こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

力学的エネルギー

振り子と力学的エネルギーの保存

長さ0.80mの糸に小球をつけ、鉛直と60°の高さの点Aから静かにはなす。
重力加速度の大きさを9.8m/S二乗とする。

(1)点Aの高さは、最下点Bより何m/Sか。

(2)点Bにおける小球の速さは何m/Sか。

(3)点Bを通過後、小球は点Bから何mの高さまで上がるか。


分からないです。
公式、途中式、答えも
よろしくお願いいたします♪

投稿日時 - 2011-11-12 14:41:35

QNo.7128646

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

これは失礼しましたm(_=_)m 1/100だと思って下さい(^_^;)

投稿日時 - 2011-11-13 11:15:49

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

Willytさん、糸の長さは0.80[m]ですよ。

投稿日時 - 2011-11-12 15:26:54

ANo.1

1.何m/Sではなく、何mかですよね。 高さは 80cos60°=40 つまり40mです。

2.最初に玉が持っていたエネルギーは mgh=9.8×40=392m これが全部運動エネルギーに変わるので mv^2/2=392m
これを解けばvが計算できますね。

3.これは40mに決まってます。但し、空気抵抗や摩擦を無視すればの話ですよ。実際にはこれらの要因でエネルギーが奪われるので往復を繰り返すうちにだんだん高さが減って行きます。

投稿日時 - 2011-11-12 15:02:42

あなたにオススメの質問