こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

中国鍼と日本鍼

3年程前、顔面神経麻痺になり現在完治したとは言えない状態です。
額、まぶた、口周り、と今でもかなり動かしにくいです。

今現在は欧州在住なのですが、二年程前に半年ほど日本に帰っていたので、その時はもう発症してから時間も経っていたので完治は無理でも少しでもよくなればとの思いで鍼治療を行いました。
そこでは日本鍼でした。
半年ほど通い、顔への効果はよくわからなかったのですが、全然期待をしていなかった生理痛が嘘のようになくなり、思わぬ効果でした。

こちらに来て以来、針治療もずっとせず、相変わらず生理痛も元通り、そして何よりも顔の強張りが気になるので、それも和らげたいとの思いで、こちらでまた針に行こうと探した所、こちらはほとんどが中国針で、そんな中、日本鍼を使い日本のやり方をしてるという所を見つけ、家から少し遠いのですがそこに行ってみました。

やり方としては私が日本で経験したものと大きい違いはありませんでしたが、やはり家から遠いのと日本より値段が高いと感じたので、こっちの相場がわからないので他にも行ってみようと思い、次に家から割と近い中国針のところへ行きました。

そこは中国針でも細いのを使っているのですが、やはり深くまで入れるのでちょっと怖かったのと、左手に刺したときに、かなり痛く、神経に触れたのか(?)人差し指が勝手にビクッと動きました。
しかしそれ以外は思ったよりも痛みは平気で、先生もいい人でかなり丁寧に刺すところも確認していたり、特に問題もありませんでした。
値段も日本鍼のところと同じくらいでした。

正直、最初は中国鍼は深くまで入れるので、逆に何か悪いのではないのか、やはりずっと日本で日本鍼をしていたので、日本鍼の方が、なんとなく信頼ができるっていうのが心の中にありました。
しかし顔面神経麻痺で、神経がやられてしまってるので、顔についてなら、深くまで入れる中国の方がいいのかな?なんて素人的な考えをしてみたりしてるのですが・・・

どっちもまだ1回、2回しか行ったことがないので、どっちがいいのかもよくわかりません。
両方共、先生も親切です。

専門的な事はわからないのですが、やはり中国、日本鍼の違いは鍼はもちろんのこと、考え方ややり方も違うと思うのですが、どちらも効果は同じなのでしょうか?
もし同じ値段、同じ効果なら痛みの少ないほうがいいと思えるのですが。

日本鍼の方が効果的であるのなら家から遠くてもそっちにするべきか。
それとも中国針も同じくらいの効果であるのならば家から近く通いやすい方にするべきか。
悩んでます。

中国鍼、日本鍼の違い等ご存知の方、アドバイス、ご意見よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2012-01-25 05:01:11

QNo.7265166

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(17)

ANo.17

No.1です。補足ありがとうございます。


>しかし実際間接の劣化が進んだりなどという問題もこれほどあるにも関わらず、今のところ法律がないのですね。
>もちろん多くの方が職を失ってしまうことにはなりますが、体に関わる重要なことなので何かしら変わるといいですね。

既得権を大事にする日本の行政、政治の悪いところですね。厚生労働省も危険性を認識しときながら、警告止まりで実際には野放しですから、大きな事故にあえば行政や無資格マッサージを合法と認めた司法の責任も大いにあると思います。


>なので意外にも痛みがなくちょっぴり拍子抜けしました。笑

良くなっているか、もしくはポイントが少しずれたのか、あえて外したかこれは術者本人でなければわかりませんが、これらの可能性が考えられます。


>日本式の針治療というのは東洋医学的な考えということなのでしょうか?
>そもそも東洋医学的というのは流れをよくし自然治癒力を高め~などという考え方ということなのでしょうか?

日本の鍼灸師を養成する大学や専門学校はすべて東洋医学を基本にしています。東洋医学とはものすごく簡単に言えば、経穴(ツボ)や経穴を結んだ経絡(けいらく)を使い、脈や気を整えるというような考え方です。私もあまり詳しくはないのですが、例えば脈を診て内臓(肝、心、脾、肺、腎)の何がマイナスに傾いてて、プラスに傾きすぎているかを判断し、その流れをくむ経絡上の経穴を使い、出来るだけ正常値に近づける。これ以外の方法もたくさんありますが、大体このようなことを行います。脈や気が正常に近づけば、体の不調は改善され、免疫力が高まる、自然治癒力が増すということになるのかもしれません。


>では西洋医学的な考えのo120441222様が西洋式か中国式をお勧めするということは中国式は西洋医学的な考えに基づいたものなのでしょうか?
>でも「東洋」っていうことは中国は東洋医学では??となんだか考えるとよくわからなくなってしまいまして。

日本式の元である東洋医学とは、中国の黄帝内経(こうていだいきょう)という古い書物が大本になっており、理論や技術は日本独自発展してまいりました。一方中国式は毛沢東が行った文化大革命をきっかけに誕生した比較的新しい方法です。東洋医学とは術者によって診断、治療方法、効果が一定ではないという欠点がありました。中国式はそのデメリットを解消するために、方法や効果を徹底的に検証しマニュアル化したものです。ですからある程度、誰が行っても同じような効果が出せることになっています。

例えば、風邪の患者さんが病院に来たとします。A病院は薬の処方だけ、B病院は点滴も行い、C病院は入院させた。このように病院によって治療が違うのが東洋医学。ABC病院全て、風邪の患者さんには薬を処方し、点滴を行うとマニュアル化したものが中国式です。言い方を変えれば “個人” を主にしたのが日本式、 “病気” を主にしたのが中国式です。


>以前このように仰られたので、中国式だから、日本式だから西洋医学、東洋医学。といえるものではないのかもしれませんが、元は(?)それぞれどの考えに基づいたものか、という事はいえるのでしょうか?西洋式、中国式、日本式があり、そして皆さん色々取り入れる中でベースは西洋医学、東洋医学的な考えというものがあるのでしょうか?

やはりバックボーンはしっかり持たなければならないと思います。自分の治療方針、もっと大げさに言えば治療家としてのアイデンティティに関わることですので。でも自分の信じるもの以外を100%排除することはするべきではないと思いますし、理論的に出来るはずがありません。特に目の前で効果を確認できれば、認めないわけにはいきませんので。みな各々の良いところどんどん取り入れて、自分のスタイルというものができると思います。


>こちらも最初のほうの質問で頂いた回答なのですが、西洋式の針治療も中国針の太めのものを使い、中国式と同じように深くまで刺して刺激をするやり方なのですか?そうだとすると施術されてる素人側には違いがわからないのですかね?

中国鍼は太くて長いというイメージが一般的にあるようですが、実はそんなことなく細くて短いものもあります。中国鍼と日本鍼の分かりやすい違いは、体に刺す方法です。日本鍼は鍼管というストローみたいな短い管を使い、鍼の頭を叩いて打ちます。中国鍼は鍼管を使わず、ねじ込んで打ちます。ねじ込むという表現は痛そうですが、痛くはありません。細かいことを言えば、鍼先の形が若干違います。これは顕微鏡で見なければわかりません。

西洋式は(個人によって考え方は違うと思いますが)、基本的に道具を選ばないと思います。日本鍼でも中国鍼でも自分の目的とする組織に鍼が刺さっていればいいので。ただ日本式の方が打ちやすいとか、このメーカーのものがしっくりくるなど好みはあると思います。

中国式は深く刺すのかということですが、それはケースによって違います。深く刺すこともあれば浅く刺すこともあります。例えば目的にしている組織が深くにある場合は深く刺しますが、浅い個所であれば深く刺す必要はありません。ただ日本式と比べれば、深く刺すケースは多いと思います。


>なんとなく今の通っている所は中国針を使用、などと言われたので、中国式と思っていたのですが、西洋式ということも考えられるのでしょうか?

先ほどもちらっと言いましたが、道具で判断できないのが西洋式です。ですから直接聞いてみるか、会話の中でそれを探るしかないと思います。先生の略歴なんかも参考になるかもしれません。


>そもそも違いがいまいちわかっていない素人の私にはそれを知ったところでどうのこうのっていうわけでもないのですが。

でも今後どのような治療院を選ぶかの参考になると思いますので、把握しておくのは損にはならないと思いますよ。

投稿日時 - 2012-03-25 02:42:20

ANo.16

>ようやく落ち着いてPCに向かうことができました。

こちらも年度末なのでいろいろ忙しいですが、ここで息抜きを図っています。


>それ程危険なものなのに、なぜこんなにも日本では整体、カイロが溢れているのか不思議です。

一つは既得権でしょうね。今ここで厳罰化すれば多くの方の職が失われることになります。もう一つ大きな理由はこの手の手技を想定した法律がないんです。法律がなければ取り締まることができませんので。


>しかし、叔母の例のように、数回の通院で実際効果がでる場合もあるので、使い方次第というか、長期的に続けたり、間違えたやり方(?)をしなければ実際効果がでる事もあるからということなのですかね。

そうですね。ですけど無資格治療はあくまでもリラクゼーションという認識がいいでしょう。仮に腰が痛くなったと言っても、実際体の中で何が起こっているかはレントゲンを撮らないと分かりません。例えば変性辷り症という腰痛疾患は歳とともに関節が劣化し、骨の並びが乱れる病気です。それを分からず、むりくり押したり、捻ったりすればズレが増長されたり、関節の劣化が進むことになります。整体やカイロなど無資格治療院は、何か痛みを “治療” するという認識ではなくて “癒し” にとどめるべきだと私は思います。


>私はやはり色々読んだ結果怖いのでしませんでしたが、原因不明や治療法がこれといってはっきりしない時には自然治癒力を高めるという言葉についつい心惹かれてしまいますね。
逆に言うと無資格の方などはそれが宣伝文句になるのでしょうね。

医師がもっと雄弁で、無資格者がもっと口下手なら事故は減るんでしょうが、残念なことに逆なんです。ですから患者さんはコロッと騙されてしまうんだと思います。彼らの大多数も騙すという意思はなく、それが正しいと信じて疑わないので怖いのです。医療の医の字も知らないところから、整体というものを教え込まれると、それがベースになりそれを信じて疑うことをしなくなるのです。生まれたてのヒヨコが初めに見たものを親と思い込むように。なかには “おかしいと感じ” 国家資格を取るものもいますが、残念ながら少数派にとどまっています。


>実際医学的に知識ない私も自然治癒力が高まれば~となんとなく思っていましたし、針治療についても具体的にはよくわかっていなかったので、針もそれにより自然治癒力が高まって、それで顔面麻痺に効果があるのかな?となんとなく思って日本で通っていました。

自然治癒がどうのとかいう説明は私は苦し紛れの言葉だと思っています。「この治療が、どこにどのように作用して、どうしてこの病気に有効なのか」 という詳しい説明ができないので困って “自然治癒が~” というのでしょうね。そう説明すればそれで完結してしまうので、それ以上突っ込まれる必要はありませんから。この言葉は実に便利です。 


>顔に刺すのみの治療院では直接顔を刺激されてるし、なんか良さそう!ぐらいに思っていましたが、もう一つの治療院では顔にも少し刺すけど基本は全身なので、それによって全身の流れがよくなり顔にも効果あるのかなぁなんて思っていたのですが、やはり全身刺すのと顔面神経麻痺は関係なかったということですよね?

私は基本的に西洋医学的な考え方の持ち主なので、顔面神経麻痺に全身をやる必要はないと思います。でも人間の体は西洋医学では説明がつかない神秘的なことがあるのも事実です。東洋医学的な考え方に基づくのであれば、全身治療が必要なのかもしれません。前にも例に挙げましたが、手に鍼をして首に作用することも実際にありますので。一番いいのは術者に聞いてみるといいと思います。その際 「自然治癒が~」 という説明になれば怪しいかもしれませんね(東洋医学の説明は難解なので分かりやすく説明しているとも考えられますが)。


>それにしても時間が空きすぎて放置みたいになってしまって申し訳ありませんでした。
o120441222様もどうぞお時間ある時、気が向いたときにでもお返事下さい。

いえいえ、聞くことがなければそのままでも結構です。それよりも顔面神経麻痺の治療がスムーズにコンスタントに行えるといいですね。

投稿日時 - 2012-03-08 19:49:12

お礼

お忙しい中で、こちらの場で色々な方に回答を差し上げることが息抜きとは、すばらしい息抜きですね!


そうですね。整体、カイロにリラクゼーション、つまりマッサージのような感覚で行かれる方も多いということですね。
私は行ったことがないので全てのところが骨をポキポキするものなのかよくわかりませんが、無理に骨をポキポキするような事をしなければマッサージ感覚でo120441222様が仰るように癒し目的で通うにはよさそうですね。

しかし実際間接の劣化が進んだりなどという問題もこれほどあるにも関わらず、今のところ法律がないのですね。
もちろん多くの方が職を失ってしまうことにはなりますが、体に関わる重要なことなので何かしら変わるといいですね。


たしかにこの治療によってどこに作用してどう治っていくのかっという説明をしてもらえる事がこれ以上ないっていう一番の説明ですし、これにより自然治癒力が高まるというのはあいまいなものをその言葉で誤魔化してるということですね。


先日一ヶ月以上あいてしまったのですが、ようやくまた針治療に行ってきました。
最初の質問でo120441222様から頂いた回答により、中国式のほうです。
前回初めて行った時に手に刺さされた際、すごい痛みがあったお話もしたと思うのですが、今回同じところにさしても、むしろ他の場所も前回に比べほとんど痛みがありませんでした。
しかしもちろん刺すぞーという瞬間はいつもドキドキしてしまいます。
なので、o120441222様に教えて頂いた、痛いという事はそこに悪いものがたまってるからその悪いものをなくすんだ~!というのを何度も頭で考えてました。
なので意外にも痛みがなくちょっぴり拍子抜けしました。笑


>私は基本的に西洋医学的な考え方の持ち主なので、顔面神経麻痺に全身をやる必要はないと思います。でも人間の体は西洋医学では説明がつかない神秘的なことがあるのも事実です。東洋医学的な考え方に基づくのであれば、全身治療が必要なのかもしれません。前にも例に挙げましたが、手に鍼をして首に作用することも実際にありますので。

すみません。いまだに針治療での西洋医学的、東洋医学的な考えというのがいまいちピンとこないのですが。

o120441222様は西洋医学的な考え方をお持ちですし、針治療なら中国式か西洋式をお勧めするとのことですが、日本式の針治療というのは東洋医学的な考えということなのでしょうか?
そもそも東洋医学的というのは流れをよくし自然治癒力を高め~などという考え方ということなのでしょうか?
そんな単純なものではないのかもしれませんが。

では西洋医学的な考えのo120441222様が西洋式か中国式をお勧めするということは中国式は西洋医学的な考えに基づいたものなのでしょうか?
でも「東洋」っていうことは中国は東洋医学では??となんだか考えるとよくわからなくなってしまいまして。

>また術者とはそのスタイルにガチガチにとらわれるわけではありません。術者は患者さんの痛みを取るというのが最大の目標ですから、西洋であろうが日本であろうが中国であろうが、効果が出て自分の中で咀嚼できるものはどんどん取り入れていきます。ですから100人鍼灸師がいれば100通りの治療法があるのです。

以前このように仰られたので、中国式だから、日本式だから西洋医学、東洋医学。といえるものではないのかもしれませんが、元は(?)それぞれどの考えに基づいたものか、という事はいえるのでしょうか?
西洋式、中国式、日本式があり、そして皆さん色々取り入れる中でベースは西洋医学、東洋医学的な考えというものがあるのでしょうか?


>中国式と西洋式の考え方は似通っていますが、鍼の効果のとらえ方の違いです。中国や西洋では鍼の主な効果を、抗炎症効果、血行促進、神経を刺激し回復を促す、などとして捉えています。例えば関節に炎症がおこれば、関節に鍼を打って炎症抑えるという考え方です。顔面神経麻痺では顔面神経がダメージを受けているわけですから、神経を治療の主体とするわけです

こちらも最初のほうの質問で頂いた回答なのですが、西洋式の針治療も中国針の太めのものを使い、中国式と同じように深くまで刺して刺激をするやり方なのですか?
そうだとすると施術されてる素人側には違いがわからないのですかね?

