こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

減価償却除去の仕訳について

個人事業の経理をしています。

減価償却除去?の仕訳方法が分かりません。

未償却残高¥24,000の車の除去は

固定資産除去損 24,000 / 車輌運搬具 24,000でいいのでしょうか?

因みにこの車が¥10,000円で買い取られた場合ほどのような仕訳になるのでしょうか?

説明下手で申し訳ありません。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-01-23 11:51:46

QNo.7261540

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

個人事業ですね。
除却の場合と売却の場合とで仕訳は違います。

1.除却の場合
固定資産除去損 24,000 / 車輌運搬具 24,000

この固定資産除却損は、事業所得の計算上必要経費となります。

2.売却の場合
事業主貸 24,000 / 車輌運搬具 24,000

事業用固定資産の売却は、事業所得の計算から外れて、譲渡所得の計算に取り込まれます。従って、事業所得の計算には影響させないため事業主貸で処理します。
譲渡所得の計算では、売却額10,000と未償却額24,000との差額14,000は譲渡損失となります。

投稿日時 - 2012-01-23 14:06:58

お礼

お返事ありがとうございました。
参考にさせて頂きます。

投稿日時 - 2012-01-23 15:17:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

一般的なところで回答文を作ります。

先ず、御社は減価償却する際に次のどちらの仕訳を起こしていますか?
[直接法] 減価償却費/車両運搬具
[間接法] 減価償却費/減価償却累計額(※)
 ※「減価償却累計額」は、より判りやすくする為に「車輌運搬具減価償却累計額」をつかいます。

> 未償却残高¥24,000の車の除去は
> 固定資産除去損 24,000 / 車輌運搬具 24,000でいいのでしょうか?
上記に書いた減価償却を
1 直接法で行っているのであれば、他の書き方もありますが、一番楽なのはお書きになられた通りです。
2 間接法で行っているのであれば、一番楽なのは次のような仕訳です
  借)減価償却累計額 △△△
    固定資産除去損 24,000
   貸)車輌運搬具 ××× ← 取得価格

> 因みにこの車が¥10,000円で買い取られた場合ほどのような仕訳になるのでしょうか?
最も簡単なのは両建てで仕訳を起こす事ですね。
 現預金 10,000 / 固定資産売却益 10,000
或いは、上で書いた『固定資産除去損24,000円』の部分を次のように変更する
 現 預 金   10,000
 固定資産売却損 14,000
尚、これらの仕訳は1万円が現金又は振込みで入ってきた場合であり、代金が月を跨いだり決算期を跨いだりするのであれば、「現預金」勘定では無く、「未収入金」勘定で起こしてください。

投稿日時 - 2012-01-23 12:27:02

お礼

お返事ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。

投稿日時 - 2012-01-23 21:30:43

あなたにオススメの質問