こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

教会という場所

教会という組織に関して疑問を感じているので教えてください。

私は収入の1割近い献金は不可能であり、おそらく一生教会員になることは不可能な日本人です。今迄、可能な限り不定期の献金を行ってきました。私の眼には、教会組織は運営上、

1)献金を定期的に一定額程度行うもの
2)奉仕を行い組織に貢献するもの

以外は歓迎されていないように感じられます。
私は奇跡的に数年間不安定な身分を維持したまま、教会組織に通うことができました。教会内で知人は数人いますが、懇意にしている人間は殆どいません。途中から内情に疑問を抱き始め、あまり懇意にしないように気を付けながら数年経過しました。

最初は教会内で「孤独」であり淋しくもあったのですが、独学で書籍を読むうちに独りでも全く平気になり、教会内で一言も会話せずに帰ってくることも珍しくありません。
しかしそういう私も教会に通うのが大好きで、胸躍らせながら通って来たのですが、最近聖職者の方から冷たくされる感じがして通いにくくなってきました。
「招かれる側ではなく、教会内で招く側になりなさい」という説教もかつてこの教会で聴きました。

教会がクリスマスに美しく飾りつけられ明りが絶えないのは、信徒の努めによるものです。
教会は人間によって造られた汗と努力の結晶でもありますから、共に築くのでなければ参加する資格はないと感じるようになりました。
最も歓迎されているのは、若者・独身のシニアであると思います。中途半端な信仰は足並みを乱すのです。

教会に所属せずに信仰を持つという方法に関してはどう思われますか?
教会はその教会のために献身している人間の居場所だと最近は感じるのですが、
不定期な礼拝程度で貢献度の足りない人間は、
隠れたり目立たなくしたりしながら、何とか通うことができるでしょうか?

投稿日時 - 2012-02-06 11:52:49

QNo.7288618

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

補足ありがとうございます。基本的に、教会組織は寛容だと思います。というのも、キリスト教は、魔女狩り、異端審問、十字軍など、数々の失敗がありますので、その反省として、少々の「異端」でも目を瞑るようになっているのです。サイコパスのような方が殴り込みをかけてきても、温和に対応します。極端な例だと、メソジストでは、教会の中で仏像を拝んでいても、怒られないそうですよ。

どういう意味で居場所が無いと感じてらっしゃるのだろうと思っていましたが、連絡が来ないということなのですね。これは、私個人は、これはあなたの歩みを尊重しているという可能性もあるのではないか?と思っています。というのも、ボランティアを積極的にする組織であるということですから、あまり連絡してきては、押しつけがましくなってしまうことでしょう。相手なりの配慮ではないでしょうか。

若者・シニアの活動の中心となる方々に感謝しつつも、自分の信じるものを貫けばいいと私は思うのですが……。というのも、足並みを揃えて皆が前線にたてというのなら、ごく限られた人しか信仰を持てないことになるでしょう。

投稿日時 - 2012-02-06 16:30:46

お礼

ご回答ありがとうございます。

礼拝の場所を欲してはいるのですが、教会活動というものに自分が向いていない事実に気付きました。
自宅でyoutubeで礼拝するか、ラジオ放送か何かで代替とすれば、教会に行く必要は無いのでしょう。
気付かせて頂きありがとうございます。

投稿日時 - 2012-02-06 16:58:42

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

質問を質問で返すのも失礼ですが、少し不思議なことがあるので、よろしかったら補足要求に答えてください。その教会は、棄教されるよりは、それほど熱心でなくても続けてほしいと考えないのでしょうか? 私の知っている教会は、そのように考えて寛容な態度を取るのですが……。

投稿日時 - 2012-02-06 14:57:05

補足

Marie-Aimer様、こんにちは。ご覧くださりありがとうございます。

それほど熱心でなくても続けてほしいと考えているのか?に関してですが、わかりません。
私は前述したように、単独行動をしている都合上、教会の内情がハッキリとは理解できないのです。
逆に言えば、孤立している立場が信仰を続ける上で良かった点もあります。
今迄私を放置してきたと考えれば、寛大な教会なのかもしれません。(家族は他所であれば、とっくに行けなくなっていたと言っています。)連絡先を書いた時も教会から無視され、連絡が来ませんでした。

下記のShowMeHow様には、不十分なお礼で自分の事ばかり書いてしまい、申し訳ありませんでした。

投稿日時 - 2012-02-06 16:06:02

ANo.1

キリスト教を信じるというのは、クリスチャンになることで、
クリスチャンになるということは、キリストの人生に倣って生きていくということで、
それは、「何事も人々からして欲しいと望むことは人々にもその通りにせよ」ということだと思います。

教会に通いたければ通えばよいし、そこで歓迎されていないと思えばいく必要は無いと思います。
(教会員になるということと、クリスチャンであるということは違うことだと思います。)
教会に救いを見出す人もいれば、そうでない人もいるということです。

投稿日時 - 2012-02-06 12:11:35

お礼

>クリスチャンになるということは、キリストの人生に倣って生きていくということで

上記の点から考えると、お金を惜しむ、奉仕をしぶるというのは、キリストが十字架上で死なれた愛を理解していないと言えると思います。震災の時真っ先に被災地入りした教会の一つです。「親よりも、夫婦よりも、兄弟よりも、キリストを第一とせよ。」という力強い説教を行います。

単立でもない、一般的なプロテスタントです。カルトでも何でもありません。
所属は福音派です。他教会を探せと言われたこともありますが、礼拝出席回数そのものが少ないので他教会に行ってる余裕はないのです。

投稿日時 - 2012-02-06 12:32:36

あなたにオススメの質問