こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ios5へのアップデートでパソコンの容量が足りない

iphoneでのアップデートをしていたのですが、

「このコンピューター上に、すべてのバックアップファイルを保持するための十分な空き容量がないため、この iphone 上のメディアをバックアップできません(必要な容量 xx.xx GB、空き容量 xx.xx GB)。この iphone の更新を続けますか?」
メッセージが出るのですが、
itunesフォルダの
「設定-詳細-変更」で「[iTunes Media]フォルダの場所」、ディレクトリを外付けのHDDへ変更したのですが、このメッセージが出てしまいます。

Cドライブに空きを作るしかバックアップを作成する方法はないのでしょうか?
もしかするとCドライブ(itunesをインストールしたドライブ)でないと バックアップを取れない設定になっているのでしょうか?

ios5に更新したいので どなたかご教授くださいませ。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-10-17 17:38:18

QNo.7077587

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

Windowsの場合ですが、
iPhoneのバックアップは、普通
Cドライブ→Documents and Settings→ユーザー名→ApplivationData(隠しフォルダ)→AppleComputer→MobileSync→Backup
に格納されます。
この格納場所をiTunesで別の場所にする方法はありません。
そういう設定をユーザーができるようにはなっていないのです。

PC側をいじって、Cドライブに保存させたと思わせて実は他のドライブに保存、
という方法があるようです(コマンドプロンプトを使って色々)が、私にはできませんでした。
のでCドライブの空きを増やすことに。

ちなみにiTunesをどのドライブにインストールするかは関係ないと思われます。
あくまで保存場所が指定できずCドライブになってしまうだけで。

参考URL:http://iphone2010newbie.blog41.fc2.com/blog-entry-141.html

投稿日時 - 2011-10-17 18:42:11

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

Windows版iTunesがバカすぎるのですよね……

iTunes本体をD:にインストールしたり、音楽ライブラリのフォルダは動かせても、バックアップフォルダやアプリケーションフォルダは、ユーザープロファイルの中に……すなわちC:に作られてしまうのです。

そこで、以下のページを参照して、バックアップフォルダをD:に移動させましょう。
OSのフォルダリンク機能で特定ディレクトリ以下を別のドライブに接続し、iTunesを騙すのです。

iTunesバックアップフォルダの移動(for Vista)
http://kasipan.blog.shinobi.jp/Entry/1108/

Vista用の解説ですが、7でも通用すると思います。
XPの場合は、その記事からさらにリンク先の方法で。

投稿日時 - 2011-10-17 18:20:22

お礼

ありがとうございました!
すこし参考URLが難しかったです…。が、
Cドライブになってしまう経緯はわかりました!

投稿日時 - 2011-10-18 09:32:40

あなたにオススメの質問