こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

哲学と鰐(ワニ)の関係は?

「ソフィーの世界」を読むと、2ヶ所に鰐(ワニ)が出てきます。
プラトン・キルケゴールの箇所です。この二人とワニは、どんな関係があるのでしょうか?著書で、ワニを例示して、印象にのこる・特徴ある記述をしたのでしょうか?
また、他にも、ワニを記述に使った哲学者は、いるのでしょうか?私は、ハイデガー・ニーチェもワニを使っているのでは?という感覚を持っています。

「ソフィーの世界」の、プラトンは、114ページ『象とワニは、形を変えず・分解せず、400年たっても「ゾニ」にも「ワウ」にもならない』
と、アトムの型の所で鰐が出て来ます。
キルケゴールについては、486ページ『池に落ちたら、ワニがいるか?が、生きるか死ぬか?の問題になる』と、信仰の切実さの所で出て来ます。

ギリシアにワニは生息していないと思うのですが、アリストテレス「動物誌」には記載があり、
イシス=オシリス秘儀には、ジャッカルとワニが合体した神が出て来ます。

だが、なぜ「ソフィーの世界」が、わざわざワニを例示したのか?トカゲ・昆虫etc.でないのか?合点が行きません。プラトン・キルケゴールは、著書でワニについて、何か書いているのでは?と思うのです。
プラトンがワニを使っていれば、アリストテレスが「動物誌」だけでなく、「形而上学」でもワニを使っているか?と調べましたが、今の所、わからないのです。

水陸どちらでも凶暴で気味の悪い生物、ではありますが、ギリシアにいない鰐をわざわざ例にあげるのは、なぜか?
また、出版社で、ワニ・ブックス、ワニ・マガジン社があり、ラコステの商標にもなっています。何か理由があるのでは?と思うのです。
どうか、お知恵をよろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-02-06 13:10:07

QNo.7288752

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

ワニはエジプトにいましたが、エジプトと交流のあったギリシャでもポピュラーな動物だったようです。ギリシャではワニをエジプトの象徴として用いることもあったようです。

ちなみに、crocodile (クロコダイル)は 元来「ナイルワニ」を意味した古典ギリシア語: κροκοδιλος (krokodilos; クロコディロス)です。

投稿日時 - 2012-02-23 02:17:19

お礼

tac351115さん、ありがとうございます。ワニはよく知られていたのですね。
ヘロドトス「歴史」の岩波文庫、上205頁に、ワニが記述され、
エジプトでは神聖視される地域もあり、一頭を飼育して、ガラスや黄金の耳飾り・足飾りをつけ、大切に扱っている。一方、敵のごとく扱ったり食用にする地域もある。
とされています。

投稿日時 - 2012-02-23 10:37:30

あなたにオススメの質問