こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本語訳を!c10-3

お願いします!続き
The way that people buried their dead changed during the Late Harappan times.At first,they changed only the way they placed the bodies,which were buried on their side and oriented northeast to southwest instead of north and south.The dead were buried with pottery and occasionally ornaments.Later,burial practices really changed.The dead body was left in the open and exposed to animals and insects until only the bones were left.Later,people collected the bones of the dead and put them into a large painted jar that was buried along with smaller pots and offerings,The pottery from the earlier burials looked like Harappan pottery-now the urns used for pot burials had very different painted designs.Changing religious ideas during a difficult time could have been the cause of these new styles.Or,a new people might have introduced them.
By 1200 BCE,weapons and tools made of iron began to appear.By 600 BCE,iron was common.Although scholars used to think the South Asians learned how to make iron from people in Turkey,they now believe South Asians discovered it for themselves.
And does the appearance of iron weapons mean that people were fighting wars in South Asia? Scriptures called the Rig Veda,which probably come from this time although they weren't written down until several hundred years later,describe forests being cut down as well as the rain and thunder deity Indus destroying forts and conquering his enemies:

With all-outstripping chariot-wheel,O Indra,thou far-famed,hast overthrown the twice ten kings of men...
Thou goest on from fight to fight intrepidly,destroying castle after castle here witg strength.

投稿日時 - 2012-05-22 23:58:28

QNo.7490804

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

死者の埋葬方法は、後期ハラッパの時代に変わりました。最初、彼らは遺体の置き方だけを変えました。遺体は、横臥位で埋葬され、南北ではなく北東ー南西方向に向けられました。死者は、陶器類や時折は装飾品と共に埋葬されました。後に、埋葬風習は、本当に変わりました。遺体は、野外に放置され、骨だけが残されるまで動物や昆虫にさらされました。後で、人々は遺骨を集めて、より小さな瓶や供え物と共に埋葬される大きな彩色された壺にそれらを入れました。初期の埋葬の陶器類はハラッパの陶器類に似ていました ― この頃、壺による埋葬のために用いられた骨壷はとても異なる彩色模様が施されていました。困難な時期に宗教思想を変えたことが、これらの新しい様式の原因となったのかもしれません。あるいは、新しい民族が、それらを紹介したのかもしれません。紀元前1200年までには、鉄製の武器や道具が、現れ始めました。紀元前600年までには、鉄はありふれたものとなっていました。学者は、以前は、南アジアの人々がトルコの人々から鉄の製法を学んだと考えていましたが、彼らは、今では、南アジアの人々が自力でそれを発見したと思っています。それでは、鉄の武器の出現は、人々が南アジアで戦争をしていたことを意味するのでしょうか?リグ・ベーダと呼ばれる聖典は、数百年後まで文字にされることはなかったのですが、おそらく、この頃の物の様で、それは、伐採される森林、さらに、砦を破壊し敵を征服する雨とインダスの雷神について記述しています:

優れた二輪戦車を持ってしても、おお、インドラ、名高い汝は、10人の人民の王を二度倒せリ ...
汝、勇敢に戦いに明け暮れ、その力で、城と言う城を破壊せり。

投稿日時 - 2012-05-24 01:56:43

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2012-05-24 09:31:18

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)