こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

カメラマンについて

カメラマンに興味がある高1です。

トイカメラなどで撮る雰囲気のある写真が大好きで、
私自身も写真を撮ったりしています。
ずっとiPod touchのカメラアプリで撮っていたのですが
2011年の12月にトイデジを買ってもらって
今は下手ながらトイデジでいかにうまく撮るか楽しく模索中です◎
※ほんとはトイカメラが欲しいのですが、
 学生ということもあって時間とお金がないので、トイデジです

撮っているうちにカメラマンさんにとても憧れて。
少し調べてみたら(1)プロの方に師事した後、独立するカメラマンさんと
(2)フリーとして活動していくカメラマンさんがいるがいるのは分かりました。
私は後者のフリーとして活動するカメラマンさんに憧れています。

でもカメラマンさんというと、一眼レフで綺麗な写真を撮っているイメージがあります。
トイカメラのあの色味というよりは、もっとリアルな色味というか…(偏見かもしれませんが)

カメラマンさんがトイカメラを使って仕事をすることはないのですか?

それと、カメラマンさんを目指すとして
進路はどのようなものを選んだらいいのでしょうか?

専門学校なのか、大学なのか、どんな学部にすればいいのか…
など右も左も分からない状態なので簡単に説明していただけると嬉しいです。

---

ちなみに高校は普通科で、都立のため本格的な文理選択は高3になってからです。

---

少し前に撮った写真を載せたので良かったら見て下さい*
トイデジは天候によって写りが変わるので面白いですね(^_^)!

投稿日時 - 2012-02-15 00:42:20

QNo.7305847

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

そりゃ東京芸大か日芸に進むべきでしょ。資料請求するかHPで写真学科か映像学科を調べればすぐっすわ。リンクコピペするのは簡単だけど、それ位は自分でやってね。

トイカメラ、ってわけじゃないけど天才アラーキーはコンパクトカメラで作品撮ってたからね。最終的には切り取った画格が勝負、ってのを端的に示した人っすね。

フリーで活動するのはね、経験上あんまりお勧めしない。どんなに才能があってもその才能見つけてくれる人がいないとなかなか世に出れないからね。世に出れなかったらいつまで経っても『自称』だからね。
でね、経験上痛感したのが人とのコネクションだね。俺なんか文学部から社会人やって急に、だったから大変だったけど、いっつも思ったのが先輩とか上司に必ずいる東京芸大か日芸に進学しとくんだったなぁ。。。って。どこ行っても必ずどこかしらにいたからね、その辺の卒業生。
それに周りに自分と同類、が日本中から集まってるわけでしょ?いろんな刺激を受けて写真が熟成進化していくんっすよ。行き詰っても周りの刺激で打破できたりするしね。例えば添付写真みたいに「なんで向こうの木を切っちゃったの?下にチョイ入れ込んだほうが空の不思議な感じが強調されね?」とか「その街灯は意味あるの?切っちゃったほうが目線が散らなくなって素直にその空の面白い感じが伝わらね?」とか日常会話で飛び交うんっすよ。まるで夢のような話でしょ?

っつー事で東京芸大か日芸を目指してくだされ。間違っても大阪芸大はナシだからね。東京芸大に引っ張られてすごい所かと思う関東の人多いけど、地元の人に言わせたら職訓校らしいっすから。専門学校行ったほうがよっぽど身になるっつー、ね。

投稿日時 - 2012-02-15 01:38:50

お礼

芸大ですか。
ひとつの写真について、そうやって何気なく専門的に話し合ったり出来るなんて…
ほんとにすごいです!

知らない事ばかりで、とても驚きました
回答ありがとうございます:-)

投稿日時 - 2012-02-16 20:14:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

学生さんならまず「カメラマン」にもいくつかの分類があることを知りましょう。

1、「日本カメラ」や「アサヒカメラ」などの“写真雑誌”に作品を載せている、いわゆる「写真家」という人たち。
2、「CAPA」や「カメラマン」その他の“カメラ雑誌”に作例写真を載せている人たち。
3、広告用の写真を撮っている人たち。
4、写真館などでの記念写真とか結婚式場でスナップを撮っている人たち。
5、新聞社などにニュース写真を提供する「報道写真家」という人たち。

