こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

イランがアメリカの無人偵察機を撃墜して・・・!

イランが自国の領空を侵犯し偵察飛行を行ったアメリカの最新式ステルス無人偵察機を撃墜した所、オバマ米大統領はその機体の返還をイラン政府に通告した・・・・。

実に不可解な行動だと思いませんか?先のビーン、ラディン殺害時のパキスタン領空無断侵犯(その特殊事情を考慮に入れたとしても)の行為そのものを考える時、何でもありの正に西部劇の様にアウトローの世界を再現しているかの如くである。

自己中心主義の極致、無法者の見本としか言いようが無い。

そもそも、イランの肩を持つ訳ではないが、インド、パキスタン、中国、ロシアに囲まれてその上宿敵イスラエルと全ての国が「悉く核武装を済ませている」のに、如何見てもアメリカのごり押しとしか映らないのは衆目の一致する所である。

お山の大将ならなら何でも出来ると思っていたら、とんでもない事である。

正に天を恐れぬ所業としか思えない。天の裁きを恐るべし。

9.11が教訓と成っていないのが、実に残念でならない。 

多数の悲惨な犠牲者たちの死を、「犬死に」にしては成らない筈なのに。

皆様方のご意見をお聞きしたい。

核不拡散と言うけれど、現在の多数の保有国連中が核の先制使用を行わないと言う保証が有るのか
あまつさえ無法行為を恥ずかしげも無く遣る連中が、いざとなったら何でも遣るに決まっている。

投稿日時 - 2012-06-24 09:27:57

QNo.7551810

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

全く、同感です。
腕力を笠に着てのやりたい放題ですね。
同じ事をイランがやったら、米国はどうするのでしょう。
ビンラデンを引き渡さないから、とアフガンに攻め込むような
こともやりました。
あれ、イランでテロやった連中が米国に逃げ込んで、それでイランが
米国を軍事攻撃したらどうするつもりなんでしょう。

”自己中心主義の極致、無法者の見本としか言いようが無い。”
   ↑
米国という国は、祖国を追われ、捨て、拉致された人が中心になって
造られた国家です。
無法者というのは当たっています。

”9.11が教訓と成っていないのが、実に残念でならない。 
多数の悲惨な犠牲者たちの死を、「犬死に」にしては成らない筈なのに。”
   ↑
これには賛同できません。
米国の戦争の歴史を観て下さい。
大衆民主制国家である米国は、まず国民を煽ることから戦争を始めています。

○テキサス独立戦争
アラモの戦い 1836年2月23日 - 3月6日の13日間
守備隊が全滅し、世論を激高させた。

○米墨戦争 1846年ー1848年
米国が挑発したのが原因で戦争になった。

◎米西戦争 1898年 2/15 ハバナ湾で、
米国戦艦メイン号が謎の爆発沈没。
米兵266名が死亡。
スペインの仕業だ、ということになり世論が激高。

○米比戦争 1899-1913
1899 2/4 フイリピン兵が射殺された事件が発生。
米は、これをフイリピンによるマニラ攻撃と発表。
戦争の発端となりフイリピン人60万を虐殺。

◎第一次大戦
ルシタニア号事件が発生。
ドイツ潜水艦が沈没させ、128名のアメリカ人が死亡。
ドイツに対する世論が急速に悪化、これが2年後の
アメリカ参戦のひとつの伏線となった。

○第二次大戦 真珠湾攻撃

◎ベトナム戦争
トンキン湾事件
1964年8月、北ベトナムのトンキン湾で北ベトナム軍の
哨戒艇がアメリカ海軍の駆逐艦に2発の魚雷を発射した
とされる事件。
これをきっかけにアメリカは本格的にベトナム戦争に介入。
その後、ニューヨークタイムズが、米国のやらせであることを
暴露。

◎湾岸戦争 1990年
アメリカの駐イラク特命全権大使のエイプリル・グラスピーは
イラクのクエート攻撃に対して
「介入するつもりはない」と発言。
これを信じたフセインがクエートを侵略したが
米国軍により撃退される。

○アフガン戦争、イラク戦争と911事件。


これらの中で、まず間違いないとされているのが、
ベトナム戦争と、湾岸戦争。
他は疑惑だけで、真偽は不明。

投稿日時 - 2012-06-24 18:58:24

お礼

実に詳しいご賛同を得て、いささかホッとしました。

私の質問が集中砲火を浴びて、四面楚歌の内に葬り去られる運命かと思いきや、貴方の強力な援護射撃で、意を強くしました。 此処でBAを付けてもいいのですが、今しばらく集中砲火の中で耐えながら、如何に平成の日本人どもが、「伝統的美風で有る判官びいき」を無くしてしまったかを、検証したく思います。

