こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ガラケーとスマホ 質問!

電話ガラケーとスマホについて質問が2つ。宜しくお願い致します。
(どちらか1つだけの回答でも構いません)

1.日本のケータイは、世界的にみても独自と言われています。そこで「ガラパゴスケータイ(ガラケー)」と呼ばれるようになった。
iPhoneやAndoroidが公開される前まで、世界では、どのようなケータイが使用されていたのでしょうか?(そんなに日本のケータイは独自なのか)

2.iPhoneを買ったはいいものの、仕事などの関係で、普通のケータイとiPhoneのの2台持ちが必須な人も多い。
iPhoneは、仕事では使えないのでしょうか?iPhone1台ではダメなのか?2台だと金ドブだと思います。

投稿日時 - 2011-11-28 16:24:50

QNo.7159495

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>iPhoneやAndoroidが公開される前まで、世界では、どのようなケータイが使用されていたのでしょうか?

「親子電話の子機に、番号表示専用の液晶の小窓が付いたようなモノ」をご想像下さい。

カメラなんか付いてません。パケ通なんか出来ません。高級機の場合は白黒の大きな画面で「メール機能」が付いている、という程度。

>2.iPhoneを買ったはいいものの、仕事などの関係で、普通のケータイとiPhoneのの2台持ちが必須な人も多い。

スマホだと「ガラケー専用サイト」にアクセスできないから、ガラケー専用サイトから離れられない人は、ガラケーから開放させてもらえない(ガラケー専用ゲームから抜けられないとか、ガラケー専用サイトにWEBマネーが残ってて使い切れてない、とか)

でも、スマホは「家PCが、手の中にある」と思えるくらいに便利だから、結局「2台持ち」になってしまう。

投稿日時 - 2011-11-28 16:35:14

お礼

ご回答ありがとうございます。

1.電話だけの特化したケータイということですか。なるほど。
2.どんなに便利でも、まだサイト側が対応していないってことですか。
複雑だ。

大変勉強になりました。

投稿日時 - 2011-11-29 00:53:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

追加です。
最近のニューズで多いスティーブン・ジョブズさんの功績を語るときに、漏れているものがあります。ニュートンというPDAを作ったんですね。
世界や日本でいくつもの機種が出ましたが、今世紀まで生き残ったのは日本ではシャープのザウルスだけでした。その後、販売終了になりますが、携帯電話に負けたとされています。
日本最初のスマートフォンは、そのシャープから出されています。その特徴は電話契約をしなくても使えること。ザウルスを出していた技術者の維持ですね。

ガラケーにもスマートフォンはあったということで。

投稿日時 - 2011-11-29 06:20:08

ANo.4

世界がどうなっているのか?という疑問を解き明かすためには
日本でカメラ付き携帯電話が普及していった頃に
アメリカなどでは、スマートフォンが普及しようとしていたってことを知る必要があります。

日本では、Apple iPhoneが登場するまで
スマートフォンというものの存在を知らない人が多かったので…

実際には、日本ではガラケーが普及し
アメリカなどではスマートフォンが普及し

その後、日本でもスマートフォンが注目され
急激にスマートフォンがシェアを伸ばしているわけです。


これは、日本だけでNEC PC-9801というパソコンが主流だった時代に
海外では、IBM PC/ATの互換機が主流となっていたパソコン業界が…やがて
PC/AT互換機によってPC-9801が駆逐されたという歴史になぞらえられることがあります。

当時も、PC-9801とPC/AT互換機の間で
移行に悩んだ人、両方持っている人がいました。

状況が、まったく同じとういうわけではありませんが
PC-9801専用ソフトが、PC/AT互換機でも動くソフトに置き換わることで
PC-9801の役割は、徐々になくなっていたのです。

パソコンの場合は、それを担ったのがWindows。
携帯電話の場合はAndroidということになります。

当面は、ガラケーでしか使えないコンテンツが多々あるようですが
企業は売れるものに投資するのですから…
やがて、状況は一変することになるのでしょう。

まぁ、Windows3.1登場からPC-9801が滅ぶまでに10年以上。
NEC自身がPC/AT互換機が日本市場にも投入するようになってから7年くらいかかっています。


スマートフォンが携帯電話の標準の座を掴むには、それほどはかからないかもしれませんが…
パソコンの例では、パソコンを使っていなかった人が、大きな影響を与えました。
新しく買う人はPC-9801専用ソフトなんか使わないのですから、純粋に良い方を選びます。

すなわち、ガラケーのガラケー専用コンテンツを多用していなかった人が
身軽にスマートフォンに乗り換えているという現実があります。

二台持ちには、iPhone流行りに踊らされて
DoCoMoやauのガラケー+iPhoneみたいな人がいるせいかもしれませんよ(憶測)

うちの職場でAndroidケータイを購入した人は、みな機種変更で導入していますし
少数派のiPhoneユーザーも、少なくとも職場ではiPhone一台持ち。
私"も"スマートフォン一台持ちですよ :-)

投稿日時 - 2011-11-28 22:52:12

お礼

ご回答ありがとうございます。

ケータイの背景など、とても勉強になりました。
ケータイの歴史は深いですね。

投稿日時 - 2011-11-29 00:58:52

ANo.3

ぶっちゃけて、日本以外では、携帯電話というと、その名の通りでした。
携帯メールやiモードが、日本独自のものなのを忘れちゃダメです。
家電を持ち歩いていると思えばいいかと。

iPhoneがダメなのではなく、ソフトバンクがビジネスユース向きではないんです。
携帯を仕事で使う限り、圏外で出られませんでしたじゃ給料に響きます。

投稿日時 - 2011-11-28 20:08:23

お礼

ご回答ありがとうございます。

>携帯を仕事で使う限り、圏外で出られませんでしたじゃ給料に響きます。
とても分かりやすいご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-11-29 00:55:09

ANo.2

1.日本の携帯はインターネットにも接続することができ、そちらのプロトコルも使えるようにしていました。
海外の携帯はそのキャリアの閉ざされたネットワークでの使用に限定されており、メールもSMSのみでした。

・お財布ケータイ
・ワンセグ
・膨大な着うた、着メロ
・GPS

などなど、携帯としては、ほぼ日本の独自仕様です。


2.なぜ2台持ちが多いかですが、まずは今まではソフトバンクの電波の悪さでしょう。やはり仕事で使うにはドコモの方が日本全国どこで繋がりやすいというのが大きいと思います。
もう1つは電池の持ちですね。iPhoneは使いこなせば使いこなすほど、電池の減りが早くなります。肝心な時に電池がなくて電話が使えない!!などということがないように、2台持ちが多いのだと思います。

>2台だと金ドブだと思います。

これは考え方次第でしょう。
iPhoneを携帯とだけ考えるのならば、まさにその通りかもしれません。
ただ、情報端末として考えれば、今まで小型ノートPCとイーモバイルのようなネット接続用の端末を持ち歩いていたことを考えれば、小型化されたことだけでも十分に2台持ちする価値があります。
※本来であれば、海外のようにiPhoneでもテザリングは使用出来れば言うことはないのですが…。

投稿日時 - 2011-11-28 16:57:46

お礼

ご回答ありがとうございます。

1.詳しく教えて頂きありがとうございます。
2.金ドブへの回答、とても参考になりました。

まだまだ自分は知識が乏しいです。勉強になりました。

投稿日時 - 2011-11-29 00:54:38

あなたにオススメの質問