こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

18-4日本語訳

お願いします。
He told his people that he wanted them to live in a way that would lead to an“increase of their inner worthiness.”Ashoka also promoted the teachings of the Buddha and sent missionaries,including his son and his daughter,to lands as dar away as Sri Lanka so that his people would not make the same mistakes he had.As he said,“All men are my children.As for my own children,I desire that they may be provided with all the welfare and happiness of this world and of the next,so do I desire for all men as well.”
 As part of his reforms,Ashoka banned the sacrifice of animals.This confused and angered many of his people,especially the Brahmins who made their living by performing animal sacrifices.The Brahmins were powerful enemies,break away from the Mauryan Empire after Ashoka's death.The last Mauryan ruler was assassinated in 185 BCE by one of his generals-who was,not so coincidentalky,a Brahmin.Although other kings would follow,no ruler would be strong enough to unite the many different people of the subcontinent into a single political state for 1,600 years.

投稿日時 - 2012-06-18 14:04:38

QNo.7540586

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 彼は、臣民が「自らの内部的価値の増加」に至るように暮らすことを望むと、臣民に話しました。 アショカは、また、彼の臣民が彼がしたのと同じ間違いをしないように、ブッダの教えを奨励し、彼の息子や彼の娘を含む伝道者を遥かスリランカの地まで行かせました。 彼は次の様に述べました、「すべての民は、わが子供なり。 余自身の子供たちに、彼らが現世と来世すべての福祉と幸福を受けられるよう、余が望むごとく、余は我が臣民全てにも同じことを望む。」
 彼の改革の一環として、アショカは動物の生贄を禁じました。 これは、彼の臣民の多く、特に動物の生贄を行うことによってその生計を立てるバラモン、を混乱させて、怒らせました。 バラモンは強力な敵で、アショカの死後、マウリヤ帝国との関係を断ちました。 最後のマウリヤ朝の統治者は、彼の将軍の1人によって紀元前185年に暗殺されました ― この将軍は、それほど偶然の一致と言うわけではありませんが、バラモンでした。 他の王たちは従おうとしましたが、どの統治者も、1,600年間亜大陸の多くの人々を一つの政治的な国家に統一する程十分強力とは言えなかったでしょう。

投稿日時 - 2012-06-18 20:02:59

お礼

ありがとうございます。毎回ながら色々言われていますが、とても感謝しています。

投稿日時 - 2012-06-18 22:34:32

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)