こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

建築学科:建築分野内での専門外の就職

最近自分の将来について不安を抱き始め、この場をお借りして初めて質問させていただきます。

私は現在某私立大学の建築学科に在学している4年生です。今年度から研究室に配属されました。
勝手な意見ですが、自分の中では、今までの学部生活は大変でしたが凄く楽しく、とても充実していたと思っています。しかし目の前の課題をこなす事に必死で、お恥ずかしいですが、将来の事を深く考えずに今までの学部生活を送ってしまいました。「建築」が好きで、将来は大きな建築物をつくる一員になれたらカッコ良いな、という漠然なイメージしかありませんでした。

そのため、研究室を選ばなければならない時期が来た際、本当に迷ってしまいました。私はデザインが好きだったのですが、デザインの世界は競争が激しい事と、単にデザインが好きなだけで、他の人に比べ消極的な自分にはそこまで向いて無いのかもしれないと思ってしまいました。その際はデザインと同時に環境にも少し興味があり、環境分野は今後大切な分野になってくるのではないかと思って環境工学分野への進学を決断しました。(最終的に研究室の雰囲気や研究のレベルの高さで選択しました。)

しかし、実は大学の特質上、環境工学の分野の授業がとても少なく、1~3年生の間に環境工学の深い部分に触れる機会が殆どありませんでした。そのため、いざ研究を進めていったところ、「環境工学」という分野が本当に自分に合っていて、自分のやりたかった事だったのかが分からなくなってしまいました。
研究室の雰囲気も好く、最先端の研究を行っているので、様々な混乱を避けるためにも出来ればこのままの研究室で大学院まで進学するのが良いと思っています。
ただ、専門の方には本当に申し訳ないのですが、大学院を出た後に対する明るいイメージがもてません・・・。
このまま行くと「設備設計」の分野での就職になると思います。しかし私は未だに建築設計の分野にも興味が残っています。

間違った知識かもしれませんが、建築は特殊で、同じ学科でも専攻(意匠、歴史、構造、環境工学、都市計画・・・)によって将来が大きく変わってしまうのではないかと考えてしまい、毎日悩んでしまっています。色々考えすぎて頭の中がぐちゃぐちゃになってしまっています。
将来少しでも意匠寄りの設計にかかわりたいと思う場合、早い段階で(大学院入学時に)デザインに触れられる意匠系や都市計画系へ研究室を移動した方が良いのでしょうか?
それとも一応建築学科出身という事で、大学院を卒業した後に軌道修正することは可能なのでしょうか?

自分の調査不足が原因である事は認めざるを得ません。
とても長くわかりづらい文章であったと思いますが、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。毎日悩んでいる状況なので、なにか良いご意見・アドバイスをいただけたら嬉しく思います。どうぞよろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-05-15 22:54:58

QNo.7477879

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

お昼休みです(笑)
レス、ありがとうございます。

年寄りからのアドバイスです。
社会に出る前は、自分が何に向いているのか、どの道に進むべきか、悩みますよね。
一度スタートしたら、もう後戻りはできない錯覚に陥ります。
当初の目標を変更して進路の変更をしたら、人生の落ちこぼれなどと思い込みかねません。
これがそもそもボタンの掛け違い。

「建築」という大樹の中には、たくさんの「枝葉」があります。
建築設計もその「枝」に過ぎません。
環境工学もまたしかり。
何に向いているか、よりもリタイヤ後に人生を振り返って満足感が得られるか、ではないでしょうか。
ということは、自分のやりたいことを一生涯模索することもアリですよね?

やりたいことと、やっていることが違うことがほとんどのパターンと思います。
でも、そのなかでやりがいを見つければいいだけ。

あなたは環境工学を1年間学びました。
これでこれから設計に進路変更したとしましょう。
設計を専攻した学生とは1年間の差がついています。
しかし、こんなものは社会に出たら無に等しい。
ですので、あなたにリスクはありません。
しかし設計を専攻した学生は、環境工学についてほとんど知識がありません。
マイナーな環境分野は、社会に出てからも勉強する機会が少ないでしょう。
ここに、あなたに圧倒的なアドバンテージがあります。
つまり、環境や設備がわかる意匠設計者です。
場合によっては、設備一級建築士の資格を取り、あなたの会社を、ひいては社会をリードすることも可能です。

どうですか?
異論がありますか?
質問のタイトルが、
「建築分野内での専門外の就職」
ですが、専門外の知識が専門分野を大きく飛躍させるんですよ。

こんな詩があります。
http://home.h03.itscom.net/abe0005/ikoi/seishunn/seishunn.htm
成人式前に、すでに老人になっている若者も見かけます。
精神的に老いないよう。
何につけても好奇心を持ってください。

投稿日時 - 2012-05-17 13:25:58

お礼

ご丁寧なアドバイスを本当にありがとうございます。

>一度スタートしたら、もう後戻りはできない錯覚に陥ります。
>当初の目標を変更して進路の変更をしたら、人生の落ちこぼれなどと思い込みかねません。
私はまさにこの状態に陥ってしまっているのだと思います。何で自分は今ここに居るのだろう・・・そういう思いが消えませんでした。このまま行けば設計の道には戻れない、たとえ戻る事が出来ても就職の際に足を引っ張る経歴になってしまうのではないかと・・・
ただ、このように決めつけてしまう事がいけないのだと気が付きました。もっと柔軟に考えて良いのだと教えてもらいました。