なんとなく今の通っている所は中国針を使用、などと言われたので、中国式と思っていたのですが、西洋式ということも考えられるのでしょうか?
そもそも違いがいまいちわかっていない素人の私にはそれを知ったところでどうのこうのっていうわけでもないのですが。


>いえいえ、聞くことがなければそのままでも結構です。それよりも顔面神経麻痺の治療がスムーズにコンスタントに行えるといいですね

お気遣い有難うございます。
またまとまりのない文章で変な質問してしまいましたが、またお時間あるときに、息抜きとしてお答えいただけると有り難いです。

投稿日時 - 2012-03-19 02:15:46

ANo.15

No.1です。補足ありがとうございます。


>また丁寧に回答頂いたのにも関わらず、お礼が遅くなりすみません!

お久しぶりです。私は私のペース、貴方は貴方のペースがありますので、どうぞこちらには気を遣わないでください。


>正直お医者さんなどは少し冷たいといいますか、仕事という風に割り切り、素人の小さな質問などに対してはそこまで親身になってくれない事が多かったり、色々聞きたいけど、なんとなくいくつもいくつも細かい質問をしにくいというか壁がある、などとこういうイメージを勝手ですが、なんとなくもってました。

確かにそういうことは多分にあると思います。本来は医者がそのような情報を吸い上げるのが理想なのですが、それが出来ていないのが現状なんですよね。他の医療従事職がそれを補い、横のつながりがしっかりすればもっと良い医療が提供できるのにと思います。このようなサイトの情報交換も(使い方次第ですが)いいツールだと思っています。


>つまり、原因は骨の歪みなどとは言えないし、首の骨にはこのように様々な組織があり、その何かが原因だったかもしれないということですが、その第一頚椎をポキっとする治療方法はどうかと思うけど、その治療行為により他の組織に働きをかけ症状がとれたということですか?

そうですそうです。レントゲンがないのになぜ骨が原因と言い切れるのか?また第一頚椎とは外から触ることのできない骨です。なぜレントゲンも触診もできないものを原因と言い切れるのか?私はここにものすごく疑問を感じるのです。貴方の叔母様のように実際によくなる方もいますので、治ることは否定しません。ただ骨を絶対的な原因とするのはどうなのかなと思います。


>つまり一応その治療方法により直接骨の歪みが原因だったとは言えないけど、結果症状がよくなる、という事も実際にはありえるということですか?


それはそうなんですが、この治療方法には大きな問題があるのです。首には全身の神経が通っており、分岐しながら腰まで伸びております。首をボキボキする行為はこの神経の束を傷つける恐れがあります。このケガを脊髄損傷と言い、よく交通事故なんかで多いものです。脊髄損傷は半身不随、温度や便意が分からない、手足が動かせないなど大きな障害を伴い、最悪ポイントが悪ければ死に至ります。これは日本の厚生労働省も警告を出しており、大変危険な(治療?)行為なのです。


背骨と背骨の間に椎間板というクッションがありますが、整体やカイロで薄くなるということが確認されています。椎間板は外力を吸収するクッションです。クッションに意図的に外力を加える手技は、椎間板に大きな負担を与えます。ふかふかの座布団にどしどし座れば、潰れてくるのと同じです。

私は実際にある患者さんを例に、一年前と一年後のレントゲン画像を調べました。私も最初見た時はビックリしました。明らかに普通の生活で劣化するレベルの域を超えています。一回ぐらいでは大丈夫だと思いますが、一年も通えば驚異的なスピードで椎間板は劣化するでしょう。治療後短期的に良くはなっても、いつもと違う痛みが出てきた、痛みの出るスパンが短くなってきた、今までなかった痺れが出てきたりなど長期的に見れば悪化する可能性は非常に高いです。ですから治療後の感覚では判断しにくいのです。知らず知らずのうちに椎間板が劣化している可能性が高いわけです。私は長期的に見れば確実に悪化すると思います。非常に恐ろしいですから、整体やカイロをはじめとする、無資格治療院にはお気をつけ下さい。今良くても、将来泣きの苦労をするなら私は意味がないと思います。


>私の場合は叔母のように首の痛みとかいうよりも顔面麻痺だったので首の骨をどうこうしてもね、、、という考えがあったのですが、ひょっとして首のポキっとして歪みがなくなったらそれにより全身の流れがよくなって自然治癒力が高まるとかあるのかなぁ?とも思ったり色々悩みました。

同じようなご質問過去にありました。 「顔面神経麻痺で第一頚椎を矯正するの効果があるのか?」 カイロなど無資格者は 「脳からの情報伝達がスムーズにいき、体が本来もっている自然治癒力を高めて、病気を治すという事なので、病気、症状を問わず効果的」 と説明したそうです。では、なぜ脳からの情報伝達がスムーズになると自然治癒が高まるのでしょうか?顔面神経は脳神経(背骨を通らない脳から直接出ている神経)で脊髄神経(背骨を通る神経)ではありません。なぜ背骨を調整ると脳に影響があるのでしょうか?このように彼らの説明はとても抽象的で、細かく追及すれば説明に詰まるでしょう。


>考え方は人それぞれですが、原因不明や治療方法がはっきりしない症状がある場合は皆藁にもすがりたい思いになると思うけど、何が本当なのか、何が効果的なのかなどは知識がない私のような者には判断が難しいです。

藁はしょせん藁なんで困るんですよね。大木だと勘違いしている藁が多すぎるので、事故が後を絶たないわけです。自分の社会的立場や技量を正しく認識し、適切な治療、適切な医療機関に勧めることができるか問われているのだと思います。それには営利に走らない姿勢の他、医学の知識や免許制度など非常に大きな壁が立ちはだかっています。


>私には難しいですが、こういった医療系は医学的にはっきりしていることと、100%はっきりしてないこともあるので意見のぶつかり合いがあるのですね。

その時は整骨院(接骨院も同じ)の医療保険の不正請求に関して(この問題に関しては認識の違いではなく事実です。表の出したくない公的機関が絡んだ大きな勢力があるのです)、多くの質問に回答し、回答の度に問題提議していたので、 「どういうつもりなの?」 という感じで聞かれました(苦笑)



お気使い頂きありがとうございます。何かご質問ありましたら、いつでもいいのでお返事してください。

投稿日時 - 2012-02-16 17:42:47

お礼

お久しぶりです。
貴方のペースで、気を遣わないでください。と言って頂いたのですが、ここまでお礼が遅くなりすみません。
ようやく落ち着いてPCに向かうことができました。
針治療もこちらで質問してから一度も行けていない状況だったので、来週あたりにはまた行けたらなぁなんて思ってます。


整体、カイロで椎間板が薄くなるという話は耳にしたことがあったのですが、実際にある患者さんの例というお話を聞き、驚きました。
長期的に見ると本当にそのような事になるのですね。
それ程危険なものなのに、なぜこんなにも日本では整体、カイロが溢れているのか不思議です。
しかし、叔母の例のように、数回の通院で実際効果がでる場合もあるので、使い方次第というか、長期的に続けたり、間違えたやり方(?)をしなければ実際効果がでる事もあるからということなのですかね。
それにしても普通の生活で劣化するレベルじゃないものがそのような事になるだなんて本当にショックです。

以前も言いましたが、私は顔面麻痺になり、これという治療方法がないのでネットで自分なりに調べた際に、整体、カイロは危険というものを目にし、そうか~怖いなぁと思ったのですが、o120441222様のような知識、立場ある方から生の声といいますか、ある患者さんの例などリアルなお話、ご意見を聞けて、本当に危険だなと改めてとても感じました。


>「顔面神経麻痺で第一頚椎を矯正するの効果があるのか?」

同じように疑問を持ち質問をされた方がいたのですね。

>脳からの情報伝達がスムーズにいき、体が本来もっている自然治癒力を高めて、病気を治すという事なので、病気、症状を問わず効果的」

まさに私もネットで調べた時によく目にした言葉です。

>顔面神経は脳神経(背骨を通らない脳から直接出ている神経)で脊髄神経(背骨を通る神経)ではありません。なぜ背骨を調整ると脳に影響があるのでしょうか?

そうなのですね。
やはりこの様な知識ある方が身近にいたら、医学的な説明を早く耳にできたら、ととても思いました。
一般人がこれはここの神経を通って・・・など一切わかりませんし、自然治癒力が高まるといわれたら、そうなのかなぁと思えてきますし、なら試してみるだけ試してみよう!と藁にもすがりたいときは思ってしまう方が多いでしょうしね。
私はやはり色々読んだ結果怖いのでしませんでしたが、原因不明や治療法がこれといってはっきりしない時には自然治癒力を高めるという言葉についつい心惹かれてしまいますね。
逆に言うと無資格の方などはそれが宣伝文句になるのでしょうね。

実際医学的に知識ない私も自然治癒力が高まれば~となんとなく思っていましたし、
針治療についても具体的にはよくわかっていなかったので、針もそれにより自然治癒力が高まって、それで顔面麻痺に効果があるのかな?となんとなく思って日本で通っていました。

顔に刺すのみの治療院では直接顔を刺激されてるし、なんか良さそう!ぐらいに思っていましたが、もう一つの治療院では顔にも少し刺すけど基本は全身なので、それによって全身の流れがよくなり顔にも効果あるのかなぁなんて思っていたのですが、やはり全身刺すのと顔面神経麻痺は関係なかったということですよね?


医療保険、不正請求の問題などよくわからないのですが、表に出したくない公的機関が絡んだ大きな勢力だなんて、恐ろしいお話ですね。
世の中お医者様や立場ある方などがo120441222様のように真実のみを追究する人ばかりになってくれたらいいのにと思います。


返事はいつでもいいので、とお気遣い頂きありがとうございました。
それにしても時間が空きすぎて放置みたいになってしまって申し訳ありませんでした。
o120441222様もどうぞお時間ある時、気が向いたときにでもお返事下さい。

投稿日時 - 2012-03-04 21:30:27

ANo.14

No.1です。補足ありがとうございます。


>回答を与え、そしてこんな何も知らない私なんかの返答にでさえ、そこから何か得られるものがある、とこういうような考え方ができるだなんて、本当に尊敬します。

いえいえ、回答を与えるだなんてそんな偉くはありません(苦笑)。私は医療業界に身を置くものです。医療とは人を相手にするわけですから、個人によって感性も違えば、語彙も違うわけです。ここには性別も年代も地域もほんと様々な方がいますので、私の希望にうってつけの場所と思ったわけです。もちろん、整形外科疾患以外のご質問も多くありますので、非常に勉強にもなります(専門外は積極的に回答はしないですけど・・・)。


>頚椎をポキっとし、まっすぐにする~などという話で、叔母がお金もだしてあげるし!とかなり薦められたけど、断りました。今思うとやはり断ってよかったと思います。

それは大変賢明な選択でした。皮膚上から触れることができる骨とは、実は大変限られています。背骨で言えば、棘突起(きょくとっき)と言われる骨のでっぱりの先端部分しか触れることができません。その一部を触れてなぜ骨が曲がっていると言い切れるのか??ものすごく疑問を感じませんか?木の枝を触って幹の状態が分かるでしょうか?

仮に100歩譲って曲がっていたとします。ではどうやって真っ直ぐにするのでしょうか?例えば 「上から何センチの箇所が右に20度、さらにその下が左に10度傾いている」 など正確に調べなければ矯正なんてできっこないと思いませんか?手さぐりでそんな繊細な作業が本当にできるのでしょうか?

仮に100歩譲って出来たとしましょう。でもそれを第三者に証明することはできるでしょうか?
例えば首の痛みや動かしにくさ、頭痛など不快の症状が出てくる。
先生は 「首のずれが原因だ」 と治療する。 
「ほらね良くなったでしょう」 と言われると、確かに症状は解消されている。
「あー自分の症状はズレが原因だったんだ」 と思い込んでしまうのです。
治療前、治療後で歪みの改善が画像で確認できなければ、歪みが不調の原因であるとは言えません。首には骨の他に筋肉、神経、血管、椎間板、靭帯など様々な組織があります。治療行為がそれらに作用して、症状が取れたことも十分に考えられるわけです。

レントゲンを撮って、骨の歪みを確認し、治療後矯正が確認されなければ、声を大にして 「骨格矯正」 など謳えないはずなのです。

すいません。貴方に関係ないことをしゃべりすぎました(笑)。上記のような回答をするので時々ぶつかってしまうのです。治ることは否定しませんが、破綻した理論を展開するのは患者さんをだましているだけだと思います。 「良くなる理由は分からないですが、経験上リスクも少ないですし成績もいいようです」 と正直に説明し治療の了解を取ればいいことなのにと思います。言葉は悪いですが、無資格者は無資格者のくせに謙虚さが足りないのです。それが事故につながることを術者はしっかり認知するべきだと思います。


>私はこちらのサイトで質問も回答もあまりしたことがないので、どういうシステムなのか細かいことはよく知らないのですが、ではお言葉に甘え、この質問を一応締めずにいようと思います。

補足という形であれば、質問が解決していないということになります。ちょっと調べてもらえばわかると思いますが、数年前の質問も受付中で多数存在しています。


>今後こちらに質問などを書いた場合お気づきになるのでしょうか?お礼入力のところに書くとo120441222様にメールが届くようになっているのでしょうか?

はい。メールが来るようになっています。


>本部に目をつけられてるから選ばれたことがないだなんて、なぜなのでしょうか!?

ここに参加したころは他回答者の間違いを指摘したり、質問にはない回答した(要するに一言多い??)ということで、一時ID停止処分になり、始末書のようなものを書いたこともありました(笑)。その時は辞めようかなとも思いましたが、ここで辞めたら本当に広告目的だったと思わるのが癪だったので続けることにしました。そういった経緯で本部によく思われていないことは恐らく間違いありません(笑)。


日本ではインフルエンザが流行しています。貴方も十分にお気を付けください。では、何か質問がありましたらお待ちしております。

投稿日時 - 2012-02-08 21:19:31

お礼

また丁寧に回答頂いたのにも関わらず、お礼が遅くなりすみません!
最近ちょっとトラブルがあり、旦那の実家で生活したり、実家と家の行ったり来たりだったりでPCに触れる時がありませんでした。


正直お医者さんなどは少し冷たいといいますか、仕事という風に割り切り、素人の小さな質問などに対してはそこまで親身になってくれない事が多かったり、色々聞きたいけど、なんとなくいくつもいくつも細かい質問をしにくいというか壁がある、などとこういうイメージを勝手ですが、なんとなくもってました。
o120441222様は、相手のため、そして自分のためという本当に素晴らしい考えをもち、仕事ではないのにこういったところでも自分も勉強になるからと、見ず知らずの人の為に時間を使い色々アドバイスをしたり、何度も言いますが本当に素晴らしい方だと思います。


やはり叔母から薦められたものを断ってよかったです。
あの時は藁にもすがりたい思いだったので、正直お金もだしてあげる、とまで言われ迷ったのですが、色々ネットで自分なりに調べてやっぱり怖いと思ってやめました。
あの時すぐにo120441222様に質問ができたらすぐに解決できましたね。笑

叔母がなぜそこをそんなにそこを薦めたかというのは、ここ数年、首が非常に痛かったらしく、よく洗濯物を物干し竿に干す時などに顔を上にあげますが、それが痛すぎてできない、横を向くのも痛くてできないという症状がずっとあったそうなのです。
原因は長年、毎晩布団の中でうつ伏せになって本を読むということをしていて、うつ伏せで肘をついて読むというその体勢のまま長時間いつもいたので、それで痛めたのではないかと言ってました。
そこで知り合いに教えてもらってそこに半信半疑で行ってみたところ、嘘みたいに痛みがなくなった!という事なのです。
正直、痛みがなくなった、という事を聞くと効果がないわけではないのかな?というところが迷った理由です。

まさにこの話をする前にo120441222様が、例えば首の痛みや動かしにくさが~と説明して下さったので、おぉ、さすが!と思ったのですが、すみません、またしても理解力が乏しいのですが、、
>首には骨の他に筋肉、神経、血管、椎間板、靭帯など様々な組織があります。治療行為がそれらに作用して、症状が取れたことも十分に考えられるわけです

つまり、原因は骨の歪みなどとは言えないし、首の骨にはこのように様々な組織があり、その何かが原因だったかもしれないということですが、その第一頚椎をポキっとする治療方法はどうかと思うけど、その治療行為により他の組織に働きをかけ症状がとれたということですか?
つまり一応その治療方法により直接骨の歪みが原因だったとは言えないけど、結果症状がよくなる、という事も実際にはありえるということですか?

