こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

プログラミングって結局は

CなりVBなりJAVAなり見ていて思ったのですが、結局行き着くところは暗記なのでしょうか。

どの言語も多少形式が異なっても、基本的な書き方は同じですし、要はどんなメソッドやプロパティがあるかを暗記さえしてしまえばいいのだと感じています。

つまり、こういうプログラムを作りたいという発想さえあれば、プロパティやメソッドの意味がわかる辞書さえあれば作れてしまうものでしょうか。

投稿日時 - 2012-03-14 23:08:53

QNo.7362574

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

あなたが思う、こういうプログラムを作りたいという発想は
予め誰かがプロパティやらメソッドやら作ってくれていて、
さらにそれの使い方が、わかる辞書まで用意してある前提なのですね

メソッドやプロパティは、自分で作る事ができます
それの説明書を用意すれば、まったく関係ない人があなたの作ったライブラリ
を使う事もできます。

それら全て暗記するのでしょうか
暗記しませんよ、使い方を見て使うだけです
よく使うものだから覚えるだけです

投稿日時 - 2012-03-15 15:08:53

ANo.6

VBに限らず、コンピューター言語は暗記するのではなく、理解する事が大事です。
基礎はしっかり理解しましょう♪

投稿日時 - 2012-03-15 12:57:59

ANo.5

まぁ概ねその通りですね。
ただ、同じことが必ず置き換えできるわけではないので、プロパティやメソッド単位というよりは1ルーチン単位で辞書?を作ることになると思います。なのでvbを変換してcにするコンバータや、runnawayという仮想のコンピュータ言語を作って、そこからcやvbやjavaのどれにでも変換して使えるなんて環境も十分現実味がある話です。
でも実際にそういうものはほとんどない(もしくは話題にも上らない)んです。どうしてもそれぞれの言語仕様に合わせないといけないため1ルーチンの行数が増えて全体的に肥大化してしまい、素で手組みしたものに比べてかなり効率が悪くて品質が落ちてしまうからなんです。

何かのシステムを考える設計という意味では、使用言語なんて関係なくまぁ同じ考えでいけます。そうして出来上がった仕様書を受け取った末端のプログラマの仕事という意味では、言語や人が変われば、中身は全く別物になるくらいに考えた方がいいです。なので「そうなんだけど違う」ってのがこの場合の回答になるかと思います。

投稿日時 - 2012-03-15 10:24:51

ANo.4

それって、英単語と基本英文法を覚えさえすれば、書きたいテーマさえあれば、英語の小説が書けると思ってるのと同じですね。

あなたは、日本語の単語と文法を知ってると思いますが、人が読んでくれる小説が書けますか?

投稿日時 - 2012-03-15 01:32:30

ANo.3

同じプログラムを複数の人に書かせても、書かれるコードは人さまざまです。
機能が同じでも、処理の効率、ソースの可読性などが大きく違ってきますし
機能が同じでも、性能が段違いに違ったりします。

いわゆる、センスが出ますし、経験値による違いもあります。
ま、この経験値=暗記の一種とも捉えられるかもしれませんが
それは、文法だの、メソッドだのの狭い範囲のものではありません。

"誰が書いても同じソースになるレベルの詳細設計書がある"
という場合は、その通りかもしれませんが
その場合、プログラマというより、パンチャーです。

なんか、参考書レベルの小規模なコーディングしか学んでない人の意見な気がする。

投稿日時 - 2012-03-15 00:28:50

ANo.2

あなたが暗記と思われてるのはプログラミング言語に関しての事ですね。
で、プログラミング言語の文法などを暗記さえすればプログラミングができるかといえば
答えはノーです。

例えば日本語や英語の文法や単語を暗記しても小説は書けませんよね。
文章として表現するには文法・単語を暗記する必要はありますけど。

あえていうならプログラミングは目的とするプログラムを実現するために、
どういう仕組みを作ればよいのか考えることになるかと思います。

>どの言語も多少形式が異なっても、基本的な書き方は同じですし、要はどんなメソッドやプロパティがあるかを暗記さえしてしまえばいいのだと感じています。

C,VB,Javaは見た目似てますから。
Lisp, Prolog, COBOLとか見てみるといいですよ。

投稿日時 - 2012-03-14 23:36:11

ANo.1

まあ、そういう事です。プログラマーの地位が低いのもその為です。IT関連の仕事で一番下がプログラマーとオペレーターですから。給与も安いのです。
ただ本来の意味でプログラムを書くという事は、新しい技術を開発するための物。自分の発想を形にするための物。書くことが目的ではないという事です。
つまり要件を考え作る人が一番上というのは不変であるという事です。設計からドキュメント、プログラミングとどこまでを自分でやり、どこまでを人にやらせるかと言う事になります。
でかい事を成すには分業が必要でそのトップしか面白くないってことです。

投稿日時 - 2012-03-14 23:21:21

あなたにオススメの質問