投稿日時 - 2012-06-24 20:13:48

ANo.8

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.11

アメリカがダブルスタンダードの国で、捏造情報を流しては他国の内政に干渉する事を正当化し、最後は直接軍事行動により政府転覆まで図る国であり、質問者の考えは大筋ではその通りだと思われます。

但し書き方について少し強すぎるのではないでしょうか。

>9.11が教訓と成っていないのが、実に残念でならない。 
>多数の悲惨な犠牲者たちの死を、「犬死に」にしては成らない筈なのに。

以上のように書かれていますが、9.11事件はアルカイダやアラブ諸国のテロリストが引起した事件だと考えておられるのでしょうか。

西側報道やアメリカ政府の報告書によるとテロリストによる事件だとされていますが、実際はアメリカ国家の自作自演の事件なのは明らかです。

以下の情報等を参照下さい。

http://okwave.jp/qa/q6341110.html #9
陰謀でなく事実だったという事例はありますか?

http://okwave.jp/qa/q6115419.html
11テロ WTC崩壊の本物映像はどこにありますか?

http://www.jca.apc.org/~altmedka/s911.html
『9・11事件の真相と背景』

http://doujibar.ganriki.net/00mokuji.html
http://doujibar.ganriki.net/NISTvideo/NISTvideo-0.html
WTCビル群「崩壊」の新たな映像資料


その他、最近のシリア、イラン情勢については次のサイト等を参照下さい。
アメリカ等西側諸国や主要マスコミが如何に誤った情報をばら撒いているかが分ります。

http://tanakanews.com/
田中宇の国際ニュース解説
世界はどう動いているか

カナダ独立系情報サイト
http://globalresearch.ca/index.php
http://globalresearch.ca/index.php?context=region&regionId=7
Middle East

http://doujibar.ganriki.net/Today%27s%20World%20of%20Fraud%20&%20Myth/Today%27s_World_of_Fraud_&_Myth-initial.html
いま我々が生きている 虚構と神話の現代

投稿日時 - 2012-06-25 13:37:24

お礼

実に詳細な資料をご提示下さいまして、心より感謝申し上げます。

>書き方が少し強すぎるのでは・・・・?

そうかも知れませんが、私としてはこれでも大分抑制して書いた積りなのです。

確かに気持ちとして、持って行き場のない腹立たしさをストレートにだしたかも知れません。今後よく自制して表現する様務めたいと思います。

投稿日時 - 2012-06-25 20:27:46

ANo.10

お礼を受けて回答しておきたい

>それで結論として何が仰りたいのですか?

すでに結論は述べている
回答文を総論的に理解するのではなく、文章個別で理解すれば、個別の問題に回答と回答を受けての結論が提示されている

もっとも、質問者が指摘する結論は、質問者が受容しえるものしか認めないだろう価値観であろうことを推測しえるので、
質問者にとっては結論にならない・・ということは想定内である。
現実逃避的な思考回路も当事者の自由であるので、それについて仔細述べようとは思わない

>ズバリこの世界は、全て弱肉強食の非人間的世界観を潔く容認し、長いものには巻かれろと言いたいのですか?

アナーキストからすれば、極論すればそうなる。
それが問題である、という所以も述べない程度であることも想定していることも言及しておこう

>その伝でいけば、最早アメリカは超法規的行為が全て許され、しかも他の弱小国家には、事細かく「法の順守」を執拗に迫る。

許される、などと論理的回答はない
放置されているだけの話である。同時に内政干渉を戒めるにしても、テロへの対応措置として、パキスタン側の明確な内政干渉とする国際司法上の争いがない限りは、パキスタンが黙認した、ということが法理になる
その法理が気に食わないなら、自決するなり、国際司法を改めるなりするしかない
内政干渉の当事者でもない第三者何を言おうと勝手だが、単なる義憤で吼えているだけでは、まったく建設性がない・・とだけは断言できるだろう

>その様な態度の国や人々を、信頼したり況して擁護したりされる方の気が知れません。

擁護などしていない
擁護したとする論拠を提示してほしいものである
単なる擁護という思い込みに過ぎないことを文章から指摘することが可能だが、
当方としては、擁護と解する論拠を知りたいものである

どうせ、擁護と断言しえる論拠など存在しないことから、回答から逃げるだろう


>判官びいきは日本古来の精神風土です。
それすらも理解しない世代が増えたのでしょうか?

はて・・・精神風土なのだろうか?
同時にそれを理解したところで、どうなるのだろうか?
判官びいきを理解・自覚したとして、質問者が気に入る思考回路・結論になる保障などあるのだろうか?
ないと断言シエルだろう。所詮は、精神風土と結論は必ずしも一致しないのだから

>日露戦争の時、世界中の弱小国家群がこぞって、東海の名も無い小国に精神的エールを送った事実を忘れては成りません。

そのような事実はない
あるなら提示してほしいものである

まぁ、トルコが応援していた・・という話はあるがw

以上

投稿日時 - 2012-06-24 19:53:36

お礼

ご高説真に痛み入ります。

投稿日時 - 2012-06-25 20:08:47

ANo.9

> ニュースを良く読まれましたか?