私の場合は叔母のように首の痛みとかいうよりも顔面麻痺だったので首の骨をどうこうしてもね、、、という考えがあったのですが、ひょっとして首のポキっとして歪みがなくなったらそれにより全身の流れがよくなって自然治癒力が高まるとかあるのかなぁ?とも思ったり色々悩みました。
考え方は人それぞれですが、原因不明や治療方法がはっきりしない症状がある場合は皆藁にもすがりたい思いになると思うけど、何が本当なのか、何が効果的なのかなどは知識がない私のような者には判断が難しいです。
ネットで色々調べられる時代にはなっても、逆に様々な異なった意見の情報もたくさんあるので余計に混乱してしまいます。
なのでこういったところでo120441222様のような知識ある方にアドバイス頂けるというのは本当にありがたいです。
すみません、またしてもまとまりのない感想文を書いてしまいました!


驚きました、始末書のようなものを書くことなんてあるのですね!
私には難しいですが、こういった医療系は医学的にはっきりしていることと、100%はっきりしてないこともあるので意見のぶつかり合いがあるのですね。
しかしいくら意見がぶつかり合っても、これ程純粋な思いでアドバイスや回答をしているo120441222様に対してID一時停止処分だなんて信じられないです。


日本ではインフルエンザがはやっているのですね、
体の心配までして頂きありがとうございます。
o120441222様もお気をつけください。

投稿日時 - 2012-02-15 20:46:36

ANo.13

No.1です。補足ありがとうございます。


>患者さんって不安な思いもすごくありますし、話を聞いてもらいたい、話を聞いてもらえるだけで心が軽くなる。という気持ちもすごくあると思うので、仰る通り、患者さんと医師を繋ぐカウンセラーみたいな人がいるととてもいいですね!

患者側には仰る通りのメリットがありますし、医師側にも診察では聞ききれない治療上重大な情報が得られる可能性がありますので、治療する側のメリットもあります。


>と、どうでもいい私の感想文ですね。笑

勿体ないお言葉有難うございます。何気ない日常会話のなかにも、時に治療上のヒントが隠れていることがありますので、そういうのも大事にしなければいけないと思います。画像や数値だけが全てではないと思います。


>よく多くの方もいいますが、よっぽどの事が起こらないと普段病院なども行きませんし、症状が出ても治ってしまうと、やはりどうしてもそのままにしてしまったりするので、一度検査などしてみた方がいいですね。

旦那さんに限らず、こういう方は男性に多いのです。なんでしょうね、忙しいとか色々理由を付けて本当は病院が怖いんでしょうか(笑) 病院に行ったから病気になるわけではなく、確認のために行くだけですからね。時間がたてばたつだけ治りは悪くなります。様子を見るメリットは一つもありません。ぜひ一度検査されてみてください。


>興味は質問内容や質問者さんの返答と言いましても、何も利益といいますか、そういう事も考えず時間を使い、様々な方の質問に(しかも私なんていつも長文、質問だらけなのに)答えてあげるなんてすごいなぁとどうしても思ってしまいます。

私の利益は質問者さんの質問と返答です。色々な方の色々な考え、情報を仕入れるというのが私の最大のモチベーションであり、結果誰かのお役に立てたら素晴らしいじゃないか、という浅はかな考えです。ここでポイントを貰い集めても何にもなりません。ポイントが金品に変換できればいいですが、もちろんここはそんなシステムじゃありませんし、月一で選ばれるマスターランキング(アマゾンのギフトカードがもらえるらしい。いいなぁ~)だって、本部に目を付けらているでしょうから選ばれたことがありません(苦笑)


>むしろo120441222様のような方がいるからこのようなサイトが成り立ってますよね。
>きっとこれまで回答を頂いた方達も多くの方がo120441222様は有り難い存在と思ってると思います!

いえいえ、そんな大それた考えはありません。私は整体やカイロプラクティックなどの無資格治療院や、整骨院・接骨院の医療保険の不正求問題にある種偏った意見をもっていますので、私みたいなお節介を煙がる方も結構多いのですよ。


>図々しくもo120441222様に再びお聞きしたいと思っております。
>こちらの情報を頂いたので、タイトルでo120441222様の目に留まるよう意識して書きたいと思います。笑

このご質問を締めなくてもいいと思いますが、それは貴方にお任せいたします。仮に新しい質問を立てても、IDを入れてしまうと削除されてしまうのでご注意ください。しっかり見落とさないように頑張ります(笑)

投稿日時 - 2012-02-07 02:10:04

お礼

回答有難うございます。

o120441222様の考え方などを聞き、本当にこんなに素晴らしい人がいるんだなと思いました。
利益は質問者さんの質問と返答、情報を仕入れるのがモチベーション、結果誰かの役にたてたら・・・だなんて、利益といえば目に見えて自分が得する、などという考えをすぐにしてしまう私こそが浅はかな考えしかもってないなぁと思いました。


私は自分の体について気になり、何も知識がないのでこういったところで質問をし、幸運にもこのような知識ある方に多くの情報を頂き、利益があるのはこちらだけなのに、正直よくもまぁこんなにいつも答えてくれるものだなぁと考えてばかりでしたが、発想の逆転という言葉は違うかもしれませんが、回答を与え、そしてこんな何も知らない私なんかの返答にでさえ、そこから何か得られるものがある、とこういうような考え方ができるだなんて、本当に尊敬します。


>いえいえ、そんな大それた考えはありません。私は整体やカイロプラクティックなどの無資格治療院や、整骨院・接骨院の医療保険の不正求問題にある種偏った意見をもっていますので、私みたいなお節介を煙がる方も結構多いのですよ。

確かに違った考えや立場の方もいろいろいますし、なかにはそれは違う~!と意見が衝突することもあるのですね。
私なんかは難しいこと(いや簡単なことさえもかもしれませんが)は何もわからないですが、顔面神経麻痺になり今までネットで色々調べたなかで、それまで針治療も行った事もなかったですし、カイロ、整体なんて興味もなかったですし、整体って行くと気持ちいい程度のことを聞いたことがあるくらいで何も知りませんでしたが、カイロや整体、無資格などと色々不信感を抱く言葉を目にし、イメージが変わりました。
それに今回こちらでo120441222様の考えも少し聞き、やはり!!と改めて思いました。
実は顔面麻痺になった時に叔母から(前回言った叔母とはまた違う叔母です)ここのカイロ(だったかな?)がいいんだと強くすすめられたのですが、頚椎をポキっとし、まっすぐにする~などという話で、叔母がお金もだしてあげるし!とかなり薦められたけど、断りました。
今思うとやはり断ってよかったと思います。


私はこちらのサイトで質問も回答もあまりしたことがないので、どういうシステムなのか細かいことはよく知らないのですが、ではお言葉に甘え、この質問を一応締めずにいようと思います。
この一週間以上質問の連続だったので、さすがに今の所新たな質問は思い浮かばないですが。笑
しかし、ここでいつもo120441222様宛にお礼入力をしてますが、今後こちらに質問などを書いた場合お気づきになるのでしょうか?
お礼入力のところに書くとo120441222様にメールが届くようになっているのでしょうか?


月一で選ばれるマスターランキングというものがあるのですね。
私はo120441222様がなるべきだ!と思います。
本部に目をつけられてるから選ばれたことがないだなんて、なぜなのでしょうか!?
こんなに人の役にたっていることをされてるのに信じられないです!

投稿日時 - 2012-02-07 19:40:06

ANo.12

No.1です。補足ありがとうございます。


>もちろん日本でも冷たいお医者さん等もいるかもしれませんが。お医者さん全てがo120441222様のような方ならどんなにいいか!ととても思います。

私が決していいとは思いませんが、日本でも今診察の流れ作業化が問題になっています。病院のたらいまわし問題でもわかるように、患者さんに対して医師の数が不足しているのが根本的な原因なんでしょう。その結果、「医者は話を聞いてくれない」 「何時間も待って診察五分だ」 「痛いところを触ってもくれない」 など不満が爆発し、無資格施術者や怪しげなサプリメントに流れてしまっています。その結果治療可能な早期のガン患者が手遅れるになるケースなどの医療事故が後を絶たないのです。しかも日本の大多数の医師は口下手ですが、無資格施術者に限って饒舌で言葉巧み、患者さんの話を良く聞くために、みなさんある意味暗示にかかってしまうのだと思います。

医師の数を増やし、診療報酬を上げることが一番の解決方法ですが、人材育成や財源確保にそれなりの時間がかかり一朝一夕にはいきません。とりあえず各医療機関に、患者さんの話を丁寧に聞くカウンセラー見たいのを置き、患者と医師とをつなぐ専門職があればとてもよくなるのにと思っています。

すいません。全然関係ないことをしゃべりすぎました。この辺でやめておきます(苦笑)


>もちろんよく腹筋背筋はバランスよくとは聞きますが、筋肉つけてと言われ、背骨が問題だし背筋をもっと鍛えるべきなのかと思ってました。

もちろん背筋を同時に鍛えるとより強い腰回りが目指せます。でもまずは背筋よりも腹筋です。腰回りは胸と違い肋骨がありません。その分どうしても構造的に弱くなってしまうのですが、進化の過程で構造を犠牲にしてまで動きを取ったのです(骨があると動けなくなる)。腹筋を鍛えるのはその他の理由もあるのですが、分かりやすい理由はこんなところです。


>なので日本で整形外科で診てもらった19歳以降、筋肉が衰え、背骨のカーブがきつくなっていって、2年程前そこを指摘されたという事はかなり考えられますね。尚且つ姿勢も悪いので重心が変なところにかかって余計腰痛を引き起こす原因を作っていたのかもしれません。

そういう考えもできると思います。どちらにしても、レントゲン上の大きな異常がなければ、筋トレでかなり改善できるはずです。


>これもやはり精神的ストレスとの関係が大きそうなのですね。

それ以外には噛みあわせの問題もあるかもしれません。気になるようであれば一度歯科に行かれた方がいいと思いますが、まずはマウスピースで歯を保護した方がいいでしょう。


>旦那に質問し色々詳しく症状を聞き調べてみたところ閃輝性暗点というものではないかと思いました。

閃輝暗転の原因も様々あるようですね。ストレスや喫煙などまったく問題ではないもの、脳出血や脳腫瘤など精密検査が必要なものまで。まずは一度、眼科や脳神経外科で検査を受けられてみてはいかがでしょうか。


>もしまたこちらで120441222様の専門とされる運動器疾患など整形外科部門で質問をすることがありましたら、120441222様にそこでまたお答えして頂けたらいいなと勝手に思ってます。

美容健康のカテゴリで、運動器疾患系のタイトルがついているものは大体目を通しています。


>毎日のように120441222様とやり取りをしていてなんだか閉めるのが寂しいと思ってしまいます。笑

このご質問を締める締めないは貴方の権利なので、私としてはどちらでも構いませんよ。私の興味の対象はポイントではなく、ご質問内容や質問者さんの返答なので(笑)


>本当にたくさんの事を私なんかにもわかりやすいように説明頂き有難うございます。もう有難うございますという言葉では収まりきらないほど感謝の気持ちでいっぱいです。

そういっていただけるとこのサイトにお世話になってよかったなと思いますし、モチベーションも上がります。

投稿日時 - 2012-02-05 02:02:28

お礼

回答有難うございます。

医者の数が足りないという話は耳にした事がありますが、私なんかはその事に関してそこまで深刻に考える事もなく、そしてたまにお医者さんに行き、もしそこで満足がいくような診察をしてもらえないと、なんなんだ!とただ単純に不満に思ってしまいます。
しかしこのようなお話を聞かせて頂くとそういった複雑な事情もあるのだなぁと思いました。
無知な私にとっては大変勉強になります。
患者さんって不安な思いもすごくありますし、話を聞いてもらいたい、話を聞いてもらえるだけで心が軽くなる。という気持ちもすごくあると思うので、仰る通り、患者さんと医師を繋ぐカウンセラーみたいな人がいるととてもいいですね!
私も実際この場でo120441222様に次々と色んな質問をし、その度に一つ一つ丁寧な回答をもらえ、すごく嬉しいといいますか、有り難いなぁと思いましたし、
例え私の質問に対して結果わからないという答えを頂いたとしても、ちゃんと聞いてくれて考えてくれてアドバイスしてくれた。という事がすごく助けになると思います。
と、どうでもいい私の感想文ですね。笑


腰回りは胸と違い肋骨がないという事なんて、そういうものだと思っていたというか、今まで改めて考える事もなかったですが進化の過程でそうなっていったのですね。
腹筋を鍛えるなんてことももう全然してないので、まずは腹筋を意識的に鍛えたいと思います。


旦那はかなりストレスに弱いといいますか、このように何か症状に表れやすいようです。
よく多くの方もいいますが、よっぽどの事が起こらないと普段病院なども行きませんし、症状が出ても治ってしまうと、やはりどうしてもそのままにしてしまったりするので、一度検査などしてみた方がいいですね。


興味は質問内容や質問者さんの返答と言いましても、何も利益といいますか、そういう事も考えず時間を使い、様々な方の質問に(しかも私なんていつも長文、質問だらけなのに)答えてあげるなんてすごいなぁとどうしても思ってしまいます。

>そういっていただけるとこのサイトにお世話になってよかったなと思いますし、モチベーションも上がります。

むしろo120441222様のような方がいるからこのようなサイトが成り立ってますよね。
誰も回答してくれないと思ってたのに、それどころか一般の方より遥かに知識のある方に回答頂けて本当に驚きました。
私なんかはもちろん周りにo120441222様のような知識を持ってる人なんていませんし、本当に助かりました。
きっとこれまで回答を頂いた方達も多くの方がo120441222様は有り難い存在と思ってると思います!


今週はまだ鍼灸院の予約をとってないのですが、もしまた通ってみて、先生に聞きにくいことや、あるいは言葉の壁があって聞けないことなど、何か疑問があったら、図々しくもo120441222様に再びお聞きしたいと思っております。

>美容健康のカテゴリで、運動器疾患系のタイトルがついているものは大体目を通しています。

こちらの情報を頂いたので、タイトルでo120441222様の目に留まるよう意識して書きたいと思います。笑

投稿日時 - 2012-02-06 06:37:18

ANo.11

No.1です。補足ありがとうございます。


>実際お医者さんに行ってみると、こんなものか、日本の方が丁寧だな、なんて思いました。(それは人によりますし、こういった事と医療が進んでる事は関係ないでしょうけど)

それは良く聞く話ですね。カナダの整形外科も非常に雑だと聞いたことがあります。ある国では絶対に予約をしなければ診察を受けれないとか、アメリカでは健康保険制度がないですから、ちょっとしたことでも気軽に見てもらうことなんかできないですよ。日本の医療やそれを支えるシステムは素晴らしいものがあります。財政は非常に厳しい現実がありますが、日本人の知恵で何とか立て直したいですね。


>腰椎が先天的に反りすぎているための腰痛というのも実際にあるのですね。

先天的な異常というのは実は結構あります。腰椎は基本的に五個あるのですが、一個多かったり少なかったり、椎間板が薄かったり、骨の突起が異常に長かったりです。当然このような異常があると、腰痛が出やすいということが言えると思います。自分の体の状況が分かれば、生活や運動の対策を立てやすくなります。このような情報はレントゲンでなければ知り得ません。レントゲンとは体の状況を知るいいツールです。


>日本ではその当時今ほど腰が反れていなかったのか、それとも腰が反っている事よりも椎間板症に目がいったのか。

腹筋とは肋骨と骨盤についています。腹筋に力を入れると、骨盤を前から引っ張り上げます。骨盤の前が上がれば、後は下がります。後ろには背骨がついていますので、骨盤の前が上がると背骨のカーブが緩くなり、後が上がると背骨のカーブがきつくなります。当然きつい方が背骨の負担がかかりますので、腰痛が酷くなるわけです。 「腰痛は必ず腹筋を鍛えろ」 という意味の一つにはこうした理由があります。


>役に立ってるような、立ってないような、だなんてとんでもないです!こんな質問に対しても、どこまでも親切にお答え頂き、本当に有難うございます。

そうですかね?そういっていただけるとありがたいです。


>これらは全て耳鳴りに関係するのでしょうか?どれ程のレベルなのか私にはわからないのですが、放っておいてもいいものなのでしょうか?

耳鳴りという症状は実は意外とやっかいでして、原因がつかみにくいものの一つです。有名なものではメニエール病や突発性難聴など病気に由来するものがあります。他には神経、耳の組織・器官の異常。血管や筋肉が発する異常音に由来するものです。人間というのは無音ということは実際にはあり得ません。限りなく無音の空間に行けば、スーとかシーとか聞こえることありませんか?そういう生理現象が強く感じることもあるかもしれません。


>それとも耳鳴りも、歯を食いしばってしまう、首が痛くなる事などもっと深刻に考えたほうがいいでしょうか?

