こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

a lot of/lots of≠many muc

“a lot of, lots of” ≠ “many, much”?

下記の形式は、肯定文・否定文・疑問文で使用できますか?下記の解釈で宜しいでしょうか?補足などありましたら、教えてください。どうぞ宜しくお願いします。

・much+uncountable noun

否定文・疑問文のみ

・many+plural countable noun

肯定文でも使用できるが、主に否定文・疑問文

・a lot of/ lots of+plural countable noun

否定文・疑問文でも使用できるが、主に肯定文

・a lot of/ lots of +uncountable noun

否定文・疑問文でも使用できるが、主に肯定文

どうぞ宜しくお願い致します。<m(_’_)m>

投稿日時 - 2012-01-05 18:49:16

QNo.7227085

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

確かに、おっしゃるような使い分け規則はありますし、解釈はその通りで大丈夫だと思います。

ただ、これは、口語の規則なので、書き言葉では、逆に、それほど意識されてないように見えますし、口語の規則、ということは、実際には、さらに崩れている場合も結構ある、ので、そこまで、真剣に考えないという面もありますから、補足と言うより、取扱い注意^^の部分を書きますと…

質問者さんに、口語英語の経験が十分あって、この使い分け規則が、辞書などで仕入れただけの知識でなく、あ、確かに言われてみるとそうなだなぁ、と、思えたならば、そのときが一番効率よく身に付けられるチャンスです。しっかり練習してください。というか、もうやっているでしょうか?

でない場合ですが、普通の文法規則と違って、ルール外すと、言いたいことが伝わらない、全く違うことが伝わる、などいう可能性は、全くない規則なので、考え方は2通りあり、

ゆとりがあったり、こういう事柄に積極的に興味があるのであれば、とりあえず、自分のルールとして、「でも使用できる」は無視して、完全な規則と見て、使い分けの練習をして、癖をつけてしまう、そうすれば、その点で、今後、ツッコまれることはなくなる、

または、

そのへんを意識していると、口から英語が出てこなくなるようなら、おいおい練習していくことにして、とりあえず、頭の隅にそんなことがあったなぁ、くらいのことは残しておき、たまたま気づいたときくらいは、使い分けを意識する、そして、どこかで、あぁ、実際そうなんだ、と、思えた瞬間に、集中的に練習する、

このどっちか、お好みで構わないでしょう。これくらいのことなら、1日2~3分を、週か月単位で続ければ、身に付くような話なので、さっさとやった方が効率がいい、という考え方も、他にも、身に付けないといけないことが沢山あるので、気づいちゃったけど、そんなに困ることじゃないから、練習は、後回しでいいんじゃないかなぁ、という考え方も、どちらも間違っていないと思います。

投稿日時 - 2012-01-05 21:05:55

お礼

WiredLogicさま

少し混乱しておりましたので、質問させていただきました。「解釈はその通りで大丈夫」とのご回答や細かいアドバイスをいただけて、安心しました。口語英語の経験が十分に無いので、先ずはアドバイスしていただいたように自分のルールのなかで使い分けの練習をきちんとしていこうと思います。とても参考になるご意見をいただけて感謝しております。今後とも機会がございましたら、どうぞ宜しくお願いいたします。


<m(_'_)m>数ある質問の中から、ご回答くださいまして、有難うございました。

投稿日時 - 2012-01-10 16:58:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

ロイヤル英文法貼ります。これ持ってた方がいいですよ。
(1) 「多数の」という意味で,一般に可算名詞の複数形につける
くだけた言い方では主語を修飾する場合を除いては,肯定の平叙文ではあまり用いず,代わりに a lot of,a number of,plenty of などを用いることが多い。many が用いられるのは,おもに次のような場合である。
# 主語を修飾する場合
Many people think so.(そう思っている人が多い)
* くだけた言い方では A lot of people think so. も用いられる。
[注] 目的語修飾と補語の many:
He has many friends. のように,目的語を修飾する形も誤りではないが,堅い改まった言い方に感じられる。また,The advantages of e-mail are many.(Eメールの利点は多い)のように,many を補語に用いることも可能で,書物や新聞などに見られるが,〈There are many …〉の形の1割弱程度である(few についても同じ)。
# 否定文
He doesn't have many friends in this town.
(彼はこの町にはあまり友だちがいない)
# 疑問文
Do you have many friends in this town?
(この町に友だちがたくさんいますか)
# as,so,too,how の直後
There are too many people here. (ここは人が多すぎる)

投稿日時 - 2012-01-05 23:40:30

お礼

Oubliさま

ご回答を読み、「なるほど!」と思いました。文法書は持っていませんので、1冊あると便利だなと改めて思いました。早速、ロイヤル英文法を本屋さんでチェックしてみます♪良い文法書を教えてくださいまして有難うございます。また機会がございましたら、どうぞ宜しくお願い致します。

<m(_'_)m>数ある質問の中から、ご回答くださいまして、有難うございました。

投稿日時 - 2012-01-10 16:31:42

あなたにオススメの質問