こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

どうにもならないことでしょうか…

マンションのコンシェルジュをしている知人がいます。
知人は離婚していて今は独りです。もうひとりのコンシェルジュは、旦那さんと別居しているそうです。

知人のことを、これから一緒に生きていくパートナーとして真面目にお付き合いしたいと思ってくれている住人のかたがいるそうで、何度も話したりするうちに知人も良い返事をしようと思っているみたいなのですが、公私混同にならないように、働いてるうちはお付き合いをしないか、きちんと結婚前提にお付き合いすることにして仕事をやめるか考えて、その旨を上司に相談したら「いい話じゃない!良かったわね」と祝福してくれたらしく、上司は「結婚してもこのまま働いてほしい」と言ってくれたそうです。なので知人はもうひとりのコンシェルジュにも報告したそうなのですが…

もうひとりのコンシェルジュが仲良しの住人に話し、その住人に「コンシェルジュを雇ってる会社じゃなくて、業務委託してるおおもとの管理会社に密告電話して、コンシェルジュが制服のまま住人とデートしてるとか、すっごい感じの悪いコンシェルジュだって言って!」と頼んだらしく、管理会社から雇用先の会社に連絡が行き、知人が退職するか、交際をしないか、どちらかにしないとだめだと言われたそうです。
(知人の交際の話を知っているのは上司と相方だけで、相方と仲良しの住人が電話をしてさきほどのようなことを言ったと、管理会社が雇用先会社に話したので確実だそうです)

もし住人と交際するのであれば、仕事を続けるのはちょっと…という管理会社の判断なら仕方ないと思いますし、寿退社だとも思えますが、知人はずっと相方の仕事のミスをフォローしてきましたし、相方があまりにミスが多くて解雇になりそうになった時も、知人がなんとかフォローしますのでと上司に頼んで事なきを得たこともあったみたいですし、知人が住人さんに気に入られる前は、ふたりですごく仲良く働いていたみたいなんです。
それが、交際の報告をした途端、急に人格が全く別の人に入れ替わったかのようにコロッと変わったみたいです。ミスをして上司に叱られるのも、なぜか知人のせいだと怒鳴ってきたりしたそうです。

どうしてもうひとりのコンシェルジュの相方が知人にそんなひどいことをするのかもわかりませんし、その人が仕組んだことで仕事を辞めなければならなくなりそうな知人が不憫です。
でも結局どうすることもできない問題なのでしょうか?仕組んだその人はおとがめなく何事もなかったかのように続けていくのでしょうか…?

投稿日時 - 2011-09-16 13:45:07

QNo.7014683

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

法律的に各種の問題がありますが、その各種問題において知人さんの立場は、全て被害者です。
そんなに悲観的な状況ではないと思いますよ。

> 知人が退職するか、交際をしないか、どちらかにしないとだめだと言われたそうです。

と言う部分は、「退職強要」と言う労基法違反に該当する可能性があります。

たとえ虚偽であっても、マンション住人からクレームがあったのは事実ですから、その件で会社が知人さんを処罰することは可能です。

処罰として「解雇」は重過ぎますので、もし解雇されたらその場合は「不当解雇」になる可能性が有りますが、それはさておき、会社がマンション住民との交際を認めないとして、「解雇」(会社都合の労働契約解除)と言う判断は、会社の一存で出来ますが、「自主退職しなさい」と言うことは、労働法令上の禁止事項です。

従い、知人さんが「私は自分から会社は辞めませんし、交際も止めませんので、処分は会社が決めて下さい。」と言えば、会社の方が悩むコトになるかと思います。

尚、この問題の適正な会社処置は、労働契約解除などでは無く、知人さんの「配置転換」かと思います。
コトを荒立てないなら、取敢えず「交際をやめます」とウソを言っておき、結婚なりの答えを急げば良いでしょう。


一方、「コンシェルジュが制服のまま住人とデートしてるとか、すっごい感じの悪いコンシェルジュだって言って!」と言う部分が、もし事実無根であれば、日本は法治国家で、そんな無法が通用するハズは有りません。
当然、名誉棄損の可能性があります。

更に「もうひとりのコンシェルジュが、マンション住人に密告させた」と言う証拠が得られれば、むしろソッチを辞めさせることが可能だし、更に損害賠償請求が可能かも知れません。