いわゆる歯ぎしりってやつですかね?これは歯を傷める可能性がありますので、マウスピースを作ってもらった方がいいと思います。首の痛みは詳しく調べてみないと分からないかもしれませんが、歯ぎしりや精神的ストレスは大きな要因になっているかもしれませんね。先ほど簡単にご説明しましたが、耳鳴りも色々な原因があります。首が痛い、極度に肩がこって耳鳴りの様な症状を訴える方がいますが、数はそんなにいません。仮にすべてを同じ原因で考えようとするならば、精神的ストレスが妥当なのかなと思います。ところで耳鼻科にはいかれてはないんでしょうか?行かれていないならとりあえず耳鼻科で一回調べてもらってはいかがでしょうか。


>滅多にないですが、ストレスがすごい溜まってた場合その後、片方の目が見にくくもなる事もあります。

目が見えにくくなるというのが、例えば視力が落ちるのか、眼精疲労、視野が欠ける、ぼやけるなど色々あると思いますがどのような感じなんですかね?確かに肩こりなどの治療したときに視野が広がり、明るく感じる、目がすっきりした感覚は結構ありますが、その逆で肩こりやストレスで目にこのような異常が出るのはあまり聞いたことがありません。もともと目の機能に異常があって、ストレスで悪化していることも考えられます。一度眼科で目の検査をされてみてはいかがでしょうか。


>もしお答え可能でしたらで構いませんのでよろしくお願い致します。

中途半端な回答になってしまって申し訳ないです。私は運動器疾患など整形外科部門が専門なので、これ以上詳しいことは分かりません。原因によっては病院や鍼灸院でも対応できるものもあると思いますので、まずは検査されることをお勧めいたします。

投稿日時 - 2012-02-04 03:37:59

お礼

回答有難うございます。

海外で暮らすと日本の良さを改めて実感するといいますが、やはりお医者さんに行った時の対応なども日本の方がいいなぁととても思います。
もちろん日本でも冷たいお医者さん等もいるかもしれませんが。
お医者さん全てがo120441222様のような方ならどんなにいいか!ととても思います。


>腹筋とは肋骨と骨盤についています。腹筋に力を入れると、骨盤を前から引っ張り上げます。骨盤の前が上がれば、後は下がります。後ろには背骨がついていますので、骨盤の前が上がると背骨のカーブが緩くなり、後が上がると背骨のカーブがきつくなります。当然きつい方が背骨の負担がかかりますので、腰痛が酷くなるわけです。 「腰痛は必ず腹筋を鍛えろ」 という意味の一つにはこうした理由があります。

大変有り難い説明です。
整形外科で筋肉をもっとつければ・・・と言われましたが、実際の所、骨が反りすぎてるのに筋肉がついたところで一体どうなるのか?など詳しいことは何もわからないままでした。
言葉の壁もあるので、仮に説明を聞いても理解できないでしょうし。
それに腹筋なのですね。
もちろんよく腹筋背筋はバランスよくとは聞きますが、筋肉つけてと言われ、背骨が問題だし背筋をもっと鍛えるべきなのかと思ってました。
今までずっとこれも謎だったのですが、またしてもわかりやすく説明して頂き(しかもどうして筋肉をつけるべきなのかという質問をこちらがする前に!)もう本当にo120441222様、素晴らしすぎます。

中学生の頃は部活で運動しまくってましたが、高校生からは体育の授業以外運動なんて全然してませんでしたし、大人になってから全く運動せずです。
なので日本で整形外科で診てもらった19歳以降、筋肉が衰え、背骨のカーブがきつくなっていって、2年程前そこを指摘されたという事はかなり考えられますね。
尚且つ姿勢も悪いので重心が変なところにかかって余計腰痛を引き起こす原因を作っていたのかもしれません。


歯ぎしりもたまにしていますし、たぶん歯ぎしりのように音をたてずに本当に上下の歯をグーッとすごい力で噛む、まさに食いしばるという感じのもよくしてると思います。
これもやはり精神的ストレスとの関係が大きそうなのですね。
実はこれは最近になって私もたまにやるようになりました。(もしかして前からかもしれないですが)
ふと夜中目が覚めて、あぁ今すごい食いしばってた!って気づきます。
私は、翌日顎関節が疲れてるなんていう旦那ほどでは全然ないですが。

耳鳴りも様々な原因があるのですね。
原因はこれ、というのは難しいみたいですね。
耳鼻科にはまだ診てもらったことはないです。
酷いようなら旦那に行くように勧めたいと思います。

目はどのように見えにくくなるのか120441222様に聞かれ、旦那に質問し色々詳しく症状を聞き調べてみたところ閃輝性暗点というものではないかと思いました。
すみません、お言葉に甘え本当になんでも聞いてしまって、質問する前に自分でちゃんともっと調べるべきでした。
申し訳ないです。

体の様々な症状はストレスからくるというのが本当に多いのですね。
マウスピースを作り、耳鼻科、眼科で一度チェックするよう言ってみます。

本当にこんなことまですみません。
全然中途半端な回答なんかではないです。
専門外な事を聞いてしまい、それにこんなの病院で診てもらえばいいだろう!というような事ばかりだったのに、それでも丁寧にまた色々教えて頂き本当に有難うございます。


すみませんと言いながらも図々しく質問の連続で、それでも全てにお答え頂き有難うございます。
もしまたこちらで120441222様の専門とされる運動器疾患など整形外科部門で質問をすることがありましたら、120441222様にそこでまたお答えして頂けたらいいなと勝手に思ってます。
毎日のように120441222様とやり取りをしていてなんだか閉めるのが寂しいと思ってしまいます。笑
本当にたくさんの事を私なんかにもわかりやすいように説明頂き有難うございます。
もう有難うございますという言葉では収まりきらないほど感謝の気持ちでいっぱいです。

投稿日時 - 2012-02-04 06:55:27

ANo.10

No.1です。補足ありがとうございます。


>長時間履くとなればきちんと合っているものを選びたいと思います。

みなさんきつい靴は警戒しますが、大きめの靴はまったく無警戒の方が多いと思います。しかし影響は大きいですから、しっかりジャストサイズの靴をお選びください。


>もちろんあの当時でもその名前はさすがに知っていたのですが、しかしその名前は一切言われなかったので、それは違うだろうと思ってました。

確かに腰の異常と言えば、ヘルニアというくらい有名ですからね。ただ、なにかが飛び出すというのは腰ではヘルニア以外該当しないように思えます。


>でもそもそも、ヘルニアも症状はよくなっても治るものではないでしょうし、時間がたってレントゲンを見て異常ないっていう事はないですよね?

ヘルニアは今の医学で自然治癒することが分かっています。簡単に言えば飛び出した部分を白血球が食べてしまうからです。ヘルニアが完治してしまえば、画像上の異常はないでしょう。


>腰部椎間板症もヘルニア同様、精神的ストレスからくるという事も考えられるのでしょうか?

精神的ストレスと椎間板症の関連性は良くわかりません。論文の類でも見たことがありませんし、臨床でも腰痛の患者さんの原因を特定するのは容易ではありません。たとえば椎間板症にしても、椎間板の劣化が腰痛の原因と特定できても、ではなぜ椎間板劣化したのか?は、老化、仕事、趣味、体重、ストレスなど様々な要因が複雑に絡んでくるので、 「そういうことも一理あるでしょう」 ということぐらいしか言えないのです。


>でも前もって、ずっと前に日本でこんな事があって先生にこう言われて~とか説明したのに、なんだったんだろうね?!だけじゃなく、それだったらこういう事も考えられる、こういった可能性もあるなどと、o120441222様のようにもうちょっと話してくれてもいいのにと少し不満も感じます。そして、では今回痛くなった原因は?の答えは腰が少し反りすぎててここの湾曲した所が神経にあたるのかも。と説明された事もこう考えていくとなんだか腑に落ちませんが。

そうですね。もしかしたらあなたが今お住まいの国では椎間板症が病気の概念としてないのかもしれませんし、腰椎が先天的に反りすぎているための腰痛というのも実際にあるので、詳しくは昔の医師に聞いてみないと真相が分かりませんね。


>今は異常なしっと言われたのかがずっととても不思議だったので、こんな事まで聞いてしまいました。知識のない素人がどう考えても何もわからなかったので、こういった事も考えられる、とまた色々と教えて頂き本当に感謝致します。

いえいえ。なんだか玉虫色の結果で申し訳ございません。


>最初は針の事だったのに、なんだか色々な事を聞いてしまい申し訳ないですけど、何を聞いても丁寧で的確な回答を頂けて、本当に毎回驚きと感謝でいっぱいです。

役に立っているような、立っていないような分かりませんが、他にも何かありましたらお聞きください。

投稿日時 - 2012-02-01 21:45:48

お礼

回答有難うございます。

ヘルニアは自然治癒するのですね!
一度なれば手術以外では治らないのかと思っていました。


確かに、なぜ椎間板が劣化したのかという原因はいろいろ考えられるでしょうし、精神的ストレスもその中に含まれているのかもという事しかいえないですよね。
顔面神経麻痺もはっきりした原因はわからない中で精神的ストレスにより免疫力が落ち・・・などとも言いますし、どちらにしても精神的ストレスによっていい事は起こらないですね。


椎間板症が病気の概念としてないのかもしれないという事も、たしかに考えられますね。
ちなみに住まいはドイツなのですが、もちろん何も知識のない私でも、ドイツは医療が進んでるというくらいは聞いたことがあったのですが、実際お医者さんに行ってみると、こんなものか、日本の方が丁寧だな、なんて思いました。(それは人によりますし、こういった事と医療が進んでる事は関係ないでしょうけど)
腰椎が先天的に反りすぎているための腰痛というのも実際にあるのですね。

日本ではその当時今ほど腰が反れていなかったのか、それとも腰が反っている事よりも椎間板症に目がいったのか。
こっちで診たときは、椎間板が再び厚くなる事はないですし、椎間板症はあまり気にされず腰が反ってることに目がいったのか。

このようなことが考えられるのですね。
仰る通り、昔の先生に聞いて見なければ真相はわかりませんね。
しかしこういった事が考えられるという事を知れただけでも、大変助かりました。
きっとこちらで教えてもらわなければ、一生、なんだったのかな?って考えてたと思います。
役に立ってるような、立ってないような、だなんてとんでもないです!
こんな質問に対しても、どこまでも親切にお答え頂き、本当に有難うございます。
こんな方が身近にいたらどんなにいいだろう!って思ってしまいます。


すみません、またしても関係ないことを聞いてしまうのですが、

私ではなく旦那なのですが、ここ2,3年片方の耳だけ耳鳴りがするらしいのですが、そこまで言ってこないので、そんなに深刻ではないのかな?とは思っていたのですが。
聞くところによると普段は回りに音が溢れてるので平気だけど、夜寝るときはシーンとしてるので、その時にキーンと聞こえるらしいのです。
しかし、眠りにつけないとかそこまでではないようです。
よく旦那が耳鳴りよりも私に話してくるのが、寝てる間にすごく歯を食いしばってしまうようで翌日起きると顎関節のところがすごく疲れてるらしいのです。
これもかなり前からです。
あとストレスがたまると首の後ろが凝るというかかなり痛くなりやすいらしいみたいなのです。
これらは全て耳鳴りに関係するのでしょうか?
どれ程のレベルなのか私にはわからないのですが、放っておいてもいいものなのでしょうか?
それとも耳鳴りも、歯を食いしばってしまう、首が痛くなる事などもっと深刻に考えたほうがいいでしょうか?

滅多にないですが、ストレスがすごい溜まってた場合その後、片方の目が見にくくもなる事もあります。
一日の中で元に戻るみたいですが、さすがに目が見えにくくなるのは怖いなぁと思うのですが、ずっと続くわけではないのでそのまま特に何もせずという感じなのですが、何か改善できる方法があるのか、それともストレスを溜めないよう心がける以外ないでしょうか。

毎回次々と違う質問してしましすみません。
もしお答え可能でしたらで構いませんのでよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2012-02-03 20:22:23

ANo.9

No.1です。補足ありがとうございます。


>マッサージとは奥が深いものですね。

そうですね。有資格者でも技術で苦しんでいる人はいますので。


>腰など大切なところに近いので、いくら骨は避けてるといっても素人があまり揉んだりしない方がいいのでしょか?

腰は筋力的に強く、また厚みもあります。骨を直接押さなければ首を程神経を使う個所ではないです。腰、臀部、腿裏まで丁寧にマッサージすれば効果的でしょう。一般の方ではマッサージよりも指圧の方が揉まれる側には優しいです。でもやる方は指圧の方がきついですから、ご主人に無理をさせないようにお気を付けください。


>今は冬なのでシープスキンブーツというボテっとした靴をしょっちゅう履いてるのでつま先が狭い心配も、大きすぎる心配もないのですが、やはりそれ以外はファッションという事でちょっとつま先が狭いものや、試し履きして購入したけど、その時は足が浮腫んでいた為、やっぱり少しサイズ大きかったなぁなんていう靴もあるので、今後は靴選びも教えて頂いたように慎重に選びたいと思います。

例えば手袋なんかで考えると分かりやすいですが、小さすぎても、大きすぎ手も使いずらいですよね?靴も同じことが言えます。ファッションを取るか、足の健康を取るか悩ましいところですが、普段履きは足の健康を優先された方がいいと思います。


>すみません、叔母の小指が曲がっているというのは手の指の事です。左右それぞれ結構外側に反れてます。

ということは軟骨が減ってる可能性、さらに亜脱臼ということもあるかもしれません。正確にはレントゲン検査が必要です。


>指をよく使っているとなりやすい傾向があるとの事ですが、たとえばPCのキーボードの打ち込みやピアノを弾くというのもそれに当てはまるのでしょうか?

これらが本格的に流行った世代が、まだ初老期に入ってきてはいないので、これの正確な答えが出るのはもう少し先だと思います。少なからず影響はありそうな気もしますが、ピアニストが関節痛で引退という大きなニュースも聞かないのでひょっとしたら全く影響もないかもしれません。


>骨が飛び出る?みたいな事も言われたのですが、なんだか難しいなぁと思っていて100%状況を理解してたわけじゃなかったのですが。

腰椎椎間板ヘルニアのことでしょうかね?


>そして普通は年寄りがなって若い人は珍しい。とも言われた記憶があります。でもMRIもとってなかったので、やはり違うのですかね。説明を読むと、昔先生に言われた説明の記憶を思い出し似てるなぁと思ってしまうのですが。

医学の常識というのは10年たてば結構変わります。ですから昔の先生が説明したことが、今考えて正しいかと言えばそうは言いきれません。今の状態のレントゲンで問題ないと言われているのであれば、必要以上に気にすることもないかもしれません。


>でももし仮にそうだったとしても、その後他の先生が見て何もなってないよっていうくらい元に戻ることはないですよね。

そうですね。分離症であれば骨折なんで骨がつく可能性がありますが、LSCSでは元に戻ることはありません(症状は取れます)。


>脊柱側弯症、腰椎分離症は見落とす医者もいるとの事ですが、ではもし他に考えられるとするなら日本ではそれらの病名を告げられ、二年前こちらでみてもらった時にはその先生はそれを見落としたのかもしれないという事ですかね。

側弯症は見落とすことはないと思いますけど、分離症であればありますね。圧迫骨折と言って骨が上下に潰れるような骨折でも見落とす医者もいますから・・・(苦笑)


>普段は普通にしていて腰痛はないのですが、最近はたまに長時間椅子や車に座っていたりすると痛くなることがあります。(そもそも長時間そうやって座ってるという事は普段あまりないですが)もしかしてその時のストレス具合によって痛くなりやすかったりそうでもなかったりするのかなと思います。二年前の旅行を思い出すと、旅行前に、旅行までにあれしないと、これ用意しないと、と色々嫌になるぐらい考えてしまう性格な上、自分で自分にストレスを与えていたのかなと。それまではずっと特に腰痛もなかったので。

腰椎椎間板ヘルニアの一つの要因に精神的ストレスもあります。日本式の元である東洋医学でもこのような考えをするそうです。ですからもしかしたら可能性はあると思います。あと身体的ストレスというなら長時間同じ姿勢、旅行という非日常などの負担があったと思います。レントゲンで大きな異常がないものに腰部椎間板症という病気があります(明らかな異常があるケースもあります)。椎間板が少し劣化してくる病気なのですが、椎間板の厚みがこれくないなら椎間板症という目安がないので、人によっては異常なしにすることもあるかもしれません。あとは先天的に椎間板が薄い人もいます。


>とにかく筋肉をつけなければという事ですね。何事も運動ですね。2年以上前日本にいた時は毎晩母と歩いたり、走ったり(母は走りませんが)ストレッチしたりしてたのですが、もうずっと本当に何もしてないので。

屋外ウォーキングを運動として40分前後(週三回以上)、腹筋背筋を鍛え、腿裏のストレッチをしっかり行いましょう。


>今回も、まさかそこまで!!と思うほど丁寧に詳しくお答え頂き驚きました。

書いてて熱がこもってくるいつもの悪い癖です(苦笑)
私は一向に構いませんので、分からないことがあればお聞きください。

投稿日時 - 2012-01-31 17:10:17

お礼

回答頂き有難うございます。

腰のマッサージは骨を避ければ素人がやっても平気なのですね。
安心しました。
やり方は指圧で!と旦那に言ってみます。笑


確かに手袋で考えると分かりやすいですね。
ヒールがあるものをほとんど履かないといっても、スニーカーでも大きさは合っていても持ってるものによって幅が細いタイプなどもあり、これは小指が当たるなぁなんて思う事もあったのですが、履いていればその内慣れるかなっとそこまで気にもしてませんでした。
長時間履くとなればきちんと合っているものを選びたいと思います。


姉はヘルニアなので、以前腰の話になった時に、この私の腰の病名ってなんだったのかなぁと昔先生が説明してくれた内容を前回こちらに書いたように姉に話し、ヘルニアじゃないの~?といわれたのですが、腰の病気でよく聞くのは腰椎椎間板ヘルニアですし、もちろんあの当時でもその名前はさすがに知っていたのですが、しかしその名前は一切言われなかったので、それは違うだろうと思ってました。
でもそもそも、ヘルニアも症状はよくなっても治るものではないでしょうし、時間がたってレントゲンを見て異常ないっていう事はないですよね?


