こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

医療保険+ガン保険=5000円内

仕事減少で、県民共済の支払いが出来ず失格となって2ヶ月。無保険だと不安になり再加入しようと思いましたが、この機会に終身型にしようと色んな資料請求しました。
何が何だか混乱して、携帯で保険の悩み事を検索すると、

【医療保険=60歳払込 日額5000円】+【ガン保険=終身型】


と、別々の保険会社に掛けてもいいんだと初めて知りました。

そこで、私が気になるのは、
【医療保険+ガン保険+女性特有の病気+出来れば通院も】


母が、高血圧・帝王切開・子宮筋腫(手術)してたので、遺伝するとは限らないけれど、気になってます。来年の2月に36歳になります。


月々5000内にしてる方は、何を重点にして、どのようなプランしてますか?

教えて下さい。

投稿日時 - 2011-11-21 21:05:31

QNo.7146873

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

素人の爺です。
誰も回答がないので、回答します。(気にいらなければ無視してください)

気になった点
仕事減少で県民・・・
私の娘なら以下のようにアドバイスします。
あなたは既に公的健康保険や公的年金に加入しています。しかし年金はあなたの場合70歳以降支給が、ほぼ確実です。また退職後は自分で国民健康保険に加入しまければいけませんが、これが結構高いのです。当然老後も死ぬまで払います。
つまりあなたは既に2つの掛け捨て保険に加入しているのです。
まだ掛け捨ての保険に加入したいのですか?
毎月5000円でも1年で6万円  60歳までの24年間では144万円支払うことになります。終身払いなら平均寿命まで300万近く払います。

県民共済も保証と言えるのは65歳くらいまでですので保険としてどうでしょうか?

失礼だとは思いますが毎月少しでも貯金して60歳以降に備えるべきです。
あなたは幸い2つの公的保険に加入しています。この保険を大事にしてください。失業するとこの保険の支払いすら重荷になります。

あなたの場合、民間の保険に加入しないと言う結論です。
ほとんどの方が保険を必要になるのは60歳以降です。それまで、通常入院も死亡もあまり心配いりません。

若い時、多くの人が保険に加入しますが、結果論から言えば65歳以降も十分通用する保険を持っている方は比較的少数です。

投稿日時 - 2011-11-23 16:30:16

あなたにオススメの質問