およそ大別するとこんなふうに分けられます。

その中で「2」「3」「4」の人たちは自分の作品を撮っているのではなくて
依頼人の代わりに写真を撮っている、いわゆる「職人」の部類に入る人たちです。
この人たちは依頼者の意向に合わせてカメラを使わなければいけませんから
カメラ選びに自分の意思はあまり反映させられません。
つまり、依頼者がトイカメラで撮ってほしいと言えばイヤでもそれで撮らなければいけませんし
逆に、自分がトイカメラで撮りたいと思っても依頼者が認めてくれなければ使えません。
ですから、このジャンルではご質問者の望むような写真活動はできないでしょう。
また「撮れない」「出来ない」がご法度の世界です。何でもできなければこの世界ではやっていけません。
その代わり、これらの職業は儲かります。
考え方を変えれば、そうした仕事でたっぷり儲けて、そのお金で趣味の写真をトイカメラで撮って
それを自費で発表するのならそれはそれでいいかもしれません。

「5」については「1」と活動が重なる部分がありますが、これも基本的にカメラの種類は限られます。

で、「1」のジャンルの人たちは、カメラも被写体も自分の意思で自由に選べます。
その写真を雑誌社に買ってもらったり写真集として売ったりしてお金にします。
この人たちは「職人」ではなくて、いわゆる「表現者」の部類です。
なかなか儲けるのは難しいですが、その分自由な写真活動ができます。
自分がトイカメラでやっていくと決めたらそれで突っ走ることができます。
ご質問者の場合ならこの部類のカメラマンだと思います。

で、そのためにはどこに進学したらいいのか?ですが
「2」「3」「4」なら写真の専門学校がいいでしょう。
そこなら撮影技術を主に教えてくれますから職人向きです。
この分野なら写真以外のことはほとんど何も考えなくてもいいです。

が「1」を目指したいのなら芸術大学がいいと思います。
そこでは写真技術だけでなく表現行為全般を学びますし
さらに表現者として必須の社会との関わり方なども学べます。
あるいは、もう今の時代は写真技術の大半はカメラがやってくれますから
普通大学で一般知識を学んで、それを写真活動に生かすというのもいいかもしれません。
「職人」は自分の意思を言葉に出さなくても撮り上がった写真が全てを語ってくれますが
「表現者」はその写真の奥に何があるのか、なぜそれを撮ったのか、を自分の言葉で言い表さなければいけません。
そのためには撮影技術以上に表現者としての観察力や理解力が求められます。
その下地があってトイカメラを表現の道具として選ぶのならそれでいいと思いますが
ただ漠然と「面白いから・・・」では誰からも相手にしてもらえないでしょう。

例えば、ご質問者が添付された写真についても
そこに写っていない部分について撮影者は何を見てきたか、などが問われます。
その時に何を語れるか、で作品の価値が決まってきます。
乱暴な言い方をすれば、写真技術の勉強なんていつでもできますから
今はご自分の感性を磨く方向で進学を考えたほうがいいと思います。

投稿日時 - 2012-02-16 12:13:53

補足

補足に失礼します。

皆さんの回答がとても詳しく、また分かりやすいので
自分がいかに未熟か思い知って、くじけてしまいそうな気持ちが強いのですが(笑)、

まずは、もっともっと写真を撮って
皆さんにうまくなったねと言ってもらえるよう頑張ります。

また、ただ撮るのではなく写り方だとか何を伝えたいかだとか
考えながら撮ってみようと思います。

質問しなければ分からなかった事ばかりで
勉強になりました。

本当に真剣に目指すのかどうかはともかく、
今はもっと写真がとりたいし、うまくなりたいと思っています。

沢山のご回答本当にありがとうございました*
また質問した際はよろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-02-21 00:18:06

お礼

カメラマンといっても
こんなに沢山の種類に分かれるなんてびっくりしました。

それによっていくべき進路が全然違うのもすごく面白いですね!

職人の方と表現者の方でこんなにも違いがあるのも面白くてわくわくしました。

ご回答ありがとうございました*

投稿日時 - 2012-02-21 00:13:44

ANo.6

まず第一に言っておきますが、トイカメラで撮った写真が雰囲気があると言っているようではカメラマンになるのはむりです。自分がこういう事が表現したくて、試行錯誤の上でああいう描写に行き着いたのならいいと思います。が、トイカメラの写真を見て雰囲気があると思ったのでしたら、写真の中身あるいは本質を見てない事になります。

撮影者が何を言いたいのか考えてますか?トイカメラで撮ったものを気楽にアートだと言っているようでは美術作家にわらわれてしまうでしょう。もちろん写真はアートになりますが、かなりの力量が要求されます。画家とかと対等に芸術論を話せる知識が必要です。一眼レフがどうかというのは、あまりに低レベルです。

カメラマンになりたいのでしたら、プロカメラマンと写真作家の二種類があるのを知って下さい。

投稿日時 - 2012-02-16 00:57:23

お礼

安易に変わった写真になるからといって
雰囲気があると言ってしまうのは良くない事なんですね(>_<)

深い所まで全然考えていませんでした。
知識もやはり必要になるんですね。

やはりプロの方はすごいです!