腰部椎間板症という名前を初めて聞き、少し調べてみたのですが、簡単にいうとヘルニアの手前みたいな感じかなと思ったのですが、ひょっとしてこれだったのかなぁ?とも思えました。
痛みもあれだけ出たという事もそれなら納得できそうですし。
腰部椎間板症もヘルニア同様、精神的ストレスからくるという事も考えられるのでしょうか?


>レントゲンで大きな異常がないものに腰部椎間板症という病気があります(明らかな異常があるケースもあります)。

こっちの整形外科では異常なし、と言われ、日本ではレントゲンを見て、ほらここが~と説明されたので随分差があるなぁと思いますが、人によって異常ありなしは違うとの事ですし、以前違う先生にこう言われたと伝えてもはっきり異常なしと言われたぐらいなので、日本で言われたのはもしかして本当に小さな症状のものを異常有りと言われたのかなぁと思えば納得もできるような。。。
でも前もって、ずっと前に日本でこんな事があって先生にこう言われて~とか説明したのに、なんだったんだろうね?!だけじゃなく、それだったらこういう事も考えられる、こういった可能性もあるなどと、o120441222様のようにもうちょっと話してくれてもいいのにと少し不満も感じます。
そして、では今回痛くなった原因は?の答えは腰が少し反りすぎててここの湾曲した所が神経にあたるのかも。と説明された事もこう考えていくとなんだか腑に落ちませんが。


確かではないですが考えられる可能性としては腰部椎間板症ということと、どちらにしても久しぶりにレントゲンを撮り、異常はないと言われたけど、以前あのような経験もしていますし、椎間板が少し薄くなっている可能性は高そうなので、悪化させていけないよう気をつけなければいけませんね。
適した運動方法まで教えて頂き有難うございます。


またしてもダラダラとまとまりのない文章になってしまってすみません。
今の状態で異常なしと言われてるので、心配する事はないのですが、ただなぜ日本で以前あんな痛みになりレントゲンを見てここに異常ありと説明されたのに、今は異常なしっと言われたのかがずっととても不思議だったので、こんな事まで聞いてしまいました。
知識のない素人がどう考えても何もわからなかったので、こういった事も考えられる、とまた色々と教えて頂き本当に感謝致します。


>書いてて熱がこもってくるいつもの悪い癖です

悪い癖どころか素敵な癖です。
有り難いです。
最初は針の事だったのに、なんだか色々な事を聞いてしまい申し訳ないですけど、何を聞いても丁寧で的確な回答を頂けて、本当に毎回驚きと感謝でいっぱいです。

投稿日時 - 2012-02-01 04:09:52

ANo.8

#7の続き・・・


>なんだか説明が下手な上に日記かというほど長文で書いてしまったのですが、まずなぜ日本で昔あんな風に言われたのに、数年後そんな症状ないという事になったのか不思議で、
こんな事まで聞かれても知るか!という感じかもしれないのですが、もし何かご意見ありましたら、なんでもいいので仰って下さい。。。

まずテレビで言っていた脊柱管狭窄症(LSCS)のご説明をします。背骨には脳から出た神経の束が通るトンネルがあります、それを脊柱管とよび、首から腰まで通り、その分岐分岐で全身に枝分かれしています。腰の骨とはレントゲンで真横から見ると、綺麗な四角い形をしているのですが、椎間板(軟骨上のクッション)と呼ばれる組織が劣化してくると、クッション性が落ち骨にかかる負担が大きくなります。骨への負担が大きくなると骨の変形が始まります。横から見て真四角だったものが、横に平たく左右の上下が飛び出した歪な形になってきます。脊柱管は四角い骨の後ろ側にあるので、骨が横に伸びてくるとトンネル内の空間を物理的に狭めることになります。この状態を脊柱管狭窄症と呼び、一般的には老化による脊柱管狭窄症が圧倒的に多いです。有名人で言えばみのもんたがLSCSで手術をしました、最近では歌手エグザイルのメンバーが発育性LSCSと診断されたそうで、これは要するに先天的に脊柱管が狭いという診断ですね。

ですから貴方が13、14でLSCSと診断されるのは非常に稀で、もし仮にその診断を受けてもレントゲンの他に必ずMRIを取ると思いますので、LSCSではないと思います。

他に考えられると言えば脊柱側弯症、腰椎分離症などは若年性ならでは異常です。その中でも腰椎分離症は結構見落とす医師が多いのも事実です。腰のレントゲンは正面と側面の画像が一般的ですが、分離症に関しては左右斜面の画像が診断には有効です。これを取らない医師に見落としが多いです。ですからそちらの医師が二枚しかレントゲンを撮っていないのであれば、見落としている可能性もあると思います(四枚しっかり取っても見落とす医師もいますが・・・)。

分離症は簡単に言えば腰の骨の骨折です。みなさん若いころに受傷するのですが、その当時はまったく痛みもなく気付かない、社会人になり運動不足になり、腰痛が取れないのでレントゲンを撮ると 「分離症やってるね」 と初めてわかるケースが非常に多いです。分離症に限らず、ほか脳腰痛疾患、整形外科分野の運動器疾患は骨がもともと原因であっても、実は筋肉の強さでいくらでもカバーできるのです。だから分離症があっても、若いころは運動していたので腰痛を感じないケースが多いのです。逆に言えば治療は、骨を治さなくても痛みは取れるということにもなります。実際に病院では分離症でもLSCSでもまずはお薬などの薬物療法、牽引や電気などの理学療法、散歩や筋トレなど運動療法などを地道に行えば完治に至るケースは沢山あります。もちろんそれでも手術というケースはありますけど、手術しなければ完治しないということはありません。


これら病院の治療方法に、鍼治療という違う角度でのアプローチも非常に有効だと思います。予防は屋外ウォーキングに腹筋背筋の筋トレ、腿裏のストレッチは最低限の必須項目になると思います。



いや~久しぶりに回答を分けるということをしました(苦笑)
頭の中でまとめながら書かせていただきましたので、良くわからないところがきっと多くあると思います。分からないところあればお聞きになってください。

長文、乱文失礼致しました。

投稿日時 - 2012-01-30 17:37:20

お礼

本当に毎回こちらが求めている以上の丁寧な回答をして頂き有難うございます。

マッサージとは奥が深いものですね。
確かに一番いいのは運動、ストレッチをして健康な体を作っていけば自然と肩こりなどもよくなりますよね。
よく背中の上の方もストレスなどが溜まると痛いというか凝ることがあるので、旦那に背中全体もマッサージしてもらうのですが、特に腰はあのような事があったので怖いので一応慎重に骨は必ず押さないよう背骨の横を左右それぞれ骨に沿って押していってもらうのですが、さすがにそこはそんなにすごい力ではやりませんが、腰など大切なところに近いので、いくら骨は避けてるといっても素人があまり揉んだりしない方がいいのでしょか?


外反母趾についても詳しく有難うございます。
遺伝的要因もあるのですね。
隔世遺伝というのか、体の症状で叔母と似てる所があるためちょっぴり不安です。
靴のサイズは大きすぎてもダメなのですね。
今は冬なのでシープスキンブーツというボテっとした靴をしょっちゅう履いてるのでつま先が狭い心配も、大きすぎる心配もないのですが、やはりそれ以外はファッションという事でちょっとつま先が狭いものや、試し履きして購入したけど、その時は足が浮腫んでいた為、やっぱり少しサイズ大きかったなぁなんていう靴もあるので、今後は靴選びも教えて頂いたように慎重に選びたいと思います。


すみません、叔母の小指が曲がっているというのは手の指の事です。
左右それぞれ結構外側に反れてます。
とにかく軟骨というものは大切なのですね。
色々お話を聞くと年をとるのは嫌だと思えてしまいますが、それは仕方ない事ですし、どう予防していくかですね。
指をよく使っているとなりやすい傾向があるとの事ですが、たとえばPCのキーボードの打ち込みやピアノを弾くというのもそれに当てはまるのでしょうか?


脊柱管狭窄症ではなさそうなのですね。
病名を書かれた紙を見せられた時に脊柱管狭窄症のように漢字が6,7個と連なっていて、なんだこの言葉!中国語みたいだな!と思った記憶があり、これだったのかな?なんて思いました。
その時は19歳だったのですが、若かったせいか病名なんて言われてもわからないしと、あまり気にもしてませんでした。
なので手術したとTVで言っていたので、悪化したら、年取ったら私もそうなる恐れがあるのか!?と怖くなりました。

ただ、o120441222様の説明を読むと、やはり昔先生が説明してくれたものと似てる気がします。(でも頭が悪いので何度もo120441222様の説明を読んだものの、本当に理解できているか自信ないのですが・・・)
その整形外科の先生が骨の模型みたいなのを出して説明してくれた時に、o120441222様が書かれていたように、ここに神経の束が通ってるんだ、と束になってる模型も見た記憶があり、クッションの役割をしてる軟骨ががなくなっていってここが狭まっていっちゃうんだ。
神経にあたって痛むんだ。
骨が飛び出る?みたいな事も言われたのですが、なんだか難しいなぁと思っていて100%状況を理解してたわけじゃなかったのですが。
そして普通は年寄りがなって若い人は珍しい。とも言われた記憶があります。
でもMRIもとってなかったので、やはり違うのですかね。
説明を読むと、昔先生に言われた説明の記憶を思い出し似てるなぁと思ってしまうのですが。
でももし仮にそうだったとしても、その後他の先生が見て何もなってないよっていうくらい元に戻ることはないですよね。

脊柱側弯症、腰椎分離症は見落とす医者もいるとの事ですが、ではもし他に考えられるとするなら日本ではそれらの病名を告げられ、二年前こちらでみてもらった時にはその先生はそれを見落としたのかもしれないという事ですかね。

普段は普通にしていて腰痛はないのですが、最近はたまに長時間椅子や車に座っていたりすると痛くなることがあります。(そもそも長時間そうやって座ってるという事は普段あまりないですが)
もしかしてその時のストレス具合によって痛くなりやすかったりそうでもなかったりするのかなと思います。
二年前の旅行を思い出すと、旅行前に、旅行までにあれしないと、これ用意しないと、と色々嫌になるぐらい考えてしまう性格な上、自分で自分にストレスを与えていたのかなと。
それまではずっと特に腰痛もなかったので。

とにかく筋肉をつけなければという事ですね。
何事も運動ですね。
2年以上前日本にいた時は毎晩母と歩いたり、走ったり(母は走りませんが)ストレッチしたりしてたのですが、もうずっと本当に何もしてないので。
あとは針ですね。
質問をこちらでして回答を頂き、中国針の方にしようと決めたのですが、今週はちょっと色々と予定があり行けそうもないので、結局まだそこには先週1度行っただけです。

いつも私なんかにも理解しやすいように、わかりやすい例を挙げたりして説明して頂き有難うございます。(それでもちゃんと理解してない場合もありそうですが・・・)
毎回お時間使って頂き本当に感謝致します。
今回も、まさかそこまで!!と思うほど丁寧に詳しくお答え頂き驚きました。
本当に有難うございます。

投稿日時 - 2012-01-30 22:40:35

ANo.7

No.1です。補足ありがとうございます。


>すみません、前もって言いますが、すごい長文で読みにくいと思います。。。

私も同じことを断っておきます。お互い様ですね。


>ものすごい力で結構長い事揉みますし、まさにこれです。
私も旦那に揉んでもらう時、特にコリが酷いと、良くないのかなぁと思いつつも、もう指が埋れちゃうというぐらい押してもらってしまってます。

マッサージはやりすぎるとこのようなことが起きますし、他には肉離れのような筋繊維の損傷、神経痛の悪化、骨の弱いお年寄りでは骨折なんか決して少なくありません。鍼はこういう弊害を防ぐことができますので、気胸などに気を付ければ実は鍼が一番体にやさしい治療方法になります。


>弱い力で効果を出すのがポイントなんですね。長年これをやってきていたので、気づくのが遅かったかもしれませんが、ここで教えて頂いて本当によかったです。

でもこれは文章にしてしまうとものすごく簡単ですが、じっさいやるとなると本当に難しいです。筋肉をしっかり把握し、筋肉を捉えながらも逃がすような感じでマッサージしていきます。筋肉を捉えきれず上っ面だけになると、揉み返しなど筋組織の炎症につながります。一般の方は運動やストレッチをお勧めいたします。私も自分でやるときは、マッサージなどせずにストッレチをします。


>あと一つ疑問なのが、よく肩にあるのですが、押すというか揉み解すようにやると一部ゴリゴリする所があって、なんとなくそれがコリでこれをほすぐのがいいのかと、そこをゴリゴリするのですが、そのゴリゴリするところは何なんでしょうか?
>このように指でゴリゴリ揉んでいいのでしょうか?

正確な場所が分からないので何とも言えませんが、ツボで言えば肩井、肩中兪、肩外兪、膏肓の付近に筋肉のゴリゴリ(硬結と言います)があることがおおいですね。それが筋肉であれば問題は少ないですが、先ほどの関連でいえば、へたに揉みすぎるとかえって炎症を悪化させてしまうことも懸念されます。また骨をコリと勘違いされるケースも結構あります。痛みを感じるときは決して無理しないようにしましょう。


>よく聞くのはヒールをよく履くとなる。という事ですが、元々なりやすい人はなりやすいなど、それ以外にも原因はあるのでしょうか?

遺伝的な要因もあるでしょうし、靴下やストッキングが原因だと仰る方もいますが、一般的には靴が一番大きな原因とされています。靴文化が日本に定着し始めたころから、多くなってきている疾患なので、個人的にも靴が原因で間違いないと思います。


>元々私はそんなにヒールの靴を履きませんし、今の所外反母趾の心配もない足だと思うのですが、とは言っても、今後ヒールの靴を頻繁に履かなくても外反母趾になるという事も考えられるのでしょうか?
何か予防はあるのでしょうか?

実は何もヒール(きつすぎる靴)が原因とも限らないのです。問題はジャズとサイズの靴を履いているか?靴の形と貴方の足の形は全く同じか?ということです。

では具体的に靴のチェック方法、選び方を少しお話します。皆さんはメーカー、ジャンル、デザイン、値段、表示サイズのみで靴を選びすぎです。大事なのは “足の形と靴の形が同じか” です。

足と靴を並べて、形を良く見比べましょう。特につま先の形は人それぞれあります。試しに自分の足と家族、友達の足を見比べてみてください。遺伝や人種により多少傾向はあるものの、つま先の形は尖っている人もいれば、四角い様な形の人など様々いることがお分かり頂けると思います。靴もそうです。ヒールのようなスマートなデザインのもの、つま先に少しゆとりのあるようなデザインのものなど様々あります。では、今メインでお履きになっている靴の形と貴方の足の形は同じですか?つま先の形をよく見比べてみてください。では幅はどうですか?踵をあわせてよく見てみましょう。中敷きを出して直接足を置いてみてください。脚のライン が中敷きからはみ出していたり、内側にあったりしませんか?つま先は中敷きのラインと同じでしょうか?

