こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

50年前の古いピアノのオーバーホールについて

子供にピアノを習わせる予定があることと、自分でも弾きたいので
実家の古いピアノを譲り受けるつもりでいます。
調律師さんにみていただいたところ、50年以上前のYAMAHA U3Aというピアノで
20年以上メンテナンスをしていないようです。

オーバーホールと調律、消音ユニット取り付け、運送費込みで24万円の見積もりということでした。
小さい頃に弾いた思い入れのあるピアノではありますが、
何せ50年以上も経っているものなので、
この先どのくらい持つものなのか不安もあります。
調律師さんは実績もあり信頼できる方なのですが、
同じお金を出すなら、少し足してでももう少し新しい中古ピアノを買ったほうが
いいだろうか、とも思います。

古いピアノをリニューアルされた方、もしくは中古ピアノを買って
消音ユニットを後付けして使っておられる方、
体験談やアドバイスなどいただきたいです。

投稿日時 - 2012-03-22 01:38:51

QNo.7376401

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ピアノは私の専門外のため参考程度にして下さい。

下記にU3Aのオバーホール済、中古品が偶然有りましたのでサイトを載せておきました
単純に金額から追いますと~恐らく現状のピアノの下取り価格は0~5万円位かと・・・

保管の状態(温度、湿度など)が分かりませんが・・・

ヤマハピアノサイト
http://www.yamaha.co.jp/yps/hoshii/

からすると50年前、かなり高価な物と推測いたします。

ヤマハは当時、原材料の木材確保の為に契約木材保管場所を国内に多数持っていました。
また、50年前は良質の木材が豊富でした。


素人の私が今、使用しているヴァイオリンは12年前、定価60万です。
現在も同じ型番が販売されていますが80万。
しかし、価格は上がってますが、木の目が荒く、同じ音質は出ません。
100万の新品のヴァイオリンより音質が良いと~ヴァイオリンの先生の言葉です。

ピアノはヴァイオリンの様に木目が見えないので、判断がつかないと思いますが・・・
材質は絶対に良いはずです。

20年以上の空白が有り、リニューアル後 始めは音の響きが豊かでは無いと思いますが・・・
弾き込むにつれて良い音になると思います。

ピアノはランニングコストが高価では有りませんし、親子3代以上経てもメンテナンスさえすれば
十分に使用が可能です。
ヴァイオリンも「本当の音が出るのは100年以上 弾き込まないと出ない」と言われます。

誰が使用したかも分からない中古より・・・思い出の有るピアノをまた弾いて豊かな響きを出して
頂きたいと個人的には思います。

もし、新たに中古ピアノを購入する時は安売りの○○○センターなどでは絶対に購入しないで信頼出来る楽器専門店で購入して下さい。
多少割高になりますが・・・最終的に良いピアノと巡り会えます。

その際には予算が許すなら黒塗りより木目調の方が平均的に音が良いので(価格も高目)お薦め致します。

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/kinoshita/4069519/

投稿日時 - 2012-03-23 20:41:55

お礼

まだ検討中ですが、

>誰が使用したかも分からない中古より・・・思い出の有るピアノをまた弾いて豊かな響きを出して
>頂きたいと個人的には思います。

本当に思い出がいっぱいなので、できるだけ修理して使う方向で
検討したいと思います。
背中を押してくださってありがとうございます!

投稿日時 - 2012-04-03 13:02:20

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

地震や天変地異が無ければ300年は持ちます

投稿日時 - 2012-03-22 01:53:55

お礼

300年ですか!
となると、まだまだ大切に使っていかなければなりませんね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-04-03 13:03:36

あなたにオススメの質問