ニュースを良く読む必要性など全く無い、低レベルの質問です。

そもそも機体返還を求めるのは外交であって、人権擁護問題などではないです。
って言うか、質問文の中に「人権」と言う文言さえないのに・・・何でお礼は人権論になってるのかな?

単にアメリカ非難論を片っ端からブチ上げたいだけの様ですね。
質問ではなさそうなので、通報しておきますよ。


> まるでアウトローの言い草です。

ソレはアナタ。

アナタには言論の自由がある様に、私にもある。
それは主権国家も同様。

その自由・権利を認めないのは、究極・最悪の無法(アウトロー)です。
もしかして、北朝鮮など、そう言うお国系の方でしょうか・・。

投稿日時 - 2012-06-24 19:27:27

お礼

>若しかして、……そういうお国系のかたでしょうか・・・

残念ながら、そうでは有りません。・・・・此の文言は不要では?

投稿日時 - 2012-06-25 20:06:38

ANo.7

> 実に不可解な行動だと思いませんか?

何で?
不可解な部分など、全くないですが?

「返して!」と言うのは勝手。
モチロン応じない(返さない)のも勝手。

それぞれ主権国家だから。

自国の国益に基づき、主張や要請を行うのは、各国の自由。
どこに不思議が???

投稿日時 - 2012-06-24 14:50:18

お礼

ニュースを良く読まれましたか?

何でも勝手!まるでアウトローの言い草です。

天下の「人権擁護国家」を任じるアメリカのやることですか?

何の赦しも無く、イランの領空を偵察飛行で侵犯して置きながら、

「詫びるでもなく」世界中注視の中「恥ずかしげも無く」、

機体の残骸を返せと良くもぬけぬけと言えたものです。

何処にアメリカの言いぶんの「正当性」が有ると言えましょう。

超大国なら何でも「無理を押しとおす」その傲慢な態度が、

鼻つまみ為らぬ行為だと言うのです。

他人の家に土足で無断侵入して置きながら、

落とし物をしたから返してくれと、謝りもせず

ぬけぬけと言うその横柄な態度がゆるせないのです。

ステルスもとんだ醜態をさらしたものだ。

ダブルスタンダードもいいところ、「人権擁護国家」が泣きます。

投稿日時 - 2012-06-24 18:40:49

ANo.6

とりあえず簡単に説明しておくが

イランが自国の領空を侵犯し偵察飛行を行ったアメリカの最新式ステルス無人偵察機を撃墜した所、オバマ米大統領はその機体の返還をイラン政府に通告した・・・・。
実に不可解な行動だと思いませんか?

不可解ではない。どちらの行為も明確な違法行為は確認できない
まず、偵察飛行機の領空侵犯については、軍事目的ではない偵察という大義名分によって回避できてしまう現実がある。もっとも、国連安保理決議を悪用した部分も指摘できるが、明白な違法とは断言できない
イランの撃墜行為は、軍事偵察機との判断に依拠したものであるだろうから、これも主権国家の排除権から違法ではない
偵察機の機体返還要請についても明白な違法性はない

>先のビーン、ラディン殺害時のパキスタン領空無断侵犯(その特殊事情を考慮に入れたとしても)の行為そのものを考える時、何でもありの正に西部劇の様にアウトローの世界を再現しているかの如くである。

ビン・ラディン暗殺に関する行為は内政干渉であるので、指摘は妥当だろう


>自己中心主義の極致、無法者の見本としか言いようが無い。


アメリカのみならず、主権国家はみな同じように、人倫に抵触しえる無法が許されるものである
アメリカだけの話ではなく、程度論の話である

>そもそも、イランの肩を持つ訳ではないが、インド、パキスタン、中国、ロシアに囲まれてその上宿敵イスラエルと全ての国が「悉く核武装を済ませている」のに、如何見てもアメリカのごり押しとしか映らないのは衆目の一致する所である。

一致しないだろう
核武装権はどこの国にも存在しえる。イランの場合は、NPT批准状況下での核開発であるからこそ条約違反であり、無法行為と批判される余地がある
仮に、核開発を実施する前に、NPT体制から脱退していれば、指摘は理解する余地はあろうが
NPT体制という国際秩序に反した事実は、内政干渉したアメリカと同じ無法行為として批判されるのが筋であろう


