こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

食べ物とそうでないもの違いとは何ですか?

食べ物のと、そうでないものの違いとはなんですか?

投稿日時 - 2011-10-22 21:21:02

QNo.7088065

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

No.3です。

補足を頂いたので再度投稿させていただきます。

食べられる物 と 食べられない物 の違いもあると思います。

例えば、土を食べる人や動物はいますが、茶碗や皿を食べるのは(私は)聞いた事がありません。
(壁をほじって食べてた赤ちゃんがいましたが、これも状態による違いでしょう)
しかし、紙を食べる虫もいます。 
こう考えると、加工したかしていないかという問題は除外されそうな気がします。

アルコールは適量であれば有益でもあるようですし、飲み物 だと思います。
(カレーは飲み物とかは個人的過ぎると思うので除外します)

栄養面から考えても、
キュウリのように栄養価が低くても好んで食べられる物もあるので、
ひとくくりに定義できないのではないかと思います。

ダニにとっては埃や老廃物だって食べ物です。
放射線を食べる菌もいるそうです。

何の側から見て考えるか だと思います。

 

投稿日時 - 2011-10-23 15:38:04

お礼

まぁ、一括りでは定義できないというのも分かります。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-11-05 17:37:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

 以下、人間の「食べ物」の場合です。

 食べ物とは、発育、生存のために外部から摂取するものを指します。
 普通は「有害物を含まず、栄養素を1種類以上含んでいる天然物あるいは人工的に加工したもので、食用に供されるもの」と定義したらいいでしょう。

 類似の単語に、食糧、食料、食物などがありますが、食糧あるいは食料というと、生産面を重視して、食品あるいは食物は消費面を重視したときに用いられるのが多いようですね。食べ物は、最も広くて平易な言葉と考えていいでしょう。

 また食物については、「食品と嗜好品とを適当に配合して、そのまま食べられるように加工、調理したもの」と言えるわけで、食品と区別して扱うこともできますが、こういったいずれの単語も、特に本質的な相違があるわけではない感じです。

 こう考えてくると、「食べ物とは、発育、生存のために外部から取ってきたり育てたりした素材に、塩を含む調味料や、コショウや唐辛子のような香辛料を加えたりして、必要なら加熱したり冷やしたりして、美味しく感じるようにしたもの」でいいかもしれません。
 これに、水などの飲料も含めてかんがえてもいいかもしれません。水も生きていくのに絶対に必要ですしね。

 これ以外が、食べ物ではないと考えてよいでしょう。

 ちなみに「食品衛生法」では「食品とはすべての飲食物をいう。但し薬事法に規定する医薬品及び医薬部外品は、これを含まない」と規定してますね。つまり、食べ物は薬じゃないよ、ってことです。「***を食べると痩せる、病気が治る」とか言ってる人に聞かせてあげたい(^^;。

投稿日時 - 2011-10-24 08:31:29

ANo.3

なんでこんな事を疑問に思ったのですか?

質問者さんがアルコールをご指摘されたのは鋭いです。

私からはコンニャクをお勧めします。またお菓子類には変な食べ物がありますよね。

韓国人は、糞食ったり、ガソリン飲んだりしますよ。自分が食うぶんには犯罪では有りませんから構いませんがね。自分だけの食べ物を他人に強要するのは困りますね。キムチなんかも何入っているか分りませんよ。日本の役人と癒着して特別に検査していないそうですから。西洋人にとって納豆はどうかとか。彼らにとっては決して食べ物ではないなどと一般化できませんよね。

食べ物の定義は、食べる物です。一般的に食べる物とされている物が食べ物です。
時代や国が違えば、そんなの食べ物じゃないとなりますよね。
大昔から時代ごと地域ごとに、食べ物とそうではない物があったわけですし、物質とヒト(生物)との栄養学的な議論ではないと思います。自然科学ではなく、食文化の話です。

投稿日時 - 2011-10-23 11:35:45

お礼

まぁ、そうですわな。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-11-05 17:36:34

ANo.2

食べる側の種類と状態によると思います。

通常状態であれば基本的に’食べて害があるか無いか’で、

草食動物にとっては植物が食べ物、肉食動物によっては肉が食べ物  
雑食動物は何でも のような分かれ方をしているようですが、
飢餓状態になると草食動物も他の獣を襲って食べるそうです。

・生態 の欄を参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%90


あとは人間は地域・文化・教育などの環境によって違いがありますよね。

昆虫食べる地域と食べない地域、昆虫(蜂の子とかイナゴとか)食べる人と食べない人等々...

食べる側の都合によって違うのではないのでしょうか。

参考URL:http://www.kokusainews.com/article/31992521.html

投稿日時 - 2011-10-22 23:11:11

補足

>食べる側の都合によって違う

つまり、食べ物と、非食べ物の違いというのは、一概には定義できないということですかね。

投稿日時 - 2011-10-23 10:35:52

ANo.1

体に、害があるか?無いかの違いです。
ま、人間も、食べられる、と言うことです。
人食い人種もいますし。

投稿日時 - 2011-10-22 22:25:11

補足

なるほど。
例えば飲み物ですが、お酒は体に害がありますよね?
また、逆説的ですが、体に害がなければ、すべて食べ物と言っていいのでしょうか?

投稿日時 - 2011-10-23 10:34:36

お礼

まぁ、そこですわな。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-11-05 17:35:33

あなたにオススメの質問