写真作家さんという職業があるのを知らなかったので早速調べてみます

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-02-21 00:05:57

ANo.5

高画質高性能の機材を使うと普通の写真になりますが、そんな普通の機材でありながら他者から抜きんでだ写真を撮影するのが基本です。そんな能力を下地にあえてトイカメラや画質の問題のあるクラシックカメラで芸術に挑戦する写真家はいます。
その道を真剣に目指すなら基礎の基づいた普通の写真の撮り方を大切にして、腕前の裏付けをしっかりしてからトイカメラ作品を発表するのはいいでしょう。
学歴は写真関係の専門学校程度を卒業するだけで十分で、それで就職が有利になります。
それからカメラマンの収入は注文を受けた仕事を注文通りにこなすのがメインで作家性を前面に打ち出した芸術作品では生活していません。もちろん技術的優劣や撮影スタイルの個性や特徴などで注文内容は変わりますから作家性は大切です。

投稿日時 - 2012-02-15 21:08:26

お礼

まずは基礎から、ということですね。

学歴についてなどすごく分かりやすく参考になりました

丁寧に説明して下さって嬉しいです^^

回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2012-02-21 00:02:39

トイカメラって、ぼんやりしてて周辺が暗かったりするでしょ?

 女性をキレイに撮って欲しいという依頼が合って、トイカメラで撮ったらボケてるわ暗いわ、でお客さんからクレームが来ます、お金も払ってくれないし。

プロは女性をキレイに撮れるし、トイカメラで撮ったようにも表現できるようにならないと仕事になりません。

すべての仕事がトイカメラで撮ったような写真で済むのであればプロもトイカメラを使います^^

空が白く飛んじゃってますね。そんな空でしたか?

投稿日時 - 2012-02-15 15:50:35

お礼

確かに人物をとるのにトイカメラは向いていなそうですね;;
特に女性は写りにうるさそうですね笑

自分で見返してみて、やっぱりこんな空じゃなかったです
もっと綺麗な写真がとれるよう頑張ります。

ご指摘ありがとうございました*

投稿日時 - 2012-02-18 21:18:51

ANo.3

カメラマンですけどぉ
そもそもそんな写真だけで食って行けませんよ
普通の写真を普通に撮れないと食って行けません
あたしゃ大学卒業してないよん

投稿日時 - 2012-02-15 14:13:58

お礼

そうなんですか。
やはり趣味で生計をたてるのは難しそうですね(>_<)

大学だけがカメラマンへの道という訳ではないのですね。
貴重なご意見ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-02-18 21:15:33

No.1の方がほとんど書いてしまわれた・・・(w

職業カメラマンとして、写真を撮る事で食い扶持を稼いで生活していく、といカメラマンを目指すのなら、私も東京芸術か日芸を薦めます。
技術云々の勉強も確かにそうなんですが、何より「人脈」です。ただの友達じゃなく、「同じ職をありついている友達」です。

仕事がまだ自力で取れない駆け出し時分に、先輩や友達がブッキングした仕事を廻してもらえるような知人を人脈として作っておくのが、一番のフリーカメラマンの近道です。今の時代、綺麗な写真を撮るだけなら、いくらでも人材は居ますので。
プロとアマチュアの差は、要求されたクォリティを105%(100%でも110%でもなく。もちろん、100%以下は論外)で出せるかどうか、です。このレベルを判ってる人間にじゃないと、代打仕事は任せません。クォリティを発揮できなければ、クライアントにも迷惑だし何より「紹介した自分の評価を下げる(=次の仕事が取りづらくなる)」からです。
同門で実力を知っていれば、任せられるかどうかは理解できてるでしょう。人脈が無ければ、それが理解できません。ポートフォリオ一発じゃダメなんです。


仕事してトイカメラを使うかどうかですが、商業写真はクォリティ最優先です。出たとこ勝負のトイカメラで仕事をする事は、その商品の紹介記事以外では無いと思って間違いないです。
その人のライフワークとして、作品展の作品として作る写真であれば、カメラなんてナニを使ってもOKです。それは、その人の「写真という技法を使ったアート(芸術)」だからです。極端な話、カメラなんか使わなくても写真は撮れます。ピンホールカメラは、レンズすら使ってないでしょう?ピンホールカメラの写真で写真展を開いてる人だって居ますよ。

投稿日時 - 2012-02-15 10:05:01

お礼

人脈も大事なんですね…

技術以外も必要なんてカメラマンさんはすごいです(><)

仕事と芸術が全然違うと分かりました
ありがとうございます!

投稿日時 - 2012-02-18 21:13:05

あなたにオススメの質問