こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

再就職時の確定申告について

今年の8月に会社を退社し、9月から新しい会社に就職したのですが、その会社は3ヶ月間は正社員ではなく契約社員としての契約となっている為なのかどうか分らないのですが、「今年の年末調整は自分でやって下さい。」と言われました。これは確定申告を自分でやれと言う事らしいのですが、退社時の源泉徴収票と今の会社からの源泉徴収票で確定申告を行う事で良いのでしょうか?申告書はそれぞれの2枚必要となるのでしょうか?合算した金額で行うのでしょうか?また退職金分は無視して構わないのでしょうか?初めてなので全くわかりません。詳しく教えて頂けないでしょうか?

投稿日時 - 2011-12-23 03:55:17

QNo.7204626

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

○税務申告の概要
貴方が平成23年中に受け取られた給与・退職金などを合計した額から、社会保険料、生命保険料控除、配偶者や扶養家族(ある場合)などの控除額を差し引いた額が課税対象となり、税額が確定します。(従って申告書は一枚です)

年末調整は給与支払者が行ないます。ただ、最近は今回のようなケースが増えてきているようですが、分からないままでなく、いい経験と思ってガンバッテください!

○申告相談窓口
貴方の住所地の税務署に、源泉徴収票や生命保険料控除証明書などを添付して、確定申告書を提出します。所轄の税務署は「国税庁」HPの「国税局・税務署を調べる」か「タウンページ」で分かります。
初めての場合は、やはり税務署窓口で教えて貰いながら申告書を作成するのがよいです。
煩わしいようですが、それが結果として一番手っ取り早い方法です!昔を違って、窓口は親切ですよ!

○申告時期
平成23年分の申告は、来年2月中旬から3月15日迄です。2月中旬以降は窓口が混み合い、待ち時間も長くなりますから、1月中に電話なり、直接相談に行くなりしたほうがよいと思います。

○お勧め
1月中旬から2月初旬には、全国各地の商工会、商工会議所、税理士会などが無料の税務相談を開催します。日程・会場は、商工会議所などに聞けば教えてくれます。一般の勤め人でも相談、作成指導をしてくれますから、これもいい方法かと思います。

いずれにしても、専門家に(無料で)直接指導してもらうのがベストな選択だと思います。

投稿日時 - 2011-12-24 18:11:51

お礼

丁寧なご回答有難うございました。大変参考になりました。

投稿日時 - 2011-12-25 12:51:00

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

一般には現在の会社で合算して年末調整をするのですが、面倒なのでしょう。ゴネてもいいですが契約社員だと不安定なので自分で確定申告してしまった方がよろしいかと。
前と今の源泉徴収票を元に合算で申告します。退職金も所得ですから加味します。社会保険や生命保険の控除もあります。結構面倒ですが、きちんとやれば何万円かは返ってくるのが通常です(増えたりして、、)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shotoku.htm

投稿日時 - 2011-12-23 10:20:22

お礼

ご回答有難うございました。何とかやってみます。

投稿日時 - 2011-12-25 12:53:26

あなたにオススメの質問