こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

workに続く前置詞

こんにちは。
今、英語の勉強をしていて
はたと疑問に思うことがありました。

動詞work(働く)に続く前置詞として
at;on;for;inなどが辞書に載っていましたが
どれも場所や会社名などが続くもので
違いがいまいち分かりません。

たとえば
"I work in an apparel industry."
「アパレル業界で働いています」
"I work for a travel agency."
「旅行会社で働いています」
"I work at a car factory."
「自動車工場で働いています」

…すべて、「(場所)で働く」という訳になりますよね。
それぞれの前置詞の使い分けって何なんでしょう?
規模の大きさってわけでもなさそうだし…。

どなたか分かりやすい解説を是非お願いします。

投稿日時 - 2003-12-24 04:52:37

QNo.737262

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

■まずは回答から...。workに続く前置詞というお尋ねですが、挙げて頂いた例は皆それぞれの前置詞が持っている基本的な概念に極めて近い意味合いで使われています。
■すなわち
(1) "in" は「比較的広い場所・範囲」『の中で』
(2) "at" は「比較的狭い場所・箇所」『において』
(3) "for" はここでは「行為の目的・対象」『のために』
という意味合いで用いられています。"for"は場所を意味しているわけでもありません。和訳に引きずられないようにご注意!
■"industry(業界)"というのはある幅のある「範囲」であり、"a travel agency(旅行会社)"というのは労働を提供する「対象物」であり、"a car factory(自動車工場)"は働いている狭い範囲の「場所」に当たるのでこのような使い分けがなされています。
■前置詞の用法は比較しながら覚えていくと段々と身について行くと思いますが、先ずは辞書に一通り当たって見て「どういう基本概念を持っているのか」を理解なさってはいかがでしょう?その方が早くセンスが出来てきますよ!

投稿日時 - 2003-12-24 07:21:56

お礼

具体的かつ親切なご回答をありがとうございました。
文全体を無理に理解しようとするのではなく、
前置詞のイメージをつかむことがポイントなんですね。
頑張ってトライしてみようと思います。

投稿日時 - 2003-12-25 00:10:05

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

in、atは、上の解説でいいと思います。

注意すべき事は、XXX会社「で」働いているというときには、「for」となることですね。

inと使って、外人に注意されたことがあります。

投稿日時 - 2003-12-24 09:19:15

お礼

ご回答、ありがとうございました。
前置詞は気をつけて使わないと
不自然な英語になってしまうんですね。

…やっぱり前置詞を徹底的に勉強しよう。

投稿日時 - 2003-12-25 00:16:06

ANo.2

わかりやすいかどうかわかりませんが、

工場の場合はその場所で働くということなので
その工場にいて働くという意味でwork at
となります。
また会社などに勤めている場合、必ずしもその会社
の場所にいなくてもいいわけです。
とくに旅行代理店のような場合は、
その会社の外で働いていることも多いですよね。
ですから会社のために働くとなります。


業界で働いているときは文字通りその業界の中で
働いているからでしょう。
work in manufacturing industry
work in advertising industry
などとつかいますね。

投稿日時 - 2003-12-24 07:26:12

お礼

ありがとうございます。
inはatより広域なイメージになるんですね。
今回はforがちょっと厄介だったなぁと思います。

投稿日時 - 2003-12-25 00:13:00

あなたにオススメの質問