こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本語訳を!c14-1

お願いします!
 Sometime during the sixth century BCE,a prince named Vardhamana was born in northern India.His father was a Kshatriya and his mother's family controlled much of what is now Nepal and Eastern India.As the son of a powerful ruler,he lived alife of luxury.Wealth and pleasures surrounded him.He married and had a daughter,but when he was 30 years old,he began to feel bored and trapped by his life and all of his things.He decided to leave the palace and,after tearing out his hair in five handfuls,he began to wander the land,meditating,and living off the food that people gave him.
 He traveled into faraway forests,where he met holy men and women who,like him,disliked the violence and greed of ordinary life.Together they looked for a better way to live.In time,Vardhamana found out about a holy man who had lived hundreds of year before,in about 800 BCE.This man,whose name was Parshvanatha,taught that as long as you did not lie,steal,own more than you needed to survive,or kill anything,your life would be pure and you would be freed from having to be born yet again.
 Vardhamana began to follow these teachings,living only off the charity that people gave him.Sometimes people beat and abused him,but he stuck to his beliefs.Finally,after 12 years,6 months and 15 days,he was able to conquer his earthly desires.He no longer cared about fancy food,fashionable clothes,or even his family and friends.He had finally reached a state called Enlightenment-the burden of always wanting stuff didn't weigh him down anymore.People called him Mahavira,“the great hero.”He taught the four teachings of Parshvanatha,plus one more: celibacy.Total celibacy was a tough one,since if no one had children,people would die out. So,many people who followed the teachings of Vardhamana gave up worldly pleasures after they had finished raising a family.

投稿日時 - 2012-06-07 07:51:16

QNo.7519149

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 紀元前6世紀の頃に、バルダマーナという名の王子が、北インドで生まれました。 彼の父はクシャトリヤでした、そして、彼の母の家族は現在のネパールや東部インドの大部分を支配していました。 強力な統治者の息子として、彼は贅沢な人生を送りました。 富と楽しみが、彼を囲んでいました。 彼は結婚し娘を一人もうけました、しかし、30才になったとき、彼は彼の人生とあらゆる物に退屈し、捕らわれていると感じ始めました。彼は宮殿を去ることに決めました、そして5握り分の彼の髪を引き抜いた後、彼は国を放浪し始め、瞑想し、人々が彼に与えた食物で生活しました。
 彼は遠くの森に旅行しました、そこで、彼と同様に、普通の生活の暴力や貪欲を嫌う神聖な男性や女性に、彼は会いました。 一緒に、彼らは、生きるより良い方法を探しました。 やがて、紀元前800年頃に、バルダマーナは、数百年も前に生きた聖人について知りました。この男性は、その名をパルシュバナータと言いましたが、嘘をついたり、盗みをしたり、生きて行くのに必要な以上の物を所有したり、何かを殺したりしない限り、人生は純粋で、輪廻転生しなければならないことから解放されると教えました。
 バルダマーナはこれらの教えに従い始めました。そして、人々が彼に与えた施しだけで暮らしました。 時々、人々は彼を叩き、虐待しました、しかし、彼は信仰を失いませんでした。 ようやく、12年と6ヵ月と15日後に、彼は世俗の欲求を克服することができました。 彼は、凝った食物、流行の服、家族や友人さえも気にかけることがもはやなくなりました。 彼は「悟り」と呼ばれる状態にようやく到達しました ― そして、常にものが欲しいと言う重圧にうちひしがれることが無くなりました。人々は彼をマハービーラ「偉大な英雄」と呼びました。彼はパルシュバナータの4つの教えともう一つ付け加えて:「 宗教的独身(禁欲)」を教えました。 完全な独身は困難なものでした、と言うのは、誰も子供を持たなければ、人々は死に絶えるからです。 それで、バルダマーナの教えに従う多くの人々は、彼らが家族を育て終えた後、世俗の喜びを放棄しました。

投稿日時 - 2012-06-07 10:34:12

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2012-06-07 13:55:20

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)