こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英語学習での徹底した文構造分析癖

英語を本格的に勉強し始めて一年半ほどたちある程度の英語力(この前受けたTOEICで730)もついてきて3月の下旬からカナダに一年間ほど留学することが決まっているのですが、私には文構造を徹底的に分析してしまう癖があり、そのことで本気で悩んでいます。しかし何度やめようとしてもなかなかやめられず毎日の英語学習での大きなストレスになっています。具体的にはどんな英文でも文の最小単位である単語の品詞と働きを文法的に説明できないと気がすまないのです。
例えば
I heard her say something.のような短い文であっても

I=     品詞 代名詞 働き 主語
heard=  品詞 動詞   働き 述語動詞
her=    品詞 代名詞  働き 目的語
say=  品詞 原形不定詞  働き 補語の一部
something=  品詞 代名詞  働き sayの目的語であり補語の一部

のように単語ごとの品詞と働きを文法的に説明しようとしてしまいます。(補語の一部というのは少しおかしな表現かもしれませんがsay somethingで補語となるので便宜上このように書きました)
この文を読んでいる皆さんは「意味さえわかっていればこんなことはする必要はない」「英語を学習する上で、文法学者や言語学者を除いて文法はあくまで英語を理解する道具であり、目的ではない」というような事を思うと思います。私自身もそのとおりだなと感じる部分はあります。しかしなんというかこのような分析をする理由を自分自身考えてみた結果、2つの理由があるように思いました。
それはわかった気になるのが怖いからという理由と英語を読んだり聞いたりする時に、文法の知識に助けられることが多いからという理由です。
英語の文法の勉強は元々好きで、ある英文が文法的に説明できるようになると嬉しく、最初はわからない箇所だけ文構造を分析するという感じのスタイルだったので苦ではなかったのですが、ここ一、二ヶ月ぐらいは徹底的に分析しないと気がすまないようになっていて、それが大きなストレスになっています。
それが原因かどうかはわかりませんが、今は毎日たくさん時間があり、英語を勉強する時間もそれだけたくさんある(一日中勉強するために時間をとれます)にもかかわらず無意識に英語を避けてしまっていて結局一日2,3時間ほどしか勉強していません。
前はあれだけ学ぶのが楽しかった英語だったのに、ここ最近は前ほど楽しくはありません。またこの状態のまま、留学には行きたくはありません。でも文構造分析をやめてフィーリングで読んでいると常にわかった気になっているだけじゃないのか?という雑念が頭につきまといます。そしてわかった気になるのが怖いのでまた文構造を分析してしまっている自分がいます。もうこれから文法とどう接していっていいかわからないです。
かなり重症レベルだと思います。誰に相談したらいいかわからないのでここで質問させてもらうことにしました。英語を要領よく楽しみながら学んでいる人が羨ましくて仕方がないです。泣

乱文になりましたが皆さんは文構造を分析しないと気がすまないようになったことはありますか?またこのような状態から脱出するにはどうすべきだと思いますか?
一人でも多くの人からアドバイスをもらえるとうれしいです。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

投稿日時 - 2012-03-05 23:21:01

QNo.7345075

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

    あまりお役には立たないと思いますが、、、僕の英語、その他二三の外国語をやったくだらない経験から、、、

    学部で、好きな英語の先生は「語学寄り」でしたが、ドイツ語はゲーテ、フランス語はロンサールの抒情詩、という「文学寄り」の先生方に手ほどきをしていただきました。

    もうお察しと思いますが、英語圏の院で、語学のための学問的な見方と、道具としての実用的な駆使力が必要だと言うことを体感しました。

    ご留学を機会に、一日数百ページの資料を数ヶ国語で消化する練習をなされば、自然に答えは出ると思います。

投稿日時 - 2012-03-06 03:36:52

お礼

回答ありがとうございます。
もう少し考え直してみようと思います。

投稿日時 - 2012-03-06 11:06:17

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

学生時代に同じような状態になったことがあると渡部昇一氏が書いていますから、本を探してみてはどうでしょうか?

渡部氏はいい先生にめぐり合って治ったと書いていたと思いますが、日本人の作家が日本語の文法にとらわれて文章が書けなくなったというような話もよくあります。

こうなると完全なノイローゼです。

英語以外にはそういうことはないのでしょうか?

しばらく英語から離れて、それでも治らなかったら、医者に相談するしかありません。

投稿日時 - 2012-03-06 10:51:24

お礼

回答ありがとうございます。
渡部昇一さんの本を読んでみたいと思います。

投稿日時 - 2012-03-06 11:07:34

ANo.2

    #1です。補足です。

    少しうるさく申し上げ過ぎたので、簡単に言い直します。

     僕は、最近人形焼きに、はまっているのですが(と言っても『新参者』を見てるだけ)、外皮に凝る人と、中身に凝る人とあるようです。僕は、外皮も中身も両方食う方です。

投稿日時 - 2012-03-06 08:03:15

あなたにオススメの質問