こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

大腸がん ステージ3b

70歳の父が腸閉塞からの入院で直腸に癌が見つかりました。

手術では 、癌が膀胱に浸潤しており
リンパ節にも転移が認められたとのことで
手術時には人工肛門を付けることしかできず、
癌は切除出来なかったとのことでした。
ステージ3bと告げられました。

術後2週間ほど経ちますが、現在入院中で、
今後は、抗がん剤による治療を進めていくことになっております。
癌が残った状態で延命治療の場合、平均的な寿命は何年ほどでしょうか。

退院後やりたい事が沢山あるようですので、
少しでも多く希望が叶えられるようにと思っております。

投稿日時 - 2012-03-24 08:21:09

QNo.7380534

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

単純に言えば、IIIbであっても、6割程の5年生存率がありますが、
ステージIVになると、それが1~2割に激減します。
その差は、遠隔転移(肺、肝臓など)があるかないか、という点です。
膀胱は直腸に隣接しているので、遠隔転移とは言いません。

抗がん剤によって、がんが小さくなれば、手術可能となる場合もあります。
なので、単純には言えないのです。
主治医の先生と良く相談してください。
また、納得するために、セカンドオピニオンを受けることを
お勧めします。

セカンドオピニオンとは、主治医の先生から診療データを借りて、
そのデータで他の先生に意見を聞くことです。
つまり、データ上での診察ということになります。
セカンドオピニオンの先生の意見が主治医の意見と異なる場合、
セカンドオピニオンの先生から主治医に対しても、
専門的な意見が行きます。
なので、再び、主治医の先生と相談をして、治療方法を
決めることができます。
主治医の先生を無視して、別の先生の診察を勝手に受ける
ドクターショッピングとは根本的に異なるので、
混同しないようにしてください。

投稿日時 - 2012-03-25 03:03:56

お礼

ご回答ありがとうございます。

5年生存率、セカンドオピニオンなど
わかりやすくご説明いただき、ありがとうございました。

父に最善の方法を模索するためにも、
セカンドオピニオンを受けるということも視野に入れ、
納得のいく治療を進めていきたいと思います。

5年生存率に関してもIIIbという位置付けが
よりよく理解できました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-03-25 08:56:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

私の姉も大腸ガンです。
質問者様のお父様ほど病状は悪くありません。
ですからご参考になるか心配ですが…。
抗がん剤治療を施したからといって、
寿命が短くなる訳ではありません。
平均男性の寿命は85歳前後ですね。
あと15年あります。
『15年もある』と捉えるか、
『15年しかない』と捉えるか…。
それはあなた次第です。
正直言って抗がん剤治療は大変です。
血液検査をして白血球の値が3000を割り込むと
抗がん剤治療が出来ません。
白血球の値を上げる注射を打ち(1日1本2~3回)、
後日改めて抗がん剤治療を行います。
(点滴とボトルで投薬)
私はパソコンを持っていないのですが、
パソコンで『白血球』と検索して下さい。
白血球も増やす食べ物が載っています。
ブロッコリーやバナナがそうだったかな?
抗がん剤治療中は食欲が落ちます。
私の姉はご飯の匂いがしても、
気分が悪くなるそうです。
大変だと思いますが、お父様と一緒に過ごす時間を
大切にして下さい。

投稿日時 - 2012-03-24 08:59:39

お礼

ご回答ありがとうございます。
まだ術後間もないので、抗癌治療がどのようなものになるのか、
全くわからない状態です。
わかりやすくご説明いただきありがとうございました。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2012-03-24 13:58:26

あなたにオススメの質問