こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

賃貸契約トラブル

転勤に伴って引っ越しをする事になりました。
契約形態は法人契約で、勤務先(A社)の委託会社(B社)が賃貸物件を借り上げます。

賃貸物件に関しては、個人で通常通り不動産仲介業者(C社)をまわり、
気に入った物件を委託会社(B社)を通じて契約をしました。

ところが、契約後に不動産仲介業者(C社)から連絡があり、
委託会社(C社)から勤務先の契約条件(家賃上限)に外れている点があり、法人契約ができなかったと連絡を受けました。
翌日、自社を通して契約条件(家賃上限)を確認したところ、契約条件内であることがわかりました。
再度、委託会社(C社)に連絡をし再契約の手続きを依頼しました。
しかし当初契約予定だった物件 、既にが先に他の方が契約をしてしまっていました。


この場合、委託会社(C社)に責任があると思っています。
C社にたいして、以下のことをお願いする権利があるか知りたいです。

当初予定通りの期間で引っ越しが完了するように、同条件物件の紹介と契約手続きの短期化

賃貸契約トラブルに詳しい方がいらっしゃっいましたら、
回答をよろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-06-27 22:14:05

QNo.7558826

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

不動産業者の者です。

ご参考下さい。

法人契約は前に勤めていた会社で数多く仲介しました。

大手法人になると(?)ご質問者様のように社宅代行会社(B社の位置近い)や自社100%子会社の法人代行会社(やはりB社の位置)を通して契約を申し込みしたり、借主になったりします。
法人契約と言うのは必ずしも「喜ばれない」場合もあります。
(1)法人によっては家賃制限や間取などだけでなく、「自社契約書の強要」や「特約を付けたがらない」などの「わがまま」を言います。貸主様や不動産業者にとっては結構苦痛です。家賃収入の安定性は抜群ですが・・・
(2)本当に時々ですが、B社が仲介料の割引(正確にはB社の取り分)を請求してきたりします。不動産業者にとっては痛手ですよね・・・。借主の場合は仲介手数料の減額を言ってくるケースもあります。

質問者様の法人では「指定の仲介業者」を優先し「そこでの紹介物件が良くない場合」一般の仲介業者(C社)で物件を見つけるとなってたりしませんか?
この場合(2)をC社にお願いしたりして、それで話がこじれたりしたかもしれませんよ。←推測。

疑問なのが・・・
>契約後(申込の意味かと理解します)に不動産仲介業者(C社)から連絡があり、委託会社(C社→きっとB社のことですよね)から勤務先の契約条件(家賃上限)に外れている点があり、法人契約ができなかったと連絡を受けました。

今回のケースは
B社借主 C社仲介業者ですから、B社が申し込みをC社に入れているわけですよね・・・
それならB社が申込書を入れる時点で気がつくはずで、そして質問者様に連絡してくる筈です・・・
しかも「家賃の上限」なんていちばん基礎的な事を気がつかないB社の方が変だと思いませんか?

ご質問者様はご自身の「社宅の条件書」みたいなもの(条件が記載されている書類)をお持ちでは無いのですか?
そういうものを持ち歩いて物件を探さないと今回みたいな「トラブル」になると思います。

良く契約する法人は不動産会社も条件を知っている事がありますが、個人により優遇が違う場合もありますので会社発行の規定書を(通常は見せてはいけないと言われるようですが・・・を問題箇所を消して)不動産会社に見せた方が簡単です。

ご質問内容はB社とC社がごちゃごちゃですね。多分「委託会社」を責めたいのでしょうけど・・・
委託業務を充分にこなせない旨はご自身の会社の方に詳細な苦情を上げるくらいでしかないでしょうけど・・・

投稿日時 - 2012-06-29 18:03:34

ANo.3

委託先がBだのCだのと、入り乱れていませんか?

>この場合、委託会社(C社)に責任があると思っています。
道義的、心情的にそう思っても、実際に契約を締結するのは
勤務先(法人)なので、そこまで口出しは出来ない立場です。

>賃貸物件に関しては、個人で通常通り不動産仲介業者(C社)をまわり、
>気に入った物件を委託会社(B社)を通じて契約をしました。
契約ではなく申し込みですよね。
もしも契約したと言うのであれば、
>しかし当初契約予定だった物件 、既にが先に他の方が契約をしてしまっていました。
これはあなたが契約したから、法人契約が出来ないってことになります。

>当初予定通りの期間で引っ越しが完了するように、同条件物件の紹介と契約手続きの短期化
転勤先の出社日から逆算して、○月○日には入居したいので物件を紹介してください
というのは普通のことですが、契約期間に関しては勤務先の稟議などもあるでしょうから
委託会社の範疇を越える内容には応えて貰えないのが常識かと。

投稿日時 - 2012-06-28 16:43:58

ANo.2

 不動産賃貸業を営んでおります。

 ご説明がいまいち分からないのですが、

> 委託会社(B社)を通じて契約をしました。

 と、誰と契約したのもかわかりませんが、『契約をしました』と"過去形"で書かれている点を信用すれば、入居できなかったのは契約した「大家」の責任です。

 契約しておいて、あとで反故にするのは、契約違反です。

 大家との間を通じさせた委託会社(B社)にも、『委託会社(C社)』にも、まったく責任はないとまでは言いませんが、債務不履行は大家ですので、『C社にたいして』お願いする権利はないと思います(A社とそのB、Cの委託契約しだいで結論は変わると思います)。

 とりあえず、大家に請求してください。

------

 委託会社のB社を通じて契約をしたが、委託会社のC社が勘違いしてその契約を解除した、ということなら、大家に責任はありませんね。

 委託会社C社のミスですのでC社には責任がありますが、C社はA社と契約していて、A社に対して責任を負うだけの立場です。

 A社とC社の契約を見てみないと正確にはわかりませんが、、質問者さんはサービスを受けるだけの立場ですので、質問者さんがCの責任を追及できるかどうかとなると、疑問があります。

 A社に言って、A社からC社にご希望の物件を借りられるよう要求してもらってください。

 質問者さんが書いていらっしゃる事自体は、A社を介してなら、要求できる内容です。理不尽な要求ではありません。


 ※委託会社B社と委託会社C社が、単にBとCを書き間違えたのかとも思いましたが、勝手に「書き間違い」と考えるのは失礼なので、一応別会社としました。
 

投稿日時 - 2012-06-28 04:50:19

ANo.1

そこまでの権利は、ありませんし、出来ません。

投稿日時 - 2012-06-27 22:54:44

あなたにオススメの質問