こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

パソコンとネットワークがもたらしたもの・・・

windowsが爆発的に普及して20年・・・

パソコンは生活やスタイルを少しずつ変えてきました。、

仕事:コンピュータに強い人の領域 → 事務などの普通の女の子
研究:シミュレーションの専門家 → 高校生・大学生の理系サークル
芸術:熟練した芸術家 → 中高生の作曲
写真:フィルム → デジカメ
通信:FAX・手紙 → メール 
映像: ビデオテープ  → 動画データなど
情報:本・雑誌・TV  → インターネット

やっぱり、徐々に我々の仕事に影響してきていると思うんです。

一番大きな変化は、20年前は大人が「俺らが20歳くらいのころは・・・」みたいに、みんなが知らないような体験を武勇伝として語れるところを、インターネットの存在でうかつにしゃべれなくなってきていると思うんです。

専門家と一般人との情報格差が少なくなり、体験談や知識がすぐに入手できるために、知らなくてよいことも知ってしまう・・・
これって良いことばかりではないですよね。
その結果、物の価格なども情報公開されているために、物の売り上げが低迷していると思うんですよ。物はすべて簡単に設計され、コストダウンも計算されつくされ、良い品が安く流通しています。

みなさんは正直こんな世の中になって良かったと思いますか?
そして、今後どうなっていくと思いますか?

投稿日時 - 2012-05-21 23:58:19

QNo.7489021

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

仕事:コンピュータに強い人の領域 → 事務などの普通の女の子 → 無味乾燥な自律知能ロボット
研究:シミュレーションの専門家 → 高校生・大学生の理系サークル → 無味乾燥なシミュレーションソフト
芸術:熟練した芸術家 → 中高生の作曲 → 無味乾燥な知能ソフト
写真:フィルム → デジカメ → 全方向型カメラ
通信:FAX・手紙 → メール → メール
映像: ビデオテープ  → 動画データなど → 全方向動画データなど
情報:本・雑誌・TV  → インターネット → インターネット

 創造力が必要とされる分野もコンピュータ化していく時代が来るでしょうね。プログラム開発などは、どういうソフトが必要かを定義すれば、時間がかかるでしょうが、自動的にプログラムを開発してくれるソフトが出て来ても良いのではないかと思います。

 私がコンピュータを始めた頃は、まだ8ビットパソコンの時代で、あれが出来ない、これが出来ないという、不満ばかりが溜まっていました。それに比べると、今の時代はパソコンが必要十分条件を満たしている時代だと思います。

投稿日時 - 2012-07-30 17:27:05

ANo.5

私が小学生の頃、パソコンはありませんでした。大学入学祝いに、カシオのポケコンの初代を、大学時代に家庭用ワープロの初代を購入し、使い倒していました。年代的にそんな感じですが、インターネットで、ホントに大切な情報って、載っていないと思いますよ。

Macに対してのLisaをネットで調べることはできますが、アルティアはなかなか正しい情報が載っていません。

パソコンの将来を知りたいなら、パソコン黎明期にパソコンの未来を予測したアラン・ケイの著作、論文を読むのが一番です。かれが考えたものを超えるもので、今あるモノを探すのが大変です。私が気づいた中では、彼の想像した枠を超えたものは、普及したものでは、Wikipediaだけに思えます。

投稿日時 - 2012-05-23 17:55:58

お礼

一般市民はパソコンは結局必要ないわけですよね、なくても生きていけるという意味で。
最近の話だけど、25歳くらいのが職場にいて「ぼくそれ知ってます」ってすぐ言ってくるやつがいて腹立つんですよ。
知ってるって言ってそのとき答えないで、パソコンで調べてから「さっき言ってたじゃないですか?あれ僕知ってるんですよ。それは○○なんですよ」みたいな話が一番むかつくんですよ。
まるで自分が経験したみたいな話し方してくるし。あーやだやだ。
「アラン・ケイって知ってるか?」
「あー知ってますよ」
「知ってるんだ?」
「有名ですよね?」
「ちなみに何した人?」
「あーそれより○○ってあるじゃないですか?」

と話をそらす。

数分後・・・

「さっきアランなんとかってあったじゃないですか、あの人ぼく知ってるんですよ」

となる。

馬鹿すぎてどうにもならないなぁ・・・

投稿日時 - 2012-05-24 23:34:00

ANo.4

> 一番大きな変化は、20年前は大人が「俺らが20歳くらいのころは・・・」みたい
> に、みんなが知らないような体験を武勇伝として語れるところを、インターネット
> の存在でうかつにしゃべれなくなってきていると思うんです。