>お山の大将ならなら何でも出来ると思っていたら、とんでもない事である。
正に天を恐れぬ所業としか思えない。天の裁きを恐るべし。

アメリカ人が、”神の裁き”などと言及して、不法行為を合法とするような指摘と大差ない
天やら神やら持ち出した時点で、思考回路はアメリカと同じであることを理解できない進歩できない人類が未だに存在することが、この文章でも確認できる


>9.11が教訓と成っていないのが、実に残念でならない。 
多数の悲惨な犠牲者たちの死を、「犬死に」にしては成らない筈なのに。
皆様方のご意見をお聞きしたい。

指摘した通りである。
独善的価値観で批判するような輩には、教訓もクソもない
明治維新の時代に、天誅組という「天罰論」を行なったテロ集団があった
政治思想的に尊皇攘夷論で暴力的だった彼らは、自分たちの大義を”天”を吠えて無法の限りを尽くした
それと同じことである


>核不拡散と言うけれど、現在の多数の保有国連中が核の先制使用を行わないと言う保証が有るのか

論理的に無関係である
核不拡散と先制的核兵器の使用は別次元である
論理的関係性を認める筋の話ではない

>あまつさえ無法行為を恥ずかしげも無く遣る連中が、いざとなったら何でも遣るに決まっている。

主権国家とはそのようなものである。それを問題にするなら、全ての国家を否定するしかないのである
もっとも、それを理解出来ないレベルであることは仕方ない
見える視野が狭い視野狭窄を自覚できないだろうし、示唆しても、程度論で、『目くそ鼻くそを笑う』を恥じない水準なのだろうから


以上

投稿日時 - 2012-06-24 14:11:04

お礼

それで結論として何が仰りたいのですか?

ズバリこの世界は、全て弱肉強食の非人間的世界観を潔く容認し、長いものには巻かれろと言いたいのですか?

その伝でいけば、最早アメリカは超法規的行為が全て許され、しかも他の弱小国家には、事細かく「法の順守」を執拗に迫る。

その様な態度の国や人々を、信頼したり況して擁護したりされる方の気が知れません。

判官びいきは日本古来の精神風土です。
それすらも理解しない世代が増えたのでしょうか?

日露戦争の時、世界中の弱小国家群がこぞって、東海の名も無い小国に精神的エールを送った事実を忘れては成りません。

投稿日時 - 2012-06-24 19:00:40

ANo.5

米国には、戦争が必要で、それがないと成り立たない構造なんです。

>9.11が教訓と成っていないのが、実に残念でならない。 
>多数の悲惨な犠牲者たちの死を、「犬死に」にしては成らない筈なのに。

そんな犬死を気にする訳がありません。そう思うのは多くを知らされていない一部の米国民ですよ。
歴史的にも、自ら犬死を作ってでも戦争をしようとする国です。

犬死の上に犬死を重ねてこそ成り立つ血塗られた国家なのです。

>あまつさえ無法行為を恥ずかしげも無く遣る連中が、いざとなったら何でも遣るに決まっている。

 やるやらないに関わらず、あなた持ってない人、私持っている人という状態で充分なんだと思います。

投稿日時 - 2012-06-24 13:04:16

イランはプライドが高すぎると思います。
日本のように米国に追随していればそれなりに安定した国づくりができたのです。
パーレビを追放したのが間違いだったと思いますよ。
アメリカはそれなりによくやっていると思います。
アメリカが自国の所有物の返還を要求したのは当然でしょう。
世界の良心カーターさんに赤恥をかかせたかの国を私はよくは思っていません。
(日本も結構投資しましたが、向こうの都合でぽしゃり、かなり赤字先行のようですし、)
いらん国だとは思いませんが理不尽な国だと思っています。

投稿日時 - 2012-06-24 11:56:05

お礼

世界中から寄ってタカって苛めたら、多少いじけるのは当たり前です。

私は常に弱い方に応援したくなる「判官びいき」なものですから、

この場合、心情的にもイランの方の味方をしたくなります。

それは、お山の大将の子分に成っておれば、何かと得でしょうが

その様な損得1点張りの人間ばかりでもない事を知って欲しいです。

投稿日時 - 2012-06-24 19:14:18

広島に原爆落として、それだけれは飽き足らなくて、キリスト教のメッカである長崎にまで原爆を投下するような連中でっせ。

投稿日時 - 2012-06-24 10:34:55

ANo.1

普通です。

ソ連時代、ベレンコ空軍中尉が亡命してきて函館空港に着陸したとき、
ソ連から「ミグ25高いネン、返して\(゜ロ\)(/ロ゜)/」と
言われて、日本は在日米軍基地で、分解、全部品のコピー鋳型作成後、
元どうり組み立てて、ミグ25をウラジオストックに船便で送りました。\(^^;)...マァマァ

投稿日時 - 2012-06-24 09:50:23

あなたにオススメの質問