こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

書籍の見極め方について質問です。

書籍は良いですね。

私は専門職ですので、勉学のためよく書籍を購入します。

最近は電子書籍などがもてはやされていますが、やはり書籍は紙が良いと思います。

しかし残念なことに、間違いが多く書かれてる書籍が大半です。

私は書籍を購入する際は、まず疑ってかかります。

本当の事が書かれてるか、お金を出して購入する価値があるか、、、

著者や編集者などの学歴や実績を調べ、十分に考慮した上で購入していますが、それでもはずれを引くことがあります。

良い書籍の見極め方をご教授いただけたらと思います。

ご回答お待ちしてます。

投稿日時 - 2011-10-18 08:57:50

QNo.7078853

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

私も本好きで、家にはうん千冊の本があふれかえっています。
DPRpig2のように専門的な本かどうかはわかりかねますが・・・。

確かに、本のタイトルと内容がてんでばらばらな本。
有名な大学の教授が記した文献にも多くの誤りを発見します。
また、客観的なデータを提示せずに、
平気で根拠のない結論を出している本。
何年も前の資料や文献に基づいて論述している本。
細かい話では、抜けや漢字の誤りなどの誤植や文法上の誤りのある本。

様々ではありますが、本屋にある本には数に制限があり、
ネットで買える本はロングテールで数はあるもの内容がわからない。

私も、ある意味、そういう、買って「得をした」本、買って「損をした」本の
情報を集めるサイトがほしいと思います。
但し、これも投稿者の主観的な判断に委ねられることになり
そのサイトを見ている人にとって得をするのか、損をするのかは
定かではないでしょうし、難しい問題ですね。

答えになっていないので、申し訳ありませんが、
No1の方の投稿が少し冷たい感じがしたので
賛同者の一人として投稿しました。

投稿日時 - 2011-10-18 10:18:01

補足

しっかしとした日本の論文を読んでみたいです。>

しっかし→しっかり

仕事中、ちょっと空いた時間に急いで回答したため間違いました。

すみませんでした。

投稿日時 - 2011-10-18 13:26:21

お礼

日本の論文は、ほとんどがアメリカの論文に依存してます。

参考文献の欄に、アメリカの英語の論文を入れれば済むと思っているのでしょう、、、、

しっかしとした日本の論文を読んでみたいです。

またWikiのようなサイトが横行してます。

このサイトの利用者もよくWikiを利用してるみたいです。

Wikiは確かに便利だとは思いますが、専門外の分野の方々がそれぞれの文献をもとに作成しているので、当然間違いも多いです。

あまりWikiに依存しすぎないでほしいと思います。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-10-18 13:12:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

後学のため

>100%正しい内容の物

書籍名を教えていただけませんか?

何冊もお持ちなのは想像できますので5冊も教えていただければ十分です。

厚かましくて申し訳ございませんが本棚に並んでいるのを見るまでもなく、お答えいただけるものだと思いますので。

投稿日時 - 2011-10-18 20:14:08

お礼

The Journal of the American Medical Association

nature

American Academy of ○○、、、、

日本○○学会雑誌

広辞苑

投稿日時 - 2011-10-18 20:27:26

ANo.5

ご質問内容を読むと「良い書籍の見極め方」ではなく中高生が求めるような「良い参考書の見極め方」を求めているように感じました。

書籍も人間の手で作る以上、100%間違っているモノも100%正しいモノもありません。

ご質問者さんがご考慮されている点程度抑えていれば、購入後に例え間違いが多く書かれていたとしてもソレを自らが生かすことが出来ればソレは結果的に「良い書籍」だったということになります。

逆に99%正しいことを書いている書籍でも購入者が読めない、理解できないでは「良い書籍」にはなり得ません。

購入前の段階で『見極める』方法は無いのではないでしょうか。

投稿日時 - 2011-10-18 19:22:10

お礼

書籍です。雑誌ではありません、常にevidenceに基づいた100%正しい内容の物でなければなりません、よって間違っていても自らに生かせれば、というご回答者様の意見には賛同いたしかねます。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-10-18 19:37:25

自分の専門分野の本だと、専門出版社から刊行されたのを専門誌の書評でリストアップして本屋である程度立ち読みしてから選びます。

専門分野外だと、入門、概説の本として総合出版社刊行の新書、選書何点かの参考文献リストを見て、参考文献の著者の著書や出版社の刊行物を探します。小松左京の『百科事典操縦法』よろしく索引巻から調べることである程度の専門用語、関連人物がわかり、項目執筆者名からその人が書いた本を探せます。こちらも専門誌の書評を頼るのが新刊に関しては参考にしやすいでしょう。できれば、入学入社シーズン発売号や年末発売号のように、必読推薦書やその年出た良書を特集する号を買っておくと重宝します。

あとは学生時代等のつてを頼って学者、物書きの評判を確かめておくといいでしょう。

投稿日時 - 2011-10-18 11:50:34

お礼

.ご回答ありがとうございます。
..
参考になりました。

投稿日時 - 2011-10-18 13:14:49

事実関係を読み込む為に書籍を読むのですが、問題は書いて印刷する間に新しい事実が発見されて、本は古い情報に落ちてしまう事があります。新聞が翌日にはニュースでは無くなってしまうように。

またどの記事もジャーナリストという人間が書いている限り、個人の観点で書かれているので、まるまる信じない事。数点調べて、自分に合った物を購入する事。やはり好きな著者は続けて読みたくなります。(嫌いな本を読む理由はないし)

航空券一枚買うのにも自分に合ったウェブサイトや代理店があり、合わない代理店もあります。

>著者や編集者などの学歴や実績を調べ、

学歴と著者の思考力は直接関係ありませんので、参考にはしますがそれ以上は気にしません。化学実験を伴うなど研究結果を必要としない限りは、肩書きは無意味だと思います。

「Men are from Mars, women are from Venus」(日本題名「ベスト・パートナーになるために」)の著者ドクター・グレイは博士号を持っていませんし、関連の大学に通っていた訳でもありません。普通の人が書いた本がベストセラーとして売れて、続編が出た時にはドクターになってました。お金で博士号を買ったようです。買えるんです、あの国では。

セミナーなどで初対面の人間とおしゃべりをして、興味深いなと感心してから肩書きを知るのと、肩書きを知らされてから会話をするのでは偏見が入ります。書籍も先入観のない頭で読みたいと思います。

読んだ本が思い切り右翼系だった場合は、左翼系も読んでバランス取ります。

投稿日時 - 2011-10-18 10:17:51

お礼

私が書籍を購入するにあたり、重要視しているのは次の2点です。

・著者が自身の感想を述べているか。
研究のMethods、Resultsをもとに自身の感想を考案にどれだけ主張しているかを評価します。

・その感想にしっかりとしたevidenceがあるか、エビがなければただの空想になってしまいます。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-10-18 13:00:50

こちらこそお尋ねしたい。どの本のどこにまちがいがありますか?
まちがいがあるならそれを指摘して下さる方が必要と思います。片っ端からお読みになって、それらのまちがいを列挙した本をお出しになったら?それが質問者様にとって正しい本になるのではないですか?

投稿日時 - 2011-10-18 09:19:18

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-10-18 12:45:24

あなたにオススメの質問