インターネット以前に書籍があり図書館があり、大して変わっていません。
「俺らが若いころは・・・」「最近の若者は・・・」と何千年前にも、そのようなボヤキがあったことの記録も残っています。


> その結果、物の価格なども情報公開されているために、物の売り上げが低迷してい
> ると思うんですよ。物はすべて簡単に設計され、コストダウンも計算されつくされ
> 、良い品が安く流通しています。

これも大して変わっていません。ITに関連しての新規参入組が一時期増えましたが、もう淘汰も終わりほとんど以前と変わっていなく、組織が少し別のところに置き換わっただけです。日本でのGDPはトータルとして実質も名目も低調ながらも拡大しています(横ばいと呼んでも良い状況ですが)。なので物の売り上げが低迷している企業がある一方で同じぐらい物の売上を上昇させた企業があるということです。日本でいえば下手な緊縮政策などを行わなければ、もっとGDPは拡大していたでしょうし、国の借金もここまで膨らむこともなかったでしょう。


米国バブル崩壊から世界的な金融危機へと至り、未だに火種がくすぶり続けてEUなどは米国以上に混乱しています。しばらくはここが問題となります。そしてこの問題が沈静化に向かったとしても2018年頃に再度アメリカで金融を中心とした再度の経済問題が起こると思われています。

何にせよ資本主義経済システムとは永遠に拡大を続ける事が前提となった制度設計であり、それが拡大から縮小へ向かった途端に崩壊します。なので社会学者、経済学者、哲学者、政治学者などの多くの識者が新たな秩序を構想しないと、世界的な人口縮小が始まる2040年には、現在以上に根本的な問題に突き当たることになります。

投稿日時 - 2012-05-22 11:12:16

お礼

やはり破綻する説がでますよね。
日本は一度破綻してリセットしたほうがいいかもしれませんね。
何なんでしょうかね、勝ち組・負け組みって?
さらにいえば働く意味があるんでしょうか?

投稿日時 - 2012-05-24 23:25:35

ANo.3

”専門家と一般人との情報格差が少なくなり”
    ↑
これは錯覚です。専門家を舐めてはいけません。

ネットにはメリットもデメリットもあります。
デメリットがあるからといって、今更止める
こともできません。
そんなことをすれば、日本は世界に取り残されて
しまいます。
従ってやるべきは、デメリットを制約しつつ
大いに活用することだと思います。

”正直こんな世の中になって良かったと思いますか?”
    ↑
良かったか、と言われると良くないです。
私は江戸時代辺りが一番良かったと思っていますから。
それで、こういうのは良いも悪いもないのです。
どうやったら上手く適用できるか、ということが
問題なのです。

投稿日時 - 2012-05-22 07:34:29

お礼

ほんとくだらない使い方が発展しますよね?
ネットは敷居が低いせいか、落ちるとこまで落ちるんでしょうね。

投稿日時 - 2012-05-24 23:23:09

ANo.2

>専門家と一般人との情報格差が少なくなり、体験談や知識がすぐに入手できるために、知らなくてよいことも知ってしまう・・・

パソコンとネットワークの普及によって人々の白痴化が進行して、そのような勘違いをする人が増えています。本当はそれは単なる錯覚です。実際のところは人々は何も知っていません。知ったような気になっているだけで、玉石混交の情報の洪水を消化する能力がなくなっています。嘘に騙され、無知蒙昧の闇を抜けられず、情報の矛盾で混乱するばかり。

こういう変化は、20年ばかりの話ではない。例えば平安時代は一握りの貴族しか文字を使いこなせなかった。また印刷術もコピーもなにもない。情報が広まるには写本しかなかったわけです。そうした時代には、源氏物語や経典といった極めて価値の高い本物しか生き残れなかった。それが時代が進むと、印刷術によって、さほど価値が無い文書も多くの部数を製造できるようになった。印刷術といっても木版の版画みたいなものですから、職人じゃないと字が彫れなかった。さらに時代が進むと、誰でもコピー機で複写できるようになった。さらに時代が進むと電子媒体になると、ほとんど費用をかけずに誰でも情報を発信できるようになり、誰でも費用をかけずにコピーできるようになった。出所不明の怪情報の大洪水になってしまった。平安時代は貴族が専門の書記を雇って、何年もかけて写本させました。だから本一冊の複写に莫大な費用がかかりました。それが現代では、ちょっとした操作でダウンロードが終わるのを待つだけです。その価値を考える必要もなく、とりあえずダウンロードしてしまえという発想になります。費用がかからないのだから、その価値があるかないか考える必要がないのです。
考えないから白痴化が進みます。

