こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

私には理解できません。異性に対する認識

人間って認識できる異性に対して自分のパートナーとしてふさわしいか考えていると思うのですが
それは違うという方がいます。

よく“わたしは普段、異性と会ってもその人を恋人にふさわしいとか異性として興味があるかなどと考えることはない”と言う方がいます。

そういう人に
『では、あなたは好きな人が現れることがないのか?』と聞いたところ


『もちろん、あるよ。普段は異性と会っても何も思わないけど、好みの異性だったら惹かれるでしょ』

といいます。



私としては、意識的または無意識に認識できる異性を自分のパートナーとふさわしい相手かどうか
判断していないと、自分が好みの異性が目の前に出現したとしてもその相手を
『自分にとって好ましい』となど考えられないと思います。


たとえば、ある女性がいたとします。
1日に10人の男性と一人ずつ出会う(会話とか目の前を通るとか)とします。
その10人の中に女性の好みの男性が含まれていたとします。

好みの男性が10番目でも1番目でも女性は好みの男性を見つけることができます。
このとき当然、好みでない男性に対しても”好みの相手か?“と意識的・無意識的に脳内で問うてないと
好みの男性を認識(見つける)することはできないと思います。

もうひとつ例を挙げると
ある女性は普段、異性に対してパートナーにふさわしいなどと考えていないといいます。
気になる人は突然やってくるといいます。この理屈はかなり矛盾しています。
突然やってきた男性が好みなのかどうかその時点で判断しているはずだからです。
好みの男性だけを“この男性は私の好み?”と考えることなんて不可能です。
他の異性に対しても同様に思考していると思われます。

みなさんはどう思われますか?

投稿日時 - 2011-09-12 11:26:53

QNo.7005705

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

普段から意識することはないですね。

ただ、意識していないだけで、あるなしは判別しているのかも。
でもわざわざ、この人どうかな?なんて思ったりしません。

いいなって引っかかるところがあって初めて意識します。
笑顔であったり話し方であったり。

つまり、その人が意識しないといっていることは
意識していないけど、琴線に引っかかったときに初めて意識する。
ということでしょうね。

これってとらえ方次第で変わります。
・無意識だけど判断しているんでしょ?
・意識していないからそれは判断していることにはあたらないでしょ?

これは無意識は意識なのかという議論になります。
無意識は無意識であって意識でないとしたとき、
意識していないとなりますが、
無意識も意識の一つとしたとき
意識しているとなります。

つまり最初の定義が異なっているのに議論しても仕方がないということですね。

私は無意識は無意識である考えです。
だって、心臓動かせ!とか呼吸しろ!とかと同じで
無意識下で判断しているわけですからね。
それと同じで、本能的なところだと思いますよ。

投稿日時 - 2011-09-12 11:50:41

補足

これは無意識は意識なのかという議論になります。
無意識は無意識であって意識でないとしたとき、
意識していないとなりますが、
無意識も意識の一つとしたとき
意識しているとなります。

つまり最初の定義が異なっているのに議論しても仕方がないということですね。

私は無意識は無意識である考えです。
だって、心臓動かせ!とか呼吸しろ!とかと同じで
無意識下で判断しているわけですからね。
それと同じで、本能的なところだと思いますよ。

ありがとうございます。おっしゃるとおりです。
逆に私としては本能としては不特定多数の異性を対象としているということが言いたいですね。

投稿日時 - 2011-09-12 11:53:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

男性です。

貴方の意見が間違っているとは思いませんが、世の中は貴方と同じように
ガツガツしている人ばかりではないと思います。

当然ですが、パートナーを欲していない人は、異性をそのような基準で
判別する事はないでしょうし、もっと別の物差しで見るでしょう。

また社会的な要因(仕事とか立場)によっては、そのような意識を
意図的に除外して接している人もたくさんいると思いますが。

もちろん、心理学的、生物学的に「好き嫌いは自分に合うか否かで判断している」と
いう話には一定の説得力がありますが、それを根拠に「そう考えない人は
おかしいと思う」などと言うのは、あまりに了見が狭いです。

貴方の様に考える人もいれば、違うカタチで異性を捉えている人も
たくさんいると思います。

いずれにせよ貴方の様に「パートナーとしてふさわしいかどうか?」などと、
いつでも具体的に考えてしまう人は、かなり少数派だと思います…。

大人になると、そんな事だけで他人を判断してると、
いろいろ困る事が増えてきますからね…

そんな単純な話ではないと思います。

投稿日時 - 2011-09-12 12:08:21

補足

ありがとうございます。

私は普段から女性に対して、パートナーにふさわしいかなんて考えませんが

魅力的な人が目の前に現れたら、異性として意識するわけですから

当然、脳は魅力的な異性を見たら興奮するようにできているということが

言いたいわけですね。

投稿日時 - 2011-09-12 13:10:24

ANo.3

まあ、どちらも言い分も正しいと思いますよ。
要は言い方の問題で、お互いに微妙に論点がずれているだけだと思います。

ご質問者様は、「意識的または無意識にその人を恋人にふさわしいとか異性として興味があるかなどと判断している」と言っていますが、ここには言葉の捉えようによってはひとつの矛盾点があります。
それが、彼女が「異性と会ってもその人を恋人にふさわしいとか異性として興味があるかなどと考えることはない」と言う理由だと思います。

それは、一般的に「無意識に」判断したものを、そもそも判断と言えるかと言うことです。
無意識なのですから、そもそも「判断」という思考は働いてないという見方もあります。
医学的に言えば、「思考」というものは働かなくても、神経が刺激されアドレナリンが出れば、人は恋に落ちたと認識することもあります。
思考というものが働くことなく人を「好きになる」という現象は実際に起こりうるという医学的事実があります。

また、そもそも「無意識」なのですから、それが「恋人にふさわしいとか異性として興味があるかなどと判断している」という根拠もありませんし証明もできません。
「無意識」の場合でもそれで判断しているという考えはあくまでご質問者様の推測であって、無意識である以上絶対そうであるとは言い切れません。
もしかしたら、もっと別の理由で好きになっている理由もあるわけですから。

まあ、上記の理由はちょっと小難しく書いてしまいましたが、ようは彼女は人を好きになるとき、わざわざ「意識的に」そんなことを考えたりしないということを言いたいだけだと思います。
ようはご質問者様が「無意識」と呼ぶものが、彼女にとって「恋人にふさわしいとか異性として興味があるかなどと判断している」ものではなく、単なる直感のようなものと言いたいだけでしょう。

「無意識」に人を好きになったときの考え方が違ってるだけですよ。
前に書いたように、「無意識」なのですから、何が理由で好きと最終的に思ったかなんて誰もわからないわけですしね。
どちらが正しいとも言えませんよ。
単に捉え方や、表現の仕方の違いだと思いますよ。

ご参考まで。

投稿日時 - 2011-09-12 11:57:44

難しく考えすぎじゃない。
他人は他人、私は私の考え方、見方でいいと思いますけど。
同じである必要もないし、第一その判断って、一瞬のことでじっくり考える女性はいないと思いますよ。
よく言う「一目惚れ」ですよね。
それと、違うという人は、今さらそんな判断しなくても、心の中に決まった男性がすでにいるのですよ。

投稿日時 - 2011-09-12 11:43:06

あなたにオススメの質問