この機会に、根本から考え直すことをお勧めします。

投稿日時 - 2012-06-29 16:40:43

お礼

ありがとうございます

〉考えなければならないことは、山ほどあります。
 本来ならば、このような細かい、でも、重要な問題を
 一つ一つ解決する「アドバイスをする」のが保険担当者の役割なのです。
 そのなかで、自社の保険をはめ込んで保障を確保していくのです。
 その相談をするために、高い保険料を払っているのですよ。

上のように仰ることを認識していないのが当方の保険会社・担当者…というか何度も勝手に変わったり辞めたりし、挙げ句に支部まで移されてしまい、もう不信しかありません。
こちらの不安をあおる??だらけのトークに惑わされないよう、必要充分な情報と自己判断力を身につけなければと思います。

投稿日時 - 2012-06-30 15:32:03

あなたにオススメの質問