駆け足で歴史を俯瞰しましたが、長い歴史で世の中はどんどん変化しています。現代はその変化が早くなってきているというだけ。江戸時代は、ある地方で画期的な新技術が開発されても、それが全国に広まるまでに何十年もかかりました。江戸時代だって技術の価値を理解できる能力のある人は限られていたからでもある。知るか知らないかが問題ではない。情報の価値を評価できるかどうかが最も重要なことなのです。

こんなもあんなもなくて人類の歴史は、常に変化し続けてきました。ただ余りにも変化のスピードが速すぎて、人間の処理能力を超えてしまって、お手上げ状態になっている。その証左として、宿題丸投げの質問が横行しています。

もう自分で考える気力も能力も何も無いわけです。○○線の混雑はどんなものでしょうか?なんでも人に教えてもらうだけ。丸投げ丸写し。実にお手軽です。○○線?自分で一度乗ってみればわかる話です。もう、すっかり横着になって自分で何もしない脳死状態に陥っている。それが売り上げ低迷の一因でもある。

江戸時代は、僧侶や庄屋さんといったごく一握りの人しか回答者になれなかった。ところが現代は玉石混交、有象無象のどこの馬の骨ともわからない人でも回答者になれる。江戸時代の質問者は少なくとも誰に聞けば良いかは自分で判断していました。しかし、現代人はそれさえ判断できない人がいる。ネットは顔が見えない分、それが難しくなっているのも事実だけど、もう何を信じてよいかわからない人が多くなっているのです。

便利になって敷居が低くなってしまったことが逆に無能力な弱者にとっては高い敷居の原因となっているというパラドックスが起きているわけです。

その端的な例が原発再稼動問題なのではないでしょうか。白痴化しているのは政治家も同じです。

日本人はどこまで馬鹿になっていくのか。底なし沼でしょうな。脳みそがメルトダウンして収拾がつかない。

投稿日時 - 2012-05-22 02:07:46

お礼

パソコンっていったい何なんでしょうね?
パソコンができてからみんなが病気になっています。
で、その病気を治そうとパソコンを使用していますよね?
昔のほうが楽しかったと思うのは私だけでしょうか?
でも便利さは評価します。

投稿日時 - 2012-05-24 23:21:39

ANo.1

僕はWindows95あたりで生まれた世代なので、パソコンゼロの世界は未経験ですがそんな僕でも今の世の中は良いと思ってますよ。

誰でも簡単に個性を表現できますし、高い辞書を買わなくてもいいし、本も自炊でデータ化すれば破けることもなく何冊も持ち歩く必要もなくなってます。道がわからなくてもすぐに調べられるし、音楽を持ち運ぶの簡単。実にいい時代です。
スマートフォンの登場でますます便利になりましたよね。こんな時代が来るとは思ってませんでした。

その分新しい問題は出てきてますが、新しくなるのだから新しい問題は出てきて当然。それをどう克服するかが文明の発展に貢献するものと思います。問題を避けていては前には進めませんから。

今後の見通しとしては、いまにわかに賑わいつつあるコンシェルジュサービスのさらなる発展、家電製品をネットワーク化、クラウドを利用したさまざまなサービスなど暮らしのありとあらゆるモノをインターネットで結び、暮しの情報化をますます進まて欲しいですね。

とくにコンシェルジュサービスですね。Siriとかしゃべってコンシェルとか。これが進化するといよいよ人工知能ですかね。そうなると今度にはそれをロボットに応用して、人間と会話を交わせるロボット。やがては心を持ったロボットなんてのもイイですねぇ。
ITはいろんな分野に影響するのでますます発展してほしいものです。

投稿日時 - 2012-05-22 00:24:27

お礼

つまり、携帯・デジカメ・パソコンの無い時代を知らないのですね?私個人の感想ですが、パソコンが普及する前は両親との思い出がいっぱいあることに最近気づきました。パソコンが普及してからというもの何もかも調べたり段取りに時間はかけて順調に事はすすむことが多いのですが、なにぶん思い出がないんです。段取りに集中してしまうとか正直悲しいです。

投稿日時 - 2012-05-24 23:18:38

あなたにオススメの質問