具体的な作戦ですが、まず実際に密告したマンション住人に、「事実無根の密告をされ、会社と労働契約解除の問題にまで発展しており、各種甚大な損害を受けている。私はアナタ達を名誉棄損ほかで告訴する準備を進めている。」とでも脅し上げてみたら良いかと思います。

「好きにすれば?」とでも言うなら、本当に告訴しても構いませんが、ここで「但しその密告が、もう一人のコンシェルジュの指示であれば、彼女も告発せねばならないし、彼女が主たる加害者と考える。アナタがもし、彼女の指示であると証言するのであれば、あなたは告発しない。」と提案するのです。

考えたり相談させず、その場に「陳述書」と「示談書」を用意しておき、署名・捺印させましょう。
彼氏さんとかを同行しても良いでしょう。
いずれも簡単なモノで構いません。

「陳述書」は、「私〇〇は、XXの指示・要請により、〇月〇日、△△社へ『コンシェルジュの◎◎は~』と言う旨のクレーム電話をしたことに、相違ありません。(〇年〇月〇日、署名・捺印)』くらいで良いです。
これだけでも良いですが、「尚、このクレームは事実ではありませんので、謝罪し撤回致します。」との一文を入れておいた方が良いです。

「示談書」は、「〇〇が◎◎に対し、事実無根の中傷を行い、それを社会に広めたことに対し、損害賠償請求等の法的権利の一切を放棄します。尚、本示談書は、〇〇が別紙陳述書に署名・捺印した時点をもって発効することとします。(〇年〇月〇日、署名・捺印)」
こちらは2通作成し、相互に署名・保有しておく方が良いでしょう。

この「陳述書」を手に入れたら、後は簡単でしょ?
会社にそれを見せれば、身の潔白が証明され、もう一人のコンシェルジュが処罰されます。
本人に見せ、「告訴を考えている」と言えば青ざめるだろうし、「自主的に会社を辞めるなら、不問にしても良いが・・」とでも言えば、辞表を出すんじゃないですかね?

キチンとするなら、全ての事実を網羅した「詫び状」でも書かせて、会社に提出すれば良いですよ。

これらを実際に弁護士を使ってやっても良いですが、これだけでもお金が掛りますので、知人さん本人とか、周囲の助力を得て、私法上の和解(裁判を交えない当事者間の和解)をすれば良いですよ。
「陳述書」に署名させたら、ほぼ終わりです。

ただ、協力者に報酬を渡したら、非弁活動(弁護士資格を持たない人間の弁護士活動)になってしまいますので、ご注意下さい。

退職強要とかも含め、実際に裁判をやれば、100万円くらいは儲かるかも知れませんが・・・。

ってことで、もしそう言う気になった時のために、念のため、会社からの「会社を止めなさい」的な発言も、ICレコーダーとか携帯で、録音しておくことをお勧めしておきます。
最後は証拠がモノを言う世界ですかなネ。

投稿日時 - 2011-09-16 16:01:31

お礼

丁寧に説明いただきまして、ありがとうございます。
知人に教えたのですが、事が急展開したようで、知人は退職願いを出したそうです;;
そしてあらたに問題が生じ、今度はその問題に知人は悩まされております…
その件もこのあと投稿させていただこうと思うので、タイミングが合ってkey00001さんに見つけていただいて、ご意見いただけたらと思っております。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-09-17 18:18:05

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

恋愛も結婚も自由な基本的人権です
日本国憲法では、国民個人の幸福追求権と、他者によるそれへの妨害を禁止して
いると解されます。ご相談の場合、結婚を妨害するような行為が立証されれば、
妨害者に対して刑法上でも民法上でも責任を追及することが出来ます。
職場結婚を理由に退職を迫るような企業は、その企業自体存在を許されません。
ましてや職場の同僚であれ同じマンションの住人であれ、他人の自由を侵害して
許されるはずがありません。
断乎! 真実の愛であれば貫き通すべきです。
他人の幸福を羨むあまり、とんでも無いことをしでかす人が居るもんですね

投稿日時 - 2011-09-16 21:05:21

お礼

その後いろいろ進展があったようで、上司と雇ってくれている会社に迷惑がかからないよう、知人は退職願いを提出したそうです。
ですが、さらなる問題が勃発しまして…新たに質問させていただこうと思います。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-09-17 18:14:42

