こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

住居侵入罪、このケースの罰則は?

知人が住居侵入罪で警察で供述書を作成し、後日連絡をするので出頭するようにと言われ帰されています。下記のような内容になりますが、最終的にはどのような刑罰が考えられるでしょうか、知人は初犯です。

一年程前に近所のアパートの前を通った時、卑猥な声が聞こえ、興奮を覚えてから10回程そのアパートに出向き、声が聞こえないか確認したそうです。警察に捕まったときには、他の部屋の玄関の前に立ったり、郵便受けから聞こえないか確認したりしたところを住人に方に110番されたそうです。窃盗、のぞき、盗撮といった行為はなく、怪しい所持品もありません。警察では供述書にそのまま記載された状態ですが、この後、警察に呼ばれ何があるのか、また最終的にはどうのようになるのか、知人は大変反省しており、自己の甘さを痛感しています。ちょっと心配になったので教えていただければ幸いです、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-05-24 10:50:27

QNo.7493189

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

(住居侵入等)
第百三十条
正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

警察には、再度呼ばれる可能性はありますが、それは補足的な事情聴取になります。

初犯であれば、書類送検されて検察官から後日呼び出しがあり、検察官調べがあります。

それで、起訴・略式起訴・起訴猶予・不起訴が決定されます。

予想ですが、悪くて略式起訴・運が良くて起訴猶予となるかと思います。

略式起訴は、罰金刑が言い渡されるだけで、法廷は開廷されません。

起訴猶予は、犯罪行為はあるが反省しているし、重大な犯罪ではないので今回は起訴猶予をして罪には問わないと

いう検察官の温情処分です。

投稿日時 - 2012-05-24 11:25:04

お礼

回答をいただきありがとうございます。最終的な処分の目安が理解できました、知人にも伝えてみます。教えていただいた略式起訴、起訴猶予いずれにしても決定までの期間はどの程度掛かるものでしょうか。またお聞きしてしまい申し訳ありません。

投稿日時 - 2012-05-24 18:02:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

その場合は、事前に日程がわかるのであれば連絡をしておくことが大切です。

出頭日に、出張が重なる場合で連絡がないと捜査手配がかかる場合があります。

投稿日時 - 2012-05-25 00:52:11

お礼

回答ありがとうございました、参考にさせていただき、知人に連絡してみます。

投稿日時 - 2012-05-25 01:14:11

ANo.2

これは、検察官次第ですからわかりません。

目安とすれば、検挙から1~2か月程度でしょう。

投稿日時 - 2012-05-24 20:59:30

お礼

またまた回答ありがとうございます。大変申し訳ありませんが、もう一つお聞きしてもよろしいでしょうか。知人は1~2週間の海外出張が多いのですが、検察からの呼び出しは日時の指定かと思いますが、海外出張という理由で、日時の変更はできるものなのでしょうか、何度もお聞きしてすいません。また、警察にも再度呼び出しがあると言われていますが、その場合もこちらから不在になる期間を事前に申し出た方がよいのでしょうか。

投稿日時 - 2012-05-24 23:59:55

あなたにオススメの質問