良さそうなら履いてみてください。足の指を上げてサイズを確認しましょう。指先の余裕が1センチ以下のもを選んでください。少し歩いてみて違 和感が無いか最終チェックしてください。

「小さいのがダメなのであれば、少し大きめならいいか?」
実はこれもNGです。大き目の靴は、中で足が遊ばない様に踏ん張ってしまいます。踏ん張ると指は内側にむくので、外反母趾になったり関節はどんどん出てきます。


>叔母もかなり外反母趾が酷く、それとここ数年手の小指が第一関節からか忘れましたがとにかく外側に曲がってしまってすごいんです。
>これが仰られた変形性関節症(OA)というものなのでしょうか?

小指というの足ですか?やはりそれは靴の見直しをお勧めいたします。OAかどうかはレントゲンで関節や軟骨の状態を確認しなければわかりませんが、あっていない靴を履き続けている可能性があるように思えます。


>うちの母は縫い物など指を細かく使うという事も全くしないのですが、やはりそうはいっても筋力的に弱い女性はなりやすいという事ですし、特に年を取ればなってしまいがちという事でしょうか?
こちらもそうならない為に予防はできますか?ちなみに私も編み物などそういった事は全然しません。

OAとは軟骨が減り、関節の形が変わるというご説明をさせていただきましたが、実はこれは老化現象の一部と言えます。人間の体とは歳に対して相応の状態というものがあります。これが老化という現象です。白髪、シワ、しみ、筋力の衰えは外から分かる老化。 骨の強度が落ちる、関節の形が変わる、軟骨が減る、軟部組織の弾力が落ちる、などは内部で起こる老化です。これは生物の宿命ですね。人間は 「オギャー」 と産まれ、二足歩行を開始した時点から、軟骨を消しゴムのようにすり減らしながら生活しています。個体差、仕事、趣味、筋力、性別などいろいろ要因によって左右されますが、基本的には老化現象と言えるでしょう。

予防は大きな負荷をかけないこと、前腕のストレッチ、痛みが出れば我慢しないことです。痛い時は塗り薬などで細かくケアをし、症状が治まらないようなら早めに病院で診てもらいましょう。原因が分かるまでは安静が一番です。特に指なんかは、皆さん気になるのかマッサージをしたり押したりと色んなことをしてしまいがちですが、かえって悪化する可能性もあるので自己判断や素人アドバイスを真に受けないようにされてください。

あとはOAの場所によって治療方法や予防など細かく違ってきますので、その時は病院などで詳しく説明をお聞きください。


>とりあえずそんなに毎日や一日何度もなるとかそういうわけでもないのでそこまで心配することでもないのかなと思います。(それなのに、その程度の事を聞いてしまいすみません)

あ、いえいえ。なんでもお聞きくださいと言ったのはこちらですから。


つづく・・・

投稿日時 - 2012-01-30 17:20:03

ANo.6

No.1です。補足ありがとうございます。


>よくテレビなどで芸能人が足の裏をグリグリやられて痛がってるけど、それぐらいが気持ちいいと毎日のように片足5分から10分くらいやっていたと思います。

そうですね。何か器具を使用される場合は十分気を付けてやられてください。ご主人が協力してくれるなら、肘なんか気持ちいいですよ。慣れが必要ですが、肘で円を描くようにマッサージするんです。やはりどんなに長くても10分をメドにされた方がいいと思います。


>やはり痛いぐらいの力はやめた方がいいのですね。それに慣れてしまってるので、ちょっと物足りなく思うかもしれないですが、痛くない程度にしておきます。

足裏の病気って結構多いんです。前回申し上げた足底筋膜炎もそうですが、足根管症候群、後脛骨筋機能障害、扁平足などなど。扁平足も重度になれば手術が必要なものもあります。一見丈夫そうな足裏ですが、靴などでも大きく左右されますのでお気を付けください。


>しかし前回仰られた湧泉という所なのですが、やはり特にそこを痛く押すのが気持ちいいのですが、そこなら強めに押してもいいのでしょうか?

立って体重かけるということしなければ、ここは強めでもいいと思います。足の骨は基本的にアーチ状になっており、湧泉はそのカーブのところですので力が多少分散されますので。


>肩こりのところで、押しすぎると皮膚が像のように固く、厚くなってしまいます。と書かれていたのですが、ずっと前にまさにその湧泉の辺りが押しすぎてちょうど親指が当たってたところの皮膚がそこだけ厚くなったようになりました。その後ずっとやらなかったら元に戻ったと思います。

恐らくご経験されたのはタコのようなものだと思いますが、像のように固くなる皮膚は正常と異常の皮膚の境目がありません。肩周り全体に皮膚が腫れてるよに、張りのある感じで、揉むと皮膚の下にプラスチックの下敷きが入っているような感覚が術者にあります。患者さんは少々の力では感じないので 「もっともっと」 となります。強くすればするだけ、皮膚や筋肉の刺激が強くなる、皮膚の組織はまた固くなる、力はどんどん強くなる。というような悪循環になります。ですからマッサージとはいかに弱い力で効果を出すがポイントになります。整体やカイロプラクティックなど無資格施術者では、とりあえず患者さんが希望する強さでとか、何が何でもこの強さなんだ、と考える者が多くいます。しかしこれは一時的に良くなっても、マッサージのセオリーから外れていると言えるでしょう。また見た目がやはりよくありませんので、美容的にもどうかと思います。


>長い事続けてるのですが、やはりこれもいけないですよね?

関節のなる原因は実はよくわかっていませんで、一番有力とされているのが関節の中に気泡が出来てそれがはじける音だと言われています(最近マスコミでもやっているのでご存知の方もいると思います)。気泡がはじけるときにそれ相応の衝撃があるようで、たとえ少ない力であったとしても毎日何回もやれば、その積算量はやはり無視はできません。前置きが長くなりましたが、動かしてなってしまうものは仕方ないですが、鳴らそうとして鳴らさない方がいいと思います。

変形性関節症(OA)とは関節の軟骨が減り、関節の骨の形が変わる病気です。足の指のOAはあまり聞きませんが、手のOAは本当に多くあります。第一関節に発症するヘバーデン結節、親指に発症するCM関節症などです。これらは圧倒的に女性に多いです。女性は家事や育児、縫い物、昔であれば野良仕事など結構手を酷使する仕事が多いです。加えて男性よりも筋力的に弱いので、関節に大きな負担をかけてしまいます。中高年以上の方の手をよく見てみるとお分かりいただけますが、皆さん少なからず節々が出ています。個人的な見解では、編み物や縫い物を家事や趣味でやっている方が特にひどい感じがします。

関節の強さ、筋肉の強さには個人差が大きくあります。毎日鳴らしていても全然平気な人もいれば、すぐに指が痛くなり、腱鞘炎になったり、軟骨が減っちゃう人もいます。このように個人差が大きくありますが、関節を鳴らす行為も、負担の要因になる一つですから、出来るだけ避けた方がいいでしょう。


>あと腕を少し上げ、肘から下の腕を外側とかに動かす時によく肘の下あたりなのかな?とにかく腕の骨がよくポキっと鳴るんです。

肘から上も腕を上腕(じょうわん)、下の腕を前腕(ぜんわん)と言います。肘を直角に曲げて、上腕を軸として前腕を外に回す動きでしょうか?


>これは鳴らしたいわけではなく勝手に鳴るのですが、こういうのはなぜなのでしょうか?これは仕方ないっていうことで気にしなくてもいいのでしょうか?

正確にどこが鳴っているか見極めなければ原因は分かりませんが、指の関節と同じような音であれば関節の可能性、ゴリゴリというような音なら靭帯や腱などそのほかの組織の可能性があると思います。音が鳴った時にいたくなければ問題ないと思いますが、関節などの異常など含めて正確に調べるにはレントゲンが必要なってくると思います。


>見ず知らずの人のために時間を使いこんなに情報提供をしてあげるだなんて私は神のように思えるぐらいです。

いやいや。それはちょっと言い過ぎですよ(照)


>こんなに丁寧に回答されるかたに罵声を浴びせた人がいるだなんて信じられません。

なかには 「こう回答してほしい」 という質問者さんがいます。私は医療のことについて、根拠のない情報やいい加減な回答が許せない堅物なので、ときどきそういう方と衝突してしまうことがあります。例えば 「腰痛持ちで水中ウォーキングを始めました、どういうフォームがいいでしょうか?」 というようなご質問があったとします。腰痛において水中ウォーキングは全く運動効果がないどころか、重力が少なくなるので長い時間行えば骨粗しょう症のリスクも高くなります。骨が弱くなることは腰痛にとって非常に大きなマイナスです。ですから 「屋外ウォーキングをお勧めします」 というような回答をすると、逆鱗に触れてしまうというわけです・・・。それでもあきらめずに回答し続けますけど・・・性格がしつこいんです(笑)


本題から外れてきても補足であれば、ガイドライン上の問題はないと思います。他にも何かあればお聞きください。

投稿日時 - 2012-01-29 14:02:02

お礼

回答有難うございます。
すみません、前もって言いますが、すごい長文で読みにくいと思います。。。

肘で円を描くようにがいいのですね。
たしかにそれだとやりすぎなくらいの力で押すことも防げそうですね。
湧泉は強めに押しても平気なのですね。よかったです!

あっそうです、私がなったのはタコですね。
全然違いますね。
しかし私もですが姉もかなりの肩こりで、会うとたまにお互いマッサージし合うのですが、既に私もかもしれないですが、仰る通り姉はまさに肩が張ってるような感じになってるかもしれないです。
>強くすればするだけ、皮膚や筋肉の刺激が強くなる、皮膚の組織はまた固くなる、力はどんどん強くなる。というような悪循環になります

ものすごい力で結構長い事揉みますし、まさにこれです。
私も旦那に揉んでもらう時、特にコリが酷いと、良くないのかなぁと思いつつも、もう指が埋れちゃうというぐらい押してもらってしまってます。
弱い力で効果を出すのがポイントなんですね。
長年これをやってきていたので、気づくのが遅かったかもしれませんが、ここで教えて頂いて本当によかったです。
あと一つ疑問なのが、よく肩にあるのですが、押すというか揉み解すようにやると一部ゴリゴリする所があって、なんとなくそれがコリでこれをほすぐのがいいのかと、そこをゴリゴリするのですが、そのゴリゴリするところは何なんでしょうか?
このように指でゴリゴリ揉んでいいのでしょうか?


以前仰られた足底筋膜炎以外にも、足根管症候群、後脛骨筋機能障害足も全然知りませんでしたし、病名どころかまさか足の裏でそんなに病気があるんだなんてショックです。
偏平足は一般的によく聞きますけど酷い場合になると手術が必要となるのですね。
あと足といえばよく聞くのは外反母趾ですけど、私の足は別に普通だと思うのですが姉はかなり外反母趾です。
よく聞くのはヒールをよく履くとなる。という事ですが、元々なりやすい人はなりやすいなど、それ以外にも原因はあるのでしょうか?
元々私はそんなにヒールの靴を履きませんし、今の所外反母趾の心配もない足だと思うのですが、とは言っても、今後ヒールの靴を頻繁に履かなくても外反母趾になるという事も考えられるのでしょうか?
何か予防はあるのでしょうか?


叔母もかなり外反母趾が酷く、それとここ数年手の小指が第一関節からか忘れましたがとにかく外側に曲がってしまってすごいんです。
痛むとも言っていたような気もするのですが、年をとるとねぇ・・・と言ってました。
私の母も最近、あぁ私も小指が少し曲がってきてるかもと言ってました。
これが仰られた変形性関節症(OA)というものなのでしょうか?
うちの母は縫い物など指を細かく使うという事も全くしないのですが、やはりそうはいっても筋力的に弱い女性はなりやすいという事ですし、特に年を取ればなってしまいがちという事でしょうか?
こちらもそうならない為に予防はできますか?
ちなみに私も編み物などそういった事は全然しません。

なんだか最近こういう骨についての事が怖いなぁ、若い内から気をつけたほうがいいのかなぁと思い始めて、と言いながらポキポキ足の指を鳴らすのをなかなかやめられずだったので、本当にしないようにしたいと思います。


仰る通り肘を直角に曲げて、上腕を軸として前腕を外に回す動きで(というかそのような感じで日常の中の些細な動きで)、たぶん前腕の肘付近(間接なのかなと思います)が指と同じように軽くポキ!といいます。
でも痛みもあるわけではないですし、そんなにしょっちゅうという訳でもないのす。
こんな文字で言ってもレントゲンなどで見てみないわけには詳しい事はわからないですよね。
とりあえずそんなに毎日や一日何度もなるとかそういうわけでもないのでそこまで心配することでもないのかなと思います。(それなのに、その程度の事を聞いてしまいすみません)

なんだか骨という事で次から次へとどんどん聞きたいことがでてきてお聞きしたいのですが、、、

元々姿勢の悪さからなのか、中学生の時既に2,3回ほど軽くぎっくり腰になった事があるのですが(軽くというのは例えば床に座ってて立ち上がる時にピキ!ときてその瞬間はもちろん痛くて動けないけど、2,3分したら動けるということです)
その後高校生の時も一日中外で買い物とかして歩き回ってると後半は腰が痛いなぁということもたまにあったりして、元々腰が弱いのかなぁというくらいに思っていました。

そして19歳くらいの時になんとなくここ最近腰がたまに痛いかも。と思っていたのですが、ある日床に座っていて立とうとした時にまたピキ!ときて、すごい痛みで以前のように数分して平気というわけでもなく、お婆さんのような体勢でその後も数時間過ごしていたと思います。

後日整形外科に行き、レントゲンなども撮り、なんだか長い病名を言われたのですが、忘れてしまいました。
が以前TVで腰の症状について話してる芸能人がいてそこでテロップに脊柱管狭窄症と出て、もしかしてそれだったかも。と思いました。
整形外科でかなり高齢なおじぃさん先生が言ってたのは、背骨の一部の軟骨が擦り減ってしまっててそこの骨と骨が当たってそれで痛むんだ。骨なのでそれを治すという事はできないとの事をレントゲンを見せてくれながら説明してくれました。(たしかそんな事だったと思います)

その後1,2ヶ月ほど、足と頭を固定しそれぞれ上下に引っ張って伸ばすというものをして、それから、遠赤外線?で腰を暖めるというのを続け、そのお陰なのかはわかりませんが、腰の痛さもなくなり、それどころか、たまに腰が痛くるという事すら全然なくなりました。

もう治らないって言っていたし、なぜたまに痛む事もないのかな?とふと疑問に思う事もあったのですが、まぁ痛くないならそれに越したことはないと思い、
そのまま何年もずーーっと何事もなく過ごしていたのですが、2年ほど前、旅行に数日行ったのですが、行く前日掃除機をしてて腰が少し痛いかも。と思っていたのですが、次の日特にそれ程痛みもなく一日中歩き回って、翌日起きると腰が驚くほど痛くて、でも観光もまだしたかったので、くしゃみをする度腰に響いて痛いぐらいだったのですが、お婆さんのような感じで3日間ほど旅行しました。(運動不足でふくらはぎも筋肉痛で)

帰ってから家でゆっくりとしてる内に、痛みもまったくなくなったのですが、前に一度あんな風になってるし、それにその後ずっと痛くなかったのも不思議だったし、今私の腰はどうなってるのか気になったので、こちらで初めて整形外科に行きました。(というかあれ以来初めて行きました)
以前レントゲンとった時にこういう事を言われたというのも全部伝え、そこでまたレントゲンを撮ったのですが、軟骨が擦り減って骨と骨が当たるなんていうのはこれを見る限り全然ないと言われました。
軟骨もまぁそんな異常ないと。
えっでも確かにレントゲンを見ながら言われたし治らないとも言われてたし、といっても、う~ん、なんだったんだろうね~。と言われるだけでした。

ただなぜ今回そんなに痛かったのかは背骨の下の方の骨が少しカーブしすぎてて、そこで神経に当たりやすくなってて痛いのかもね、とりあえず少し運動しなさい。と言われました。
筋肉をつけて支えてあげられるように、みたいな事だったと思うのですが。
確かにすごい運動不足です。

なんだか説明が下手な上に日記かというほど長文で書いてしまったのですが、まずなぜ日本で昔あんな風に言われたのに、数年後そんな症状ないという事になったのか不思議で、
こんな事まで聞かれても知るか!という感じかもしれないのですが、もし何かご意見ありましたら、なんでもいいので仰って下さい。。。


周りにこんなに色々詳しい人なんていませんし、医者に行くこともそんなにありませんし、あったとしてもこんなに些細な事まで何個も何個も聞けないので、このような方に私の質問が目にとまり、しかも毎回丁寧にお答え頂けて、すごく幸運だと思えます。
私は全然知識もないですし、お答え頂いた内容でその考えは違うんじゃない?と思う事など一切ないですが、仮にそういう所があったとしても、こんなに丁寧にしてくれる人に罵声を浴びせるだなんて信じられないです。
神のようだ。なんてなんだかちょっと気持ち悪い言い方をしてすみません。
しかしそれほどまでに私にとっては有り難い存在です!

