こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

CentOSとWin をカスタムレイアウトする方法

Linux初心者です。困っています。よろしくお願いしますね!

機種:
富士通”PRIMERGY” TX150 S5
CPU:
インテルPentium®Dプロセッサー925(3GHz)。32ビット。
DVD-RAM搭載。
デフォルトOS:
Windows Server 2003 R2
デュアルブートOS:
Linux (CentOS 6.2)

購入時の初期状態:
Windows Server 2003 R2サーバー専用マシン。
(”Server Start V6.609”CD、 “Windows Server 2003 R2, インストールCD-ROM”、PRIMERGY専用各種ドライバ等の専用CD付き)。

事実経過:

2006年前後に、富士通の正式ディーラーからサーバー専用機”PRIMERGY”を購入。仕事用に、Windows Server 2003 R2で、アクティブ・ディレクトリやドメインネットワークの構築を完成。

何年か経って、デフォルトのパーティションを切り、”Windows Server 2008”、“CentOS 5.4”を追加。3種類のOSの共存に成功。Windows ServerもLinuxも共に問題なく使えていた。

2012年はじめに、各種デバイスの不具合やウイルス等々の問題もあり、パーティションを切り直して初期化後、Cドライブに” Windows Server 2003 R2”を再インストール、DドライブをWinデータ格納ドライブと指定し、Eドライブに“CentOS 6.2”をサーバー専用・CUI(コマンドラインインタフェース)タイプでインストール。“Windows Server”と“CentOS 6.2” との共存インストールも、先ずは成功。クライアントPCにはWindows XP, Windows 7などWin系10台以上のほかUbuntu Linuxもつながっています。

せっかくのWindowsサーバー専用機”PRIMERGY”にLinuxサーバーも併用したのは、単純にサーバー専用機がこれ1台しか無かったからです。クライアントPCとして使うだけなら、ノートパソコン1台丸ごとUbuntu専用機として使っていまし、やはりサーバー用途のLinuxが欲しかったので、これしか選択肢がなかったのです。

目下の問題点:

でも、サーバーでもCUIはやはり使いにくくGUI環境にしたいと思い、PRIMERGYのEドライブに“CentOS 6.2”を再インストールしようとしたところ、思いがけなくもインストール・エラーの壁にぶつかりました。カスタムレイアウトでWindowsと共存インストールしようとした時点で、次のようなエラーメッセージが……。

“Bootable partition cannot be on a logical volume.”
(添付jpeg画像参照)

これは、文字通り、「論理ドライブには起動可能なパーティションは存在できません」という意味でしょう。

結果的に、Windowsとの共存インストール、デュアル・ブートはできなくなったままで止まっています。いえ、もっと正確に言うと、Windows Serverは完全に問題なく動いており、CentOSもCUI環境でしっかりインストール済みです。ただ、なぜか、パーティションのカスタムレイアウトでの再インストールができず、そこで止まったままで、いまだにGUI環境のLinuxが復活されていないという一点だけです。

素朴な疑問:

1.同じマシンに“CentOS 5.4”はすんなり入ったのに、なぜ“CentOS 6.2”にバージョンアップしただけで、すんなり入らないのか?

2.同じマシンに“CentOS 6.2”のCUI環境はすんなり入ったのに、なぜ同じOSである“CentOS 6.2”のGUI環境は、すんなり入らないのか?

3.「論理ドライブには起動可能なパーティションは存在できません」というのなら、なぜ以前の“CentOS 5.4”はGUI環境で論理ドライブに問題なくインストールされたのか?

4.問題は、「パーティション設定エラー」とあるように、パーティション設定の複数分割に失敗しているということでしょうか?

5.もし「4」が原因なら、具体的にどのように複数分割し、具体的にどのように再インストールすればいいのでしょうか?

以上。
超Linux初心者の、超初歩的な質問でした。
具体的な対処法をご教示いただければ、さいわいです。

投稿日時 - 2012-02-25 18:33:12

QNo.7326771

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.3

原因は一つだけです。
“Bootable partition cannot be on a logical volume.”
というのは、インストールしようとしているOSの(今回はCentOS 6.2)bootローダは論理ボリュームを読めません、という意味です。(CentOS 6.2のbootローダを出力する場所が見当たらないので、この時点でエラー扱いになっているわけです)
つまりrootパーティション「/」を論理ボリュームに作成している場合は /boot partitionをプライマリ領域に作成しておいてください、ということです。
一つ目のOS(CentOS 5.4)インストールの場合は問題ないが、2つ目のOS(CentOS 6.2)インストール時点で、論理ボリュームの仕様に反した状態になったのです。
したがって、下記サイトのような /boot partition(/dev/sda1にある /boot)を作成してください。
そうすればCentOS 6.2は、すんなりインストールできます。
http://www.centos.org/docs/5/html/Deployment_Guide-en-US/images/lvm/lvm-manual-done.png

論理ボリューム管理の件は、下記サイト参照。
/boot partitionが独立していることに着目してください。
---Logical Volume Manager
http://docs.redhat.com/docs/en-US/Red_Hat_Enterprise_Linux/6/html/Storage_Administration_Guide/ch-lvm.html

投稿日時 - 2012-02-26 12:30:08

ANo.2

> “Bootable partition cannot be on a logical volume.”
このようなメッセージが出たのであれば、一番知りたい情報は、パーティション構成を記載すべきかと思われます。
画像では、下記のような内容しか読み取れない。
sda1 40993
sda2 500
sda3 28513 vol

既に3個のパーティションは定義済みであり、4個目は、残り全ての領域を拡張パーティションとして定義して、そこにCentOS6.2を入れようとしているのか。
もしそうであれば、Windows上で、事前に4個目は、残り全ての領域を拡張パーティションとして定義して置くことで回避できないかです。
そうしておいて、/bootと、swapパーティションは、拡張パーティションの中の独立した論理パーティションとして定義して置くと回避できないかです。
当方では、問題なくできているため。
理由は、CentOS側で拡張パーティションを作らせると、不具合(Bug:バグ 俗に虫)を作っているのかもしれません。

下記の基本規則はご存知かと思います。
内蔵HDD一台に最大4個の基本パーティションが作れます。
それ以上のパーティションを作りたい場合は、3個の基本パーティションと、
残りの連続した領域を全て1個の拡張パーティションとして定義します。
この拡張パーティションの中に論理パーティションを作っていけます。
10個くらいは作っていけると思います。
この規則に沿ったパーティション構成かということです。

投稿日時 - 2012-02-26 03:20:33

あなたにオススメの質問