こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

中小企業診断士か高度情報処理資格か

こんにちは。
私は今現在19歳で、情報処理の専門学校に通ってる者です。


私は今年情報処理の基本情報技術者試験と応用情報技術者試験を受ける予定です。


そして、私は専門学校を3年制にしていて今はまだ1年生で今年の4月から2年生になります。
そこでなのですが、今現在迷っていることがあります。



それは、このまま情報処理の専門学校に通って高度情報処理の資格を取得するか、3年制のところを2年制にして、そして違う専門学校に行き中小企業診断士の資格を取るかということです。





高度情報処理の資格を取得できれば、大分IT業界での就職には手助けになってくれると思います。

しかし、ネットの情報を見る限りではIT業界は離職率が高いとか、資格が役に立たないとか、デメリットばかりしか書いておらず本当にこのままでいいのか、もし自分が退職してしまったときに何か他の業界への転職の際に役立つ資格は取得しなくていいのかと思いました。

そこで目をつけたのが中小企業診断士、という資格です。

中小企業診断士は幅広くどのような業界でも必要とされ、需要が高く、そのため転職の際も役立つと知り、取得しようと考えました。

もし就職や転職、仕事の収入などを、この先10年、20年と長い目で見て考えたら、高度情報処理の資格1つ(このまま順調にいけば、2つ資格が取れますのが、難易度が非常に高いと先生方から聞いたので、落ちる可能性も考慮に入れて。)と、中小企業診断士はどちらの方が役立つでしょうか?

私的には、このまま基本情報と応用情報を取得し、他の専門学校に行き中小企業診断士の取得(就活は1年長引きますが・・・)をした方が良いと考えているのですが実際はどうなのでしょうか?


ちなみに、先ほどIT業界という単語を出しましたが、実際はIT業界にはこだわってません。情報処理の資格を活かしたいので、IT業界に行こうと思っているだけです。


私はまだ未熟で社会の厳しさなど欠片も知らない若者ですが、どうかIT業界や中小企業診断士の仕事に詳しい方からのご教授お願いします(どのような方でも、回答を頂ければ幸いです。)。

投稿日時 - 2012-03-04 00:51:12

QNo.7341032

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

将来、独立する(もしくはコンサルティングを主業とする)ことまで
視野に入れて考えているのであれば、中小企業診断士ですが、
一次試験に受かって、二次試験に望む場合にもある程度実務経験後
のほうが有益でしょう。

IT関連の仕事を数十年やっており、高度の資格も5つありますが、
この業界は資格がなくても仕事ができるので、自己啓発程度にしか
見てもらえないのは事実です。
#合格時の一時金くらい

また、新卒の場合は大学以上しか採用しない会社も多く、新卒で
情報処理試験を重視するような会社は、逆にあまり進められません。

IT業界だけではなく、他も視野に入れるなら、資格がないとできない
仕事も調査してみてください。

少なくとも、IT業界では情報処理試験も中小企業診断士も
あまり重要視されません。(たとで技術士でも)

投稿日時 - 2012-03-04 12:28:30

お礼

回答ありがとうございます。


とりあえず、学生の間に中小企業診断士の資格取得はあきらめます。

そして、実際に社会に出てから中小企業診断士の資格取得を考慮しようと思います。

投稿日時 - 2012-03-20 23:27:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

どちらかひとつしか取れないわけじゃないので、両方目指せばいいのではないでしょうか。高度情報処理も中小企業診断士も、社会人になってから働きながら合格する人が大部分です(学生のうちに合格するのは、ごく少数)。私は診断士は持っていませんが、両方持っている知人は多数います。

それから診断士といっても、世の中のあらゆる業界を知り尽くしているわけはありません。それぞれ得意分野を持って仕事をしています。例えば、
IT業界に就職して仕事をして、その業務経験を活かして、IT活用を支援する診断士になった人。
流通業界に就職して、その業務経験を活かして、マーケティングを支援する診断士になった人。
メーカー(製造業)に就職して、その業務経験を活かして、生産管理を支援する診断士になった人。
という具合です。どんな分野・業界の診断士を目指そうとしていますか。

「デメリットばかりしか書いておらず本当にこのままでいいのか」ということですが、デメリットはIT業界以外でも必ずあります(あなたが知らないだけです)。それから、ネット上の噂を真に受けすぎないほうがいいです。

それに、デメリットを解決してあげるのが診断士の仕事です。診断士になろうとするなら、一度はそのデメリットがある世界に身を投じて、デメリットを体験してみた方がいいでしょう。●●業界は離職率が高い、というなら、●●業界の離職率を下げる方法を考えてあげて、●●業界で働く経営者や社員を幸せにしてあげるのが診断士の仕事です。●●業界に関わるのは嫌だ、と思うなら診断士向きではないと思います。

医者は患者の痛みを直接感じることはできないですが、診断士はその業界に入れば中小企業の痛みや苦労を直接感じることができます。若いうちからしっかりした考えを持たれているようなので、がんばってください。

投稿日時 - 2012-03-04 12:08:22

お礼

回答ありがとうございます。

成程、その業界に精通してこそ中小企業診断士の資格がいかされるといことですね。

まずは、IT企業に勤めれるように、情報処理の資格取得を目指します。

投稿日時 - 2012-03-20 23:19:49

ANo.1

あなたが企業経営者の立場であるとしたとき、そんな中小企業診断士に何を依頼するか考えてみて。

高度情報を取り、いろんな業務で実績積みながら中小企業診断士を取得、じゃないですかね?


中小企業診断士の一次試験の「経営情報」の試験免除は「しないほうが有利」と思います。

投稿日時 - 2012-03-04 01:35:55

お礼

回答ありがとうございます。

確かに、新米の人に誰も頼みませんよね・・・・

まずは基本、応用を目指します。

投稿日時 - 2012-03-20 23:11:03

あなたにオススメの質問