すごい長文ですみません。

投稿日時 - 2012-01-29 23:48:58

ANo.5

No.1です。補足ありがとうございます。


>女よりも男、老年より若年の方がより刺激に対して敏感なのですね。

そうですね。女性は毎月の生理、妊娠出産がありますので基本的に痛みに強いです。痛みを感じるとは一種の生体防御機能ですから、歳を取りあらゆる機能が落ちてくる老年より、血気盛んな若年の方がセンサーの感度がいいということです。例えば脇の下をくすぐる行為、子供なんかにやるとものすごく暴れますが、老人にやっても涼しい顔してますよね。あれは年の功というより、センサーの感度が落ちていると言えます。


>私は肩こりが酷いので、そんな時はいくらすごい力で肩を押しても痛くないですし、足の裏もすごい力で押して多少痛くてもそれが気持ちいいと感じるぐらいなので、刺激に強い方なのかなぁと思いました(というよりも不健康ですね。。。)

これはちょっと一概に結論付けることは難しいです。例えば皮膚が厚かったり、長年の凝りの場合多少押しても痛みを感じないものです。強い力で指圧やマッサージをし続けると、皮膚が像のように固く、厚くなってしまいます。そうなると、筋肉の前に一枚大きな壁があるので、少しの力ではびくともしなくなります。センサーの感度は良くても、コンクリートで周りを固めてしまうようなイメージです。あとコリが強く、長年患っている場合は感度が鈍っていることがあります。鍼を刺しても、指で押しても何も感じないのですが、筋肉が柔らかくなってくると 「痛い」 と感じるようになり、完全に柔らかくなるとまた感じなくなります。実際はもう少し複雑なプロセスを辿りますが、簡単に文章にすればこんな感じです。


>よく肩に効くのは足の裏のココ。とか色々あるけどネットやIphoneのアプリで見るとなんだか場所もそれぞれ違っていたりするし本当なのかなぁ?と疑問に思っていましたが、やはり微妙なところなのですね。

東洋医学系なんでしょうけど、どこのどの学問から派生したかは分かりません。もしかすると個人の経験や知識を体系化したものかもしれませんね。


>との事なのですが、これは足の裏は別ですよね?

圧痛というのは体重をかけず指の力だけで押して痛いということが前提になります。生身の体に強い力でグリグリすれば、どんな場所でも痛く感じると思います。恐らくそういった関係もあるんではないでしょうか。足裏の圧痛で一番多いのは足底筋膜炎と呼ばれる筋の炎症です。踵のやや前方土踏まずとの境目あたりに圧痛があるのが特徴です。


>これってあまりやるのもまずいのかなぁと最近疑問に思っているのですが、あまり強い力で押しすぎたり毎日のようにやるっていうはよくないのでしょうか?

指でですか?気持ちい範囲で片方10分くらいなら大丈夫だと思います。以前ゴルフボールで体重をかけてという質問がありましたが、さすがにこれは危険を伴います。足裏には筋肉の腱、神経などなど柔らかく繊細な組織が結構あります。短時間手のひらでゴルフボールをコロコロ転がす程度なら問題ないと思いますが、体重かけてゴリゴリするのはそれら繊細な組織を気つける恐れがあります。

例えば足裏の神経にダメージがあれば、足裏の感覚がまったくなくなったり(靴下をはいているかもわからなくなる)、筋組織を傷めれば歩くたびに激痛が走るなどの弊害も考えられます。


>針を刺してあの重い痛さを感じる所は凝り固まってる悪いところということで、針を入れての痛みというのはそれは逆に良いというか、その凝り固まってるところをほぐして改善するという意味でいいことだと解釈してよろしいのでしょうか?

そうですそうです。コリや炎症部に鍼を刺すと術者は粘土のような感覚が鍼先から伝わってきます。患者さんはズシーンと重かったり、刺した場所とは違うところに痛みを感じたり、つねったり切ったりとは違う、なんと形容したら良いかわからないような痛みがあると思います。これを専門的に “響き” と呼んでいます。


>もしそうだったら今度からあの重い嫌な痛みも、これでコリをほぐして血行がよくなるんだと思えば気持ちよく思えるようになれそうです。

「あれがないと嫌だ」 と響きの刺激がやみつきになる方は多くいます。


>少しネットで調べてみたのですが、怖いですね。
症状が良くなるならいいけど悪くなった時に、というのを深く考えていませんでした。

鍼気胸はネットやマスコミなどで大げさに書かれていますけど、実はそんなに大したことではありません。鍼の太さとはおよそ髪と同じくらいです。ですからたとえ鍼気胸が起きたとしても、一週間も安静(普通の生活で激しい運動をしない)にしていれば、完治してしまいます。これは国内で屈指の呼吸器外科の医師の話なので間違いありません。例えば切ったり、刺したりする手術なんかでは気胸は絶対避けられませんからね。


>何日にも渡って何度もこんな私の読みにくい文章を読んでいただき、質問にそれぞれ丁寧にお答え頂き、それも有意義なものとなっているとまで言ってもらえ本当に感謝致します。

このようなやり取りをするのが楽しみで、私はここのサイトに来ています。貴方のように回答を丁寧に解釈し、返答くださる方は本当に稀です。中には返答もなく放置されたり、罵声を受けることもありました(苦笑) 

なにかありましたら、私の分かる範囲でお答えしますので遠慮なさらないでください。

投稿日時 - 2012-01-28 15:53:24

お礼

回答していただいた内容への何気ない感想にまで再びわかりやすい説明を付け加えて頂いて、これまたご丁寧に有難うございます。

肩こりで押しても痛くないのはまるでコンクリートに固められてるような感じということなのですね。
なんだか恐ろしいです。
針でそれを少しずつ柔らかくしていけたらと思います。
針をさしての痛み、響きも、悪い所発見できてラッキー!と逆に思えそうです。
今これをほぐして健康になれるんだ!と思えて、仰るように今後その痛みがないと物足りなく病みつきになってしまうかもしれないです。

足の裏は指ででもなのですが、説明しにくいのですが100円ショップで買ったテトラポッドみたいな形をして硬く、それぞれ先が真ん丸くなっていてたぶん肩とかをグーっと押すための物だと思うのですが、それでよく旦那にすごい力で押してもらい、たまに尚且つ自分からも足を彼のほうに押して、よりグリグリなるようにしてます。
よくテレビなどで芸能人が足の裏をグリグリやられて痛がってるけど、それぐらいが気持ちいいと毎日のように片足5分から10分くらいやっていたと思います。

>足裏には筋肉の腱、神経などなど柔らかく繊細な組織が結構あります。短時間手のひらでゴルフボールをコロコロ転がす程度なら問題ないと思いますが、体重かけてゴリゴリするのはそれら繊細な組織を気つける恐れがあります。
例えば足裏の神経にダメージがあれば、足裏の感覚がまったくなくなったり(靴下をはいているかもわからなくなる)、筋組織を傷めれば歩くたびに激痛が走るなどの弊害も考えられます

足の裏だし他のところみたいに神経にダメージが、などとそんなに思ってなかったので、正直ビックリしました。
たまたま足裏の質問をさせて頂いたのですが、こちらでこのような事を教えて頂き本当に感謝します。
もしこのまま続けていたら、危なかったかもしれません。
やはり痛いぐらいの力はやめた方がいいのですね。
それに慣れてしまってるので、ちょっと物足りなく思うかもしれないですが、痛くない程度にしておきます。
しかし前回仰られた湧泉という所なのですが、やはり特にそこを痛く押すのが気持ちいいのですが、そこなら強めに押してもいいのでしょうか?

肩こりのところで、押しすぎると皮膚が像のように固く、厚くなってしまいます。と書かれていたのですが、ずっと前にまさにその湧泉の辺りが押しすぎてちょうど親指が当たってたところの皮膚がそこだけ厚くなったようになりました。
その後ずっとやらなかったら元に戻ったと思います。

気胸はそれほどまでに恐ろしいのではないのですね。
安心しました。

あとすみません、針の話からどんどんズレていってるのですが、私足の指の骨を鳴らす癖がなかなかやめられないのです。
なるべくしないようにしてるのですが、なんか固くというかなんともいえないのですが、そんな風に感じると一日の中で何回かならしたくなるのです。
普通に指を折り曲げて地面や又はもう片方の足の甲にのせてギュッとするだけで、一気に四本ボキボキボキとなります。
手の指は子供の頃はよくしていて、でもそれはもうとっくに止められたのですが、どうしても親指だけは一日の中で何回か折り曲げてポキっとしてしまいます。
長い事続けてるのですが、やはりこれもいけないですよね?

あと腕を少し上げ、肘から下の腕を外側とかに動かす時によく肘の下あたりなのかな?とにかく腕の骨がよくポキっと鳴るんです。
毎日のようにというわけじゃないですが、よく鳴ります。
これは鳴らしたいわけではなく勝手に鳴るのですが、こういうのはなぜなのでしょうか?
これは仕方ないっていうことで気にしなくてもいいのでしょうか?

これは本当に、何かあったら聞いていい。という言葉に甘え、なんとなーく今まで思っていたことを聞いてみてしまいました。


見ず知らずの人のために時間を使いこんなに情報提供をしてあげるだなんて私は神のように思えるぐらいです。
こんなに丁寧に回答されるかたに罵声を浴びせた人がいるだなんて信じられません。
まるで子供が親に質問しているような感じですが、それも含め楽しんで頂けているのであればよかったです。
一つ聞くと10返ってくるように求めてる以上の回答を頂けて本当に感謝します。

投稿日時 - 2012-01-29 01:59:13

ANo.4

No.1です。補足ありがとうございます。


>これでより気の流れがよくなるとの事だったのですが、(たぶん日本人の人が考えたみたいな事言っていたような。)初めてそのようなやり方を見て、これは何か本当に意味があるのか?と思えました。

そうですね。私の知る限りではこのような方法は聞いたことがありません。ただ日本式はその中でもさらに細分化されています。星の数ほどの、まぁ言ってみれば流派が存在するのです。私は少し天邪鬼的な考え方の持ち主でして、基本的に見えるものしか信じません(苦笑)特に医療においてはそれが大事だと思っています。ですから “気” ってなに?経絡経穴って?脈を整えるどうして体の異常がなくなるの?など日本式の理論が自分の中でどうしても咀嚼できないのです。

だからって日本式を否定しているわけではありません。前回もお話ししましたが、日本式は西洋式で説明できないような効果を発揮することがあるのも事実です。


>最初の診断の時に他に気になるところは?と聞かれ、生理痛、肩こり、冷え性等と伝えたので、一応それらに効くところにも刺してくれたという事になるのですかね。

そうだと思いますが、真意は直接術者に聞いてみなければ分からないと思います。


>それらの症状全てに効く所に刺すのは多すぎるのですかね。

鍼の刺激量は鍼の本数、鍼の太さ、鍼の深さ、手技、によって決定されます。太い鍼をたくさん深く刺せば刺激量は一番になります。もちろん受け手(患者さん)の要因もあります。例えば、女よりも男、老年より若年の方がより刺激に対して敏感になります。同じ強さで皮膚をつねってみて、気持ちいいと感じる人もいれば、痛いと感じる人もいます。このように年齢や性別などで大まかな流れはありますが、刺激の許容量は個人差が非常に大きいです。


>やはり刺激が強すぎるとだるさ等の症状がでるということなので、同じ日に一気にせず少しずつ分けてやっていくという事なのでしょうか?

西洋式の考えでは少しだるさを感じた方が効果は高いです。目安はその日の内か、次の日朝、長くても二日で取れればベストです。日本式にそのような考えがあるかは・・・申し訳ございません聞いたことないです。ただ細い鍼をごく浅く刺し、数分で終わる日本式施術もありますから、このような施術でだるさが出ることはありませんし、もし出たとしたら(この施術の理論において)良くないことなんじゃないかと想像出来ます。


>前回左手に刺したときに、かなりズシーンと重い痛みが走りという話をしたのですが、もちろん刺した時と、そして刺して待ってる間もなんだか重い感じがあったのですが、その痛みっていうのは逆に悪いものがたまっていてそれを改善するという意味でいい事だととらえていいのでしょうか?

西洋式な考えでご説明しますと、凝り固まっている筋肉に鍼を刺すということは、侵入を拒む箇所に無理矢理入っていくということです。イメージで言うと、粘土の塊の中に分け入るというような感じです。対してコリのない良好な筋肉は、遮るものがなくすぅーと入ります。こちらは絹ごし豆腐のようなイメージです。拒むものがありませんので、術者の感覚も軽いですし、患者さんも不快な感覚はありません。


>足ツボみたいに考えていいのですか?

足ツボは正式には足底反射区といいましてツボではありません。見る資料によって場所や範囲が違うため学問としてしっかり体系化されているか疑問が残るところです。まぁ民間療法の一種としてお考えください。

合谷や三里が有名なツボですが、図で表すときは点です。反射区のように大きな範囲では絶対表しません。なぜ “足ツボ” と言われるようになったのか分かりませんが、これは全くの別物です。ツボは正式名称を経穴といい、WHOでも認証されています。経穴には流れがあり、その流れを結んだものを経絡と言います。それらを全て図面化したものを経絡経穴図といいます。経絡経穴図を見ていただければ分かると思いますが、足裏は実は湧泉という経穴が一つあるだけです(その他正式な流れから外れるものはあります)。


>痛いっていう事は悪いものが溜まってるからそこを刺激するのがいいんだ!みたいなことでしょうか。

医学的に説明してみます。押して痛いことを圧痛(あっつう)といいますが、圧痛があるということは患部に何かしら異常があることを示しています。例えば捻挫とは靱帯損傷のことを言いますが、靭帯にダメージがあるので、捻挫には必ず圧痛があります。逆に言えば圧痛がなくなれば捻挫は完治したと言えます。そのほか、炎症がおこっていても圧痛があります。炎症とは痛みの原因になりますので、例えば関節炎などでは圧痛を確認することができます。


>もう過去の事ですが、こうやって違う所を同時に通うっていうのははやはり本当はよくないのでしょうか?
>なので、やはりそれぞれの違う先生のやり方がある中で、もしも両方同時に通ったりした場合、それは体にとってよくないのでしょうか?