他人の幸せを妬む人は、どこにでもいるものです。
とくに、自分が幸せを感じていないと思っている人はその傾向が強いと言えるかもしれません。

元から、仲良くされていても、たぶんどこかでその相方さんには下に見られていたのではないでしょうか、その知人さんは。
なのに自分を差し置いて…幸せになろうとしている。
そういう行動は、いつか自分にかえってくるものです。(そう思わないとやってられません)

不憫ですが…、あなたという理解者もいるし、あたらしい場所でのあたらしい立場で、頑張っていかれることの方がよほど建設的かと思います。

投稿日時 - 2011-09-16 14:55:33

お礼

その相方は、ずっと知人に「あなたのように美人になりたい。あなたみたいな顔だったら、私も住人の人たちに慕われたのに…」と言っていたり、知人にいつもお菓子をくれて、話を聞いていたら知人のことが大好きなんだな~と思っていたんです。
なので、下に見られていたというよりは逆で、ずっとうらやましいだのあなたになりたいだの言っていたそうなんです。
それが、まるでかわいさあまって憎さ100倍みたく、急に変わったみたいです。
知人が独り身で、今まで大変なこともたくさんあった話をしていた時は仲が良かったみたいなのですが、しあわせになりそうになった途端に不機嫌って…やっぱり妬みですよね。
そんな嫌がらせをしたって、知人が住人になったらある意味昇格で、相方は頭を下げる立場になり、もっと屈辱的になるということがわからなかったんでしょうかね。
そんなことをするような人ですから、きっとそこまで考えられずに行動したのでしょうが。。。
回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2011-09-16 16:49:38

ANo.2

別に、放っておけばいいのでは?
言いたい人は何を言ってみてもダメです。

ご友人がその男性と良い結果となれば、そのコンセルジェさんは
サービスをする側となるわけですから、その時点でどうこう言う
必要もないでしょうが、結論が出るんじゃないですか?

何かあれば、その時は正式に抗議だって出来る立場になるんですから

投稿日時 - 2011-09-16 14:06:16

お礼

おっしゃるとおり、もうひとりのコンシェルジュはそんな嫌がらせをしてやめさせたからといって、今度は知人が住人の立場となるのだから、自分はサービスをする側となり、余計屈辱的にならないのかと思います。
ただ、知人はコンシェルジュの仕事を頑張っていましたし、好きな仕事と言っていたので、それを奪われてしまうのがかわいそうに思います。。。
悪だくみをするような人ですから、そこまで先を考えることができず、目先のねたましさやいらだちで行動したのでしょうね。
知人がもし辞めることになっても、住人として堂々と、そのコンシェルジュに笑顔で挨拶をするくらいの余裕でいてほしいです。
回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2011-09-16 16:44:05

ANo.1

ちゃんとそのようなことがあったと、もう一度管理会社に電話してみたらどうでしょうか?
密告はもう一人のコンシェルジュが仕組んだことだと。

どちらにせよ管理会社もちゃんと真実を把握する必要があると思いますよ。
管理会社がどう判断するかはそれからです。
別に密告という形ではなく、ちゃんと何号室の住人だと名乗って言えば良いでしょう。
事実確認は、知人の上司に直接聞いてみてくれれば良いと言っておけばよいと思います。
上司も二人のコンシェルジュに対して正当な評価を報告するでしょう。

ご参考まで。

投稿日時 - 2011-09-16 13:56:48

お礼

管理会社も、そんな密告をしてくる人の人格を疑ったりしないのか不思議です。
コンシェルジュを雇っている別会社に業務委託をしているので、実際にやめてもらうとか決めるのは雇用会社だと思いますが、雇用会社の人は「結婚してからもずっと働いてほしい」と言っているみたいなのですが、おおもとの管理会社からやめさせてと言われたら、そうしないと会社が契約を切られて別の会社に変えられては困るというところで、知人を守りきれない立場なんだと思います。。。
管理会社としては、結婚云々がだめだと言っているわけではなく、こういう苦情の電話が来たからには対応しなければならない、そしてなおかつ交際しているなら…みたいな、ついで的な理由だと思います。
雇用している会社の上司がなんとかならないか動いてくれているみたいなのですが、知人は迷惑かけたくない…と言っているので、身を引くかもしれません。。。
なんだかそれだともうひとりのコンシェルジュの思い通りで、そんな企みで思い通りになってしまうという事実が悲しいですが。。。
回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2011-09-16 16:39:45

あなたにオススメの質問