環境工学を学んでからの設計職に付く事がアドバンテージになるかもしれない、という考え方が私には新しく思えました。そういう捉え方もあるんですね。
今までデザインに近いことをずっとやってきたので、一度そこから離れてみて、違う視点で建築を見てみるよい機会かもしれないと思いました。
今環境工学を学ぶ環境におかれていることももしかしたら何かの縁かもしれないので、いまいる場所で勉強をし、自分の方向性がある程度固まった時点でもう一度道を考え直すことでもよいのかな、と思いました。

大学院で専攻を変更すること以外にも、一度社会に出てからでも軌道修正は出来ると聞いて、少し安心しました。

暖かいご意見のおかげで自分の気持ちが少しづく晴れていくのが感じられます。
満足できて楽しい人生を送ることが一番の目標なので、将来についてもう少しゆっくり考えてみたいと思います。
素敵な詩も拝見させていただきました。本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2012-05-18 00:58:25

ANo.1

こんにちは。
あなたの気持ちは良くわかるつもりです。
私もあなたと同じような道を歩みました。
つまり、4年次の研究室は環境工学。
卒業時は、総合設備会社へ就職しました。
今はあれこれ変遷して建築士の末席を汚し、建築全般に携わっております。

私のつたない経験からアドバイスすると、あなたの悩みは当然だし、また気にすることでもありません。

>このまま行くと「設備設計」の分野での就職になると思います。しかし私は未だに建築設計の分野にも興味が残っています。

確かに機械設備はマイナーですが、とても面白いですよ。
しかし興味が無いのなら、学生のうちはやりたいことを専攻したらいい。
今はそれが許される時です。

>間違った知識かもしれませんが、建築は特殊で、同じ学科でも専攻(意匠、歴史、構造、環境工学、都市計画・・・)によって将来が大きく変わってしまうのではないかと考えてしまい、毎日悩んでしまっています。色々考えすぎて頭の中がぐちゃぐちゃになってしまっています。

自分が何をしたいのか?
これに尽きます。

>将来少しでも意匠寄りの設計にかかわりたいと思う場合、早い段階で(大学院入学時に)デザインに触れられる意匠系や都市計画系へ研究室を移動した方が良いのでしょうか?

もう方向は決まっていますね。
しかし機械設備(環境工学)を専攻しても、いわゆる「設備頭」になることはありませんよ。
設備設計をするためには、広く建築全般の知識・経験が必要なんですよ。
意匠設計の方からは怒られるかもしれませんが、意匠担当は機械設備についてほぼ無知(無関心かな?)です。
しかし設備屋は、意匠にも構造にも注意を払わねばなりません。
縁の下の力持ちで、とても深く難解で、かつ楽しくやりがいのある分野ですよ。
研究職になる手も考えられますしね。
(と環境工学の素晴らしさをアピールしておこう)

>それとも一応建築学科出身という事で、大学院を卒業した後に軌道修正することは可能なのでしょうか?

学生時代の研究対象の延長で運良く就職できるとも限りません。
この点もご注意を。
多くの専門分野を内包するゼネコンであれば、入社後に部署の配置変更も可能な気がします。

何か、回答になったかどうかわかりませんが、不安を感じる必要は全くありませんよ。
やりたいことをやればいいだけ。
あなたの未来には、明るい希望しか見えません。
悩むのも、また若い特権。
頑張れ!

投稿日時 - 2012-05-16 13:52:49

お礼

ご丁寧な回答をどうもありがとうございました。

環境工学分野はとても重要で、本当に縁の下の力持ちだなと思っています。
また、研究分野としてもこれからどんどん発展していく分野だとも思っています。

そう思うと共に、先生もとてもよい方なのでこのまま残りたいと思う気持ちはあるのですが、自分でも理解できないような不安な感情が心の底から抜けず、ふとした瞬間に急に泣き出してしまう毎日が続いています。自分にとっては新しい分野なので、自分の頭が付いていかない事に対して凄い不安とプレッシャーを感じてしまっているのかもしれません。

>何か、回答になったかどうかわかりませんが、不安を感じる必要は全くありませんよ。
>やりたいことをやればいいだけ。
>あなたの未来には、明るい希望しか見えません。
>悩むのも、また若い特権。
>頑張れ!

この言葉を見て、思わず涙を流してしまいました。本当にありがとうございます。
こんな小さなことでクヨクヨしている自分の気持ちを早く立ち直らせたいです。
そのためにも自分は何がやりたいのかをもう一度よく考え直す必要があると改めて思いました。
そして方向性を変更出来るかどうかはその人自身のやる気だという事を実感いたしました。

このまま行くのか、やりたい事に向かって思い切って研究室を変更するか、よく考えて見ます。本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2012-05-16 21:50:52

あなたにオススメの質問