結論から先に言えば、体に何か悪影響があるかと言えば何もありません。ただ治療する方が少々混乱してしまします。治療家とは患者さんの体の調子を聞き、治療の方法を考えていきます。例えば症状が軽快した場合、誰のどの治療が効いたか全くわからなくなる可能性があります。でも良くなればそれに越したことはありませんが、逆に悪くなったしまった場合はどうでしょうか?誰のどの治療で悪くなったかわかりません。例えば鍼治療で一番起こるであろう弊害の一つに気胸があります。もし責任問題の話なれば、少々ややこしいことになると思います。このように良くても悪くても、同一期間に施術者が被らいないのが理想だと思います。


>またまたお言葉に甘えて色々と質問してしまってすみません。
楽しみながら回答させていただいてるとの言葉をいただき、ほっとしました。

いえいえこちらも、気づかされる部分が多くあり、大変有意義なものとなっています。まだ何かありましたら遠慮くなくどうぞ。

投稿日時 - 2012-01-27 17:30:15

お礼

またしてもまとまりのない文章に一つ一つご丁寧に有難うございます。

日本にいた時には針って刺せばとりあえず体の流れがよくなるんだなぁぐらいの知識で日本式や中国式など考える事もなく値段や場所などから探してという感じでしたが、こんなにも違いがあったのですね。
私は全然針治療について知識はないですが、やはりどちらかというと私も見えないものにたいしてはどうしても、本当なのかな~?と疑ってしまう気持ちがでてきてしまいます。

女よりも男、老年より若年の方がより刺激に対して敏感なのですね。
意外でした、というかそんな事考えた事も今までなかったのですがなんとなく、それぞれイメージ的に逆のような感じがしました。
私は肩こりが酷いので、そんな時はいくらすごい力で肩を押しても痛くないですし、足の裏もすごい力で押して多少痛くてもそれが気持ちいいと感じるぐらいなので、刺激に強い方なのかなぁと思いました(というよりも不健康ですね。。。)

何気なく書いた足つぼの事にまでに大変詳しくご説明頂き有難うございます。
本当にお詳しいですね。

よく肩に効くのは足の裏のココ。とか色々あるけどネットやIphoneのアプリで見るとなんだか場所もそれぞれ違っていたりするし本当なのかなぁ?と疑問に思っていましたが、やはり微妙なところなのですね。

先ほど書きましたように、足の裏を痛いぐらい押すのが気持ちいいと思えてしまうのですが
>押して痛いことを圧痛(あっつう)といいますが、圧痛があるということは患部に何かしら異常があることを示しています。

との事なのですが、これは足の裏は別ですよね?
しかしTVなんかでも、ここが痛いということはどこどこが悪いんだ~などとグリグリやってますが、私もよく足の裏を毎日のようにグリグリやってるのですが、特に足が疲れてる時なんかは本当にすごい力でやってもこれがまたすごく痛気持ちいいのですが、これってあまりやるのもまずいのかなぁと最近疑問に思っているのですが、あまり強い力で押しすぎたり毎日のようにやるっていうはよくないのでしょうか?


>西洋式な考えでご説明しますと、凝り固まっている筋肉に鍼を刺すということは、侵入を拒む箇所に無理矢理入っていくということです。イメージで言うと、粘土の塊の中に分け入るというような感じです。対してコリのない良好な筋肉は、遮るものがなくすぅーと入ります。こちらは絹ごし豆腐のようなイメージです。拒むものがありませんので、術者の感覚も軽いですし、患者さんも不快な感覚はありません。

針を刺してあの重い痛さを感じる所は凝り固まってる悪いところということで、針を入れての痛みというのはそれは逆に良いというか、その凝り固まってるところをほぐして改善するという意味でいいことだと解釈してよろしいのでしょうか?
もしそうだったら今度からあの重い嫌な痛みも、これでコリをほぐして血行がよくなるんだと思えば気持ちよく思えるようになれそうです。
(もしかしてそれを何度もそれを説明してるのかもしれませんが、もしそうでしたら読解力がなくてすみません)


鍼治療で一番起こるであろう弊害の一つに気胸というのを聞き、本当に私は知識がなかったのだなと思います。
少しネットで調べてみたのですが、怖いですね。
症状が良くなるならいいけど悪くなった時に、というのを深く考えていませんでした。
日本で二箇所通っていたときに何も起こらなくてよかったです。

何日にも渡って何度もこんな私の読みにくい文章を読んでいただき、質問にそれぞれ丁寧にお答え頂き、それも有意義なものとなっているとまで言ってもらえ本当に感謝致します。

投稿日時 - 2012-01-28 05:49:10

ANo.3

No.1です。補足ありがとうございます。


>それにo120441222様の分かりやすい説明で中国式のやり方を聞くと理論的で、日本式よりもいいのかなと思えました。

ただ私は日本式の理論が苦手で詳しくありませんので、どうしても説明が西洋式、中国式に偏ってしまっていると思われます。日本式には日本式にしかない良さがありますので、やはりご自分の感覚を大事にされてください。


>週一で通うつもりでいるので、一気に表も裏も(この表現はおかしいですが)刺してくれたほうが、肩こり冷え性もあるので、より全身色々刺激されていいような。
とまた素人としては思ってしまうのですが、そういうわけでもないのでしょうか。

実は私、中国式も大まか理論は分かりますが、詳しい理論は分かりません。西洋式の考えに基づくなら顔面神経麻痺はうつ伏せはおろか、刺すのは顔だけでいいと思います。それ以外は顔面神経麻痺には効果がないと考えます。この点は中国式も同じでしょう。

肩こり、冷え症があるのなら話は別です。肩こりであれば首、肩部、背中に、冷え症であれば腰を中心に施術をすることが多いと思います。日本式においては顔面神経麻痺でも顔以外に打つこともあるかもしれません。例えば首の寝違いの治療でも、手の甲に打つと顕著な効果があります。なぜ効くのか私には分かりませんが、日本式の理論もすごいなぁと思うところです。


>針の数で値段が変わるわけではないのなら、たくさん刺してくれないかなぁなんて思ってしまいます。
>疾患別にマニュアルがあるとのことですし、きっともちろんその人の症状に合わせた先生の考えがあるのでしょうが、一気に色々刺すのは逆に何か悪いこともあるのでしょうか?

沢山打つと当然刺激の量が強くなります。刺激が強くなりすぎると、だるさ、痛み、全身倦怠感など症状が出ることがあります。ですから打てばいいというものでもありません。日本式においてはツボ(経穴と言います)の効果が薄くなる(もしくは無くなる)と考える術者もいるそうです。



>またしてもまとまりがなく、しかも下らない質問ですみません。
お時間がありましたらどうぞよろしくお願いいたします。

いえいえ。私も仕事で答えているわけではありませんので、楽しみながら回答させていただいています。他にも何かあれば遠慮なくどうぞ。

投稿日時 - 2012-01-26 08:28:09

お礼

またしても一つ一つ丁寧に回答して頂き有難うございます。
なるほど~。と思いながら読ませて頂きました。

そうですね、o120441222様は日本式よりも西洋式、中国式にお詳しいとのことなので、やはりそちらの方ばかり詳しく聞くと、どうしても中国式の方がいいのかなと思えてきますが、どちらもそれぞれのやり方があるので、あとは自分でどう感じるか、ですね。

しかし少し疑問に思ったのが日本式の所へ二回目に行った時に手の親指の付け根近くに刺した鍼と、たしか弁慶ら辺に刺した鍼を両端に洗濯ばさみのようにはさめるものがついてるケーブル?のようなものでそれぞれ手足を繋いでいたのです。
これでより気の流れがよくなるとの事だったのですが、(たぶん日本人の人が考えたみたいな事言っていたような。)初めてそのようなやり方を見て、これは何か本当に意味があるのか?と思えました。
もちろんそれのみじゃなく、その後にも他のところに普通に鍼を刺してくれましたが。
o120441222様はそもそも日本式の考え方が苦手という事なので、こういったものは益々よくわからないと思われるでしょうが、やはりこれはどうなのだろう?という感じですよね・・・


顔面麻痺なら顔のみでいいとの事ですが、その中国式に行った時にはもちろん顔と、お腹2本、右手1本、右腕1本、右脚2本、左手1本、左脚1本刺してもらいました。
最初の診断の時に他に気になるところは?と聞かれ、生理痛、肩こり、冷え性等と伝えたので、一応それらに効くところにも刺してくれたという事になるのですかね。
なぜ微妙に左は少ないのだろうと思いましたが。
しかし、「肩こりであれば首、肩部、背中に、冷え症であれば腰を中心に施術をすることが多い」との事なので、それに次回背中にもやると言っていたという事は、それらの症状全てに効く所に刺すのは多すぎるのですかね。
やはり刺激が強すぎるとだるさ等の症状がでるということなので、同じ日に一気にせず少しずつ分けてやっていくという事なのでしょうか?

前回左手に刺したときに、かなりズシーンと重い痛みが走りという話をしたのですが、もちろん刺した時と、そして刺して待ってる間もなんだか重い感じがあったのですが、その痛みっていうのは逆に悪いものがたまっていてそれを改善するという意味でいい事だととらえていいのでしょうか?
足ツボみたいに考えていいのですか?
痛いっていう事は悪いものが溜まってるからそこを刺激するのがいいんだ!みたいなことでしょうか。


あと、もう一つ、すみません・・・

実は日本で通っていた時に、顔面神経麻痺を得意として顔のみに刺す所に通っていたんですが、針はそれぞれの先生の考え方やり方があるという事で、他の所も気になり行ってみたところ、もう一つの所は顔面神経麻痺については今まで経験もなくそれについてはあまり詳しい事は分からないとの事でしたが、そこは値段もかなりお手ごろで先生もいい人で、そして一般的な感じで全身に刺すところでした。
なんとなくもう一つのところは顔のみだし、一緒にやれば効果も上がって支障はないかな?と思ってそれぞれの先生には黙って両方に通っていたんです。
もう過去の事ですが、こうやって違う所を同時に通うっていうのははやはり本当はよくないのでしょうか?

こっちで中国式、日本式二箇所行ってみて、まず最初に色々押してみて体の確認をしていて私が日本で経験した時よりも随分丁寧に最初に確認するんだなぁと思いました。
日本式の所は初回は血圧があがらないようにお腹にも刺して全身の流れをよくしてから~・・・等と言っていたり、日本ではいつも大体同じところに刺していたけど、こっちでのその二人の先生はいつも同じではなく、ちゃんとプランがあるのかな?と思いました。

なので、やはりそれぞれの違う先生のやり方がある中で、もしも両方同時に通ったりした場合、それは体にとってよくないのでしょうか?

またまたお言葉に甘えて色々と質問してしまってすみません。
楽しみながら回答させていただいてるとの言葉をいただき、ほっとしました。
本当にそうでしたらいいんですけど、また長々と変な質問をしてしまいました。
見ず知らずの者に本当に丁寧に有難うございます。
お時間あるときに、できましたらお願い致します。

投稿日時 - 2012-01-27 07:56:16

ANo.2

No.1です。補足ありがとうございます。


>中国式の、筋肉や神経などに基づき体系化し効果を出す。というのがなんだかイマイチどういうことかピンとこないといいますか、、、(頭が悪くてすみません・・・)
神経や筋肉などの組織を刺すことによって、結果そちらも日本式同様、体を整え流れがよくなるという事なのでしょうか?

中国式と西洋式の考え方は似通っていますが、鍼の効果のとらえ方の違いです。中国や西洋では鍼の主な効果を、抗炎症効果、血行促進、神経を刺激し回復を促す、などとして捉えています。例えば関節に炎症がおこれば、関節に鍼を打って炎症抑えるという考え方です。顔面神経麻痺では顔面神経がダメージを受けているわけですから、神経を治療の主体とするわけです。中国式はさらに 「顔面神経麻痺にはこことこことここに鍼を打ちなさい」 とマニュアル化したものを言います。疾患別にマニュアル(説明書みたいなもの)があるわけですから、ある程度誰が行っても一定の効果出るようにまとめられました。

対して日本式は本当に大雑把にいうと、気の出し入れのコントロールを行い、血(けつ)脈を整え、体の異常を正していくという考え方です。ですから一般の方では、日本式の理論が感覚的にもいまいち理解しにくい部分が多いと思います。(実は私自身も詳しくは良くわかりません・・・)


>どちらにしてもやはり一ヶ月ほど通ってみて、様子を見て自分で判断が一番ですよね。

そうですね。個人的には日本式の理論が良くわからないので、中国式か西洋式をお勧めしますが、だから日本式が劣っているとも、西洋中国式が万人に絶大な効果があるとも言い切れません。


他にも何かあればお聞きください。長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

投稿日時 - 2012-01-25 22:23:14

お礼

再びご丁寧に回答頂き、本当に有難うございます!

神経を刺激し回復を促すという事なので、顔面麻痺にはむしろ中国式がよさそうなのですね。

それにo120441222様の分かりやすい説明で中国式のやり方を聞くと理論的で、日本式よりもいいのかなと思えました。

もし深く刺す中国式が私の症状にはよくなかったとしたらどうしよう・・・などと心配もしていたのですが、ようやく理解ができ、そして安心ができました。


お言葉に甘えて他にも質問させて頂きたいのですが、、、

日本で通っていたところはまず仰向けになり全身に針を刺して時間を置き、その後はうつ伏せになり反対側(ふくらはぎや背中など)もやってくれたのですが、こちらで日本式、中国式と二箇所行って両方とも仰向けでやって終了でした。

中国式のところでは次回は背中なんかにもやる。みたいな事を言っていたのですが、どうせなら今日背中なんかもやってくれたらよかったのに、とも思いました。

週一で通うつもりでいるので、一気に表も裏も(この表現はおかしいですが)刺してくれたほうが、肩こり冷え性もあるので、より全身色々刺激されていいような。
とまた素人としては思ってしまうのですが、そういうわけでもないのでしょうか。

針の数で値段が変わるわけではないのなら、たくさん刺してくれないかなぁなんて思ってしまいます。

疾患別にマニュアルがあるとのことですし、きっともちろんその人の症状に合わせた先生の考えがあるのでしょうが、一気に色々刺すのは逆に何か悪いこともあるのでしょうか?

またしてもまとまりがなく、しかも下らない質問ですみません。
お時間がありましたらどうぞよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2012-01-26 06:20:26

ANo.1

鍼の考え方スタイルは大きく日本式、中国式に分けれますが(その他西洋式もある)、細かい施術の方法や効果は、例えば東京池袋西武百貨店に行くのに世界地図を広げるようなもので、この分類では大きすぎて考えることはできません。

また術者とはそのスタイルにガチガチにとらわれるわけではありません。術者は患者さんの痛みを取るというのが最大の目標ですから、西洋であろうが日本であろうが中国であろうが、効果が出て自分の中で咀嚼できるものはどんどん取り入れていきます。ですから100人鍼灸師がいれば100通りの治療法があるのです。


以上を大前提として踏まえ大まかスタイルの違いを説明します。中国式とは、数々の症例を筋肉や神経などに基づき体系化し、誰でも同じような効果が出せるようにマニュアル化したものです。鍼はそれらの組織を目的に刺しますのでそれなりの深さが必要になります。

日本式はツボや脈を使い、それらを整えることで病気の改善を図ります。中国式や西洋式と違い、筋肉や神経の理論はありませんので、極端な話皮膚の表層だけという術者もいます。


深いから何か弊害があるわけでもありません。鍼を刺して指が勝手に動くというお話も、普通の生体反応です。特別な話ではありません。


前置きが長くなりました。以上のことからどちらの治療院がいいかここではわかりません。実際は貴方がどう感じるかだと思います。

・例えば一か月ずつ通ってみてどちらの方が調子がいいか
・中国式はやっぱり怖い

仮に中国式の方が効果があっても、やっぱり怖いという理由で最終的には日本式を選択してもいいと思いますよ。またはその他にもっといい治療院もあるかもしれませんし。鍼は特に弊害の少ない治療方法なので、自分の感覚で選ばれてみてください。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

投稿日時 - 2012-01-25 11:16:30

お礼

まとまりのない文章だし、誰も回答してくれないかな。なんて思っていたのですが、大変丁寧にお答え頂き、本当に感謝します。
ありがとうございます。

日本式の、ツボや脈を整えることで体の流れをよくし症状の改善をする。というのは意味も、そして考え方もよくわかるのですが、
中国式の、筋肉や神経などに基づき体系化し効果を出す。というのがなんだかイマイチどういうことかピンとこないといいますか、、、(頭が悪くてすみません・・・)
神経や筋肉などの組織を刺すことによって、結果そちらも日本式同様、体を整え流れがよくなるという事なのでしょうか?


たしかに、日本式の先生が、日本式なら本当に皮膚に浅く入れるだけでいいんだ。みたいな事を言っていました。
そして、中国ハーブ、つまり漢方のことだと思うのですが、これもお勧めするよ、といわれ、それを同時に使う事で十分効果がでるので、針治療は今は週一で通ってるけど、二週間に1回でもいいと思う。と言われたので、それだったら遠くても頻繁に通うことにもならないのでいいのかな?と傾いている自分もいます。

ただ最初行った時に、夜眠りにつきやすくするためにこういったCDがあるよ、など言われたり、そこでは催眠法などもしてるみたいで、少し、う~ん・・・?と思う部分もあったのですが。。。

中国式での指がビクッとなったことや深く刺すから弊害があるわけではなく、何も問題はないという事も知れて一安心しました。
どちらにしてもやはり一ヶ月ほど通ってみて、様子を見て自分で判断が一番ですよね。

投稿日時 - 2012-01-25 21:39:25

あなたにオススメの質問