こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

承認願い図の印紙税ってどうなりましたか?

回答が付かなかったので、再投稿です。よろしくお願いします。

20年くらい前に、
当時の大蔵省から承認願い図、承認という行為は契約にあたり
印紙税が必要との見解が出されました。

急遽多くの企業で、納入仕様図、確認、受領などと
言い回しを変えて凌いでおりましたが、
ここ暫くはほとんど気にしないで、
「承認願い図」「承認」と言う行為がなされているように思います。

どうなったのでしょう?一時的なものだったのでしょうか?
このあたりの経緯をご存知の方いらっしゃいましたら、お教えください。

投稿日時 - 2012-03-14 07:27:23

QNo.7361142

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ここに記載があります

http://www.nta.go.jp/ntc/kenkyu/ronsou/42/souma/ronsou.pdf#search='承認願い図 印紙税'

投稿日時 - 2012-03-14 09:26:10

お礼

早速お教え戴き、ありがとうございます

残念ながら、貼り付けのリンク拝見致しましたが、
私の理解力が乏しいのか、正直なところ良く解りませんでした。

お礼欄に補足で恐縮ですが、
もともと印紙税など課されて居なかった物にいきなり課税され、
トヨタ、日産も含め対応したのですが、今は巷ではトンとその話を聞きません。

課税されなくなったのか、それとも今でも「製品仕様図」なら課税回避出来るが、
「承認図」とした場合は課税されるのかが、知りたいです。

投稿日時 - 2012-03-14 12:10:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

このPDFファイルは検索できます。承認で検索すれば容易に見つけられます。検索して下さい。

投稿日時 - 2012-03-14 15:47:52

お礼

度々ありがとうございます。
お手間取らせました。

理系のせいもあって内容が難解ですが、
やはり『承認願い図』『承認』とすると、課税対象みたいですね。
大手は今でも「製品仕様図」「受領」「確認」などを使っているようですが、

中小企業では「承認願い図」が、まかり通っています。
あまり問題になっていませんが、脱税ですね。

投稿日時 - 2012-03-14 16:57:42

あなたにオススメの質問